堂々としている 類語。 「凛とした」の意味は?類語や反対語・使い方の例文や凛とする人の特徴も

「威厳」の意味と使い方とは?類語「尊厳」との違いや対義語も解説

堂々としている 類語

「威風堂々」の読み方、意味や語源とは いくら有名な曲とはいえ、「今まで曲は知っていたけれどどうやって読むのかわからなかったんだよね!」という場合もありますよね。 「威風堂々」の基礎知識から学んでいきましょう。 まずは読み方からですが、「威風堂々」は 「いふうどうどう」と読みます。 威風堂々の意味 「威風堂々」とは 「非常に立派な風貌であること」「威厳があって、厳かなさま」という意味です。 冒頭でご紹介したエルガーという人の曲の1つ「威風堂々」も、まさにそのような雰囲気が如実に現れた曲したよね。 威風堂々の語源 それでは「威風堂々」の語源について、二語に分けてご紹介していきます。 威風 まず、 「威」という漢字だけで 「人を従わせるような勢い」「強い勢力」という意味があります。 「風」という漢字は、 「様子」という意味があります。 例えば「トマトパスタ ヨーロッパ風」というと、ヨーロッパの様子を感じさせる、つまり本格的なパスタが出てくるように思いますよね。 このように、私たちは日常生活の中の様々なシチュエーションで「風=様子」という使われ方を目にしています。 堂々(堂堂) 次に「堂々(堂堂)」です。 「々」という記号(実は漢字ではないのです)は「直前のものを繰り返すときに使うマーク」なのです。 だから「堂々」と書いても「堂堂」と書いても、どちらも正解です。 「堂々(堂堂)」という言葉には、 「立派なさま」「何も包み隠す部分がなく、りりしいさま」という意味があります。 元々、「堂」という漢字は表御殿、つまり最も主となる建物のことを示しています。 本殿、とでもいいましょうか。 メインで使われる一番立派な建物なので、大事なお客様を迎えたり何かの儀式を執り行ったりする場所だったので、その建物の立派さから「堂々」という言葉が生まれたといわれています。 「威風堂々」の英語・類義語表現 次に、「威風堂々」と同じような意味を持っている英語や類義語を学んでいきましょう。 「威風堂々」の英語 まず知っておいて欲しい「威風堂々」の英訳は次の言葉です。 pomp and Circumstances 実は「オセロ」という儀曲の中に出てくる一節から引用された言葉で、最初に動画で紹介した曲のタイトルにも採用されているんです。 元々「pomp」が「華麗さ・壮麗さ」、「Circumstanceには「儀式ばること、ものものしさ」という意味があります。 つまり直訳すると「華麗で儀式的な様子」となりますが、これをわかりやすい日本語にかみ砕いて「威風堂々」と訳したのですね。 その他にもの 以下の二つには威厳があって深刻なさまという意味があり、• sedateness• solemness 「 regal person 」には、「堂々とした人」という意味があります。 時と場合によって使い分けてみましょう。 「威風堂々」の類義語 同じような意味を持っている四字熟語も多いので、ご紹介しておくと以下のようなものがあります。 威風凛々(いふうりんりん)• 楊武楊威(ようぶようい)• 英姿颯爽(えいしさっそう) 字面を見るだけでも、いかにも威風堂々と同じような意味を持っている ことが分かりますよね。 日常会話で耳にすることは少ないかもしれませんが、一緒に覚えているとふと目に入った時にも慌てずに済みますね。 「英姿颯爽」については、こちらの記事に詳しく書いています。 「威風堂々」の使い方 それでは、最後に「威風堂々」の例文をご紹介してます。 【例文】• 「男たるもの、いつでも威風堂々としていなければならない。 人前で泣くなどもってのほかだ」• 「やはり優勝チームは表彰式でも威風堂々としていて憧れるなあ」• 「祖父は何歳になっても威風堂々としていて老いを感じさせない」• 「威風堂々とした歩き方を練習しなさい。 まずその猫背から治していこう」• 「うちの校長先生は威風堂々としていながらも自分に厳しく他人には優しい。 私も校長先生のような大人になりたい」 例文のように、「〇〇として~」と使うのが一般的ですね。 最初こそ難しそうに見えたかもしれませんが、「威風堂々」の意味を知れば案外日常会話の中でも使える四字熟語と言えます。

次の

「貫禄」の意味と使い方、類語、英語、使用上の注意点とは?

堂々としている 類語

「水掛け論」の意味とは? 「水掛け論」の意味は「互いに都合を主張するばかりで解決しない議論」 「水掛け論(みずかけろん)」とは、双方が自分の都合や場合によっては証拠のない事を主張し、争点がかみあわず、いつまでたっても解決しない議論のことをいいます。 相手の意見に聞く耳を持たず、延々と不毛な議論が続く様子を表現するときに「水掛け論に終始する」などと用います。 また、決着がつかないままになったときは、「水掛け論に終わる」などと表現します。 他にも、お互いが自分の主張にこだわって相手の話を聞かず、全くかみあわない議論を「言った言わないの水掛け論」などと表現します。 「水掛け論」の「水」の由来とは? 「水掛け論」の水とは「田の水」 「水掛け論」の語源、あるいは由来は、狂言の演目である「水掛聟(みずかけむこ)」だという説があります。 聟(婿(むこ)に同じ)と舅(しゅうと)がお互いの田から自分の田へ水を引こうとして争う過程をユーモラスに描写するものです。 争う中で、舅の顔に田の水が掛かったことからお互いに水の掛け合いが始まり、さらに泥の掛け合いや付け合いにエスカレートしてゆきます。 その掛け合いの仕草などがおもしろおかしく表現される演目です。 野党の追求に対して与党は持論を一方的に主張し、論議は水掛け論に終わった• 両国の論争はお互いの非難に終始し、水掛け論に陥っている• アメリカの大統領選は批判合戦となり、水掛け論の争いが続いている• 着地点が一向に見えない水掛け論を続けるのは不毛である• 不毛な水掛け論に区切りをつけるため、議論を一方的に打ち切った 「水掛け論」の類語とは? 両者の意見が食い違っていつまでたっても議論が決着しない様子を表す表現は「水掛け論」のほかにもいろいろとあります。 いくつかを紹介します。 いつまでたっても結論の出ない議論「堂々巡りの議論」 いつまでたっても話が先に進まないことを「堂々巡り」と呼びます。 いつまでたっても結論が出ない議論は「堂々巡りの議論」と表現します。 「水掛け論」のようにお互いの意見を一方的に主張しあうというというよりも、同じところをぐるぐる巡って出口の見えない議論のことを「堂々巡りの議論」と表現します。 なお、「堂々巡り」とは、もともとは仏教の僧侶や信徒が祈願のためにお堂の周りを繰り返し回ることを意味していました。 何度も同じ場所を巡ることが転じて、話が進まないという意味になったとされています。 物事が決着しない状態を表す「埒が明かない」 物事が決着しない、事態が膠着して進展しない、という状態を表す表現に「埒が明かない(らちがあかない)」があります。 「埒が明かない」は、議論が終わらないという意味の他にも、ものごとのかたがつかないという意味でも使われます。 「交渉しているが、一向に埒が明かない」などと使われます。 決着しない議論である「水掛け論」が続く状態は、「埒が明かない状態」だと表現できます。 なお、「埒」とは、囲いや仕切りのことで、本来は物事の決まりがつくという意味で「埒が明く」と肯定表現で使われていました。 お互いが一方的に言い張る「押し問答」 「押し問答(おしもんどう)」とは、互いに自分の意見を譲らず、一方的に言い張る様子を意味します。 押し問答は埒が明かない状態だといえます。 「言った言わないの押し問答となった」などと使われ、「水掛け論」の議論というよりも、お互いが無理を通そうとする口喧嘩のような状況で用いられます。 「水掛け論」の英語表現とは? 「水掛け論」は英語で「an endless dispute」 「水掛け論」は英語で「an endless dispute」「a fruitless argument」などと表現します。 「終わりのない、果てしなく続く」という意味の「endless」と「議論、論争」という意味の「dispute」で「水掛け論」となります。 「水掛け論をする」は「have an endless dispute with …」と表現できます。 「無益な議論」の場合は、「無益な、不毛な」という意味の「fruitless」を用いて「a fruitless argument」と表現できます。 「argument」は「論争、言い争い」という意味です。 「その議論は結局水掛け論に終わった」は「The discussion ended in a fruitless argument. 」となります。 まとめ 「水掛け論」の由来は狂言の「水掛聟(みずかけむこ)」であるとされています。 婿と舅がお互いの田んぼの水の取り合いをして喧嘩になり、田の水や泥を掛け合って争いますが、その様子がおもしろおかしく表現されて人気のある演目です。 お互いが自分の意見を一方的に主張して譲らず、不毛な議論に陥る様子は、この水の掛け合いのように本質的には人間の滑稽さを含んでいるのかもしれません。

次の

堂々の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

堂々としている 類語

小説などで「凛とした」という言葉はよく見ますが、案外どんな意味で使われているのかご存じない方も多いはずです。 「凛とした」には様々な意味が挙げられるのですが、態度が引き締まっているというのはその様々な意味を一つにまとめあげたような言葉です。 背筋がピっと伸び、堂々としてしっかりしている様はまさに態度が引き締まっていると説明できますよね。 この場合、単に力持ちなことや権力が強いなどといった意味ではありません。 眼つきや顔つき、歩き方や態度などがしっかりしていることを表すために力強いを使っています。 先ほど、「凛とする」という言葉には様々な意味があり、その全てをまとめるような言葉が態度が引き締まっているであるとご紹介しましたが、力強いというのも同じです。 堂々とした姿や立ち振る舞いには意志が感じられ、まさに力強いのです。 どちらも「凛」の字を使っていますから似ている言葉だというのは一目了然かと思います。 「凛々しい」は辞書によると「勇ましい様子で、引きしまって頼もしいこと」とまとめられています。 意味を見ると凛々しいと「凛とした」は同じ言葉のように思われますが、一般的に凛々しいという言葉は男性にも女性にも使用できる言葉ですよね。 一方で「凛とした」はあまり男性には使われない言葉です。 人物に使う場合には主に女性に対して使う言葉なので言葉の対象がこの類語では違ってきます。 「凛とした」という言葉の意味として態度が引き締まっている様子というポイントを先ほどご紹介しました。 態度が引き締まっているという言葉は、しゃきっとしているという言葉に置き換える事ができますよね。 しゃきっとしたという言葉は、「凛とした」の視覚的な部分を言い換えたような言葉になります。 背筋がしっかり伸び、堂々と余分がなく動く姿はまさにしゃきっとしていますよね。 類語としては相応しい言葉だと思われます。 先ほど「凛とした」という言葉は、堂々としていて態度が引きしまっている様子を表した言葉だとご紹介しました。 おどおどしているという言葉は自信がなく、何かに脅えているかのような様子を表した言葉です。 まさに「凛とした」とは正反対のような言葉ですよね。 おどおどしている人は背筋は伸びませんし、目も顔つきも足取りも力強くありません。 「凛とした」人は自信を持って堂々としていますが、おどおどしている人はいつも自信がなく隠れるように生きています。 「凛とした」は態度が引き締まっている様子という意味がある言葉ですよね。 つまり反対語は態度が引き締まっていない意味の言葉になります。 締まりのないという言葉は、緊張感の内人や雰囲気に使われる言葉ですから「凛とした」の類語に適任です。 今回のように、言葉の反対語を操れるのは非常に強みとなります。 語彙力が増加しますし、頭も良くなるはずです。 以下の記事では度々耳にする「苦渋の決断」という言葉の反対語だけでなく、使い方や意味についてもまとめてありますから、是非参考にしてみてくださいね。 卒業の日を迎える生徒達は、一段と自覚と誇りを持ったようで、朝の教室には凛とした雰囲気が張り詰めていた。 この英語はいくつか意味があり「指揮する」「堂々とした」「威圧がある」などという意味を持っています。 中でも「堂々とした」という意味が「凛とした」に当てはまるため、英語表現で使う事ができますね! 以下の記事では「かしこまりました」の英語表現を記載しています。 プライベートでも仕事でも覚えておくと便利な英語表現の一つですから、是非参考にしてみてくださいね。 先ほどから凛としている人は、胸を張っており、自信に満ちあふれた堂々とした姿が印象的であるとご紹介していますよね。 「凛とした」の対義語がおどおどしているなどからも分かるように、「凛とした」という言葉は堂々としていることを表します。 決して自信がなく今にでも泣きだしそうな人の事を「凛とした」などと表現することはありません。 背筋というのは意外にも重要です。 ぱっと一目見た時に背筋がいい人には堂々としたまさに「凛とした」印象を知らず知らずのうちに受けますが、猫背で背筋が悪い人にはそんな印象を受けないですよね。 人は話す時や行動するときにテキパキとする人とゆっくりのんびりとする人の2パターンが存在します。 今回ご紹介している「凛とした」人は、この行動や言動が非常にハキハキとしています。 テキパキ動きまわり、会話もしっかりした口調で話す人は「凛とした」人に区分されることでしょう。 小さな声でモゴモゴ話したりする人には「凛とした」とあまり言えないですよね。 「凛とした」人は堂々としており、ハキハキしているとご紹介しましたね。 そんな人には人が付いてくるものです。 何かを頼った時や、質問したときも堂々とハキハキした声で対応してくれる「凛とした」人はまさに頼りがいがありますよね。 先ほどから「凛とした」人は堂々としており、姿勢がよく、ハキイハキとして頼りがいがあるとその特徴をご紹介してきましたが、まさにそれをまとめると「かっこいい」という言葉になりますよね。 あなたも凛とした人になろう いかがでしたか?「凛とした」という言葉は小説やドラマなどで度々目にする言葉かと思いますが、今回意味や類語、英語などを学んだことでさらの「凛とした」の知識が深まったのではないでしょうか。 会話の中などに活用できるとワンランク上の会話ができるはずですよ。 是非使ってみてくださいね。

次の