厚生 労働省 から ライン。 厚生労働省から「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」と...

厚生労働省

厚生 労働省 から ライン

会社員人生を15年近く続けているが、雇用保険を給付されたのは過去に一度だけだったと記憶していたからだ。 14年前、新卒で入社した会社を1年弱で退社し、ハローワークに通っていたころにお世話になった。 再就職後は無職の期間はなく、雇用保険を支払い続けてきた。 手紙を開封してみることにした。 すると、返信用の封筒など書類一式が出てきた。 「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」と書かれた書類を読んでみると、次のことが分かった。 毎月勤労統計調査をはじめとする厚労省が所管する統計について、2019年に不正が発覚した。 全数調査をしなければならないのに、一部抽出調査が行われていたのだ。 そのため、雇用保険や労災保険などで多くの受給者が支払い不足の状態に陥っていた。 厚労省は対象者に対して支払いをする準備を進めており、ハローワークで保有する氏名・生年月日などをもとに調査。 記者が追加給付の対象であることが分かったという。 関連記事• セブンが実証実験を継続的に行う拠点がある。 実際に行ってみると「たばこは無言で買う時代」というコピーがあった。 どんな意味があるのか? 実際にたばこを買ってみた。 転職市場が活性化しており、何度か退職を経験した人も多いだろう。 退職時にこそ猛烈に仕事に取り組むべきだと筆者は主張する。 どういうことかというと……。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。 ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。 店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。 ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていない。 マンション内に「モンスター住民」が増えつつあるようだ。 実態はどうなっているのか。

次の

厚生労働省に協力して、「LINE」で国内ユーザー8,300万人を対象とした第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を明日実施

厚生 労働省 から ライン

「 お詫び」? 「 毎月勤労統計調査」? あー、なるほど。 景気変動を探る経済指標となる賃金・労働雇用状況を明らかにし、GDPの計算や保険の算出にも用いられる「 」という統計データがあります。 厚生労働省が実施しているのですが、• ルールとして全数調査すべき調査を、 サンプル調査に勝手に切り替えた。 サンプル調査の場合に必要となる 補正作業をしなかった(忘れた)。 すべてのデータを訂正せずに、 2018年からの訂正にとどめた。 この一連の内容を 公表しなかった。 というが発覚し、昨年末から今年にかけて連日大きく報道されたので、憶えていらっしゃる方も多いと思います。 (私は忘れていましたが…w) この影響によって「 平均賃金が低く算出され、 雇用保険や 労災保険などで 約2000万人に対して支払い不足があった」という報道もあったわけですが、今回の郵便は、 「 あなたに給付した雇用保険(失業手当)にも支払い不足がありました。 ついては不足分を振り込むから、口座情報を教えてね」 という内容だったのです。 繰り返します。 1,400円程度です。 10年以上にわたって不正な統計調査が行われていたため、雇用保険や労災保険への影響は「対象者は延べ 約2000万人」で、総額は 500億円とも 600億円とも言われていますが、1人あたりにすれば1,400円ぐらいになっちゃうんですね。 とはいえ、私に送られてきた封書内には返信用封筒などを含め、 合計5点の資料が同封されていましたし、「払渡希望金融機関指定(変更)届」の返送後には「最終的な支払い額の精査を経てから、 はがき形式の『支給決定通知書』が送られてくる」そうなので、今回の追加給付に関する 事務コストって膨大な額になってるんじゃないでしょうか。 そう思ってネットを漁ってみたら、「 事務費として国は 195億円を予算計上した」という報道が見つかりました。 追加給付の500億円(ないし600億円)は「本来は既に支払われていたはずのお金」なので勘定に含めないとしても、この事務費195億円は完全に「想定外のコスト=税金の浪費」ということになります。 ちなみに、のインタビューにおいて、 厚生労働省の元統計担当者は、 保険の給付の額にはねる(影響する)というのは、実際、報道を見て初めて知ったので、そこまではねる(影響する)ようなものだと正直思っていなかった。 軽視はしていないけど、経済を左右するものだっていうことで自負を持って慎重にやっていましたけど、あそこまで政策にはねる(影響する)ものだとは正直思わなかったので、びっくり。 と発言していたようです。 この「うっかり、びっくり」のおかげで税金が195億円も吹っ飛ぶのですから、官僚の仕事って、生半可な精神力では務まらないと思います。 この程度の胆力しかないので、私は全くもって官僚には向かないわけです。 検索 カテゴリー• 265• 144• 19 最近の投稿• 2020年6月25日• 2020年6月24日• 2020年6月19日• 2020年6月15日• 2020年6月9日 アーカイブ• 11 タグ.

次の

厚生労働省から「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」と...

厚生 労働省 から ライン

(1)ポータルサイト「あかるい職場応援団」では、職場のハラスメント防止対策についての解説動画を公開しています。 また、パワーハラスメント対策についての情報を発信しています。 社内整備に是非ご活用ください。 (2)また、厚生労働省HPから事業主・労働者向けパンフレットや社内研修用資料のダウンロードができます。 社内の体制整備に是非ご活用ください。 中小企業の定義は、下記3の「パワーハラスメント対策」を参照してください。 詳細な対策は指針で示されています。 ) なお、セクシュアルハラスメント等の防止対策も強化(男女雇用機会均等法、育児・介護休業法の改正)されます。 労働施策総合推進法第30条の2(抜粋) 第30条の二 事業主は、職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であつて、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものによりその雇用する労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。 2 事業主は、労働者が前項の相談を行つたこと又は事業主による当該相談への対応に協力した際に事実を述べたことを理由として、当該労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない。 (2)施行日は、令和2年6月1日です。 なお、このパンフレットですが、セクシュアルハラスメント、妊娠、出産、育児・介護休業に関するハラスメント(マタニティハラスメント)対策を含めた解説となっています。 詳細は、リーフレットの5ページを参照してください。 (猶予措置に関する期間は、改正労基法と改正労働施策総合推進法(パワハラ対策)では、異なります。 ) (1)事業主の皆様へ 労基法違反となるような長時間労働などがある職場では、パワーハラスメントが起きやすくなります。 パワーハラスメントを防止するためには、労働施策総合推進法で定める雇用管理上の措置を講じるだけでなく、労基法等の関係法令を守るなど、働く方が安心して働くことができる職場を作ることも重要です。 働き方の基本となるルールを解説したパンフレット(労基法のあらまし、Q&A等)についてはを参照してください。 (2)令和2年1月31日(金)「職場のパワーハラスメント防止対策等説明会」を開催しました。 (3)厚生労働省では、YouTubeを利用した動画配信を行っています。 この中で、ハラスメント対策の解説動画、啓発動画を配信しています。 をご覧ください。 サイト内検索で、「厚生労働省 ハラスメント防止対策」と検索すると、解説動画、啓発動画がご覧になれます。 (4)「職場のキャッチフレーズ決定!」~「パワハラでなくす信用 部下の支持」など~ 詳細は です。

次の