ノルウェージャンフォレストキャット。 北欧出身、ふわふわで豪快なノルウェージャン・フォレスト・キャットってどんな猫?

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットの体格 ノルウェージャンフォレストキャットは、猫の中で最も大きな体型に分類される 猫の体格は以下の5つに分かれていますが、ノルウェージャンフォレストキャットは、最も体が大きく全体的に胴が長い「ロングアンドサブスタンシャル」に属します。 「雷神が連れ去ろうとしたが、あまりに大きく重くて持ち上げられなかった猫」として北欧神話に登場するノルウェージャンフォレストキャットは、平均的な猫を大きく上回る大型種なのです。 コピー• セミコピー• フォーリン• オリエンタル• ロングアンドサブスタンシャル ノルウェージャンフォレストキャットは成長に3~4年を要する 一般的な猫は生後6か月までにぐんぐん体が大きくなり、6か月を過ぎると成長のスピードがゆっくりになりますが、1歳まで成長が続きます。 1歳を過ぎると成長がほぼ止まり、食生活や飼育環境が大きく変わらなければ、体重が急激に増えることはありません。 ところが、ノルウェージャンフォレストキャットは大きく成長する代わりに、成長のスピードがとてもゆっくりです。 普通であれば1歳には成長がほぼ止まり、成猫の体が完成するのに、ノルウェージャンフォレストキャットは1歳を過ぎてもなお成長が続いて体が大きくなります。 ノルウェージャンフォレストキャットの場合、成猫の体が完成するまでには3~4年を要し、中には5歳になっても体が大きくなく個体も存在します。 成猫の体重は3. 5~7kg ノルウェージャンフォレストキャットの成猫の平均体重は、オスが4. 5~7. 0kgほど、メスは3. 5~5. 5kgほどあります。 オスはメスよりも大きく成長し、10kgを超える個体も存在します。 猫の平均体重は3~5kgほどですから、ノルウェージャンフォレストキャットはその1. 5~2倍の体重があることになります。 10kg以上の個体も珍しくないメインクーンにはさすがに負けますが、猫の平均体重を大きく超える重量級の猫種と言えるでしょう。 成猫の体長は40~60cm ノルウェージャンフォレストキャットの成猫の平均体長(胸からお尻までの長さ)は、オスが45~60cm、メスは40cmほどあります。 猫の平均体長は25~30cmほどですから、ノルウェージャンフォレストキャットは1. 5倍の体長があり、胴が長い体格であることを示しています。 とは言え、猫の体長は個体差が大きく、50cmを超える胴長の個体もそれほど珍しくありません。 ノルウェージャンフォレストキャットは飛びぬけて胴が長い猫種とは言えないでしょう。 実際、同じロングアンドサブスタンシャルのメインクーンは体長100cmを誇ります。 胴が飛びぬけて長くないのにノルウェージャンフォレストキャットが大きく見えるのは、厚くがっしりした胴回りと骨太な四肢とよく発達した筋肉のおかげです。 ヨーロッパラインとアメリカラインで体つきが異なる ノルウェージャンフォレストキャットは、ヨーロッパラインとアメリカラインのふたつの系統が存在します。 これはもともとヨーロッパのみで繁殖され、人気の上昇によってアメリカでも繁殖が行われたためです。 ヨーロッパラインは、たくましく頑丈な骨格、長い胴と尻尾が特徴的です。 一方のアメリカラインは、やや胴が短く、ヨーロッパラインよりも華奢な体つきが特徴的です。 月齢ごとの体重推移 次に、ノルウェージャンフォレストキャットの月齢ごとの体重推移を見てみましょう。 産まれたばかりのノルウェージャンフォレストキャットの子猫の体重は140~210g 産まれたばかりのノルウェージャンフォレストキャットの体重は140~210gほどあります。 もちろん個体差があり、母親の大きさも影響するので、これよりも軽い猫も重い猫も存在します。 しかし、一般的な猫の産まれたときの平均体重は100~120gほどですから、お母さん猫のお腹から出た時点で、すでに明らかな体重差があることがわかります。 ノルウェージャンフォレストキャットは生後6か月で5kgを超えることも では、ノルウェージャンフォレストキャットの子猫はどのように体重が推移していくのか見てみましょう。 『日本と世界の猫のカタログ 2019年版 成美堂出版』によると、以下のように体重が増加していきます。 生後1か月 500g 生後3か月 1700g 生後6か月 3000~5500g ちなみに、一般的な猫の体重は、生後3か月で1kgほど、生後6か月で2. 5kgほどになります。 対して、ノルウェージャンフォレストキャットは生後6か月で5kgを超えるのですから、スケールの大きさに驚かされます。 なお、この数値は海外の大きな個体を含めているので、やや高い数値になっています。 個体差がありますし、食生活や生育環境によって体重が変化することを留意してください。 ノルウェージャンフォレストキャットの体が大きい理由 ノルウェージャンフォレストキャットが、平均的な猫よりもかなり大きいことがおわかりいただけたでしょうか。 そこで気になるのがノルウェージャンフォレストキャットの体が大きい理由です。 ノルウェージャンフォレストキャットの体の大きさは深い森を生き抜くため ノルウェージャンフォレストキャットは、ペルシャやヒマラヤンのように人為的に作られた猫種ではなく、自然に発生した猫種です。 ちなみに、同じロングアンドサブスタンシャルのメインクーンも自然発生の猫種です。 人の手が加わっていないにも関わらず、これほど大きな体になったことに驚かされます。 ノルウェーの奥地に広がる深い森には、古くからノルウェージャンフォレストキャットがたくさん生息していたと言われています。 ただし、猫の北限はスコットランドとされていることから、昔からノルウェーに生息していた猫ではなく、ねずみ捕り用に人間が持ち込んだと考えられています。 もともとは今ほど体が大きくなく、スカンジナビア半島の厳しい環境を生き残った猫が、交配を繰り返すうち体の大きな猫が誕生したという説が有力です。 「ノルウェーの森の猫」の愛称をもつノルウェージャンフォレストキャットは、北欧の厳しい自然環境を生き抜くために大きな体が必要だったのです。 寒さと水気から身を守る豊かな被毛が体を大きく見せている ノルウェージャンフォレストキャットは体格だけでなく、長毛の豊かな被毛も特徴的です。 この被毛はダブルコートであり、トップの毛はやや硬く長めで防水性があり、背中から側面にかけて垂れ下がるように生えています。 アンダーはふわふわとしていて厚さがあり、厳しい寒さに耐えられる優れた断熱性を備えています。 北欧の厳しい寒さと深い雪から身を守る豊かな被毛が、ノルウェージャンフォレストキャットをより大きく見せているのです。

次の

ノルウェージャンフォレストキャットの性格や大きさとは?

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットの性格 ノルウェージャンフォレストキャットの性格まとめ• いたずら好き• 甘えん坊• 過剰な接触はストレスになる 実はいたずら好き ノルウェージャンフォレストキャットの性格は、とても穏やかで我慢強い性格の子が多くなっています。 また、あまり鳴く事も無く、小さな子供や先住猫がいた場合でも、打ち解けようと自ら近づいていくなど、非常に飼いやすい猫種と言えます。 ですが、日ごろから運動量が多く、好奇心旺盛な一面を持ち合わせているため、部屋中を駆け回ったり、 押入の中や戸棚の上などを探検したがるなど、いたずらっ子な性格の子も多いそうです。 そのため、部屋を荒されない為には飼い主が家具の配置などを工夫する必要があるかもしれませんね。 甘えん坊な一面も そんな、いたずら好きのノルウェージャンフォレストキャットですが、基本的には甘えん坊な性格の子が多いと言われています。 特に、男の子に甘えん坊が多いらしく、何だか人間の子供と一緒な感じがしますね! ただし、 注意しなければならないのが「過剰なスキンシップ」です。 もちろん、甘えん坊なので適度なスキンシップや撫でられることも好きなんですが、あまり過剰に触れすぎるとストレスを感じるそうです。 これは、すべての猫種に言えることかもしれませんが、何事も適度に触れ合うのが良いでしょう。 雄 オス 4. 5kg~8. 0kg 雌 メス 2. 8kg~5. 5kg ノルウェージャンフォレストキャットの平均体重はこのようになっており、雄 オス で4. 5kg~8. 0kg、雌 メス で2. 8kg~5. 5kgとなっています。 体の大きさは、雄 オス で50cm~60cm、雌 メス で40cm~50cm程度の大きさまで成長するのだとか。 これは、平均的な猫と比較しても大きい種類となっており、実は、ノルウェージャンフォレストキャットが登場する神話の中で 雷神が猫を連れされなかった理由が「大きすぎて持てなかった」と言われるほど、大きな猫種となっています。 ノルウェージャンフォレストキャットの寿命 次に、ノルウェージャンフォレストキャットの平均寿命は一体どれ程となっているのでしょうか? 愛猫と一緒に暮らしていく上で、平均寿命はあまり気にしたくないところですが、これも飼い主として責任を最後まで果たすために、しっかりと把握しておきましょう。 そこで、以下に平均寿命をまとめてみたので、確認してみましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットと子供や動物の相性 ノルウェージャンフォレストキャットの相性まとめ• 子供との相性は良い• 他の動物も受け入れやすい 子供に寛容な猫 小さな子が居る家庭では、子供達に慣れてくれるかも大事なポイントですよね。 一般的にノルウェージャンフォレストキャットは子供に寛容で、子供に抱かれても逃げずにいる子が多いようです。 そのため、 海外のファミリー層にも人気が高くなっています。 ただし、性格の項目でもお話ししましたが、あまり過剰に抱き過ぎるとストレスを感じることもあるので、適度に触れ合わせる様にしましょう。 動物との相性も良い 子供たちと仲良くなれることと、他のペットや先住猫と仲良くなることは全く別のことですが、ノルウェージャンフォレストキャットは他の動物とのふれ合いも問題ないと言われています。 そのため、多頭飼いや他のペットを飼っている方にはおススメの猫種と言えそうです! ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方と注意点 ノルウェージャンフォレストキャットの注意点まとめ• シャンプーは定期的に! ここまで、性格や大きさ、平均寿命や体重についてまとめてきましたが、これからノルウェージャンフォレストキャットを飼おうと思っている方が注意すべき点はあるのでしょうか? ノルウェージャンフォレストキャットは、その見た目にわかる通り長毛種の猫となっているため、日に2回程度のブラッシングや、定期的なシャンプーが必要になります。 また、春先から初夏にかけては抜け毛が多くなってくるため、しっかりとブラッシングをしてあげないと、 毛づくろいの際に毛を大量に飲みこんでしまう可能性があるので、忘れずに行うようにしましょう。 〇関連記事 気を付けたい病気は? ノルウェージャンフォレストキャットは遺伝的な疾患が少ないと言われている猫種のため、重大な病気を気に掛ける必要はないでしょう。 ただし、特徴として少々太りやすい傾向にあるようです。 そのため、食事やおやつのあげ過ぎにより肥満体になる確率が高くなっているので、食事の管理は気を付けるようにしましょう。 また、 美しい長毛が特徴でもありますが、それがあだとなり「毛球症」や「熱中症」になりやすいと言われています。 毛球症は毛づくろいの際に飲み込んだ自分の毛がうまく排出されず、胃や腸などの消化器官内に溜まってしまう病気の事で、食欲不振や便秘、吐き気や嘔吐といった症状を引き起こします。 これら病気を予防するためにも、定期的なブラッシングや毛のお手入れは欠かさないようにしましょう! ノルウェージャンフォレストキャットの豆知識 ノルウェージャンフォレストキャットの豆知識まとめ• 毛色の系統は5種類• 単色より混色が人気 ノルウェージャンフォレストキャットの毛色 長く綺麗な被毛を持つノルウェージャンフォレストキャットですが、どんな毛色の種類がいるのでしょうか? ざっくり分類すると「ブラック系」、「ホワイト系」、「ブルー系」、「ブラウン系」、「レッド系」の5種類に分けられます。 さらにここから、単色の毛色であったり、タビー(縞模様)のような毛色に分類されます。 ちなみに、 最も多くみられる毛色は「ブラウンタビー&ホワイト」の毛色で、「ノルウェージャンフォレストキャットと言えばこの色」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 ノルウェージャンフォレストキャットの画像 ここまで、様々な情報を紹介してきましたが、実際のノルウェージャンフォレストキャットも見たいですよね!そこで、以下にInstagram上にアップされている画像をいくつかピックアップしてみたので、様々な種類のノルウェージャンフォレストキャットを見てみましょう。 さん aminyanphoto がシェアした投稿 — 2018年 8月月7日午後4時27分PDT ノルウェージャンフォレストキャットの歴史 ノルウェージャンフォレストキャットの歴史のポイント• 神話に登場した猫• 色々な呼び名がある ノルウェージャンフォレストキャットの起源は古く、10世紀頃に古代ビザンチン帝国 現トルコ からやってきた、 「アンゴラ」と「ドメスッティック」という猫種の自然交配が始まりと言われています。 また、北欧神話に登場する雷神が、地上から猫を連れ去ろうとした際、その重さに連れ去ることができなかったという話や、女神フレイアが車を引かせていた2匹の大きな猫が、ノルウェージャンフォレストキャットだったなど、様々な伝説が語り継がれていることから、北欧では大変人気の猫種と言われています。 ただ、ノルウェーでは昔からポピュラーな猫として広く知られていましたが、20世紀に入るまではとの違いをなかなか明確化できず、正式な猫種としては認められていませんでした。 ですが、1993年にCFAから独立した品種として認められ、それ以降は人気の猫種として親しまれています。 , , , ,• コメント:•

次の

ノルウェージャンフォレストキャットの性格、特徴、飼い方について知ろう

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェーではよく知られた存在のノルウェージャンフォレストキャット。 日本でも人気の猫種ですが、「大きくてふわふわもふもふ」というイメージしか持っていない方が多いのでは?神秘的なノルウェージャンフォレストキャット。 その性格や特徴をご紹介します。 ノルウェージャンフォレストキャットはどんな猫? ノルウェージャンフォレストキャットはノルウェー、スカンディナヴィア半島を中心とした北ヨーロッパ原産の猫。 地元ノルウェーでは「スコグカッテル」、「スコウカッテル」と呼ばれていて、どちらも「森」を意味する言葉。 寒さに厳しい環境に順応して生きる彼らは「森林の猫」と呼ばれ、昔から現在に至るまで深く親しまれています。 ノルウェージャンフォレストキャットは人の手によって作られた猫ではなく、原産地ノルウェーの寒冷気候に自然に適合して発生した猫種です。 体格の大きさや長くて厚い被毛が特徴的ですが、これは全てノルウェーの厳しい気候の中で生きていくためのものなのです。 ノルウェージャンフォレストキャットの特徴は? ノルウェージャンフォレストキャットの被皮は厚くふわふわとした二層状です。 外装の毛は防水性が高く、内側の毛は密度が高く縮れることで空気を含みやすくするといった、優れた防寒防水機能を持っています。 — 2017 1月 14 8:13午後 PST また、ノルウェージャンフォレストキャットの足の裏には長い毛があります。 これは「タフト」といって、猫の長い毛の束のこと。 長毛種の猫の耳や指の間などに見られる特徴です。 このタフトは「カンジキ」のような役目を持っていて、タフトのおかげで雪原を自由に歩き回ることができます。 耳にもタフトがたっぷりとあり、長い尾はふわふわの毛に覆われホウキのようです。 厳しい環境を生き抜くために大きく逞しい体格をしたノルウェージャンフォレストキャット。 体重は、成猫のオスで4. 5-7. 0kgほど。 メスがそのおよそ半分くらいの3. 5-5. 5kg。 骨格も太く筋肉質です。 ノルウェージャンフォレストキャットの性格 — 2016 12月 14 7:20午前 PST 一見穏やかで物静かで落ち着いた雰囲気を醸し出しているノルウェージャンフォレストキャット。 しかし内面は寒冷な地域にすむ野生動物の血を引くのか、忍耐強く、知的で優秀なハンターの面を見せます。 高い木の上に登り、常に首位の状況を確認することを怠りません。 抑圧にも屈せず、一見頑固にも見える強い主張を見せます。 非常に繊細な神経も持ち合わせているのもノルウェージャンフォレストキャットの性格の特徴です。 一方で、外に出る事を好み、近所に仲の良い猫がいれば進んで遊びに行くという、フレンンドリーな性格の一面もあります。 人と遊ぶことも大好きで、とても人懐こく愛情深い性格です。 物怖じせず、先住猫や犬、小さな子供にも近寄って仲良くしようとします。 ノルウェージャンフォレストキャットは人とのスキンシップを好むので、時間があるときはたっぷり遊んであげることが大切です。 見た目は優美でおっとりとした印象を受けるノルウェージャンフォレストキャットですが、実はなかなかお茶目で3枚目な性格をしているのですね。 ノルウェージャンフォレストキャットの歴史は? ノルウェージャンフォレストキャットの歴史は古く、11世紀にバイキングがトルコのビザンチン帝国から持ち込んだという説があります。 バイキングは、船の中のネズミをノルウェージャンフォレストキャットに退治させるために連れてきたのだとか。 また、ノルウェージャンフォレストキャットは北欧神話にも登場します。 「戦神トールでさえ持ち上げることのできなかった猫」、「女神フレイヤの車を引かせるために用いた猫」といった、なかなか猫らしからぬ様子で描かれています。 ノルウェージャンフォレストキャットの体格の大きさから、このような描かれ方をされたようです。 1930年代までは地元ノルウェーでは「いつもその辺にいる猫」といった、普通の飼い猫のノルウェージャンフォレストキャットでしたが、第二次世界大戦後から正式な品種として世界に公認されていくようになりました。 ノルウェージャンフォレストキャットの寿命、かかりやすい病気は? ノルウェージャンフォレストキャットを家族に迎えるなら、「長生きしてくれるかな?」「どんな病気にかかりやすいのかな?」と健康面のことを知っておきたいもの。 寿命や病気について見てみましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットの寿命は、それと比べるとやや短めの11~14歳くらいというデータがあるようです。 ノルウェージャンフォレストキャットは、自然発生した「純血種」ですが、遺伝疾患があまりない猫種です。 ただ、病気とは無縁というわけではありません。 次のような病気に気をつけましょう。 ・毛球症 ノルウェージャンフォレストキャットの魅力でもあるゴージャスな被毛が毛球症を引き起こすことがあります。 毛球症は、飲み込んだ抜け毛がお腹のなかでボール状になり、詰まって排出できなくなって苦しむ症状が現れます。 軽い症状で済めば「吐いて出す」ことも可能ですが、症状が重く悪化すると手術でしか対処できません。 ・糖原病 ノルウェージャンフォレストキャットの遺伝疾患として、糖原病というものがあります。 エネルギーとして貯めたグリコーゲンを肝臓で分解できずに、肝臓障害や神経障害を起こします。 ノルウェージャンフォレストキャットに起こり得る遺伝疾患とは言われているものの、この病気が発症することは極めてレアなケースと言われています。 ・肥大型心筋症 心臓の筋肉の壁が厚くなって、それが原因で正常の心臓の働きができなくなる病気です。 初期のころは症状がほとんどなく、気づきにくいと言われています。 健康診断で発見されるケースも多く、早めに投薬治療などで対処をすることができます。 飼い主さんが長生きできるようにケアをしていくことが重要です。 毛球症を防ぐために必要なのは、こまめなブラッシング。 特に、季節の変わり目には毛が生え変わります。 スキンシップもかねて、ブラッシングを日課にしましょう。 ワンプッシュボタンで取り除いたムダ毛をラクラクポイ!片手で操作できます。 また、さまざまな感染症やケガのリスクを防ぐには完全室内飼が理想的です。 ただ、大型の猫なので運動不足が原因で肥満にしないように気をつけましょう。 肥満になると、関節への負担が大きく、動きづらくなってしまいます。 一人でも遊べるように、キャットタワーを準備し、家のなかでもたっぷり運動できる環境づくりをしてみてくださいね。 運動すると食欲も出てくるものですが、食べさせ過ぎは栄養過多で肥満を引き起こしてしまいます。 食事の管理もしっかりおこなうことが大事です。 体のお手入れ、運動不足に注意する、食事管理を行うなど、ノルウェージャンフォレストキャットが健康で長生きできるようにライフスタイルを整えることは飼い主さんの愛情でもあります。 <総合栄養食> まとめ メイクイーンとともに非常に人気が高まっているノルウェージャンフォレストキャット。 ウールのような心地よい手触りと人懐こい性格で、これからもますます人気が沸騰しそうですね。 最大の魅力のふわふわの被毛は、毎日のブラッシング等のお手入れが必須です。 寂しがり屋な性格のノルウェージャンフォレストキャットですから、日々のお手入れも大好きな飼い主さんとのスキンシップになります。 寒い地域出身の猫ですから夏の温度調整も大切です。 最適な生活環境とお手入れで、幸せなノルウェージャンライフを満喫してくださいね! <参考サイト> — おすすめ記事 —.

次の