ビット コイン チャート。 仮想通貨取引所の高機能チャート・分析ツールを比較

仮想通貨取引所の高機能チャート・分析ツールを比較

ビット コイン チャート

2017年はビットコインをはじめとする仮想通貨が盛り上がりましたね。 先日もこんな記事を書きました。 そこでMT4に仮想通貨の値動きを表示できたらどうでしょう? 一石二鳥だし、手間が省けます。 実は! FXトレードフィナンシャルがMT4で仮想通貨のチャートを表示することができるようになりました! 今回はFXトレードフィナンシャルのMT4で仮想通貨を見る方法を書いていきます。 仮想通貨のチャートをMT4で表示する 冒頭でも書きましたが2017年の秋以降はビットコインなどの仮想通貨に話題を持っていかれてしまい、正直なことを言うと・・・FXトレーダー&FXブロガーとしては寂しい気持ちもありました。 がしかし、 2018年はかなり盛り上がると思っています。 というのも、FXと仮想通貨に相関性があることに気づいてる人たちが多く、仮想通貨の値動きなどをチェックしながらFXをトレードするという方法が取られて初めているからです。 ドル円とビットコインの相関性とか、ですね。 そうなると必要になるのが、そう! チャートです。 私達が主に使うのはやはり MT4。 冒頭でも書きましたが、 FXトレード・フィナンシャルがMT4で仮想通貨を表示することができるようになりました! デモ口座は1月15日から表示可能になっていて、リアル口座は1月22日あたりを予定してるそうです。 早速、のデモ口座を申請して、仮想通貨をMT4に表示してみました。 こちらです。 これなら仮想通貨のチャートにテクニカルやインジケーターを表示できます。 スポンサーリンク FXTFのMT4で仮想通貨のチャートを表示する方法 ではここからはMT4に仮想通貨を表示する方法について書いていきます。 やり方は簡単で、通貨一覧が表示されるパネルを表示して下さい。 表示したら右クリックでメニューを出して、全て表示するをクリックしてください。 そうすると、下の方にグレーの表示で BTCJPY XRPJPY MONAJPY BCCJPY という表示がありますね。 これらが 現段階で表示できる仮想通貨のリストです。 この中から任意のペアを選んでチャートに表示します。 やり方は他の通貨ペアと同じなので割愛します。 ちなみに・・・知らない人もいると思うので、念のため書いておきますが、JPN225というのが日経平均で、US30というのがダウです。 まとめ 今回は仮想通貨のチャートをMT4で表示する方法でした。 意外と簡単でしたよね。 ・仮想通貨はトレードしないがチャートは見ておきたい ・仮想通貨の注文はスマホで行うがチャートはPCで見たい ・仮想通貨と通貨の相関性を利用したトレードを行いたい といった方には最適だと思います。 はかゆいところに手が届く機能を追加してくれてありがたいですね。 口座を持ってないのは損ですよ。

次の

ビットコイン(BTC/JPY):価格予想|仮想通貨 | 投資の森

ビット コイン チャート

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• チャートは円建てビットコインの月間の価格帯別出来高を5,000円毎に表示させた4時間足になります。 買いが緑、売りがオレンジとなり、最大出来高を含む70%の範囲は青と紫の表示となっています。 赤いラインは最大出来高の価格帯です。 四角の表示は、ピンク矢印で示すように、前月に出来高が膨らんだ価格帯を次月に対応させた形で描画しており、次月にその価格帯をこなさなかった場合はその後も続けて表示させてあります。 ぱっと見でも分かるように、出来高が膨らんだ部分がサポートやレジスタンスとなる事が多く確認することが出来ます。 出来高が膨らんだ価格帯というものは、そこで売買が多く行われた事を示すため、その後にその価格帯に到達した際に、ポジションがどう処理されるかを推測することに役立つのではないでしょうか。 価格帯別出来高の表示は、チャート... ビットコインは、日足チャートの上昇トレンドラインにほぼそった動きをしていましたが、 依然として「半減期前の高値(現在のレジスタンスライン)を完全にブレイクするに至っていません。 そして、トレンドラインとの乖離が少し進んできたので、改めて上昇トレンドラインを引き直しました。 週足レベルでの下降トレンドラインも引き直しました。 (紫色実線) ここのところの動きは、レジスタンスラインを超えられず、悪くなっていますが、トレンドはまだ上昇トレンドを保っているので、今後のメインシナリオとしては、レジスタンスライン・ブレイクからさらに「前回の主要な高値」(116万円)を目指していくものと想定しています。 一方、「100万円の大台」「当面のサポート」のラインを割って来た場合は、レンジあるいは下降トレンドに移行する可能性が出てきます。 BF日足です 5月28日にも同じタイトルで投稿しましたが・・分からない相場です 6月2日に5月8日の高値を越えたことも迷走の原因となっています いまの所は、大きな下落のBプランよりも押し目のAプランを考えています 3月は、コロナの関係で思いっきり割ってきましたが 日足の上昇雲は今の相場を考えると割りにくいんじゃないかと思ってるからです 三角持ち合いも抜けたし上目線かと言えば、個人的には100万を越えてからのロングは自信が無い 100万以下の場合の勝率は高いけど、100万越えてからの売買はボラは大きいがリスクが高いからです ので参加していません 現状、1万ドルから動かないのは、同じ考えの人も多いのでは?と思っています このまま大きくあがるとしたら、大きなクジラが動くことです 下がらず、このまま横横なら上昇...

次の

ビットコイン(BTC) チャート 【リアルタイム更新】

ビット コイン チャート

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• チャートは円建てビットコインの月間の価格帯別出来高を5,000円毎に表示させた4時間足になります。 買いが緑、売りがオレンジとなり、最大出来高を含む70%の範囲は青と紫の表示となっています。 赤いラインは最大出来高の価格帯です。 四角の表示は、ピンク矢印で示すように、前月に出来高が膨らんだ価格帯を次月に対応させた形で描画しており、次月にその価格帯をこなさなかった場合はその後も続けて表示させてあります。 ぱっと見でも分かるように、出来高が膨らんだ部分がサポートやレジスタンスとなる事が多く確認することが出来ます。 出来高が膨らんだ価格帯というものは、そこで売買が多く行われた事を示すため、その後にその価格帯に到達した際に、ポジションがどう処理されるかを推測することに役立つのではないでしょうか。 価格帯別出来高の表示は、チャート... ビットコインは、日足チャートの上昇トレンドラインにほぼそった動きをしていましたが、 依然として「半減期前の高値(現在のレジスタンスライン)を完全にブレイクするに至っていません。 そして、トレンドラインとの乖離が少し進んできたので、改めて上昇トレンドラインを引き直しました。 週足レベルでの下降トレンドラインも引き直しました。 (紫色実線) ここのところの動きは、レジスタンスラインを超えられず、悪くなっていますが、トレンドはまだ上昇トレンドを保っているので、今後のメインシナリオとしては、レジスタンスライン・ブレイクからさらに「前回の主要な高値」(116万円)を目指していくものと想定しています。 一方、「100万円の大台」「当面のサポート」のラインを割って来た場合は、レンジあるいは下降トレンドに移行する可能性が出てきます。 BF日足です 5月28日にも同じタイトルで投稿しましたが・・分からない相場です 6月2日に5月8日の高値を越えたことも迷走の原因となっています いまの所は、大きな下落のBプランよりも押し目のAプランを考えています 3月は、コロナの関係で思いっきり割ってきましたが 日足の上昇雲は今の相場を考えると割りにくいんじゃないかと思ってるからです 三角持ち合いも抜けたし上目線かと言えば、個人的には100万を越えてからのロングは自信が無い 100万以下の場合の勝率は高いけど、100万越えてからの売買はボラは大きいがリスクが高いからです ので参加していません 現状、1万ドルから動かないのは、同じ考えの人も多いのでは?と思っています このまま大きくあがるとしたら、大きなクジラが動くことです 下がらず、このまま横横なら上昇...

次の