高松競輪 特徴。 高松競輪予想情報|競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

高松競輪場の今日のレース予想と会場データ・特徴をまとめて公開中

高松競輪 特徴

この項目では、競輪のGI競走について説明しています。 中央競馬のGI競走については「」を、競艇のGI競走については「」をご覧ください。 高松宮記念杯競輪 概要 開催時期 5月末 - 6月(年度ごとに移動) 開催地域 持ち回り 愛称 宮杯 分野 競輪 カテゴリー GI 形態 4日間トーナメント 主催者 または - 1988年まで - 2010年まで 持ち回り - 2011年以降 歴史 初回開催年 1950年 初代優勝者 最多優勝者 (5回) 直近優勝者 (2020年) 高松宮記念杯競輪(たかまつのみやきねんはいけいりん)は、のである。 まではので開催された。 大津びわこ競輪場の廃止に伴いより持ち回りとなった。 概要 [ ] ファン・選手・関係者の間では親しみを込めて「 宮杯(みやはい)」という略称で呼ばれる。 また、例年5月末〜6月初めというの時期に開催されることから「雨の宮杯」と呼ばれることもある。 第43回大会限りで引退した(同大会決勝戦2着)がに王手をかけながら唯一を獲得出来なかった(GI)としても知られる。 また、第55回大会に優勝したや、第57回大会のが大会直後や大会中に引退発表したレースでもある。 開催時期については、従来は5月下旬〜6月上旬の間に開催されることが多い。 ただし第60回大会では新設GI競走のが5月に開催される関係から〜の開催となったが、は例年通りの日程となるからの開催となった。 賞金 [ ] 以下は、近年の決勝戦における各着順の賞金額。 ( )内は副賞(1〜3着に授与)を 含んだ金額。 大会(年) 1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着 8着 9着 2,800万円(2,890万円 ) 1,440万円(1,480万円 ) 940万円(964万円 ) 680万円 560万円 470万円 380万円 350万円 330万円 2,850万円(2,940万円 ) 1,467万円(1,507万円 ) 957万円(981万円 ) 693万円 570万円 478万円 387万円 356万円 336万円 歴史 [ ] この開催は毎年で開催されているが、これは滋賀県大津市に競輪場を開設するにあたり、その選定地がのであったから、近江神宮に縁のあるに賜杯の下賜を請願し、承諾を得たことによるものである。 の大津びわこ競輪場開設記念開催となる第1回の『 高松宮同妃賜杯競輪』では、高松宮が宮妃と共に決勝日に訪れ、賜杯となる優勝トロフィーを優勝者に自ら渡した。 以降も高松宮は幾度も決勝日に来場し、決勝の表彰式に臨席されるのが恒例となった。 以後、の第14回大会まで同名称で開催された。 第15回大会から第23回大会までは『 高松宮賜杯競輪』の名称で開催された。 第24回大会からは『 高松宮杯競輪』として開催されてきたが、第48回大会の直前に等の規定により高松宮家から「下賜を取りやめたい」という申し出がなされたため、一時は高松宮杯競輪の開催が危ぶまれるという事態に陥った。 最終的に同年はそのまま「高松宮杯競輪」として開催されたが、翌第49回大会からは『 高松宮記念杯競輪』と改称することで落ち着いた(にも「」があり、それも後に申し出が行われ改称された)。 第50回大会からはそれまでの6日制から4日制へと改められ、第53回からそれまでの特別競輪という呼称に代わりグレード制が採用されたためGI競走に格付けされた。 に大津びわこ競輪場の施設所有および主催者である大津市が3月を以って競輪運営から撤退することを決めたことにより大津びわこ競輪場の廃止が決定した。 このため高松宮記念杯自体の存続も議論されたが開催は継続されることになり、2011年以降は他の特別競輪同様に開催を希望する競輪場での持ち回りで実施されることになり 、現在に至っている。 ただ、持ち回りとなって以降は、同じ近畿のが積極的に誘致しており、2011年以降2019年までで通算5回開催し、今後は2021年にも6回目を開催予定である(2020年は場内改修工事により本場開催を休止中であったため、で開催)。 2020年はの流行と感染拡大防止の観点から、競輪のGI競走としては初めてのとして開催が行われた。 なお高松宮記念杯競輪は、第1回から第5回までは記念競輪(現在のGIII)、第6回から第13回までは特殊競輪(現在のGII)として開催され、として正式に認定されたのはの第14回大会からであるが、第1回からほぼ6日間連続通しで開催されていたことから、現在では過去全ての優勝者を特別競輪を制覇した者として扱っている。 出場選手選抜方法 [ ] 高松宮記念杯競輪の出場選手は、東西対抗の趣旨に則り、東地区と西地区に分かれて選抜される。 東地区…北日本地区・関東地区・南関東地区のいずれかに在籍する選手• 西地区…中部地区・近畿地区・中国地区・四国地区・九州地区のいずれかに在籍する選手 「」も参照 毎回若干変更・修正されるものの、概ね以下の資格順位により正選手108名(東西54名ずつ)、補欠選手10名(東西5名ずつ)を選抜する。 選考期間…前年10月〜当年3月(6ヶ月)、選考月…4月、最低出走回数…24出走(但し変更になる可能性がある)• S級S班在籍者• 過去3回以上優勝した者(開催時S級1班所属が条件)• 選手選考対象期間において2ヶ月以上(開催時S級1班所属が条件)• 平均競走得点上位者を東西別に順次選抜(同点の場合は賞金獲得額上位者を優先) なお、補欠選手は正選手を除く平均競走得点上位者から東西別にさらに順次選抜される。 また、正選手のうち、S級S班在籍者と平均競走得点上位者を東西に分かれて9名ずつ合計18名については、東西に分かれての特別選抜予選に出走できる。 勝ち上がり方式 [ ] この大会は、他のGI競走とは異なり、『 高松宮杯競輪』となった1973年第24回大会以降は「東西対抗戦」の形式をとっているのが特徴である。 第52回大会までは予選(一次予選、二次予選)と準決勝は東日本(関東・南関東以東)と西日本(中部以西)に分かれてそれぞれで勝ち上がりを行い、決勝では東西の各準決勝(東・西王座決定戦)の1〜4着4人ずつと5着2名の中から競走得点上位1名が進出するという体裁だった。 第53回大会から番組が変更となり、東西対抗戦のタイトルこそ残しているものの、その前哨戦として2月に「」()と題してそれぞれの地区でを開催し、その成績を基に本戦の出場を争う形となった。 なお本戦はこれまでの東西の地区分けをせず他のGI競走と同じように勝ち上がりを行っていたが、第55回大会からは一次予選および初日の特別選抜予選のみ東西地区分けが行われ、二日目以降は東西混合戦という形になった。 第64回大会から東西王座戦の廃止に伴いさらに番組が変更となり、初日の選抜予選が廃止され、二次予選もA・Bの分割予選がなくなり、勝ち上がり条件を3着までとする統一的な予選として行われることになった。 なお、選抜予選の廃止により一次予選の勝ち上がり条件も緩和されている。 第68回大会では、「東西対抗戦」をより明確に打ち出し、準決勝まで東西の選手が分かれる番組へと変更(2001年の第52回大会までの番組体系を復活)し、2日目は二次予選のみで優秀競走は廃止された。 3日目の準決勝は2個レースとなり、これらの準決勝はそれぞれ、 東王座戦・ 西王座戦と位置付けられることになった。 第69回大会からは、準決勝が4個レースとなった。 また、一次予選の1着選手が2日目の優秀競走へ進出することができるようになった。 従来、 (東日本)・ (西日本)は初日の特別選抜予選だったが、2日目の優秀競走(の第67回大会までは 龍虎賞、の第57回大会までは マザーレークカップという名称で1個レース)の位置付けになった。 2018年以降の番組(勝ち上がり戦のみ) 4日日ともに12レース制。 初日 0002日目 000 0003日目 000 最終日 東 一次予選(東)(5) 特選予選(東)(1) 二次予選(東)(3) 青龍賞(1) 準決勝(東)(2) 00 決勝(1) 00 西 白虎賞(1) 準決勝(西)(2) 特選予選(西)(1) 二次予選(西)(3) 一次予選(西)(5) 敗者戦 00- 00 (4) (8) (11)• 初日 「一次予選」 合計10レース(東西5レースずつ)行われ、1着10名が「青龍賞」か「白虎賞」へ進出。 2〜5着40名と6着のうち4名が「二次予選」進出。 「特別選抜予選」 合計2レース(東西1レースずつ)行われ、1〜4着8名が「青龍賞」か「白虎賞」へ進出。 5〜9着10名が「二次予選」進出。 2日目 「二次予選」 合計6レース(東西3レースずつ)行われ、各レース1〜3着18名が「準決勝」進出。 「青龍賞」(東)・「白虎賞」(西) 二次特別選抜予選として、各1レースずつ合計2レース行われ、全18名(失格は除く)が「準決勝」進出。 3日目 「準決勝」 合計4レース(東西2レースずつ)行われ、各レース1〜2着8名と、3着4名のうち 二次予選着順上位1名が「決勝」進出。 (同着の場合は、青龍賞・白虎賞回りが優先) [ ]• 4日目(最終日) 「決勝」 最終レース。 上位3着までは表彰式で表彰台に上がることができる。 また、優勝者には優勝インタビューやウイニングランなどが執り行われる。 2017年の番組(勝ち上がり戦のみ) 初日〜3日目は12レース、4日目(最終日)のみ11レースが行われる。 初日 0002日目 000 0003日目 000 最終日 東 一次予選(東)(5) 青龍賞(1) 二次予選(東)(3) 準決勝(東)(1) 0 決勝(1) 0 西 準決勝(西)(1) 白虎賞(1) 二次予選(西)(3) 一次予選(西)(5) 敗者戦 00- 00 (6) (10) (10)• 「青龍賞」(東)・「白虎賞」(西) 一次特別選抜予選として、各1レースずつ合計2レース行われ、全18名(失格は除く)が「二次予選」進出。 2日目 「二次予選」 合計6レース(東西3レースずつ)行われ、各レース1〜3着18名が「準決勝」進出。 3日目 「準決勝」 後半2レース。 各レース1〜4着8名と、5着2名のうち二次予選着順上位1名が「決勝」進出。 (同着の場合は、青龍賞・白虎賞回りが優先)• 4日目(最終日) 「決勝」 最終レース。 上位3着までは表彰式で表彰台に上がることができる。 また、優勝者には優勝インタビューやウイニングランなどが執り行われる。 「特別優秀」 「決勝」の前に2レース行われる。 「準決勝」5着2名のうち決勝に進めなかった1名および6〜9着8名と、二次予選敗退選手による3日目「特選」レース1〜2着8名および3着4名のうち1名の、18名により行われる。 その他、2日目以降に予選敗退者を対象とした「特一般」(2日目)、「一般」、「選抜」、「特選」(3日目以降)が開催される。 最終日の競走が全11レースしか設定されないため、3日目「一般」各レースの7〜9着9名が、最終日を待たずに強制的に(失格はなくても)途中帰郷(「お帰り」)させられる。 なお、参考までに、過去の番組体系も以下に記す。 2013年 - 2016年の番組(勝ち上がり戦のみ) 初日〜3日目は12レース、4日目(最終日)のみ11レースが行われる。 初日 0002日目 000 0003日目 000 最終日 龍虎賞(1) 準決勝(3) 青龍賞(1) 白虎賞(1) 二次予選(6) 00 決勝(1) 00 一次予選(10) 敗者戦 00- 00 (5) (9) (10)• 「青龍賞」(東)・「白虎賞」(西) 一次特別選抜予選として、各1レースずつ合計2レース行われ、各レース1〜4着8名と5着2名のうち選考順位上位1名は2日目の「龍虎賞」と、3日目の「準決勝」進出権利が同時に得られる。 各レース5着2名のうち選考順位下位1名と6〜9着8名は「二次予選」進出。 2日目 「二次予選」 合計6レース行われ、各レース1〜3着18名が「準決勝」進出。 「龍虎賞」 二次特別選抜予選として、最終レースに行われる。 失格にならない限り、9名全員が「準決勝」進出。 3日目 「準決勝」 後半3レース。 各レース1〜3着9名が「決勝」進出。 4日目(最終日) 「決勝」 最終レース。 上位3着までは表彰式で表彰台に上がることができる。 また、優勝者には優勝インタビューやウイニングランなどが執り行われる。 「特別優秀」 「決勝」の前に2レース行われる。 「準決勝」各レース4〜6着9名と、二次予選敗退選手による3日目「特選」レース1〜3着9名の18名により行われる。 その他、2日目以降に予選敗退者を対象とした「特一般」(2日目)、「一般」、「選抜」、「特選」(3日目以降)が開催される。 初日 「一次予選」 合計8レース(東西4レースずつ)行われ、各レース1着8名が「二次予選A」、2〜3着16名と4着のうち平均競走得点上位3名が「二次予選B」進出。 「選抜予選」 合計2レース(東西1レースずつ)行われ、各レース1〜5着10名が「二次予選A」、6〜9着8名が「二次予選B」進出。 「青龍賞」(東)・「白虎賞」(西) 一次特別選抜予選として、各1レースずつ合計2レース行われ、各レース1〜4着8名と5着2名のうち選考順位上位1名は2日目の「龍虎賞」と、3日目の「準決勝」進出権利が同時に得られる。 各レース5着2名のうち選考順位下位1名と6〜9着8名は「二次予選A」進出。 2日目 「二次予選B」 合計3レース行われ、各レース1〜2着6名が「準決勝」進出。 「二次予選A」 合計3レース行われ、各レース1〜4着12名が「準決勝」進出。 「龍虎賞」 二次特別選抜予選として、最終レースに行われる。 失格にならない限り、9名全員が「準決勝」進出。 3日目 「準決勝」 後半3レース。 各レース1〜3着9名が「決勝」進出。 4日目(最終日) 「決勝」 最終レース。 上位3着までは表彰式で表彰台に上がることができる。 また、優勝者には優勝インタビューやウイニングランなどが執り行われる。 「特別優秀」 「決勝」の前に2レース行われる。 「準決勝」各レース4〜6着9名と、二次予選敗退選手による3日目「特選」各レース1〜3着9名の18名により行われる。 その他、2日目以降に予選敗退者を対象とした「特一般」(2日目)、「一般」、「選抜」、「特選」(3日目以降)が開催される。 過去の優勝者 [ ] 回 開催日 開催場 優勝者 府県 東西 01 (昭和25年) 大津びわこ ( 27大阪) 西 02 (昭和26年) 03 (昭和27年) ( 11埼玉) 東 04 (昭和28年) ( 39高知) 西 05 (昭和29年) ( 25滋賀) 06 (昭和30年) 07 (昭和31年) 08 (昭和32年) ( 35山口) 09 (昭和33年) ( 26京都) 10 (昭和34年) 山本清治 ( 27大阪) 11 (昭和35年) ( 30和歌山) 12 (昭和36年) ( 36徳島) 13 (昭和37年) 14 (昭和38年) ( 14神奈川) 東 15 (昭和39年) ( 40福岡) 西 16 (昭和40年) ( 12千葉) 東 17 (昭和41年) ( 43熊本) 西 18 (昭和42年) ( 04宮城) 東 19 (昭和43年) ( 14神奈川) 20 (昭和44年) 高原永伍 21 (昭和45年) ( 10群馬) 22 (昭和46年) 23 (昭和47年) 24 (昭和48年) ( 12千葉) 25 (昭和49年) ( 26京都) 西 26 (昭和50年) ( 14神奈川) 東 27 (昭和51年) 荒木実 ( 26京都) 西 28 (昭和52年) ( 14神奈川) 東 29 (昭和53年) ( 03岩手) 30 (昭和54年) ( 04宮城) 31 (昭和55年) ( 01北海道) 32 (昭和56年) ( 23愛知) 西 33 (昭和57年) ( 38愛媛) 34 (昭和58年) ( 13東京) 東 35 (昭和59年) ( 41佐賀) 西 36 (昭和60年) ( 12千葉) 東 37 (昭和61年) 38 (昭和62年) 39 (昭和63年) ( 41佐賀) 西 40 (平成元年) 滝澤正光 ( 12千葉) 東 41 (平成 02年) 42 (平成 03年) 佐々木昭彦 ( 41佐賀) 西 43 (平成 04年) 滝澤正光 ( 12千葉) 東 44 (平成 05年) 井上茂徳 ( 41佐賀) 西 45 (平成 06年) ( 09栃木) 東 46 (平成 07年) 47 (平成 08年) ( 40福岡) 西 48 (平成 09年) 49 (平成10年) ( 14神奈川) 東 50 (平成11年) ( 11埼玉) 51 (平成12年) ( 10群馬) 52 (平成13年) 高木隆弘 ( 14神奈川) 53 (平成14年) ( 21岐阜) 西 54 (平成15年) ( 17石川) 55 (平成16年) ( 26京都) 56 (平成17年) ( 22静岡) 東 57 (平成18年) ( 07福島) 58 (平成19年) 小嶋敬二 ( 17石川) 西 59 (平成20年) ( 22静岡) 東 60 (平成21年) ( 11埼玉) (平成22年) (平成23年) ( 23愛知) 西 (平成24年) ( 08茨城) 東 (平成25年) ( 07福島) (平成26年) ( 27大阪) 西 (平成27年) 岸和田 武田豊樹 ( 08茨城) 東 (平成28年) ( 07福島) (平成29年) 岸和田 (平成30年) ( 29奈良) 西 (令和元年) ( 43熊本) (令和2年) ( 18福井) 女子優勝者(高松宮妃賜杯競輪) [ ] 開催場は全て大津びわこ競輪場 回 開催日 優勝者 府県 01 (昭和25年) ( 14神奈川) 02 (昭和26年) 03 (昭和27年) 04 (昭和28年) ( 42長崎) 05 (昭和29年) ( 29奈良) 06 (昭和30年) 07 (昭和31年) 08 (昭和32年) 09 (昭和33年) ( 26京都) 10 (昭和34年) ( 35山口) 11 (昭和35年) ( 10群馬) 12 (昭和36年) ( 43熊本) 13 (昭和37年) ( 37香川) 14 (昭和38年) 川崎喜登美(旧姓・松本) ( 35山口) 15 (昭和39年) 石村美千代(旧姓・畑田) 今後の開催予定 [ ]• 第72回 - (令和3年)6月17日〜20日 - (2年ぶり6回目) エピソード [ ]• 期のが廃止される直前まで、『 高松宮妃賜杯競輪』という名称で女子の競走も併せて行われていたが、10月を以って女子競輪が廃止されたため、同年度を最後に高松宮妃賜杯競輪も併せて廃止され、男子の高松宮賜杯競輪のみとなった。 元女子選手のうち、この高松宮妃賜杯競輪などの特別競輪に出走したことのある一部の選手が女子競輪廃止翌年のに行われた第16回高松宮賜杯競輪最終日に招待され、近江神宮への参拝、閉会式でを囲んでの記念撮影、懇親会が行われた。 完全優勝(予選・準決勝とも全て1着)達成者は、10名。 うちは唯一の2年連続完全優勝。 (第3回)、(第4回)、(第18回)、(第19回)、(第22回)、(第30回)、(第38回)、(第45回)、(第47回・第48回)、(第71回) 決勝戦テレビ中継 [ ]• 決勝戦のテレビ中継はまでで放送された後で、翌年以降は系列に移行されまで放送された(テレビ東京系列でも一部中継されていなかった大会もある)。 以降は、当初から地上波中継が無かった を除き、現在に至るまで()で放送されている。 ()は、でのみの放送になった。 脚註 [ ]• 副賞を含まない金額• 副賞を含まない金額• 副賞を含まない金額• 京都新聞 2010年9月17日閲覧• Keirin News 2011年1月26日閲覧• - 日刊スポーツ、2020年5月29日• - サンケイスポーツ、2020年5月29日• - 西日本新聞、2017年2月1日• - 競輪スポニチ、2018年6月15日(中林陵治 6月14日付・東京版掲載)• - 日刊スポーツ、2018年1月26日• 近畿競輪二十年史p. 211-217。 近畿競輪運営協議会、1968年12月1日発行• KEIRIN. 2019年5月7日閲覧。 とは、地上波中継が無かった。 で、「第66回高松宮記念杯競輪中継 S級探偵社」として放送されている。 外部リンク [ ]• 競輪資料室|KEIRIN. ( ) 関連項目 [ ]•

次の

KEIRINひろば 競輪おもしろ講座 全国バンク情報

高松競輪 特徴

意地を張ってますね。 3番の白岩選手を軸にしたのは良かったですが、岩本選手や守谷選手に目をつけられなかったことが敗因ですね。 先生の予想は不的中となりました。 やはり予想をする上で大事なのはデータだけに頼らず、選手の調子・環境・ラインなど様々な観点から予想をするようにするのが良いでしょう。 高松競輪場を得意とする選手 データだけでは予想が難しい事を痛感しましたが、ではどうすれば良いのか。 そこで注目したいのがレースに出走する選手ですが、高松競輪場をホームバンクとする選手は計28名と多く全員覚えるのは至難の業です。 主なタイトルは10タイトル分しか載せていませんが、合計で100を超える特別レースに出走しています。 最初の特別競輪出走は1995年だそうです。 まだまだ現役で活躍してくれるはずなので、注目したいですね。 ただ、香川選手以外にも高松競輪場にはS級選手がいるので余裕があれば他の選手にも注目していきたいですね。 香川選手以外にも数多くの実力を持った選手が集結している高松競輪場。 選手の特徴やデータを参考にして予想を組み立てるのは可能ではあります。 ですが、個人でデータの収集から予想の組み立てをするには正直限界があるでしょう。 そこで役立つのが 競輪予想サイト! 自分の予想にちょい足しするも良し、まるまる乗っかるも良し。 今回は高松競輪場を得意とする競輪予想サイトを特別にお教えしたいと思います! 高松競輪場で稼いでいる競輪予想サイト ここまで高松競輪場について話させて頂きましたが、参考には出来ても的中させるのは正直言って難しいです。 そこで高松競輪場を得意とし、実際に利益を出している競輪予想サイトを紹介させて頂きます。 高松競輪場に強い競輪予想サイトは・・。 競輪RIDEは誰でも提供された予想通りに購入するだけで稼ぐことができる予想サイトです。 直近は高松開催がなかったために実績は載っていませんでしたが、開催されている際には毎回結果を残している競輪予想サイトになります。 使わない後悔よりも、一度使ってみましょうよ! 競輪はギャンブルです。 1度2度負けることがあっても諦めることなく、継続した利用が収支をプラス域に持っていくでしょう。 サイトとは長い付き合いが必要です。 最後にオススメサイトである競輪RIDEへの登録方法を説明させて頂きます。 競輪RIDEへの登録 競輪RIDEへの登録はメールアドレスだけ用意しておけば、公式サイトから簡単にできます。 メールアドレスを入力する• 競輪RIDEから届いたメールの中にあるURLをクリック 上記の手順を踏む事で登録できます。 1分と経たずしてラクラク登録できますし、登録にはヤフーやGmailなどのフリーアドレスでも問題ありません。 今回ご紹介した高松競輪場はもちろんの事、その他の競輪場でもしっかり結果を残しているので登録しておいて損はないでしょう。

次の

高松競輪場の特徴や傾向・予想のポイント

高松競輪 特徴

概要 [ ] 高松競輪場はに開設(に完成し、登録日翌日のに初開催)された。 記念競輪()は『玉藻杯争覇戦』の名称で開催されており、近年まで毎年5月に開催されていたが、ここ数年は毎年開催月が移動している。 マスコットキャラクターはの「チータカ」で、それにちなみ記念競輪2日目の優秀競走は「チータカカップ」として行われている。 また開催廃止となったで行われていた『杯』がより当場に移動して開催される。 過去には、に、、に、に、にはが、にはが、には初めてのがそれぞれ開催された。 2004年未明、によるが発生、これにより競輪場のバンク及び事務所が浸水した。 これは開設以来初の出来事である。 またこの日の場外車券発売は中止された。 はを採用している。 場内に手打ちのを出している店があることで有名。 からを開始し動画実況を配信していたがに終了した。 チャリロト [ ] からの開催より、にあたるが発売される。 なお高松は・・・とを共有する『グループC』としての発売となり、キャリーオーバーの対象外であるチャリロト3は高松の開催では発売されない。 バンクの特徴 [ ] 400mバンクを採用している。 かつて333mバンクだったものを改修した名残で、カントがきついのが特徴。

次の