ドッグラン 作り方。 ドッグランのフェンスを手作りする方法とは?|わんちゃんとあそぼ

庭にドッグランを作る工事費用・価格は?

ドッグラン 作り方

庭の一部をドッグランにする場合 既存の庭の一部をドッグランにする場合、費用は50万〜100万円程度ですみます。 費用の内訳としては既存の庭に芝生を植える費用、庭の周りのエクステリアを犬が逃げないようにリフォームする費用です。 エクステリアの素材や雰囲気によって価格が変わりますので工事費用は変動します。 ドッグラン以外のスペースはガーデニングの場所などにすることができます。 この場合、犬がいたずらをしないようにガーデニングの場所をレンガなどの石で囲って花壇のようにする工夫が必要となるでしょう。 あるいはドッグラン以外のスペースへ既存の木や石を移動させることもできます。 その場合は費用が上乗せされます。 エクステリアや外構のリフォームを伴うのでガーデンリフォームとしては大きな工事となります。 庭全体をドッグランにする場合 庭全体をドッグランにリフォームする場合には100万〜200万円程度必要となるでしょう。 費用の内訳としては既存の庭に植えてある植栽の撤去費用や移動費用、芝生の敷設費用、エクステリアの費用となります。 さらにエクステリアに小扉をつけて庭に直接入れるようにするリフォームも人気です。 この場合は外構工事が絡んできますので、工事費用が上乗せされていきます。 ガーデニングなどを楽しまれている方はスペースを縮小して庭の一部分をガーデニング用のスペースにすることが必要かもしれません。 エクステリアに沿ってガーデニングスペースをとってガーデニングとドッグランを共存させることもできます。 芝のデメリット ドッグランには通常天然芝を使います。 この場合、芝刈りが必要になることがデメリットです。 それで成長の遅い芝や人工芝を使うことも増えてきています。 人工芝ではメンテナンスが楽になりますのでオススメのリフォームと言えます。 ただし雨水が浸透していかないので、水はけを考慮することが必要となります。 この点はリフォーム会社とよく相談されてください。 ドッグランに必要なその他の要素 室内犬を買われている場合、ドッグランで遊ばせた後に犬の足を洗いたいと思われるかもしれません。 そのような時、芝生の場所だけではなくコンクリートの場所もあると洗いやすいものです。 その際、庭から家に上がる部分は石タイルなどを敷設することもできます。 リフォーム費用を考える場合にこのような石タイルの価格や施工費用も考慮に入れることができるでしょう。 庭のリフォームを楽しみましょう ドックランのリフォームをどんなリフォーム会社に頼めば良いのでしょうか。 工事の種類としては外構、エクステリア、造園となります。 このような業種を扱っているリフォーム会社に工事を依頼すると良いでしょう。 頭の中にイメージを作りたい場合は、外構・エクステリアのガーデンアイテムを扱っているお店でエクステリアなどの現物を確認しましょう。 最近はホームセンターにもたくさんの商品が展示されています。 ドッグランのある庭へのリフォームには外構・エクステリアのリフォームが関係しますので、外からご自宅を見た時の雰囲気が大きく変わります。 リフォーム後の満足度も高いものとなります。 ドッグランのある庭へのリフォームをして、ペットとの充実した生活をぜひ送りましょう。 庭・ガーデニングリフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきた庭・ガーデニングリフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、庭・ガーデニングリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の

ウッドチップでドッグランDIY! |RESTA DIY教室

ドッグラン 作り方

暑かった夏も終わり、秋がやってきましたね。 今年の夏も我が家の庭には 「大量の雑草」が伸び放題になっていました(笑) そして、毎年この時期になると雑草を抜いて庭の手入れをするのですが・・・・さすがに雑草との闘いにもう疲れてしまいました。 雑草が生えないようにならないかなぁ・・・ 天然芝を植える?ウッドチップを敷き詰める? などなど、さまざまな方法を考えた末に、 「どうせなら愛犬ノエルとクロエが走り回る姿が見てみたい!」 と思い、我が家の 庭に人工芝を敷き詰めてドッグランをDIYしてみました。 ということで今回は、私が実際にやってみた 「庭を人工芝でドッグランDIY」についてご紹介していきます。 雑草を取り除く方法には、• 頑張って手で抜く• 除草剤を使ってから手で抜く• そのまま放置する• 熱湯をかけて枯らす など、いくつかの方法があります。 庭の広さにもよりますが、何も処理をせずに頑張って手で抜くのは結構大変なので、ある程度雑草を枯らした状態から取り除くと楽に処理できてオススメです。 ということで我が家では、除草剤を使ってから雑草を取り除くことにしました。 ちなみに、除草剤は薬剤を使いますので、小さい子どもや家庭菜園がある場合には注意してくださいね。 また、除草剤を使うことに抵抗があるという方も多いですが、効果が強いものから環境に優しいものまで、さまざまな種類が売られていますので、目的に合った薬剤を選ぶようにしてください。 我が家では、散布後に土を汚さないタイプを選んで使用しました。 この工程の手順• 除草剤をまいて雑草を枯らす• シャベルで土を掘り起こしながら、雑草を根っこから取り除く• 掘り起こした土を踏み固めて、凸凹がないように整地する 水たまりができる原因になるので、できるだけ凸凹がなくなるように平らに整地しましょう。 防草シート1本7580円 (1. 防草シートを敷き詰めることで、日光を遮断することができて、雑草が生えるのを防ぐことができます。 ここで重要になるのが、 防草シート選びです。 防草シートには、薄いものから分厚いものまで、さまざまな種類があります。 簡単に説明すると、 薄いタイプの寿命は1~2年で安い 分厚いタイプの寿命は4~5年で高い といった感じです。 後々のことを考えれば、分厚いタイプを選ぶことをオススメします。 ホームセンターなどでも防草シートを購入することができますが、ネットで購入するほうが安く手に入れることができるのでオススメです。 ちなみに我が家の場合は、 高密度135G防草シート1. この工程の手順• 防草シートを敷き詰める• 1m間隔くらいで杭(U字ピン)を打ってシートを固定する• シートの継ぎ目をテープで貼る 防草シートはハサミやカッターで簡単に切ることができます。 庭の形に合わせてカットしてください。 この後の工程で、防草シートの上には人工芝を敷くので、結構おおざっぱでも大丈夫です。 重要なのは、隙間なく敷くことです。 地面(土)に光が届くと雑草が生えてきます。 防草シートの継ぎ目はしっかりとテープで密封するようにしましょう。 人工芝には、芝の長さ、芝の密度、色、サイズなど、さまざまな種類がありますので、目的に合わせて選ぶようにします。 ちなみに我が家の場合は、• 芝丈35mm(長めの芝)• 芝の密度 12600束/m2 (高密度のほうが見栄えが良い)• 青緑色 (違和感のない4色配合)• ただ、ネットで購入するときのデメリットとしては、実際に届いてみないと芝の質感がわからないということですね。 (サンプルを送付してくれるお店もありますので、上手く活用してみてください) ホームセンターでも人工芝がありますが、かなり高いです。 それに、人工芝はとても重いです(女性一人では運べません)。 購入後に自宅まで持って帰ることを考えると躊躇してしまいます。 人工芝をネット購入するメリット• 比較的安い• 自宅まで配送してもらえる 人工芝をネット購入するデメリット• 届くまで芝の質がわからない• 配送に数日かかる場合がある 人工芝のサイズにも注意してください。 人工芝は継ぎ目が目立たないようにするとキレイに敷くことができます。 つまり、できるだけ継ぎ目ができないように、実際の庭の広さから必要なサイズを選ぶようにしましょう。 我が家の場合、広めの2m幅を選んで継ぎ目が少なくなるようにしました。 この工程の手順• 人工芝を敷き詰める• 人工芝用ジョイントテープで人工芝のつなぎ目を固定する• 庭の形に合わせて周囲をカットする• 芝目の向きを揃える• 芝目が自分の方に向くとキレイに見える 仕上げに珪砂をまいたりするようですが、我が家ではそこまでやっていません。 また、周りにフェンスがある庭全体をドッグランにしたので、柵は不要でした。 人工芝を敷き詰めた状態 さいごに いかがでしたか? 今回は、愛犬のために庭を人工芝でドッグランDIYしてみた!ということで、ドッグランをDIYする方法をご紹介してきました。 以下に今回の作業内容をまとめておきます。 実際にやってみた感想としては、• 思ったより簡単だった• 比較的安くできた• 以外とキレイだけど、細かいところは手作り感満載(笑) といったところでしょうか? まあ、専門業者に頼むと結構な値段が掛かることを考えれば上出来です。 あとはいつまでキレイな状態が保てるか・・・ですね。 来年の夏が楽しみです。

次の

庭にドッグランを作る時に注意しておきたいポイントとは?

ドッグラン 作り方

開口部の扉は現物合わせで作製。 画像検索では筋交いの向きが逆のパターンも結構あってしばし悩んだ。 結局、上辺を筋交いで支えて下をぶら下げるイメージでこのパターンにした。 逆だと下辺を筋交いで吊って上辺を支えるイメージで、各辺の接合部(木口のコーススレッド)に引っ張り荷重がかかって耐久性に疑問があるのでは?という判断から。 ということで、2年経った現在もペンキが剥げたこと以外には不具合らしい不具合はない。 あ、あった。 それと、通用口の下枠を噛んでボロボロにして脱出を試みた?という形跡があったので、その上から貫板を張り増しした。 (各開口部の扉下部の地中には杭と同じくらいの太さの木を埋めていて土を掘れない様にしてある。 )また、フェンス近くの草刈りをする際に誤って草刈り機の刃を当てて金網が切れた部分もあったりするのだけれど、そこから錆びたり脱走出来そうな穴があいたりということはない。 参考までに、ベースの地面は粘土質の赤土なこともあり、使用目的としては上記の【アニマルフェンス】のみでも強度的には十分だと思われる。 ( 訂正追記:フェンスの外側の工事をするので既存のものを部分的に撤去するために内側にアニマルフェンスのみを仮に設置した。 既存の木の杭に支柱をビス留めしたものは思った以上にフェンス全体の強度を上げている様で、アニマルフェンス単体で設置した場合、付属の支柱のみだとフェンスが結構しなる感じで、中型犬以上の大きさの犬がフェンスに飛びついたりした場合にはダメージがあるかもしれない。 ) 支柱にした木製の杭は埋設部が水はけの悪い赤土なので腐れなど心配していたが、2年半ほど経った現在(2016. 10)もまったく問題なく良い状態だった。

次の