ある日お姫様になってしまった件について 65話。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」34話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日、お姫様になってしまった件について27話ネタバレ

ある日お姫様になってしまった件について 65話

原作: 【これまでの概要】 帝国末期、貴族を廃して民のための政事をするのだという建国の理想は崩れ、世は腐敗混濁し、役人の汚職は茶飯事となり、官軍は衰えて賊徒がはびこり、人々の生活は苦難を極めていた。 白巾賊という義賊を作った晁公子 ちょうこうし と劉唐姫 りゅうとうき 、そして、その軍資金を提供する女豪商美玉 びぎょく は、世直しを計り、兵を養いながら、蜂起のときを狙っていた。 やがて、奸臣高俅 こうきゅう に罠をかけられて女囚に落とされつつも、流刑地から脱走した呉瑶麗 ごようれい が白巾族に加わり、梁山湖に浮かぶ梁山泊 りょうざんぱく という巨大な塞を乗っ取ることに成功し、この国への叛乱を宣言する。 一方で、二流の男を自負する李忠 りちゅう は、高俅とその兄の高簾 こうれん に女体化の術を掛けられてしまった魯花尚 ろかしょう 王進 おうしん 、白巾賊に輸送中の賄賂を奪われて自殺しようとした楊蓮 ようれん 、青州府の女将校の花瑛 かえい などの協力を得て、なりゆきで二竜山の頭領になってしまう。 さらに、少華山には、林冲 りんちゅう 、朱武美 しゅぶび 、李姫 りき などの英傑も賊徒を組織し、帝国の各地は、次第に賊徒乱立の様相を示し始める。 話数:65話/1話平均:7501文字/連載 完結 /更新日時:2019年10月07日 月 00:00 原作: 諸王国を滅亡させ、この地から王侯貴族を廃して、ただひとりの皇帝があるだけで、治政は民から選ばれた者が民のために行うとされた理想をもって築かれたと統一帝国のいまは末期。 重税と暴政のために帝国は乱れ、民は困窮を極めていた。 その腐敗した政府を倒すために、立ちあがった者たちがいた。 中国四大奇書のひとつ『水滸伝』のエロ版です。 エロはSMがメインとなり、合意のもとによる調教、凌辱、強制性変換、監禁輪姦、百合愛、純愛などさまざまな艶話が登場します。 第一部ではさまざまな事情を抱える英傑、女傑たちが梁山泊に旗を掲げるまでを描きます。 【第一部完結】 話数:94話/1話平均:9807文字/連載 完結 /更新日時:2019年03月09日 土 01:57.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」34話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 65話

前回第31話のあらすじ 父であるクロードとデビュタントでのデビューを果たしたアタナシアはクロードに背を押されて今年デビューした令嬢達とダンスをすることに。 笑顔で向かうアタナシアにクロードは何かを感じ取ったのか物言いたげな表情で見送ります。 令嬢達とのダンスの合間にジェニットに声を懸けられたアタナシアは驚いてその場から離れますが、イゼキエルに引き留められてダンスを踊ることになったのでした。 第32話ネタバレ それよりここより第32話のネタバレとなります。 姿を消したクロードと募る不安 イゼキエルとのダンスを終えたアタナシアは傍に来たフィリックスに「パパは?」と尋ねます。 「陛下は他のご用件でしばし席を外されました」 フィリックスの返答にアタナシアはまさかジェニットと会っているのではないかと不安を募らせ、背筋を凍らせます。 すぐお戻りになりますのでご心配なさらず 「姫様のデビュタントですからきっと最後まで一緒にいてくださいますよ」 心配するアタナシアの手を取って宥めるようにフィリックスはにこやかに笑うとアタナシアをダンスへと誘います。 「ええ喜んで」 時間は流れ、足を真っ赤にしたフィリックスはアタナシアに私が何かお気に召さないことをしていたらすみませんと謝罪します。 きっとフィリックスはわざとかなと思ってしまうほどにアタナシアから足を踏まれてしまったのでしょう。 それにアタナシアは「わかってて踊ろうって言ったんじゃないの? さっき私がパパの足を踏んだの見てたでしょ?」と答えてフィリックスを驚かせます。 実は先ほど陛下から命じられたのですが…… ジェニットがパーティーホールにいるのを見つけたアタナシアはクロードの用件がジェニット関連ではないのかもしれないと考えます。 思案顔のアタナシアを見たフィリックスは彼女にクロードから命じられた言葉を耳打ちしました。 「これ以上他の虫けらが寄り付かないように姫様のそばをしっかり守るようにとのことです」 少し面白そうな表情のフィリックス、その気持ちはわかるが、と言葉を続けます。 アタナシアが寂しがっていると思ったのか、後で自分は怒られるかもしれないけど、とアタナシアの背を押します。 困惑するアタナシア。 アタナシアは彼女とお近づきになりたい令嬢や令息にすぐに取り囲まれるのでした。 帰りたい! 人々に取り囲まれたアタナシアはどうにかパーティーホールを抜け出してクロードを探し当てます。 「パパ!」 まだデビュタントが終わってないはずだが まだデビュタントが続いているであろう時間だというのに帰りたがるアタナシアにクロードは「どうして帰るんだ?」と疑問を投げかけます。 どもってしまうアタナシアにクロードは何かあったのだろうと言葉を荒げます。 「誰かに傷つけるような言葉や行動でもされたのか?」 アタナシアは単に取り囲まれてしまったのが面倒で疲れてしまっただけなのですが、クロードはそれを誤解してアタナシアが誰かに何か嫌がらせをされたのではと怒りを爆発させるのでした。 どうやら最近俺が大人しくしすぎたようだな どす黒いオーラを纏ってパーティーホールへ戻ろうとするクロードにアタナシアは不穏な空気を感じてクロードに声を懸けます。 「よくも俺の娘に……」 かなりの怒りオーラを纏ったクロードは次々とアタナシアに無礼を働いたものにはこうしてやろうと「舌を焼き尽くし手足を切り落とし」など物騒で過激な発言をします。 その発言は思わずアタナシアもぞーっとしてしまうほどです。 パーティーホールに戻ろうとするクロードの腕にアタナシアは必死でしがみつきました。 「パ……パパちょっと待って行かないで!」 怒らないでと訴えますが、勘違いしたままのクロードは聞きません。 アタナシアとクロードの様子を見守るフィリックスもポカーンとしています。 このままではクロードを止められた感じたアタナシアは半泣きで叫びます。 「パパの姿がずっと見えないから私が探しにきたんだよ!」 「パパと一緒にいたくて来たのにまたパパが中に行っちゃったら意味ないよ!」 アタナシアの必死の呼びかけに怒りのオーラがしぼんでいくクロード。 殺意の消えたクロードにアタナシアは帰ろうとせがむのでした。 自分の命を守るのにも必死なのに他人の命まで守らなければいけないなんてと汗が出るアタナシア。 仕方ないなとクロードもようやく同意をしてくれました。 用があったのでは?とのフィリックスの問いにはアタナシアがこんなにも望んでいるのだから少しくらい時間を作ってもいいとクロードはここでもアタナシアを大事に思っているような発言をします。 ほっとしたのもつかの間、アタナシア・クロード・フィリックスがアタナシアの腰に巻いていたリボンのことを気にしていると、そこにアタナシアのリボンを持ったジェニットが現れるのでした。 ある日、お姫様になってしまった件第32話の感想! 今回はクロードのアタナシアへの寵愛ぶりが更に垣間見えるシーンが盛りだくさんでした。 小説では悲劇的な運命に幕を閉じてしまうアタナシアですが、この現実では是非このままクロードに寵愛されていてほしいですね。 最後の最後にジェニットが登場してしまい、クロードと対面してしまいました。 今後がどうなるのかとても不安ですが楽しみです。 このある日、お姫様になってしまった件についてはピッコマやその他媒体で配信されています。 漫画を読んでみたい方は是非下記リンクからピッコマに飛んでくださいね。 書籍でも今時点で3巻まで発売されていますよ。

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」34話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 65話

全話一覧は 無料漫画アプリ・、で連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、小説の中の姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、アルフィアス公爵は、息子のイゼキエルをアタナシアのエスコートにと言うのだが、原作と違うので不思議に思う彼女。 その後、久しぶりにルーカスに会い、彼は彼女の靴紐を結び直してくれる。 翌朝、アタナシアの14歳の誕生日をリリー達メイドや、フィリックスが祝ってくれる。 だが今年もクロードは来なかった。 そして深夜、クロードの人間らしさにモヤモヤするアタナシアが、ベッドに横になっていると、ルーカスが突然現れたのだった。 詳しくはにてまとめてあります 登場人物一覧は 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」29話のネタバレ 俺が暇なやつに見えるのかとぼやくルーカスだが、毎年誕生日に、このように訪ねてきてくれるのだ。 誕生日プレゼントとして、クロを見に行こうと言うアタナシア。 お前俺の話を聞いてるのかマジで食べるぞとルーカスはイラっとするが、彼女は無視しベッドから出る。 深夜の庭園で休むクロに会いにいく彼女。 クロは大喜びで彼女に飛びつく。 寒いのでルーカスに保温魔法を使ってもらう。 またクロと遊んでいると気を失うから、早く寝ろというルーカス。 アタナシアは、今度私デビュタントだよと言うと、知っていると答える彼。 ミスしたらどうしようという彼女に、父がミスを駄目と言ったのでないなら何が問題なのかと言う。 お前は毎日足の裏が擦り切れるほど練習しているだろう、バカでもない限りかなりできるはずだとルーカスは言う。 彼は、黙って寝ろ、お前が寝ないと俺が寝れないだろうと言う。 おやすみルーカスと言い、アタナシアがクロにくっついたまま眠り始める。 そんな彼女を、ルーカスは頬杖つきながらじっと見つめるのだった。 そしてついにデビュタントの日がやってきた。 支度のために朝早く起こされ、入浴、マッサージ、パックと侍女たちは目まぐるしく動き、アタナシアのケアをする。 侍女達があまりに忙しそうなので、お姫様のデビュタントについて、軽く考えていたことを実感するアタナシア。 そうしてアタナシアの支度が終わった。 侍女たちは、今日のデビュタントは間違いなくお姫様が一番美しいに違いないと言う。 鏡に映った自分を見て、アタナシアはもともとキレイだけど、本当に美しすぎると、彼女自身も実感する。 リリーは、今日は絶対に素晴らしいデビュタントになりますと言い、微笑む。 待っていたフィリックスのところへ向かうと、彼は、今日は眩しいほど美しいと驚く。 そしてフィリックスに手を引いてもらい、クロードのところへ。 クロードも、眩しいほどとても素敵に正装していた。 このようにクロードがきちんとした格好をするのを初めて見るアタナシア。 クロードは、アタナシアの姿を見て、目を丸くして驚く。 一瞬ダイアナを思い出したのだ。 今日のパパはとても素敵だねと彼女が話しかけるが、クロードは無言だ。 誕生日以来今日やっと会えたのだが、自分が理解してあげなくてはと、アタナシアは、今日パパと一緒で嬉しいと微笑む。 クロードはゆっくり手を差し出した。 そして、今日はとてもキレイだと言う。 アタナシアは満面の笑み浮かべ、ありがとうパパと言い、クロードの手を取るのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」29話の感想 アタナシアもクロードも、とても美しく着飾っていましたね。 このために侍女たちが朝から目まぐるしく動いていたので、あまりの忙しさにアタナシアは呆然としていました。 そうした頑張りによって、アタナシアが完璧に仕上がると、侍女たちは感動していましたね。 フィリックスと手をつなぐときも、なんだか盛り上がっていました。 いつもだらしなくローブを羽織ったままのクロードも、今日はビシっと着こなしていましたね。 そんなクロードは、アタナシアが登場したとき、しばらく固まっていました。 ダイアナとアタナシアがかぶって見えたようです。 もう二度と触れることない愛したダイアナの手。 そのダイアナに瓜二つの娘の手をとる、彼の気持ちはどんなものなのでしょう。 また、ルーカスはなんだかんだ、口は悪いですがアタナシアのことを思いやっていますね。 さすがにルーカスはデビュタントに出席できないのでしょうか。 出席したら面白そうなのに。 それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の