全身 かゆい 原因。 全身 湿疹 原因【全身ひどいかゆみと原因不明の湿疹】

夜、全身かゆい!かゆみの原因は?対処法を公開!

全身 かゆい 原因

布団に入ると痒くなる7つの原因 布団に入ると体が痒くなる場合、考えられる原因には以下の5つがあります。 チリダニの大繁殖• ツメダニによる刺咬• ダニアレルゲンによるアレルギー反応• ダニノイローゼ(ダニ被害妄想)• 布団素材によるアレルギー反応• 皮膚と布団の乾燥• むずむず脚症候群 どのような状況だと、各状況が起こり得るのかそれぞれ説明します。 あなたの状況と照らし合わせて、痒みの原因を突き止めましょう。 チリダニの大繁殖 夏場、体に赤みを帯びた発疹など出ていないにもかかわらず、布団に入るとだんだんぞわぞわと痒みが上がってくる感じがする場合は、布団にチリダニが大発生している可能性が高いです。 チリダニは人を刺すことはないものの、大群で体によじ登られるとぞわぞわした痒みを伴います。 成虫で0. 3mmととても小さく、肉眼で見ることはできません。 そのため、原因の分からない痒みとして考えられることが多いです。 もし布団にダニが発生しているのであれば、こちらのページで10通りのダニ退治方法を比較した上で、効果的でおすすめな方法を紹介しているのであわせてご参考にしてください。 ツメダニによる刺咬 次に、ぽつぽつと赤みを帯びた発疹を伴う痒みの場合、ツメダニなどに刺されている可能性が考えられます。 ツメダニが痒みの犯人であれば、上記の布団のダニ退治方法で解決できます。 しかし、痒みの原因がツメダニでなく、マダニ、ノミ、南京虫(トコジラミ)の場合もあります。 刺された跡だけを見て犯人を突きとめるのは困難ですが、「刺された体の部位」「目に見えるか否か」「その色」などで判断することができます。 もし、特定の部位が集中的に刺されていて痒みがとても強い場合、皮膚科で薬を処方してもらいましょう。 また、南京虫が原因の場合、個人による退治は難しいので、業者に駆除の依頼をすることをおすすめします。 ところで、犬や猫と一緒に寝たり、布団の近くまで犬猫を連れてくることはないでしょうか。 その場合、犬や猫に付いたノミが、あなたの布団に移っている可能性が考えられます。 犬猫と安心して一緒に寝るためにもこちらのページをご参考にしてください。 ダニアレルゲンによるアレルギー反応 「布団のダニは退治したはずだから、ダニが痒みの原因とは考えられない」 このような場合、ダニアレルゲン(ダニの死骸、糞など)がまだ布団に残っており、それが原因でアレルギー反応(アトピー性皮膚炎)が生じている可能性があります。 ダニの繁殖が落ち着いた秋の時期に多い原因です。 この原因が疑われる場合は、以下の対策を行いましょう。 ベッドシーツ・カバー類を洗濯機洗いする• 布団・マットレスにゆっくり掃除機をかける• 布団・マットレスをクリーニングに出す• ベッド、畳、カーペット、ソファ、部屋の隅までゆっくりと掃除機をかける 洗濯機洗いと掃除機がけでとことんキレイにしましょう。 そうすることで大方のダニアレルゲンは除去可能です。 ダニノイローゼ(ダニ被害妄想) 珍しいケースですが、布団にダニがいると強く思い込みすぎていることが原因で、痒みが生じることもあります。 ダニ検査を何度行っても加害種が検出されず、心理的要因や身体的要因などによってかゆみが収まらないものを、ダニが原因であると信じて疑わない精神的な症状である。 (引用:『室内微生物汚染 ダニ・カビ完全対策』 小峰裕己 編著) この原因の場合、精神的な症状であるため、あなたの認識が変えられることが対策となります。 専門医に症状を診てもらうのも1つの手です。 詳しくはこちらのページをご参考にしてください。 寝具素材に対するアレルギー反応 「最近、寝具を新しく買い替えたばかり」という場合、寝具の素材が原因でアレルギーが生じている可能性があります。 ラテックス 側生地があるためラテックス素材に直接触れる訳ではないとしても、ゴムアレルギーの方は使用を控えることをおすすめします。 そば殻 そばアレルギーの方は使用を控えましょう。 使用に応じてそば殻が割れていくと、吸引の恐れがあり症状がさらに悪化する恐れがあります。 特価品の羽毛布団 羽毛がアレルギーを起こすことかなり稀なケースですが、生地からの羽毛の吹き出しているような環境下だとその可能性は否定できません。 また、羽毛の洗浄が不十分なモノの場合、雑菌が原因となっている可能性も考えられます。 皮膚と布団カバー・シーツの乾燥 比較的冬に多い原因ですが、皮膚と布団カバー・シーツの生地が乾燥しているために痒みが生じていることがあります。 ニベア クリーム 製品:ニベアクリーム 価格:432円 皮膚に関してはクリームを塗るなどして保湿することで乾燥予防をしましょう。 私はお風呂上がりに水で少し薄めたクリームを乾燥している部位に塗っていますが、痒みをほとんど感じなくなるほどです。 布団カバーとシーツが乾燥でガサガサしている場合は、長時間の天日干しなどによる生地の痛みが原因と考えられます。 一度傷んだ生地を回復するのは困難なので、これからは以下の2つの対策を取りましょう。 柔軟剤と洗濯ネットを使用して洗う• 乾燥機で乾かす、もしくは、日陰干しをする また、ヒート系(吸湿発熱)生地の敷パッドやパジャマは、汗の吸い取り機能がすごいので、皮膚の乾燥が激しくなります。 私はヒート系の長袖を着ると、腕が白くなるくらい乾燥して痒くなります。 もしお心当たりがあるのなら、この手の敷パッドやパジャマなどは控えるようにしましょう。 熱いシャワーを浴びるのは厳禁 皮膚が乾燥気味の人の中に、熱いシャワーを浴びて痒みを治めている人がいますが、今後は絶対に行わないようにしましょう。 これは、ただでさえ弱っている皮膚に、軽いヤケドを負わせているようなことになる。 それにアトピーのように皮膚が過敏になっている人は、軽い刺激ですら、かゆみとして感じてしまうので、あとで地獄のような強いかゆみがおとずれることになる。 (引用:『なぜ皮膚はかゆくなるのか』 菊池 新 著) たしかに、熱い湯につかった後、皮膚がかゆくなることありますよね。 私は今まで血行が良くなっているからだと思っていましたが、どうやら、皮膚が軽いヤケド状態になって痒みを感じているそうです。 むずむず脚症候群 もしあなたの感じる痒みが、• 脚の内部で虫がはっているように感じ• ちくちく、ひりひりするような感じ• 夕方から夜間にかけて生じやすい• 夜になると体がかゆくなる これらに該当するのであれば、むずむず脚症候群という睡眠障害の可能性があります。 こちらのページで詳しく解説しているのでご参考にしてください。 あなたはこのようなお悩みを抱えてはいないでしょうか? ・ツメダニに噛まれて体が痒い・・。 ・無数のチリダニが体を這い上がるぞわぞわとした痒みで眠れない・・。 ・布団に入るとダニアレルギー症状(くしゃみ・鼻づまり)が出る・・。 ・ダニがいることを考えるとベッドで寝たくない・・。 もしそうであるなら、ダニを防ぎ睡眠時のつらい痒みやアレルギー症状から解放する方法があります。 それが、ヒルトンなどの世界の一流ホテルが導入する防ダニプロテクター 「プロテクト・ア・ベッド」です。 50回洗ってもダニ通過率0%。 トップレベルの耐久性と防ダニ性。 マットレスの使用感を損なわない極薄0. 025mmの防水膜。 二重構造の生地が汗をしっかり吸収するのでムレにくくサラッと快適。 創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する防ダニ・防水のミラクルシーツです。 もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面にお悩みであれば、プロテクト・ア・ベッドのミラクルシーツで眠りの質をあげましょう。

次の

体のあちこちが【かゆい】のはなぜ?〜かゆみの原因と対処法

全身 かゆい 原因

は全身のさまざまな部位に起こりうる症状のひとつであり、病気や日常生活上の習慣など原因は多岐に渡ります。 乳幼児から高齢者まで幅広い年代でみられる症状ですが、中には深刻な病気が隠れているケースもあります。 特定のものを食べたり触ったりすると、全身に伴う皮疹が現れる• 体調不良や皮膚に病変がないのに全身に強いが襲うことがある• ある種類の薬の服用を始めたら全身にが生じるようになった これらの症状がみられる場合、原因としてどのようなものが考えられるのでしょうか。 全身にかゆみを生じる病気 全身のは、身体的・精神的な病気によって引き起こされることがあります。 原因となる主な病気は以下の通りです。 皮膚の病気 皮膚に生じる以下のような病気が原因で、全身のを生じる場合があります。 蕁麻疹 じんましん 特定のアレルゲンに 晒 さら されることで生じる症状のひとつです。 は、やや 隆起 りゅうき した 扁平 へんぺい な皮疹であり、非常に強いを伴うことが特徴です。 体の一部にのみに現れることもありますが、重症な場合には全身に現れ、咳やくしゃみ、目の充血、吐き気や下痢などの症状がみられることも少なくありません。 また、さらに重症化すると呼吸困難や血圧低下、意識消失などのが引き起こされることがあります。 臓器や器官の病気 全身のは、以下のような内臓や器官の病気によって生じることがあります。 腎臓や肝臓の病気 古くなった血液を分解する際に生成されるビリルビンの量が増えることで、全身にを生じることがあります。 ビリルビンは肝臓で代謝され、尿や便とともに排出されます。 そのため、肝機能が低下する病気によってビリルビンが体内に過剰に蓄積し、の原因となることがあります。 のほかにも、 黄疸 おうだん やむくみ、倦怠感などの症状がみられることもあります。 また、腎機能が低下した場合もさまざまな老廃物が体内に蓄積する結果、の原因になると考えられています。 がんやリンパ腫 全身にできる、さまざまながんやリンパ腫が原因で全身にを生じることがあります。 腫瘍からさまざまな物質が放出されるためが出ると考えられていますが、発症メカニズムはまだ解明されていません。 また、リンパ腫のタイプによっては、を伴う皮疹が現れることもあります。 精神的な病気 全身のは、以下のような精神的な病気が原因のことがあります。 また、実際にが生じていないにもかかわらず、皮膚を掻きむしりたくなる衝動に駆られる病気もあります。 統合失調症、幻覚症など 精神的な病気の中には、や幻覚症などのように、さまざまな幻覚が現れる病気があります。 これらの病気では、体に虫が 這 は いまわっているといった幻視が現れ、実際にを生じているような幻覚を感じることがあります。 強迫性障害 一般的には不合理と考えられる事柄にとらわれて、その不合理な事柄に関連する行動を繰り返す病気です。 症状の現れ方はさまざまで、潔癖症による繰り返される過剰な手洗いなどものひとつです。 また、実際にはが生じていないものの、があると思い込み、皮膚を掻きむしるといった不合理な行動が見られることも少なくありません。 受診の目安とポイント 全身のは、日常生活上の習慣が原因のこともありますが、思わぬ病気が潜んでいる場合もあるため、症状が長引いたり、繰り返されたりする場合には注意が必要です。 特に、のある皮疹がみられる場合や、発熱などほかの症状がある場合、精神的な変調が疑われる場合には、なるべく早めに病院を受診しましょう。 受診に適した診療科は、それぞれの症状によって異なり、皮疹がみられる場合は皮膚科がよいですが、全身のどこかに皮疹以外の症状がある場合は内科やかかりつけの病院で相談してもよいでしょう。 また、精神的な不調がうかがえる場合は、精神科や心療内科がよいでしょう。 受診の際には、いつからがあるのか、の誘因、以外の症状、患っている病気などを詳しく医師に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 全身のは、日常生活上の習慣が原因になっていることがあります。 主な原因とそれぞれの対処法は以下の通りです。 皮膚の乾燥 は角質層のバリア機能を低下させるため、さまざまな刺激に過敏となり、の原因になります。 特に、空気が乾燥する冬や冷房の強い夏の室内で症状がつよくなることが特徴です。 肌に潤いを保つには 肌の乾燥を防ぐには、入浴後などに保湿効果の高いクリームやローションを使用してのケアがおすすめです。 また、加湿器を用いて湿度を適切に保つことも大切です。 ただし、クリームやローションは肌質に合わないものを使用すると皮膚に負担がかかって、乾燥が悪化することがあるため注意しましょう。 著しい温度変化 皮膚の温度が急激に高くなると、を生じることがあります。 特に、冬場の入浴や運動時などに起こることが多いとされています。 急激な温度変化を防ぐには 皮膚が急激に温められないよう、衣類で調整したり、温度差の激しい場所への出入りを控えたりするなどの対策が必要です。 また、運動時に汗をかくとの原因となることもあるので、綿やシルクなど吸水性のよい下着を身につけるとよいでしょう。 ストレス 過度なストレスは心因性のを引き起こすことがあります。 夜間や睡眠中にが強くなるのが特徴です。 ストレスを軽減するには 生活を送るうえでストレスを完全に排除することはできません。 しかし、自分に合ったストレス解消法を見つけることで、その都度ストレスを発散し、ストレスを溜めない生活を送ることは可能です。 また、十分な休息や睡眠時間の確保も心がけましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じてもが改善しない場合は、何らかの病気が潜んでいることや間違ったスキンケアを行っていることが考えられます。 なるべく早めに症状に適した診療科を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

次の

全身のカサつきは美肌の敵!かゆみがひどい乾燥肌が落ち着く3つの対策とパーツ別ケア方法

全身 かゆい 原因

肝臓は「体内の化学工場」と言われるほど重要な役目を担い、その働きが弱まると体がだるくなったり、手足がつったりする。 「沈黙の臓器」と呼ばれるものの、自覚症状として表れることもある。 かゆみもその一つだ。 肝臓病に詳しい虎の門病院分院(川崎市)の熊田博光分院長によると、肝臓病患者の3人に1人はかゆみが出るという。 中年以降の女性に発症することが多い原発性胆汁性肝硬変は、胆管が壊れて胆汁の流れが滞る病気だが、黄疸(おうだん)などの症状に伴ってかゆみが出ることがある。 肝臓がん、C型肝炎、アルコール性肝炎など慢性の肝臓病でも、病状が進むとかゆみが表れたり、強まったりする。 肝臓病のかゆみは全身に広がり、かいても治まらないのが特徴だ。 かゆくて眠れず、イライラして、日常生活に支障が生じることもある。 一般的なかゆみは、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬でたいてい治まる。 しかし、肝臓病によるかゆみは、オピオイドと呼ばれる物質が関係していて、脳が直接刺激を受け、かゆみを感じる。 そのため、抗ヒスタミン薬などでは治療効果が期待できないことが多い。 従来の治療薬では改善が見られない慢性肝臓病のかゆみに、2015年からナルフラフィン塩酸塩が使えるようになった。 熊田分院長の調査では、かゆみがある肝臓病患者の約80%に改善効果が見られたという。 「かゆみが治まって安眠できれば、日常生活の向上にもつながります。 肝臓病と上手に付き合っていくことが大切です」と、熊田分院長は話す。 薬が効きにくいかゆみがあり、体がだるいなど気になる症状があれば、肝臓内科や消化器内科を受診をしてみてほしい。

次の