ホット ロード キャスト。 「ホットロード」Nightsリーダー・トオル役は鈴木亮平 恋人の宏子は太田莉菜に : 映画ニュース

カー用品販売

ホット ロード キャスト

映画『ホットロード』の原作は 紡木たく氏著のコミック『ホットロード』。 名作中の名作として知られているコミック『ホットロード』が、 1986年〜1987年の別冊マーガレットでの連載から 実に27年の月日を経て 2014年、映画『ホットロード』として映画化されました。 14歳思春期真っ只中の主人公少女が抱える葛藤、 家族との間の問題、そして恋が色鮮やかに蘇り、 実に幅広い年齢層の方の共感を得る作品となっています。 鈴木もその後別の女性と結婚したが、 現在鈴木は離婚協議中で和希の母親と交際している。 母親にとって、和希の父親は愛情のない男性。 だとしたら、そんな男性との間の子供を愛することができるのだろうか? 母親が鈴木との交際で幸せそうな姿を見るにつけ 自分の存在価値に疑問を抱き、 母親は自分よりも鈴木の方を愛しているのだと感じ和希は辛い思いをしていた。 最近、和希のクラスに転校してきたえり(竹富聖花)と仲良くなった和希。 他の同級生に、えりが前の学校で 堕胎した経験があると根も葉もない噂話を吹き込まれた和希だったが、 和希は相手にしない。 ある日、和希はえりに誘われ、横浜向かうことになった。 姉の友人で横浜に住んでいた頃の先輩である 宏子(太田莉菜)に会いに行こうというのだ。 えりによると、 この宏子という人物は知る人の間では有名な人で、 えりの憧れの人だという。 和希とえりは宏子に案内され、 湘南の春山(登坂広臣)が働くスタンドへ・・・ 宏子やえりたちから離れ、1人無言で座っている和希に 春山が話しかけてきた。 『何見てんの?いくつ?名前は?』 何も答えない和希。 『お前、しゃべれねぇの?家庭環境悪いだろ?』 ズバリ核心を突かれた和希は激怒、春山に殴りかかり、 二度と来るな!と怒鳴りつけられてしまった・・・ 帰り道。 和希は宏子が暴走族ナイツの総統であるトオル(鈴木亮平)の彼女で 春山もナイツのメンバーであることを聞いた。 それからしばらくして、 えりに誘われナイツの集会に参加した和希は春山と再会、 春山のバイクの後ろに乗せて送ってもらうことになった。 『俺の女にならない?』 和希は礼も言わずに黙って家に入ったのだった。 映画『ホットロード』ラストまでのネタバレ〜深まる親子の溝〜 スポンサーリンク 相変わらず母親との関係でむしゃくしゃしている和希。 道端で声をかけられた若い男たちの車に和希はえりと一緒に乗ってしまう。 危険を感じた和希はふとした隙にえりを連れ、 車から逃げ出すが、後を追われ大ピンチ・・・というところに 春山が愛車のCBR400Fで助けに現れた。 春山のバイクの後ろに乗せてもらい、帰宅した和希だったが、 家は真っ暗・・・母親はいなかった。 帰宅しない母を1人暗闇の中で待っていた 小学生の頃の記憶が蘇る和希・・・ 『・・・ママ』 泣き出した和希を春山がそっと抱きしめた。 発熱していた和希を春山が連れて行ったのは 母親と血の繋がらない父親・弟が暮らす実家だった。 2日間寝込みようやく目を覚ました和希に春山の母は優しく接してくれる。 3日ぶりに和希が自宅に帰ると、 学校を無断欠席し大事なテストをすっぽかしたことで 母親と口論になる。 『どこに行ってたのよ!? 』 『じゃあ、ママはあの日どこに行ってたの?』 母親は高校時代から好き合っていた人がいるにもかかわらず、 別の人と結婚しなければいけなかった辛さをぶちまけ、 鈴木と母親のことを受け入れられない和希の口論はエスカレート。 『何でこんな子になっちゃったの?』 『お前がこういう子にしたんだ!!』 和希は家を飛び出した。 映画『ホットロード』、 次ページで感動の結末を迎えます! 次ページに続きます!.

次の

カー用品販売

ホット ロード キャスト

映画「ホットロード」のキャストについて。 リアルタイムで原作を読んでいた大ファンです。 自分の中でのホットロードを大切にしてきました。 紡木先生の作品、「瞬きもせず」「机をステージに」「純」・・・いろいろ読ませて頂きましたが、ホットロードはその中でも特別で大切な存在です。 今回映画化という話を聞いてかなりショックを受けました。 紡木先生オッケーださないで泣 キャスト解禁が小出しで、気になっていてもたってもいられないのですが、お母さん役が木村佳乃さんと拝見しました。 えーーーイメージと違う・・・。 原作でお母さんは不倫をしていますが、木村佳乃さんだったら男性が本気になってしまいます笑 個人的に、木村多江さんを若くしたような女優さんに演じてほしかった・・・。 能年玲奈さんのファンというわけではないですが、能年さんのポスターの表情は和希そのもので、彼女の演じる和希を見てみたいと思いました。 映画の中で徐々に金髪になっていってほしいけど、茶髪止まりかなぁ。。。 春山役の登坂さんはイメージと違いすぎますが、個人的にタイプなのでノーコメントで笑 春山は福山雅治さんを若くしたイメージなんですよね。 福山さんだと少し背が高すぎますが。 線が細くて、わらうと眉と目が「ハ」の字になるかんじ。 いろんな意見がありますが、みなさんの中のホットロードはどうですか。 楽しく語らえればと思います。

次の

映画「ホットロード」のあらすじ・キャスト情報!結末のネタバレも!

ホット ロード キャスト

映画「ホットロード」のあらすじ【予告編動画】 【出典:】 2014年に公開された映画「ホットロード」。 主人公の和希は母からの愛情を感じられず心を痛める少女。 学校の友達とも打ち解けられず孤独を感じながら過ごしていた。 ある日、横浜からの転校生・絵里に誘われ、和希は暴走族『NIGHTS』の集会に参加。 そこで、1人の青年「春山」と出会う。 お互いに初印象は最悪ながらも、どこか似た者同士の2人は互いに惹かれ合っていく。 そして、いつしか誰よりも大切な存在へ…。 和希は大切な春山を失いたくなかった。 しかし、NIGHTSの総頭となった春山は敵対する暴走族との抗争へ向かってしまう。 その途中、春山はトラックとの衝突事故に遭い意識不明の重体に…。 ホットロード【予告編動画】 映画「ホットロード」のキャスト・登場人物 【(C)2014「ホットロード」製作委員会】 キャスト・登場人物• 春山洋志(演:登坂広臣)• ママ/和希の母親(演:木村佳乃)• 鈴木(演:小澤征悦)• 玉見トオル(演:鈴木亮平)• 宏子(演:太田莉菜)• 絵里(演:竹富聖花)• リチャード(演:落合モトキ)• 金パ(演:山田裕貴)• 赤根(演:野替愁平)• 永山(演:遠藤雄弥)• おばさま先生(演:鷲尾真知子)• 医者(演:野間口徹)• 高津(演:利重剛)• 春山の母(演:松田美由紀) スタッフ• 監督:三木孝浩• 脚本:吉田智子• 原作:紡木たく 映画「ホットロード」のあらすじをストーリー内容とともに! 【出典:】 14歳の中学生の少女・和希と16歳の暴走族の青年・春山の2人の恋を描いた映画「ホットロード」。 ここでは、映画「ホットロード」のあらすじをストーリー内容ともにお届けします。 孤独を抱える14歳の少女・和希 和希は14歳の中学2年生。 和希は幼い頃に父を病気で失い、それからは母と2人で暮らしている。 和希の家には父の写真は残されていなかった。 それは、母にとって父との結婚は望んだものではなかったからだ。 そんな和希の母には高校時代からの恋人がいる。 相手の男性は離婚調停中だった。 母は恋人と会うために、しばしば家に帰らない日があった。 そんなこともあり、和希は母の愛情を感じられずにいた。 ある日、和希は万引きをして捕まったことを母に伝えるも、母はあまり関心を示してはくれなかった。 和希は母と暮らしながらも孤独を感じていた。 和希と春山の出会い 和希は通っている学校でも友達と馴染むことができなかった。 そんな和希にとって唯一の友達は横浜から転校してきた絵里だった。 ある日、和希は絵里の横浜時代の先輩である宏子を紹介されることになった。 向かったのは横浜の暴走族『NIGHTS』の集会だった。 その途中、和希はNIGHTSのメンバーである春山という青年に会う。 見慣れない顔の和希に春山が声をかけるも、和希は黙ったままだった。 そんな和希に春山は「お前んち、家庭環境悪いだろ?」と聞く。 それに対して和希は「お前には関係ねーだろ」と強く言い返した。 2人の出会いは最悪だった。 似た者同士の2人が互いに惹かれ合っていく 母の愛情を感じられず孤独を感じていた和希。 そんな和希は孤独を紛らわすように、たびたび春山が所属するNIGHTSの集会へ参加するようになっていく。 春山も和希と同じく複雑な家庭環境を抱えていた。 春山は母親が再婚した父親と上手くいかず、家を出て1人暮らしをしていた。 高校へも進学せず、生活のためにガソリンスタンドでアルバイトをしている。 複雑な家庭環境を抱えるどこか似た者同士の2人は、いつしかお互いに惹かれ合うようになっていった。 和希が心配するなか春山は敵対するチームとの抗争へ トオルがNIGHTSを引退することになり、春山が7代目総頭に昇進することになった。 それと同時に、敵対する暴走族『漠統』との抗争が起こり始める。 新総頭になった春山は、もちろん漠統との抗争へ向かおうとする。 その抗争は「今度こそ誰か死ぬ」と言われるほど激しいものになると考えられていた。 春山を心配する和希は「行かないで」「こんなに誰かを大事なんて思ったことない」と訴えるも、春山は「俺がいなきゃ何もできねぇような女になるな。 俺のことなんかいつでも捨てれる女になれ。 そんでも俺が追っかけてくような女になれ。 」と心配する和希を振り切った。 抗争へ向かう途中、春山が交通事故に遭ってしまう… 『漠統』との抗争の当日、春山は高熱を出していた。 それでもNIGHTSの7代目総頭として行かない訳にはいかなかった。 春山が抗争へ向かう途中、前方には検問中のパトカーの姿が。 春山が咄嗟に引き返そうとした瞬間、後ろからやってきたトラックに衝突する事故に遭ってしまった。 春山は病院に搬送されるも意識不明の重体に。 それを聞いた和希は絶望し、「置いてかないで」「1人にしないで」と泣き叫んだ。 和希はショックから食事をとることもできず、とうとう和希も倒れてしまった。 映画「ホットロード」の結末内容のネタバレ 【出典:】 春山の事故によりショックを受けた和希は食事をとることもできずに倒れてしまいました。 そんな和希を母が背負い、春山が入院する病院まで連れて行きます。 和希が目を覚ました頃、意識不明だった春山も奇跡的に意識を取り戻しました。 しかし、春山には左半身麻痺という後遺症が残ってしまいます。 その後、無事に退院した春山は麻痺した体でリハビリを始めました。 和希もちゃんと学校に通い始めます。 一時は命を落としかけた春山でしたが、そのことによりNIGHTSを引退。 和希も母親との確執がとけ、「今まで人をいっぱい傷つけました。 これからはその分、人の痛みが分かる人になりたい。 」と思うまでに落ち着く様になっていました。 リハビリを終えた春山は、その後工場で働き始めます。 そんな春山の姿を見て、和希は「この先も不安ばっかだけど、ずっとずっと先でいい。 いつか春山の赤ちゃんのお母さんになりたい。 」と夢見ていました。 湘南の海沿いの浜辺で和希と春山が肩を抱き合いながら歩く様子を映し出し、ホットロードのエンディングを迎えます。 ホットロードの関連記事.

次の