まんびきかそぐ家族構成。 【万引き家族】最後のシーンで意見が食い違い嫁と大喧嘩した話し。

【ネタバレ感想】『万引き家族』を徹底解説&考察!ラストシーンが意味する本当の家族の形とは

まんびきかそぐ家族構成

本作は疑似家族がテーマになっております。 そのため、登場人物の名前が基本的に全員偽名なんですね。 そんな彼らの偽名には物語を深く読み解いていく上で非常に重要なヒントが隠されています。 本記事では、1人1人のキャラクターの名前を取り上げて詳しく解説していこうと思います。 治 C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 映画『万引き家族』予告編より引用 リリーフランキー演じる本作の「父親」である「治」ですが、彼の本名は榎勝太(えのきしょうた)という名前です。 これが本作における「息子」である祥太(しょうた)の名前の由来になっているのですが、これは後々お話します。 彼がなぜ「治」という偽名を名乗っているのかということに関してですが、これは樹木希林演じる初枝の息子の名前なんです。 初枝は自分の息子を女手一人で育てました。 そして彼が結婚するとその奥さんと3人で暮らすようになったのですが、初枝と息子の奥さんはたびたび喧嘩するようになり、結局息子の転勤を境に関係が断絶してしまったんですね。 つまり彼が「治」という偽名を名乗って初枝と一緒に暮らしているというのは、初枝の息子の代わりになろうという意志も働いていたのだと思われます。 そして初枝も彼のことを自分の息子のように思っていたんでしょうね。 初枝は「家族」で海に行った時に、自分の死期を悟ったのか小さな声で「ありがとうございました。 」と告げました。 この他人行儀な挨拶がすごくキーポイントになっていると思いました。 つまり初枝は彼らのことを本当に自分の「家族」のように思っていましたし、そして彼のことを本当の「治」のように愛していたんだと思います。 しかし、死ぬということはその儚い夢が終わるということを意味します。 だからこそ初枝は最後によそよそしい他人行儀な言葉で感謝を告げたんでしょうね。 初枝視点で見ると彼が「治」という名前を名乗っていることに無性に泣けてきます。 そして終盤のシーン。 彼は祥太が乗ったバスを追いかけます。 彼は祥太が逮捕された時に逃げようとしました。 その時はまだしっかりと「家族」という実感が持てていなかったのかもしれません。 はたまた祥太を失うということの意味に気がついていなかったのかもしれません。 しかしバスを追いかける彼の姿は、彼の表情は、今まさに「家族」を失わんとしている男の、「父親」の表情だったと言えるでしょう。 自分から拾って、そして捨てようとした祥太を、失うことの意味をようやく悟った彼の姿に、彼らが「家族」だったんだということの証明が見え隠れしています。 信代 C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 映画『万引き家族』予告編より引用 安藤サクラ演じる今作における「母親」である「信代」ですが、彼女の本名は田辺由布子という名前です。 彼女がこの名前を名乗っているのは、「治」と同じ理由です。 というのも「信代」という名前は元々初枝の息子の奥さんの名前でした。 彼女がこの名前を名乗った理由として私が考えているのは、母親から「愛されなかった」幼少期の経験が大きく関係しているということです。 彼女は血の繋がった母親から常に「産まなきゃよかった。 」と言われて育ってきました。 しかし彼女自身は母親に愛されたいと心の底から願っていたのだと思います。 そして初枝もまた息子とそして息子の奥さんと良い関係を築きたかったのだと思います。 気の強い初枝は上手く関係を築くことが出来なかったことを悔いているのでしょう。 だからこそこの2人の関係性はwin-winとも言えます。 初枝は「信代」を自分の娘のように可愛がり、愛することで過去の後悔を清算しようとしています。 一方の「信代」はその名前を名乗り、初枝の義理の娘になることで自分がどんなに渇望しても手に入れられなかった「母の愛」を受け取っているんだと思います。 キリスト教的な考え方に「愛を受けた者だけが、他人に愛を注げるのだ。 」というものがあります。 本作にはその考え方が反映されていて、「信代」は初枝に愛され、家族に愛されたからこそ、自分も「凛」を我が娘のように愛そうとしたのでしょうし、彼女を失った時に紛れもなく「凛」の母として涙を流したのです。 詳しくはこちら: 取り調べの時に自分はじゅりの母親にはなれないんだということを悟った時の彼女の表情と、「りん」との暮らしを守るために同僚からの脅迫を飲み込んで仕事を止める決断をしたときの彼女の表情のコントラストが強烈で、脳裏に焼き付いて離れません。 祥太 C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 映画『万引き家族』予告編より引用 城桧吏が演じる今作における「息子」である「祥太」ですが、彼の名前の由来は先ほど少し触れましたように、「父親」の本名である榎勝太(えのきしょうた)の漢字違いというわけです。 「治」がなぜ彼に「祥太(しょうた)」という名前をつけたのかを考えてみました。 「治」は劇中ですごく家族というものに憧れている節があるんですよね。 例えば日雇いの労働で訪れた建設現場の一室で未完成の浴槽に入って天井を見上げ、自分がここに暮らしていたら・・・なんて妄想をしたりしています。 なぜ彼がそんなにも絵に描いたような「幸せな家族」に憧れるのかと言うと、それは彼が幼少期以来両親に自分の存在を否定されて生きてきたからです。 だからこそ彼は幸せな家族に憧れていました。 そして、息子として親の愛を受けられなかった自分を酷く卑下しています。 そう考えていくと彼が自分の本当の「息子」のように可愛がる「祥太(しょうた)」というのは、幼少期の彼自身の投影なんだと思います。 彼は「祥太(しょうた)」を愛することで、愛を受けられなかった自分自身を救おうとしているのだと考えられます。 「治」は「祥太」に「父ちゃん」と呼んで欲しいとしきりに言っていましたよね。 これって多分、彼は存在を否定されていたがために自分の父親に「父ちゃん」と呼ぶことすら許されなかったんだと推察できます。 だからこそあの頃の自分が出来なかったことを「祥太」にはして欲しいし、そうすることで過去の自分を愛そうとしているんです。 考えれば考えるほどに「祥太」という名前は切なく感じられます。 スポンサードリンク さやか C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 映画『万引き家族』予告編より引用 「さやか」というのは本作で「長女」に当たる亜紀が風俗店で働く時に用いている源氏名です。 彼女がなぜこの名前を用いるのかということに関してですが、この「さやか」というのは彼女の血を分けた妹の名前なんです。 亜紀は妹が生まれたことにより、妹が親の愛を一身に受け、自分のことを顧みなくなったことから家を飛び出しました。 だからこそ彼女はそんな妹への、家族への復讐の意味合いを込めて風俗店という場所で「さやか」を名乗っていると告げました。 彼女が風俗店でこの名前を用いていること自体が復讐チックではあるのですが、それ以上に彼女の風俗店での振る舞いにも注目したいと思います。 彼女は実は店ではあまり人気がないんです。 それは彼女が「さやか」という名前で「愛されないこと」を経験することで、満足感を得ているのではないかと考えられます。 また彼女が店で出会った男性と恋に落ちるのですが、その人を抱きしめている時に彼女は自分は亜紀なんだと強く実感しています。 つまり彼女は亜紀として誰かから愛されることに飢えているんだと思います。 だからこそ彼女はあの家族といるときには亜紀という本名を用い、風俗店で「さやか」という名前を使うのです。 そして彼女は初枝にひどく懐いています。 これは彼女からの愛を亜紀としてひとえに受けたいという願望の表れなのでしょう。 そんな亜紀だからこそあの「家族」が偽物だったんだということを警察に突きつけられた時に全部白状してしまったんでしょうね。 彼女があの「家族」の中にはあると思っていた本物の愛が全て偽物だったと突きつけられたわけですから。 終盤に誰もいなくなったあの家に彼女は1人で戻って来ます。 「家族」で過ごした部屋を1人見つめる彼女。 彼女は何を思うのでしょう。 最後には自分が証言してあの「家族」を壊したわけです。 私は亜紀はそれでもなおあの「家族」にあった本物の愛情を信じたかったんだと思います。 信じたくて、あの部屋を見て、そこで過ごした時間を思い出して、確かめたかったんだと思います。 事実としてはあの「家族」は確かに偽物でした。 それでも自分がここで過ごしていた時に感じてきた思いは?愛はどうなのでしょうか?それは全て偽物だったのでしょうか。 その問いに亜紀がどんな答えを出したのかどうかは描かれません。 しかし、彼女はあの部屋を訪れて、もう1度本物の愛を信じ直すことが出来たんじゃないかと私は希望的な観測をしております。 凛 C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 映画『万引き家族』予告編より引用 佐々木みゆ演じる「凛」は本作における「末っ子」で、本名はじゅりです。 「凛」という名前は、彼女のことがニュースになった際に、「信代」が彼女を家に引き留めるためにつけた偽名です。 そもそもの由来は、母親が水商売をしているために嫌われていた幼少期の彼女と唯一分け隔てなく接してくれた友人の名前から取ったものでした。 「凛」という名前は名前そのものよりもこれが「信代」が命名した名前であるという事実の方が大切です。 「信代」は「凛」の母親になろうとし、そして彼女には自分とは同じような人間になって欲しくないからと、彼女が虐待されていたであろう生家に戻すことを拒み、自分の手で育てようと試みました。 しかし結局彼女は「母ちゃん」と呼ばれることもなかったし、彼女の本名である「じゅり」という名前を知ることすらありませんでした。 彼女はじゅりの母親にはなれませんでした。 それでも彼女は紛れもなく「凛」の母親だったんだと思います。 「母ちゃん」と呼ぶことはありませんでしたが、じゅりが最後にあの家族と暮らしている時にもらった「宝物」を大切にしているのを見ると無性に泣けてきますね。 ビー玉の数え方も何もかもが信代に教えてもらったものです。 あの「家族」と暮らしている時に教わったことを忘れていない彼女の姿に本作の「家族」というテーマが集約されているようにも感じられました。 ラストシーンに込められた意味とは? C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 映画『万引き家族』予告編より引用 さてここまでの説明で本作において「名前」というモチーフがすごく重要な意味を持っていることがお分かりいただけたかと思います。 本作中では、親から子に「教える」という行為が凄く印象的に描かれています。 良いことも悪いことも親から教えられたことは子供にとっては全てなのです。 1~10の数え方も、服を買っても叩かないということも、万引きも、学校に行くことの意味も。 何もかも親に教えられたことを自分の中へと組み込んでいきます。 そして親から子に一番最初に与えられるものが「名前」なんですよね。 だからこそ映画『万引き家族』において「名前」が非常に重要な意味を持っていたわけです。 そしてそれと共に親は自分を「父」「母」の敬称で呼ばれたいと願うんです。 どんなに思っていてもやはり口に出さないと伝わらないこともあるのです。 信代が取り調べで「あなたは何と呼ばれていたの?」と聞かれ、涙したのはそのためです。 しかし最後の最後で本作は「名前」を口に出すことで「家族」の証明をするわけです。 バスの中で祥太が声にならない声で告げた「父ちゃん」。 ラストシーンでベランダから身を乗り出した「凛」。 彼女が告げたのは「父ちゃん」なのか「母ちゃん」なのか。 それは分かりません。 ただ冒頭の治と祥太があのアパートのベランダにやってきた時、「凛」は何も反応しませんでした。 しかし、ラストシーンでは「凛」はベランダの外に見た何かに反応して、身を乗り出したのです。 外にいたのは治だったのか、はたまた他の人だったのか。 ノベライズ版ではここで 「声にならない声で呼んで」という記述があります。 そう考えるとあの家族の誰かが来ていたのかもしれません。 明確に描かれてはいませんがベランダの外に来たのが「家族」であることは間違いないです。 そして本作はそんなベランダに佇む小さな少女の小さな変化に「家族」の何たるか?という壮大な問いに対する答えを託したのです。 おわりに いかがだったでしょうか。 今回は 映画『万引き家族』についてお話してきました。 名前1つ1つにこれだけ重厚なメッセージ性を孕ませてくる是枝監督は本当に素晴らしいですね。 名前というモチーフは血縁関係のある両親とその子供の契約の証明みたいなものです。 それを疑似家族の中に適用することで、それぞれの登場人物の心情や願望を具現化することに成功したわけです。 これはとんでもない脚本だと思いました。 今回も読んでくださった方ありがとうございました。 関連記事 ・是枝監督の日本アカデミー賞作品賞受賞作『三度目の殺人』 本作『万引き家族』同様キリスト教的なモチーフが多く登場している『三度目の殺人』の解説・考察記事です。 作中のモチーフを深く掘り下げて書いています。 名前の理由を読んでいろいろ腑に落ちました。 「声に出して呼んで」 というタイトルを是枝監督がつけたかったと聞き、それも腑に落ちました。 商業的にはこれではどうか?万人に分かりやすいセンセーショナルなネーミングってことで、 「万引き家族」 になったそうで、盗んだのは絆でした、というコピーがありました。 それは 今更まあいいとして、 いろいろなサイトで、信代の妹が亜紀と書かれているのがおかしいとおもい、ここに辿り着きました。 あの家族はだれも血が繋がってないはず。 亜紀の両親からお金をもらっていたおばあちゃん。 そして両親がおばあちゃんと住んでいることを知っていたこと、などが最後に分かりますが。 この、亜紀と家族の関係がいまいち希薄な気がして、信代の妹かとおもえばふむふむと納得するのか、そういう噂?が広まってますが。 それじゃ最後の取り調べのシーンの辻褄が合わないんで。 葉さん コメントありがとうございます! 亜紀は信代の妹ではないですね。 系図的には初枝の夫が不倫して作った子の子ということになりますかね。 亜紀は自分の妹ばかりが愛されて、自分が愛されない現状を憂いて、あの家を飛び出してしまったんですね。 彼女が初枝に懐いているのも、初枝が自分に注いでくれるのは本物の愛情だと思ったからです。 だからこそその愛すら金銭目的だったのではないか?という疑問を突きつけられた亜紀はショックだったんでしょうね。 そして自らの証言で家族を壊しました。 私は繋がりが軽薄だとは感じませんでしたかね。 むしろ純粋で偽りのない愛を探し求めていて、それを唯一感じられたのが、あの家族だったんじゃないかと思います。

次の

万引き家族

まんびきかそぐ家族構成

東京の片隅で万引きをする父と幼い息子。 彼らは1人の少女を救い出し、家族に迎え入れる。 パルムドールを受賞した是枝裕和監督 この映画が注目を集めたことで、どうやらネット上の一部では「日本の恥を世界に晒している」などという揶揄があがったらしいが、そのような恥さらしな発言に目を向けるのは時間の無駄だ。 工事現場で日雇いで働く父、クリーニング店で働く母、JK見学店でアルバイトをする母の妹、月6万円ほどの年金を受給する祖母。 そしてどこか様々な感覚が麻痺してしまったかのようでありながら、時に無邪気な表情を見せる少年と、本当の両親からネグレクトされた少女。 2004年に同じくカンヌを沸かせた是枝作品『誰も知らない』では母親から育児放棄された幼い兄弟たちが、孤独な少女と出会い、子供たちだけで生きていく様が描かれた。 それを凝縮し、救済を求めた彼らが崩壊していくあまりにも残酷なプロットに、日本中の誰一人として見て見ぬ振りはできなくなってしまうはずだろう。 これまでの是枝作品と照らし合わせてみれば、いかにこの作品が彼の集大成的な作品かがよくわかる。 前述した『誰も知らない』のスタンスを本作で背負うのは2人の子供たち。 そして過去を背負って生きる大人たちには『DISTANCE』などの典型的な是枝作品のエッセンスが合わさり、その他大勢の性の対象から唯一無二の安らぎに出会う松岡茉優には『空気人形』が重なる。 そこに複雑な家庭事情と作品の死生観を担う役割を、これまでの作品同様に樹木希林が担うというわけだ。 さて、改めてこの映画がなぜカンヌの最高賞を受賞することができたのか。 会期中に発表される現地媒体のジャーナリストの星取りからは、何かしら受賞する可能性が高いことは察していたが、まさか最高賞になるとは予想だにしなかった。 前パラグラフで述べたような集大成的なスタイルを繰り出した是枝裕和に監督賞が贈られるか、もしくは『ボルベール <帰郷>』のように女性キャスト全員に女優賞が与えられるのではと思っていた。 第71回カンヌ国際映画祭授賞式の様子 しかも、前述したような各国社会の縮図的要素を備えた作品は、コンペティション部門には数多あった。 『人生タクシー』と『チャドルと生きる』で、すでに三大映画祭の他の2つを勝ち取っているジャファル・パナヒの『3 Faces(英題)』であったり、審査員賞を受賞したナディーン・ラバキーの『Capernaum(英題)』であったり。 その中でもケイト・ブランシェットを筆頭にした審査員団の心を動かすだけの筋書きや演者の魅力、是枝裕和という作家のこれまでの実績、それらの要素が掛け合ったと考えるのが最も自然な考察だろう。 パルムドールを3年前に受賞した『ディーパンの闘い』はスリランカの内戦と、フランスの移民問題を描き出した。 そして、一昨年の『わたしは、ダニエル・ブレイク』ではイギリスの地方都市の貧困。 映画は時に、世界中に向けてそれぞれの国が抱える現実を発信する役割を果たす。 そしてそれが、世界中が注目する映画祭で最高賞を獲ればなおさら、世界にその実情が知れ渡るということだ。

次の

【万引き家族】最後のシーンで意見が食い違い嫁と大喧嘩した話し。

まんびきかそぐ家族構成

一体こどもたちの結末はどうなってしまったのでしょうか? 【柴田亜紀(松岡茉優)】の場合 亜紀は、樹木希林扮するおばあちゃんこと柴田初枝が 自分を孫として可愛がってくれていたのは 両親からお金をせびるためだったと警察から聞かされます。 その後亜紀の出演するラストのシーンで みんなで住んでいたぼろ家に1人戻り、 彼女の出演シーンは扉を明けるシーンで幕を閉じます。 警察から、信じていた初枝のやっていたことを聞かされ、 動揺していた亜紀。 しかし、 亜紀は初枝と自分は心の奥底で本当の絆で 結ばれていることをわかっていたと思います。 その心の整理がついた時に、もう1度、あの家に 恋しく思い戻ってきたのではないでしょうか。 実の家では、食べ物や寒さに苦労することもないでしょうが、 自分の家出を黙認して妹だけを可愛がっていた実の家族の元に戻っても 亜紀の心は満たされないままだったと思います。 万引き家族の家に戻ってきた亜紀の表情はどこか、 悲壮感もなく、何かを越えたように見えました。 亜紀はこれから人生を自由に選択する権利を得たように感じます。 【柴田祥太(城桧吏)】の場合 治(リリーフランキー)との最後のシーンを迎える祥太。 治の裏切りをわかりながらも、 やはり亜紀同様、 万引き家族との間にあった絆が本物だったと わかっていたように思います。 彼もまた、バスの中で治と決別し これから自分の人生を切り開いていく覚悟を 決めたように思います。 安藤サクラこと柴田信代が、面会に来た祥太に彼を 【拾った】とされるパチンコ屋の場所と車のナンバープレートの 住所を告げますが、 祥太はいつか本当の両親を探しにいくのでしょうか。 個人的な予想ですが、祥太は パチンコをしている両親に 車内に置き去りにされていた子供だったのではないでしょうか? 是枝監督の提議する 日本の抱える問題をそこかしこに感じます。 【ゆり(佐々木みゆ)】の場合 映画を見ている方の中で1番気になったのはこの ゆり(りん)の 結末ではないでしょうか? ゆりは、 虐待をしていた両親の元に返されます。 警察もすぐに捜索願いを出さなかった ゆりの両親をいぶかしみながらも、 そのように処置したのではないでしょうか。 ゆりと母親とのやりとりは また虐待が続きそうな不穏な空気、そして ゆりが万引き家族とともに過ごした際に教えてもらった 数え歌を歌いながら閉塞された団地から外を見つめるシーンで 物語は幕を閉じます。 これは一体何を意味するのでしょうか? りんはどうなるのでしょうか? 個人的な解釈ですが、 亜紀や、祥太はまだ自身の意思を伝えることが出来る年齢ですが、 りんは、幼すぎてはまだ自分がどんな処遇にあっているかもわかっていない。 故に、悲しいながらも その運命から未だ1人だけ抜ける事の出来ないことを 予兆しているのではないでしょうか。 本当に悲しいことですが、これは政府や、大人の都合により 幼い子供たちが1番犠牲になっていることを揶揄する是枝監督の メッセージと思います。 それは、遠い貧しい国の話ではなく、この発展した国に 実際に今起こっていることだということ。 しかし、幼いゆりの記憶には万引き家族とともに過ごした日々が 刻まれていることと思います。 【万引き家族】名前に隠された意味とは? 治(リリーフランキー)の本名は 榎勝太(えのきしょうた)という名前です。 彼がなぜ「治」という偽名は実は、 樹木希林演じる初枝の息子の名前なんです。 つまり彼が「治」という偽名を名乗って 初枝と一緒に暮らしているというのは、 初枝の息子の代わりであるという意思表示、または 擬似家族としてやっていくための設定だったと感じられます。 安藤サクラ演じる「母親」である「信代」ですが、 彼女の本名は 田辺由布子という名前だそうです。 彼女がこの名前を名乗っているのは、「治」と同じ理由です。 というのも「信代」という名前は元々初枝の 息子の奥さんの名前だったそうです。 城桧吏が演じる「息子」である「祥太」ですが、 治であ「父親」の本名である榎勝太(えのきしょうた)の 漢字違いだそうです。 治は 責任転嫁しがちで、なんとも言えないダメ人間ですが、 飄々としていてどこか憎めないキャラクターである… そんな彼はいつも 家族に憧れていたんですね。 拾ってきた少年の祥太と名付けたのも、 いつか暖かい本当の 家族になりたいという思いがあったのでしょう。 そして亜紀。 亜紀は風俗店で働く際に 「さやか」という源氏名を使います。 彼女がなぜこの名前を用いるのかということに関してですが、 この「さやか」というのは 彼女の血を分けた妹の名前なんだそうです。 これは、妹は実の家族に溺愛されているというコンプレックスから 妹「さやか」への冒涜の行為にも見えます。 しかし、劇中りんに 「自分にはもうひとつさやかという名前がある」と打ち明けた時の 彼女の表情は、どこか複雑で、どこか妹を懐かしんでいるようにも 見えました。 このシーンの演技、松岡茉優さんは本当に 凄いなと感じてしまいました。

次の