大学生 向け パソコン。 大学生向けパソコン講座・プログラミング講座・エクセルVBA講座 スタディPCネット市川市役所前校 市川 本八幡 千葉県船橋市 江戸川区

【大学生】パソコンVSタブレットではどっちがおすすめ?

大学生 向け パソコン

出典: OSとはオペレーションシステムの略で、端末全体の制御や管理を行います。 代表的なOSには、Windows OSとmacOSがあります。 基本的には使い慣れている方を選ぶのがおすすめですが、工学部や建築学部のように図面を描くCADソフトを使用する方はWindowsを選びましょう。 迷う場合は、所属する研究室の教員や先輩に、使いやすいOSを確認するのも一つの方法です。 スペックで選ぶ CPUの処理能力で選ぶ CPUは、パソコンの中央処理装置のことです。 CPUは、インテル社のCore iシリーズと、AMD社のRyzenシリーズの2種類があります。 どちらのCPUも、数字が大きくなるほど上位モデルです。 データ分析やプログラミングを行う場合はCore i5やRyzen 5、CADやフォトショップなどを使用する場合はCore i7やRyzen 7がおすすめです。 メモリの容量で選ぶ 出典: 理系の学部では、プロジェクターを使って実験結果の報告やプレゼン、発表などを行うことがあります。 HDMIの接続端子が付属しているパソコンなら、プロジェクターに直接接続できるので便利です。 HDMI端子がついていないパソコンなら、接続用のケーブルを別途買って、対応することもできます。 光学ドライブの有無で選ぶ 光学ドライブの有無も確認しましょう。 光学ドライブは、DVDやCDなどの読み書きができたり、ソフトウェアやドライブをインストールするときにも使用するものです。 専門のソフトをCDからインストールする場合や、頻繁にCDの読み込みを行う場合は、光学ドライブ内蔵のものを選びましょう。 Microsoft Office付属の商品もおすすめ.

次の

大学生におすすめのノートパソコン【2020年6月版】絶対に読んで欲しい失敗しない選び方がコレ!

大学生 向け パソコン

このページでは、 大学生におすすめのノートパソコンを紹介します。 ただ、大学生と言っても、用途によってパソコンの必要な性能は変わってきます。 ここでは、新大学生が汎用的に使えるノートPCや、持ち運びに便利なノートPC、ゲームもできるノートPCなど、カテゴリごとにおすすめの製品を紹介しています。 また、"大学ではどんなときにパソコンを使うのか?"などについても解説しています。 多くの大学生は3月頃にPCを購入する方が多いと思います。 3月はノートパソコンがよく売れる上、今年(2020)は、インテルCPUが不足していたり、Windows XPのサポートが終了したりしたことで、さらにノートPCがよく売れており、売れ筋のノートPCは購入してから到着まで1か月以上かかることがザラにあります。 今は短い納期でも、数日後は欠品する可能性もあります。 あおっているわけではありませんが、 今年は早めの購入をおすすめします。 ピックアップ製品! 長々とした説明はいいから、早くおすすめのPCを知りたい!といった方に、まずはピックアップしたおすすめの5機種を紹介します。 大学で最もパソコンの使用頻度が高いのは、レポートや課題の作成のときでしょう。 教員によって、または文系か理系かによっても、レポートの頻度は異なります。 例えば、文系だと本を読んで、週に1つか2つ程度のレポートを作成することがあるようです。 理系だと、場合によっては毎週実験レポートを提出することもあります。 レポート自体は通常は、Wordを使用してレポートを書くことが多いようですが、複雑な数式等も表記する必要がある場合などは、TeXと呼ばれる組版システムなどを使用することもあります。 また、理系の場合は実験データをグラフにするためにExcelを使用することも多いです。 これらに加えて、教養課程でも別にレポートを提出することがあります。 レポートの作成は、多くの場合1年生から4年生まで通して行います。 場合によっては、スマートフォンなどでレポートを作成する学生もいるようですが、レポートのフォーマットが決まっており、テンプレートをダウンロードしてレポートを作成する必要があったり、入力する文字数が多かったりすると、やはりパソコンで作成した方がよいでしょう。 オンライン授業 コロナウイルスの影響で、各大学ではオンライン授業が始まっています。 オンライン授業では、教員と学生とで双方向の授業をするために、Webカメラ、マイクの準備を推奨している大学もあります。 最新のノートパソコンであれば、まず間違いなくWebカメラとマイク(マイクロフォン)が搭載されているので、これから買うのであればノートPCが無難です。 デスクトップPCはWebカメラとマイクを別途入手する必要がありますが、2020年4月27日現在、Webカメラとマイクは品薄で入手しづらい状況になっています。 情報収集・調べもの 2016年のリクルートによる調査では、 情報収集や調べものにパソコンを使用する大学生が多く、使用率は95. 3%となっています。 スマホでも情報収集はできるので、スマホの利用率も同じく高いのですが、本格的に調査を行うときなどは、やはり画面が大きく、効率よく情報を収集できるパソコンを使用するようです。 ほとんどの大学、学部で、演習としてプレゼンテーションを行います。 事前にPowerPointで資料を作成し、調べたことなどを発表します。 プレゼンテーション能力は、社会に出てからも非常に大切な力となるので、積極的に取り組んでいる大学が多いです。 大学によっては、週に1~2回プレゼンを行う場合もあります。 資料の作成にもパソコンを使用しますので、頻度が高まると、自分専用のパソコンは必須となるでしょう。 卒業論文 大学4年時には、1年かけて卒業研究を行い、論文をまとめて、発表します。 理系であれば、研究内容によって、実験データの記録や、データ解析などにもパソコンを使用する場合があります。 情報系の学部であれば、プログラミングや実験を行うことも多いでしょう。 文系であれば、文献や本を読んで卒論としてまとめるという感じです。 また、理系・文系に関わりなく、卒論の内容を発表するために、PowerPoint等で資料を作成する必要があります。 講義のノート ノートに講義の内容のメモを取る代わりに、パソコンを利用してノートを取ることも可能です。 ただし、これは賛否両論がある使用方法です。 確かに、キーボードのみでノートを取る場合、手書きよりも文字入力は速いです。 図や複雑な数式なども、ペン対応のPCを用いれば手書きでパソコンに入力することができます。 また、講義の内容を事前にパワーポイントなどのファイルで配布してくれる場合もあり、このような場合だと、講義中に大切な点を追記できたりするので、パソコンが利用できると便利です。 しかし一方で、 ノートパソコンの使用は学習効率を下げるという意見や、 キーボードおよびタブレットペン入力は手書きと比較し、講義内容の理解が劣るという実験データもあります。 大学3年生の時に就職活動が始まります。 早い場合は、3年生の5月からサマーインターンシップのエントリーや選考が始まります。 希望の会社を探したり、リサーチしたりするためにパソコンが必要です。 加えて、エントリーシートを作成したり、WEBテストを受けたり、企業との連絡に使用したりと、就職活動においてもパソコンは必須です。 企業は、採用する学生たちにパソコンのスキルを求めていることが多いため、必要になってから購入するというよりも、1年時からパソコンを使用して、操作に慣れていると就職活動においても有利でしょう。 サークル活動 サークル活動でパソコンを使用するケースも多いです。 ジャンルに関わらず、サークル専用のWebページを運営したり、サークル活動を紹介する動画などを作成したりと、何かとパソコンを使用します。 また、ジャンルは様々で、直接パソコンを研究するようなサークルもあるようです。 参考サイト - 朝日新聞DIGITAL その他 履修登録や成績の確認 大学生活の一番最初にパソコンを使用する機会となるのは、履修登録です。 自分が受講する講義の登録をパソコンで行うことが多くなっています。 また、成績の確認など種々の情報をネットワーク経由で取得したり、登録したりします。 このうち、履修登録は、毎年、前期と後期に行い、それを4年間行うことになります。 休講やその他の連絡は、随時確認する必要があるでしょう。 別にスマートフォンでもできるし・・と思うかもしれませんが、大学によっては(システムによる)トラブルを回避するため、スマートフォンではなくパソコンの使用が勧められる場合があります。 語学学習などのe-learning 語学学習のためにリスニング等が手軽にできるパソコンを利用することがあるようです。 大学側がe-learningのための教材を用意している場合もあります。 または、語学学習を支援するホームページなどを用いて、自分で学習を深めることもできます。 CADやAdobe系ソフトの利用 建築関係や設計関係の課題提出のためにCADソフトを使用することがあります。 個人のパソコンがあれば、講義の時間外でも課題の続きを自分のタイミングで行うことができます。 美大であれば、AdobeのPhotoshopなどを使用することも多いようです。 これらのCADやAdobe系のソフトを使用するようであれば、高い性能のパソコンが必要となり、また使用するソフトによって、パソコンの要件が全く異なります。 CPUを重視したほうがいいソフト、Quadroのグラフィックスを搭載したほうがいいソフト、GeForceのグラフィックスを搭載したほうがいいソフト、液晶の品質を重視したほうがいいソフトなど様々です。 ソフトの推奨動作環境などを参考にし、パソコンを選択して下さい。 趣味でパソコンを使うときはどんなとき? 大学生の趣味と言えば、SNSやゲーム、動画鑑賞などがよく挙げられますが、これらはどれもスマートフォンに取って代わられています。 では、どういったケースでパソコンが用いられているのでしょう? SNSのための画像・動画編集 InstagramやTikTokなど、SNSへの写真や動画の投稿に主に用いられるのはスマホ用アプリです。 しかし、投稿する写真や動画のクオリティにこだわる大学生も多く、そのような高いクオリティを求める大学生のうち、4人に1人が写真や動画の編集にパソコンを使用する、という調査結果が出ています。 パソコンであれば、スマホより複雑な編集作業が比較的簡単に行えたり、凝ったエフェクトをかけやすかったりします。 スマホでの投稿が一般的になったからこそ、他の人と差別化するためにパソコンを使用する、というのは納得です。 参考サイト - PRTIMES 動画鑑賞 YouTube、NetFlixなどの定額ネット動画配信など、動画の鑑賞はスマホで済ませる方も多いと思いますが、やはり画面が小さく迫力に欠けます。 大学生のパソコン使用状況の調査によると、映像鑑賞にパソコンを使用する割合が、スマホを利用する割合よりもわずかに上回っていました。 やはりスマホは画面が小さく、臨場感に欠けると思っている方が多いのでしょう。 YouTube、NetFlixなどはインターネットにさえ繋がっていれば動画を視聴できますが、もしレンタル店からDVDを借りて視聴する場合は、光学ドライブが必要です。 頻繁に光学ドライブを使う方はPCに内蔵していると便利ですが、そこまで頻繁に使用しなければ、外付けタイプのものでもいいと思います。 PCゲーム 最近ではゲームでありながら遊びの枠を超えた「eスポーツ」と呼ばれるジャンルも確立されてきました。 eスポーツの大学リーグなどもでき始めているようです。 普通のゲームならスマホでもできますが、このような、本気でゲームをプレイしたい場合は、パソコンを、それも普通のノートパソコンではなく、高性能の「ゲーミングPC」と呼ばれるパソコンを用意する必要があります。 ゲーミングPCについての詳細や、おすすめの製品については、以下の別記事をご覧ください。 参考サイト - ITmedia 音楽鑑賞 イヤフォンで音楽を聴きながら歩いている大学生をよく見かけると思います。 最近はApple Music、LINE Music、Spotifyなどの定額制の音楽配信が人気を集めています。 LINE MUSICには学割もあり、学生だと聞き放題で月額480円です。 そのため、レンタルするよりも安く、手軽になってきました。 また、Youtubeなどを利用し、無料で聴きたいという層もあるようです。 一方、統計を見ると、レンタルショップでCDを借りる大学生もいまだに一定数いるようです。 その場合は、取り込んで、iPhoneやAndroidに転送するために、パソコンは不可欠になります。 光学ドライブも必要です。 ただし、音楽を取り込む頻度が低いのであれば、持ち運び性能を優先して、光学ドライブは外付けでもいいと思います。 ほとんどの大学に学内設置パソコンが用意されており、学生たちが自由に使用できるようになっています。 また、卒業研究であれば、各研究室に専用のパソコンが用意されていることでしょう。 ただし、これらのパソコンは使用時間や台数に制限があるため、いつでも使用できるとは限りません。 また、その場に行かないとパソコンが利用できないという欠点もあります。 以前は、学内設置パソコンでなんとか凌ぐこともできたかもしれませんが、個人のパソコンがあった方が何かと便利でしょう。 また、いくつもの大学で、BYOD(Bring Your Own Device)が進んでおり、パソコンが必携となっています。 H28年の調査ではありますが、大学ICT推進協議会によると、 四年制大学において、一部の部局でのみ導入されている場合も含めると43. 今後の動きも考えると、半数近くの大学で個人のパソコンを用意し、大学に持参する必要があるようです。 入学する時点で、パソコンが必携なのを知って、あたふたしないでいいように、前もって、希望する大学がパソコン必携なのかも調べておくとよいでしょう。 こういった最近の大学でのパソコン状況を考えると、大学へ持っていくことも考慮したパソコンを選んでおくと、後悔がないと思います。 大学生となると、人目が気になる年齢ですし、ダサいと思われるのも嫌でしょうから、PCのデザインも気になるでしょう。 デザインとブランド力で選ぶなら、MacやSurfaceあたりがいいと思います。 特に、大学生は、Macと一緒に過ごすキャンパスライフに憧れるかもしれません。 しかし、大学によっては使用するソフトの関係で、Windowsが推奨されている場合も少なくないです。 もちろん、Mac上でWindowsを動かすことはできますが、大学のサポートセンターなどではそれほどサポートしてくれません。 また、デザイン系の仕事を除き、就職後に使用する可能性が高いのはWindowsパソコンです。 総合的に考えると、それぞれの大学での推奨パソコンを確認の上、Macが推奨されているのでなければ、Windowsパソコンを選択する方が無難でしょう。 大学で一番使用するソフトは、Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPoint、OneNoteといったソフトでしょう。 多くの場合、これらのソフトが付属するPCをすすめられることが多いです。 でも、 大学によってはマイクロソフト社と包括ライセンス契約を結んでおり、学生が無償でOfficeソフトを使用できる場合があります。 この場合、パソコンを大学の4年の間だけ使用するのであれば、Officeが付属するパソコンを選択する必要はありません。 その分、安くパソコンを購入できます。 大学が決まったら、パソコンを購入する前に、Officeを無料で使用できるのか確認するとよいでしょう。 また、大学において無料でOfficeを使用できなくてもがっかりする必要はありません。 対象の大学であれば、Officeを学割価格で購入できます()。 これらの無料もしくは学割の対象外の大学であったり、手続きが面倒であったりする場合は、Office付きのパソコンを買うと良いでしょう。 新大学生におすすめのPC 本来であれば、大学でやることや、やりたいことが決まってからパソコンを買うと、目的にあった製品を選びやすいですが、入学前もしくは入学したての頃に、操作に慣れておくために、ノートパソコンを購入したいという方も多いと思います。 そういった方には、次の製品をおすすめします。 CPU Pentium Gold 4415Y 液晶 10. 0型 1800x1200 光沢 質量 タブレットのみ:約522g~ タブレット+タイプカバー:約765g~ 価格 4万円台(税別)~ タイプカバー付き:6万円台(税別)~ Surface Proの廉価版 Surface Proを小型化・軽量化し、スペックと価格を抑えた2 in 1 PCです。 ペンも利用可能です。 質量は、本体+タイプカバー(キーボード)でも約765gしかなく、非常に軽い点が大きな特徴です。 LTE対応モデルがあるのもメリットです。 CPUの処理性能は高くないものの、高負荷でない作業であれば、対応範囲は広いでしょう。 最も安いモデルは、64GB eMMCで、容量が少なく、速度も遅いです。 おすすめは128GB SSDのモデルで、タイプカバーを付けても、割引価格だと7万円台(税別)でした。 Officeも付いています。 第10世代Core i3、8GBメモリ、256GB SSD、FHD IPS液晶といった構成でも、6万円台(税別)です。 なによりタイピングしやすい製品なので、レポート作成がはかどります。 質量は約1. 73kgとなっており、Surface Pro 7やSurface Goほど軽くはありませんが、一般的な15. 6型ノートPCよりは軽く、頑張れば持ち運びも出来るでしょう。 なお、ペンやタッチパッドには対応していません。 レノボ製品は納期が遅いので、購入はお早めに。 頻繁に持ち運ぶ方におすすめのPC ノートパソコンを毎日のように持ち歩き、色々な場所で作業をする場合におすすめのノートパソコンを紹介します。 まず、上で掲載したやは、持ち運ぶことが多いケースでも非常におすすめです。 その他のものとしては、以下の製品がおすすめです。 CPU 第10世代Core ストレージ SSD 液晶 12. 3型 2736 x 1824 タッチ 価格 9万円台(税別)~ 大学生と言えばSurface Surfaceも大学生に人気の高いブランドの製品です。 前述しましたが、タブレットにも変形し、アクティブペンで手書き入力もできます。 多くのシーンで使えるため、どんな用途で使うかまだ分からない入学したての学生におすすめです。 女性が持っているケースも多いです。 もし、子供にプレゼントする場合、このPCを買っておけば間違いないと思います。 オンライン授業におすすめのノートPC ほとんどのノートパソコンは、Webカメラ、マイクが内蔵されているため、インターネット回線に繋がっていればすぐにオンライン授業を受けられると思います。 そこまで気にしなくてもいいですが、ノートPCのマイクは周囲の音を拾いやすく音質もそこまで良いわけではないため、それが嫌であれば周りの音を拾いにくい単一指向性のマイクを用意するといいでしょう。 ヘッドホンとマイクが一体となったヘッドセットを使うという方法もあります。 また、スピーカー音が良ければ、講師の声をやや聞き取りやすいです。 必須ではありませんが、セキュリティ面でWebカメラを隠すシャッターが付いていると安心です。 授業終了後にシャッターを閉めれば、回線が切られていないことに気づかず誤って映像が流れる心配や、マルウェア感染時に覗き見られる心配が少なくなります。 今、オンライン授業のためのノートPCを探している方は、すぐにでも欲しい方が多いと思うので、短納期のモデルを中心に掲載します。 納期がかかってもいいなら、上で紹介したPCもご覧ください。 CPU 第9世代Core H Ryzenプロセッサー GPU GeForce GTX 1050 GeForce GTX 1050Ti GeForce GTX 1660Ti Max-Q 液晶 15. ゲーム中のCPUやGPU温度も問題なく安心して使えるでしょう。 4K液晶を搭載したクリエイターモデルもあります。 Ryzenプロセッサーモデルもありますが、中途半端なモデルが多いので、インテルCPUモデルのほうがおすすめです。 6型 FHD IPS 非光沢 144Hz 価格 12万円台(税別)~ 性能と価格のバランスで選ぶならコレ 少し性能の高いゲーミングノートPCです。 やや高くなりますが、長く使うことができるスペックで、コスパも高いです。 液晶ディスプレイは、144Hz駆動に加えG-SYNCに対応し、ヌルヌルした映像で、快適にゲームができることでしょう。 下のクーポンを利用すれば、お買い得にメーカーサイトから購入できます。 CPU Ryzen 5 3500U ストレージ SSD 液晶 15. 6型 FHD 非光沢 価格 8万円台(税別)~ 乃木坂46が好きならコレ2 15. 6型なのに、質量が約1. 4kgと軽量で、持ち運びにも適したノートPCです。 普段は大画面で作業をし、たまに持ち出すような方に最適です。 別の部屋へパソコンを移動するときも楽です。 Ryzenプロセッサーを搭載し、コスパも高いです。 学割で買えるノートパソコン 実は、大学生がノートPCを購入する時に、ダイレクトショップで学割が適用可能なことが多くあります。 学割適用の条件は様々ですが、下に挙げているストアでは、大学生はもれなく対象になっています。 登録や、申し込みは無料でできるので、見てみるだけでも損はないでしょう。

次の

小学生/子供向けおすすめノートパソコン

大学生 向け パソコン

~1kg• 1kg~1. 5kg• 5kg~ の3種類に分かれます。 おすすめは、1kg~1. 5kgのもの。 1kg以下のノートパソコンは確かに持ち運びはしやすいですが、軽い分他の部分の性能が良くないものがほとんど。 5kg以上になると、持ち運びがかなり苦痛になってきます。 ということで、1kg~1. 5kgのものが性能と携帯性のバランスが取れていておすすめです。 文系大学生のパソコンの選び方3 大きさについて 13インチがベスト。 1kg~1. 5kgの重さだと大体13インチのものが多いです。 13インチのものは人気も高いため、種類が豊富というメリットもあります。

次の