イカ 生姜 焼き。 豚の生姜焼きは、なぜ肉が硬くなるの?柔らかくなる作り方も紹介!

安くて美味しい「イカの生姜焼き」のススメ

イカ 生姜 焼き

スポンサードリンク 豚の生姜焼きは、なぜ肉が硬くなるの?柔らかくなる作り方も紹介! 夕飯やお弁当の定番メニューである 豚の生姜焼きは、生姜の爽やかな香りと辛みが甘辛いタレと融合し、食欲をそそる代表的な豚肉料理の1つです。 豚の生姜焼きで使用する豚肉は ロースが一般的ですが、 完成すると何故かお肉が硬くなってしまい、お店のような柔らかい豚の生姜焼きを作ることが出来ないという悩みを抱えた主婦の方も多くいると思います。 そこで今回は、豚の生姜焼きを柔らかく作る方法をご紹介します。 まず豚肉ですが、セールで購入したお肉だから硬い、ブランド豚のお肉だから柔らかいということはありません。 豚肉は脂肪分が少ないタンパク質の塊ですので、 調理の際の火加減次第で柔らかくなったり硬くなったりします。 豚の生姜焼きを柔らかく作りたい場合は、 下味をしっかり付けて豚肉の筋繊維に水分をたっぷり含ませてお肉の収縮力を穏やかにする必要があります。 また、 タンパク質が固まる温度よりも低い温度で加熱を始めるのがポイントです。 ここで1つ注意点があります。 下味を漬ける際に誤って 長時間漬け込んでしまうと、逆に塩分がお肉の水分を抜いてしまうため硬くなってしまいますので、下味を漬ける際は十分に注意してください。 S 豚の生姜焼きを作る際、お肉をこんがり焼いた後に調味料を入れて絡めていく作り方をしている方もいらっしゃると思います。 この作り方は時間短縮にはなりますが、お肉は硬くなってしまい、調味料も浸み込まないため美味しい豚の生姜焼きとは言えません。 なので、 美味しい豚の生姜焼きの作り方をご紹介します。 豚肉100gに対して大さじ1杯が最適です。 冷たいフライパンで焼くことによってお肉の収縮を最小限に防ぐことが出来るからです。 スポンサードリンク 時短で出来るタモリ式豚の生姜焼き! みなさんご存知の タモリさんですが、今まで数々の美容・健康法をはじめ、ふんわり卵焼きの作り方や餃子ピザなど様々なレシピを編み出した凄い方です。 そんなタモリさんが考案した多忙な主婦でも柔らかくてジューシーな豚の生姜焼きの作り方を 「タモリ倶楽部」という番組内で紹介するや否や、インターネット上にすぐさま作り方が掲載され、忙しい主婦の味方として日本各地に広まっています。 ご存知かもしれませんが、 タモリ式豚の生姜焼きの作り方をご紹介させて頂きます。 タモリ式豚の生姜焼きの作り方 材料は以下の通りです。 小麦粉をまぶすことによってお肉の旨味を外へ染み出してしまうのを抑制させます。 いかがでしたか? タモリ式豚の生姜焼きは時短のうえ、 砂糖を使わないのでさっぱりとした風味となります。 また、油を敷かないのでカロリーを気にしている方にもオススメです。 しかし、 豚の生姜焼きの定番である豚ロースは向かないため、タモリ式豚の生姜焼きを作る際は気を付けましょう。 豚の生姜焼きは特に男性に人気のある料理です。

次の

豚の生姜焼きは、なぜ肉が硬くなるの?柔らかくなる作り方も紹介!

イカ 生姜 焼き

さて、今の時期の「旬」と言えば何でしょうか?ズバリ「烏賊」(イカ)ですね。 いや、ひとくくりにイカと言っても旬は違うんですけど、要するに「スーパーで安く売っているイカ」が旬だと思って下さい。 そして、この「旬」と言うのもイロイロな解釈がありますが、やはり「安い=大漁=旬」で良いと思います。 脂が乗ってるだの身が締まってるだの言いますが、ほとんどの場合は大量に出回っている時が美味しい時期だったりします。 と、言う訳でまずはスーパーで安くて鮮度が良いと思われる「イカ」を手に入れましょう。 イカの種類は色々ですが一般的には「ヤリイカ」と「スルメイカ」が多く流通しています。 あとはアオリイカとかモンゴイカや墨イカもあります。 今だと小振りの「ヤリイカ」が身も柔らかく「旬」なのでオススメですが、調理の仕方次第では「スルメイカ」も美味しいので鮮度&価格重視で探しましょう。 ちなみに「新鮮なイカ」の見分け方ですが、海の中に居る時は「透明」で時間が経つと「茶色」となり、さらに時間が経つと「白」となります。 あとはパックにドリップ(汁)が溜まってないかなどで判断しましょう。 そして最初の関門ですが「イカは洗うべきか否か?」と言う謎にブチ当たります。 これは「刺身なら洗う」のが正解で、火を通すなら洗わなくても問題なしです。 洗うと味が落ちると言う人も居ますが、寿司屋さんでもバリバリに洗う店もあるので、味の面で神経質になる必要はありません。 むしろ「寄生虫」とか「雑菌」の方を気にするのが正解です。 次にイカの切り方ですが、まず「骨」っぽい何かがある部分に指を入れて身と内臓を離す感じで、ちょいと指を入れます。 そして「骨」っぽい何かを取り除き、あとはゲソ(足)の方を持ってゆっくり引っ張れば身から内臓を取る事が出来ます。 刺身にする訳ではないので、身の方はザックリと「筒切り」で身を手頃な大きさに切ります。 そして内臓とイカの頭部(目玉の辺り)を切り離します。 この時に「墨袋」を切らないように注意しましょう。 そして頭部とゲソを切り離します。 ゲソの付け根に「くちばし」があるので、そいつを指で取り出し固い「くちばし」を取り除きます。 この時「くちばし」の周辺の肉は美味しい部分なので、面倒がらずにきっちり分離しましょう。 生姜を用意します。 分量は適当で構いません。 なんならチューブの生姜でも入れないよりはマシです。 筆者は摺り下ろすと洗い物が一個増えるので包丁で微塵切りにしています。 フライパンを温め中火にし、油を中さじ1ほど垂らして生姜を炒めます。 ちょいと香りが出たら先ほどの「イカ」を投入し、ちょいちょい炒めます。 この時に「イカの内臓」を入れると深みが増すのでオススメです。 全体的に「イカの皮」の色がちょいと変わって来たら酒を入れます。 日本酒でも泡盛でもワインでも良いので「適量」入れて風味を出します。 あまり入れると「煮る感じ」になっちゃうんで、うまく加減するようにします。 ここでコンロは強火にしましょう。 次は「味醂」です。 入れなくても美味しいのですが、やはり「照り」が出ると美味しく見えますし、塩っぽさの対比で「味醂」をチョイと入れると、より「醤油」が生きてくるのでチョイと入れておきます。 鮮度の良いイカなので、あまり火を入れるのはもったいないです。 ちょいと炒まってきたら醤油を入れて仕上げます。 ここら辺から焦げやすいのですが「ヤベー、醤油が焦げる!」と思う直前が火から下ろすタイミングですので集中しましょう。 あとは美味しく食べるのみ。 さして失敗する要素もないし、イカを捌いて焼いてで20分もかかりません。 何より他の魚と違ってイカは「目玉とくちばし以外は食べられる」のでゴミも少なく片付けも楽ですね。 まさに「安くて美味い!」ってのを地で行くメニューなので、新鮮なイカを見かけたら生姜と一緒に買って作ってみましょう。

次の

本日の一品 いかのしょうが焼き [毎日のお助けレシピ] All About

イカ 生姜 焼き

8はい ・しょう油...................... 大さじ3 ・みりん........................ 大さじ3 ・おろし生姜.................... 1片分 ・おろしニンニク...................... しょう油とみりんと生姜とニンニクを混ぜてタレを作っておく。 イカの足を引き抜き、中を洗う。 足を開き、目玉と口ばしとワタを取り除き、胴体の中に押し込む。 胴体に詰めた足に火が通り易いように、斜めに切れ目を数本を入れる。 フライパンにサラダ油を少々熱し、イカを並べ、蓋をして焼く。 両面焼いて、七分どおり火が通ったところで、タレを加えて強火でからめる。 皿に盛り、焼き汁を少し煮詰めてかける。

次の