アルキメデス の 大戦 あらすじ。 解説・あらすじ

映画『アルキメデスの大戦』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

アルキメデス の 大戦 あらすじ

もくじ• 映画「アルキメデスの大戦」の原作は、三田紀房さんの漫画です。 ヤングマガジンに2015年11月から、連載されていて、コミックは、15巻発売されてます。 (2019年6月現在) 三田紀房さんの作品には、「ドラゴン桜」(2005年に山下智久主演でドラマ化)や「インベスターZ」(2018年ドラマ化)などがあります。 それで、日本に愛想をつかして、アメリカに留学しようとした時に、 海軍の山本五十六(舘ひろし)に見初められて、海軍の少佐に大抜擢されます。 櫂に与えられた使命は、戦艦の設計コンペに勝つことと、ライバルの戦艦の不正を暴くこと! 藤岡少将が設計する戦艦は、山本五十六(舘ひろし)が推している実際に戦争で使える航空母艦です。 ところが敵の平山中将(田中泯)が設計するのは、巨大すぎる戦艦「大和」で、立派なのに見積もり金額が安すぎるので、櫂に謎を暴いて欲しいと伝えます。 戦争前の海軍の話ですが、上層部エリートのはずの男たちが人間臭い! 地位や名誉のために、不正や癒着は当たり前で、戦艦が造られれば、戦争がはじまります。 国民が納めた税金を無駄な戦艦の製造に使わないように、櫂直(菅田将暉)は立ち向かいます。 「戦争を止めなければ、俺がこの国を守る」 しかし、櫂は戦艦を見たことも無ければ、設計図も見積もりも見れません。 実際に戦艦を見に行って、 巻き尺で戦艦を測り、方程式を作り出します。 櫂は、子供の頃から、何でも測って面積や体積を出すことが好きだったので、5歳の誕生日にプレゼントされた巻き尺をいつも持ってます。 しかし、海軍では、大抜擢されて入ったよそ者なので、敵が多く孤独です。 だんだんに櫂の日本を守りたい真っすぐな気持ちが、いろいろな人を惹き付けて動かしていきます。 戦艦「大和」の不正を暴いて、製造を止めることはできるのか! 櫂直(菅田将暉)が帝国大学を辞めさせられたわけは、尾崎鏡子(浜辺美波)にあります。 映画櫂を陥れてしまいます。 — 今回望みが叶ってとても嬉しいです。 」と語った。 鶴瓶がモデルのキャラを漫画に、そのキャラを鶴瓶で実写に。 … — はっぴ~にゅ~す HappyManbou 原作漫画には、キャストが確定していた人がいます。 漫画の14話に登場する鶴辺社長です。 鶴辺?そうです、鶴瓶さんで、ビジュアルは本人そのものです。 鶴辺は、大阪鶴辺造船株式会社の社長で、戦争に大きな戦艦が必要ないことを櫂に語ります。 まだ発表されていない櫂直(菅田将暉)と恋仲になる芸者のキャストが気になる! 原作漫画の雰囲気では、色気漂う妖艶な佳つ世だった! 芸者・佳つ世は、 櫂が海軍に慣れてきた頃、料亭で出会って恋に落ちて、一晩を共にして、櫂が夢中になって、同棲することになります。 映画のヒロインは、尾崎鏡子(浜辺美波)のようになっていますが、佳つ世はサプライズキャストでしょうか? まじめな数学人間、研究熱心な櫂が、仕事を休んで佳つ世と逢瀬を重ねます。 菅田将暉のベッドシーンあるのか!.

次の

アルキメデスの大戦201話ネタバレ考察感想あらすじ!魚心あれば水心を堂々と示唆する大統領

アルキメデス の 大戦 あらすじ

STORY これは、帝国海軍という巨大な権力に立ち向かい、 数学で戦争を止めようとした男の物語。 1933年(昭和8年)。 欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。 海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。 だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。 「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。 しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。 必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。 山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。 ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。 頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。 「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。 天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。 同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。 その艦の名は、【大和】…。

次の

STORY|映画『アルキメデスの大戦』公式サイト

アルキメデス の 大戦 あらすじ

数学天才の櫂(かい)は新戦艦の建造費見積もりの謎を暴こうとするが…。 開戦と終戦を導いた者とは?魔法の方程式? ネタバレ感想『アルキメデスの大戦』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 他の映画はも参考にしてください。 実話ベースですが櫂のモデルはいないようです。 まだ連載中だし長編なので、映画用オリジナル脚本です。 監督・脚本の山崎貴(たかし)は特撮やVFXディレクター等で関わり、映画・TVドラマなどで多くの監督作も生み出しています。 私も『ALWAYS』シリーズ、『』『海賊とよばれた男』等、複数作を観ていますが 『アルキメデスの大戦』は脚本も飛び抜けて良いので代表作になる気がします。 主演の櫂直の菅田将暉は犬のような瞳の愛らしさ等で人気のイケメン俳優ですが、天才の変人を違和感なく演じてて、難しい専門用語も滑舌よく聞き取りやすい発声なのはさすがです。 ほぼ紅一点の鏡子の 浜辺美波は、着る服がどれも似合ってかわいくてまさに昭和初期の令嬢です。 歴史では主役級の山本五十六を舘ひろしが演じてて、海軍内ではカリスマもあり知能も高いはずですが、櫂が現れると凡人を自覚して、持てる権限で櫂をサポートする立場に回る姿勢が、若手俳優へバトンタッチする現実と重なります。 平山中将の田中泯は、中盤まではつかみどころがなく無口なのでただの老害に見えるが、実は秘めた才能は櫂をも超えるかもしれないという成熟した大天才を見事に演じています。 同じ天才でも菅田将暉より、 重厚な天才像を見せてくれます。 他にも、國村隼、橋爪功、笑福亭鶴瓶など、クセある俳優陣が「凡人」として脇を固めているおかげで、 菅田将暉や田中泯の「天才」ぶりが際立って見える作りになっています。 戦争映画ではない?冒頭バトルも数学の一部 予告編では戦艦大和と航空機群との戦闘シーンをアピールしてますが、今回の 『アルキメデスの大戦』は戦争映画ではありません。 バトルシーンも冒頭の数分間のみなので、アクション映画を期待した人はがっかりするかも。 ただ、冒頭の戦艦大和のバトルと撃沈シーンは、今の邦画の実写やCGレベルでは最高水準だと感じます。 これを1時間分作れるなら世界でウケる映画もできるだろうけど、残念ながら日本では予算や技術者人員が全く足りないのでしょう。 冒頭で巨大戦艦ヤマトが米軍の航空機隊に敗北する流れは、 山本五十六の「仮定」=「戦艦を主戦力とする大艦巨砲主義は終わり、航空機が主力となる時代がくる」を証明しています。 数学の証明問題でいう「結論」を先に示したのです。 映画『アルキメデスの大戦』は本編全体をとおして、この証明問題を説いていく物語です。 数学における証明とは「仮定」から「結論」に導くので、 冒頭の戦闘は「ただの大和撃沈ではなく、山本五十六の仮定を証明した美しい結論」なのです。 冒頭シーンでは、米軍が墜落機を脱出した兵士を海から救う場面も映し出されます。 これは 「1兵士の命さえ大切にする米軍」と「特攻隊などで1兵士の命を軽く考える日本軍」との対比です。 この違いによっても勝敗は決していたのでしょう。 開戦と終戦のきっかけを作った者は?実話? 数学の証明問題のように「結論」を先に書くと「 戦争を始めるきっかけの1つを作った者と、戦争終結のきっかけの1つを作った者は同一人物、櫂直(菅田将暉。 かいただし)です」。 もちろん実話ではなくフィクション(創作物語)です。 櫂直は、当初は山本五十六から「空母より安い巨大戦艦の建造費の見積もり」を依頼されます。 山本の表(おもて)の目的は「近い将来、戦艦ではなく航空機が主戦力の時代がくるから空母を建造したい」のです。 しかしラスト近くの永野中将(國村隼)との会話で明らかになる、 山本の裏(真)の目的は「ハワイ真珠湾を奇襲攻撃するために、空母と航空機隊を準備したい」のです。 開戦はもう避けられないので、アメリカ艦隊の主力と航空戦力の多くを事前に破壊し、開戦直後を有利に進めるためです。 櫂直の図面によって平山の巨大戦艦に重大な欠陥が見つかり「空母建造が決定」されますが、皮肉にも「 戦争を止めようとした櫂直こそが、開戦のきっかけの1つを作ることになった」のです。 終戦の最大要因は「広島、長崎への原爆」ですが「負け方を知らない」日本人はその後も命を犠牲にゲリラ戦を行ったかもしれません。 平山中将(田中泯)はそれを避けるため「精神のより所をなくして、国民に敗北を気づかせよう」とします。 すなわち「 日本の象徴たる『大和(やまと)』という名の美しい巨大戦艦を建造し、それが撃沈されると国民の戦意喪失により無駄な犠牲者を減らせる」という策謀を練った平山と、自ら設計した戦艦を建造したい欲求にまけた櫂直が手を組んだのです。 日本国民の精神の拠り所の「天皇」は生きてたので「大和撃沈により勝利をあきらめた」とはなりませんが、敵の爆撃機を阻止する手段がなくなった事は、当時の政治家や軍将校が一番よくわかっていたため、 櫂直が終戦を早めたことになります。 魔法の方程式の導き方とは? 櫂直が終盤に示した 「鉄の総使用量だけわかれば、建造費の見積額を試算可能にする方程式」はまさに魔法の数式です。 あそこまで正確に当てることは不可能でしょうけど、複雑系を1つの未知数にしぼったのは映画的にもわかりやすいです。 大切なのはその「過程」です。 新戦艦だけでなく旧艦の建造データすら見せてもらえない櫂直は、さすがに詰んだと思いました。 ところが櫂直はあきらめず、まず戦艦「長門」に乗船し軍規違反で図面の数字を写し、巻き尺で船内を採寸します。 「測りたくならないとは変わり者だな」と言われた田中正二郎(柄本佑)も、結局は歩幅で協力します。 櫂直は次に新戦艦の予測図面を描きます。 長門の図面を記憶しててサイズを新戦艦のに置き換えたのですが、天才にしかできない技です。 単純に長門の採寸を数倍しただけでなく、実際の戦艦設計時のように「通常時や台風時の波の影響」「流体力学」なども考慮します。 この 「表面上だけでなく本質的な設計」がラストで「建造の決まった新戦艦に待ったをかける」のに役立ちます。 魔法の方程式を導けたのは、大阪の民間造船会社の社長の大里清(笑福亭鶴瓶)と 所蔵データと「タイムリミット」のおかげです。 人件費や材料費から正確に試算しようとしたけど、 突然期限が早められ正攻法をあきらめた瞬間「集中力」がMAXに高まり神がかったアイデアをひらめいたのです。 iPhoneなど世界を便利にしてる発明品の多くは「限定された環境でのひらめきが元」という説を聞いたことがあり、それを映像化した作品もよく見かけます。 短い時間なので事象をシンプルにとらえ「鉄の総使用量」のみに目をつけたのです。 この「仮定」は見事に的中し、駆逐艦、潜水艦など建造物によっての相関関係から他の未知数を解いていきます。 やがて どんな海軍の建造物でも「鉄の総使用量」のみから「建造費」を見積もれる方程式を導き出したのです。 鏡子(浜辺美波)と田中(柄本佑)と菅田将暉が、東京へ戻る夜行列車内で徹夜で計算したのは「新戦艦の鉄の総使用量」です。 会議中に田中が計算してたのは「鉄の総使用量を方程式のXに代入して求めた、新戦艦の建造費」です。 ラストの軍事会議以降のドンデン返しとは? 軍事会議が始まった時点では、櫂直らは新戦艦の鉄の総使用量の予測値を計算できていません。 山本五十六や永野中将が時間稼ぎするが、建造費の安い平山案で決着しそうです。 その時、櫂は黒板に「魔法の方程式」を書いて説明し始めます。 それをデタラメだと主張する嶋田・平山陣営ですが、実際の駆逐艦などの鉄使用量から建造費を導き出して見せ納得させます。 その 時間かせぎが功を奏して、田中は平山案の新戦艦の建造費を算出し終わり、試算の倍近い額だと判明します。 これで山本五十六陣営の勝利かと思いきや、平山中将は「 新戦艦の建造費は諸外国に知られると、警戒されもっと強力な軍艦や兵器を造られるため『低額に偽装』した」と明かします。 造船所の裏取引を指摘した櫂もこの深慮に感服します。 これで今度は平山案に決定しますが、櫂直は新戦艦の図面と自分のを見比べて「 新戦艦には、年2回程度くる巨大台風の高波に耐えられない欠陥がある」ことに気づき指摘します。 そうして「航空母艦の建造が決定」となります。 軍事会議での二点どんでん返しでは終わらず、山本五十六の本音を永野中将が引き出して、歴史を知る私達は驚愕することになります。 山本は「今後は航空機が主戦力になる」という主張で、空母建造を進言したのですが別の理由が判明します。 開戦前にハワイ真珠湾を奇襲攻撃し、敵の主力航空機とその発着基地を破壊するために、巨大空母が必要だったのです。 結局「戦争を止めるため」に難題を説いた 櫂直は間接的に「ハワイ真珠湾の奇襲攻撃に手を貸した」ことになります。 それでどんでん返しは終わらず、しばらく後に平山は櫂の図面をもとに「新巨大戦艦の大和(やまと)」の20分の1スケールを製作し、櫂を建造チームにスカウトします。 櫂は迷うが「自ら産んだ戦艦を完成させたい欲求」に負けて了承します。 平山は櫂と同様に「日本は戦争でアメリカに勝てない。 物量差が圧倒的に違いすぎるから」と指摘し「新戦艦大和は、戦争に勝つためではなく、 負け方を知らない日本人により日本国が滅亡するのを防ぐため」に建造したいと語ります。 つまり日本の 象徴的名称の「大和」が撃沈されることにより「日本沈没」を仮想体験させ現実を直視させて、無駄な徹底抗戦をやめさせようと考えたのです。 でもわざと負ける戦艦を造ったわけではなく「戦艦では勝てない時代が到来」してたので必然的だったのです。 『アルキメデスの大戦』どんでん返し一覧• 平山側が、軍事会議の日程を早める• 櫂の数式で、空母に決まりかける• 平山の費用偽装理由で、戦艦に決まりかける• 櫂の戦艦欠陥指摘で、空母建造が決定• 山本五十六の空母活用法が、明らかに• 平山と櫂が、日本のために大和を建造 『アルキメデスの大戦』私の評価と総括 観るまでは正直よくある小規模な戦争映画かと思ってましたが、実際は「 日本の滅亡や存続をかけた、天才vs天才の頭脳戦」だけでなく、 法廷ミステリー要素、昭和初期の(変わった形の)恋愛要素、スポ根要素などもいい感じで混ざってます。 菅田将暉の変人ぶり天才ぶり、柄本佑のツンデレから仲間第一号になる過程、浜辺美波のはいからさん風令嬢ぶり、田中泯のつかみどころのないもう1人の大天才ぶり、舘ひろしの軍人の本性、その他の凡人の方々など役者陣も素晴らしいです。 冒頭のバトルアクションでつかみはOKで、その後は櫂が図面を描き上げるまでは長門乗船をのぞくとエンタメ性が低くなり退屈に感じる人もいるかも知れません。 が、 櫂の天才ぶりや、振り回される田中の成長を笑いも混じえて楽しませてくれます。 ほぼ紅一点の浜辺美波との恋愛要素ロマンスにほっこりできるし、ラストの軍事会議は予想もしてなかった、どんでん返しの連続で興奮すると同時に、 史実を知る者として涙が止まらなかったです。 こじつけだけど良い解釈だと思います。 期待値ハードルが低かったことや、私自身「数字大好き人間」であることで、ややひいき目ですが『アルキメデスの大戦』は2019年公開の邦画実写ではベスト候補作です。 同じく空母を扱った『』もテーマは全く違うけど好きです。 どちらも戦争映画と呼ぶには戦闘が少ないけど、ぜひ一度は観るのをおすすめした映画です! 他の映画はも参考にしてください。 『アルキメデスの大戦』含む映画ランキングや映画賞•

次の