ドコモ光 派遣。 ドコモ光の派遣工事についてご質問させてください。

ドコモ光の回線工事【派遣と無派遣の違いって何?】

ドコモ光 派遣

ドコモ光について検討している場合、誰もがまず最初に知りたいと思うのは 月額料金 ではないかと思いますが、その次に関心を持たれるのが 工事料金についてではないでしょうか。 ドコモ光の新規契約の場合には、戸建であれば必ず 派遣工事が発生しますし、転用の場合でも場合によっては派遣工事が必要となるケースもありますので、いずれにしても無関心ではいられない点だと思います。 しかし、ドコモ光の工事料金に関しては、自宅の状況や現在の利用環境などによってさまざまなケースがありうるので、なかなかどれくらいの料金がかかる、と断言しにくい部分があるようです。 そのためドコモ光の工事料金を知りたい場合には、実際に申し込みしてその過程で光サービスセンターなどに問い合わせてみるのが一番ではあるのですが、それでも結局「自宅の環境によって・・・」という部分は実際に工事業者の方が自宅に来てみないとわからない部分もあるらしく、はっきりと断言はできないようです。 とはいえ、検討段階である程度の工事料金の見積もりができないと、なかなか実際に申し込みをする気にならないということもあると思いますので、とりあえずドコモ光を申し込みした場合にかかる料金を、ある程度ではありますがわかりやすくまとめてみようと思います。 関連記事:「」 目次• ドコモ光の派遣工事 ドコモ光の新規契約、転用、移転、最大速度変更時に、ドコモ光設置住所で屋内配線工事やONU(回線終端装置)機器の設置などが必要となる場合に、工事担当者が自宅にやってくる工事のことを、 派遣工事といいます。 この派遣工事が実施された場合、実際に人がやってくる手間がかかりますので、工事料金も高めにかかってきます。 特に注意すべきは 集合住宅の場合で、マンションやアパートによっては マンションタイプが適用されず戸建タイプの料金になる場合もあり、その場合には直接光ファイバーを外から引き込む形になるため、屋内配線の工程がある場合の戸建、つまり 18000円がかかる形となります。 逆にしっかりマンションタイプが適用される集合住宅で、加えてLAN配線方式の場合には7600円で済むなど、工事料金の幅はかなり広いです。 自分の住んでいるアパートやマンションがどのタイプかわからないうちは、工事料金は最も高くかかる可能性があるとして考えておいた方が間違いないかもしれません。 そのほか、 転用の場合には基本的に、同一品目(プラン)のままの転用であれば工事料金はかかりません。 これはつまりどういうことかというと、ドコモ光は元々「フレッツ光ネクスト」と同等プランで、 最大1Gbpsの速度が出るサービスなのですが、フレッツ光にはそれ以前に展開されていた最大100M/200Mbpsのプランがあり、それを変更することなく使い続けているユーザーも存在するわけです。 そこからドコモ光に転用する際に、そのまま100M/200Mbpsの速度のままで転用を実施することもできるのですが、その場合には工事料金はかからない、ということです。 ただ、一般的にはドコモ光に転用する際には最大1Gbpsのプランに変更することが推奨されているため、その場合には同一品目ではなく別の品目への変更が伴うため、後述する「 無派遣工事」が必要となります。 その際の工事料金は、一般的には 7600円です。 これは、Bフレッツが2017年11月30日をもって終了、光プレミアムが2018年度の第4四半期を目途に終了予定という内容を受けての優遇措置となっています。 まとめると、新規契約時は上記表参照のこと、転用時は基本的には工事料無料、品目変更が伴う場合にのみ無は兼工事代7600円、NTT西日本エリアのBフレッツ/光プレミアムユーザーからのドコモ光への転用時には工事料無料、という形となります。 ドコモ光工事料【タイプC】 工事パターン 工事料 新規契約の場合 [戸建] 18,000円 税抜 [マンション] 15,000円 税抜 ドコモ光タイプCについては、かなり狭い地域限定プランなので現状あまり利用者が多くありません。 そのため、対象ユーザー以外の方は気にする必要はありません。 上記は新規契約時の工事料金ですが、転用の場合には工事不要となり工事料はかかりません。 提携CATV ケーブルテレビ での光インターネットサービス契約時に利用していた機器 D-ONU 光回線終端装置 も、継続して利用することができます。 ドコモ光の無派遣工事 ドコモ光の新規契約や転用、移転、最大速度変更時に、ドコモ光設置住所内での工事が不要なため、工事担当者が派遣されない工事のことを「 無派遣工事」と言います。 実際に人はやってこないのですが、現地に来ないだけで工事は行われますので、工事料金はかかります。 また、ドコモ光の利用を開始した後、1ギガ対応無線LANルータ廃止に伴うルータ機能停止の工事も、無派遣工事となるということです。 無派遣工事では、担当者が誰も自宅にやってこないため、工事完了後の接続や設定等はすべて、ユーザー自身で行う必要があります。 とはいえ、派遣工事でも接続設定をやってくれるわけではないので、基本的には同じことです。 もし自分で接続・設定する自信がない場合には、あらかじめ、またはの申し込みをしておきましょう。 ネットトータルサポートセンター: 0120-825-360 受付時間:年中無休・午前9時~午後8時 派遣工事の際に用意しておく必要があるもの 最後に、派遣工事の際に用意しておく必要があるものをまとめておきます。 無線LAN環境だからいらない、という人でも、うまくWi-Fiがつながらなくなった時に、何が悪いのかを切り分けるためにLANケーブルはやはりどうしても必要です。 さらに、ONUの電源、Wi-Fiルーターの電源、パソコンの電源など、コンセントをたくさん利用する形になるので、差し込み口が最低三つほどついたOAタップ、電源タップなどが一つほしいところです。 自宅に買い置きや使っていないものがあればそれでももちろん問題ありません。 基本的にパソコンは設定の際に必要になるので、準備しておきたいところですが、据え置きの無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を所有していれば、パソコンがなくてもスマホやタブレットがあれば設定は可能です。 ドコモ光工事料金まとめ ドコモ光の工事料金はわかりにくい、と思っていたのですが、こうしてまとめてみるとそれほどわかりにくいということもなかったかもしれません。 ただ、上記本文で書いた通り、マンションタイプが適用するのか、マンションやアパートだけど戸建タイプになってしまうのか、など、自分の住宅の状況がわからないと工事料金も判断しにくいのは間違いないですし、何より戸建でも自宅の作りによってはさらなる工事料金が発生するというリスクは必ずついてくるので、あくまで上記料金は参考程度に考えておくのが間違いないかもしれません。 あと、今回は触れませんでしたが、ここにドコモ光電話が絡むと、さらに工事料金は変わってきてかなりややこしくなりますので、もしドコモ光電話が絡む場合には、おとなしくドコモ インフォメーションセンターなどで確認してみるようにしましょう。 関連記事:「」.

次の

ドコモ光の工事内容・料金・開通までの流れを解説

ドコモ光 派遣

ドコモ光が無派遣工事となる場合とは ドコモ光を契約する際に「工事業者が来るし立ち合いも面倒だから無派遣工事がいい!」と皆さん思いますよね。 しかし、ドコモ光を新規契約する場合には 無派遣工事にならない場合がほとんどです。 では、ドコモ光を契約した後に 「無派遣工事になる」場合は 以下の2パターンが考えられます。 フレッツ光を契約中で ドコモ光へ転用した場合• 以前住んでいた人が 回線を残置している場合 上記の場合にはドコモ光の工事は無派遣工事になる可能性があります。 と言ってもよく解らない人が多いと思いますので、以下で詳しく解説してみたいと思います。 フレッツ光から転用した場合は無派遣工事 現在、 NTTフレッツ光を契約中で ドコモ光へ転用する(乗り換える)場合には、開通工事をする必要がない為 「無派遣工事」となります。 言葉だけで説明しても解らない人が多いと思いますので、以下イラストを使って説明します。 フレッツ光を契約中なら既に回線はある 上記イラストのように、フレッツ光は「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。 もし、 フレッツ光を契約中なら「光回線」は既に開通している状態です。 ドコモ光はフレッツ光の「光回線」を使う ドコモ光もフレッツ光と同様に「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。 この ドコモ光で利用する「光回線」は フレッツ光で利用する「光回線」とまったく同じもので、NTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」なのです。 その為、フレッツ光を契約中で ドコモ光へ転用(乗り換え)するなら、既に「光回線」は開通している状態なので 工事をする必要がない無派遣工事となります。 フレッツ光とドコモ光の「光回線」は同じなんですね。 だから、フレッツ光を契約中なら「光回線」が来てる状態なので無派遣工事となる訳ですね。 回線が残置状態なら無派遣工事 例えば、 現在お住まいの自宅が賃貸で 以前住んでいた人が回線をそのままにしている「残置」状態であればドコモ光は 無派遣工事になる場合があります。 これも以下イラストを使って説明します。 解約すると回線撤去をする場合がある 今まで契約していたインターネット回線を 引っ越しなどで解約した場合、今まで利用してきた 「光回線」は不要になるので取り外す 「回線撤去」を行う場合があります。 しかし、引っ越ししてきたドコモ光を契約予定の自宅に 以前に住んでいたい人が回線をそのままに 「残置」している場合があります。 回線が残置状態なら無派遣工事になる場合がある このように、ドコモ光で 利用可能な「光回線」が残置されている場合にはそのまま利用可能なので 無派遣工事となる可能性があります。 しかし 「無派遣工事の可能性がある」だけでドコモ光で利用出来ない回線だった場合は、当然ですがドコモ光で利用可能な回線を設置する開通工事が工事業者の派遣により実施されます。 ドコモ光で利用可能な回線が残置されている場合には、無派遣工事になる可能性があるんですね。 ドコモ光が無派遣工事だった場合の工事料金(工事費) ここから以下は、現在フレッツ光が未契約で無派遣工事となった場合についてご紹介します。 まずは、ドコモ光を新規契約後に無派遣工事になった場合の工事料金ご紹介します。 通常はドコモ光を新規契約するとインターネットに接続する為の「光回線」を引き込む開通工事が実施されます。 この開通工事の工事費料金は契約者が負担します。 戸建住宅 工事費 集合住宅 工事費 開通工事あり (工事業者派遣あり) 19,440円 16,200円 無派遣工事 (工事業者派遣なし) 2,160円 出典: 工事業者が派遣されて立ち会いが必要な開通工事の場合、戸建住宅の場合は19,440円・集合住宅の場合は16,200円の工事料金の支払いが必要です。 しかし、工事業者が派遣されず工事の立ち会いも不要な 無派遣工事の場合は2,160円の工事費となります。 「なぜ、無派遣工事なのに2,160円も払わないといけないの?」と思った人もいるかもしれませんが、別の場所で開通工事をしてるので工事費が必要なのです。 これは後で説明します。 ドコモ光が無派遣工事だったとしても、2,160円の工事料金は必要なんですね。 ドコモ光の無派遣工事の手順!前日までにONUを設置する! ドコモ光を新規で契約の申し込みをした後「無派遣工事」となった場合は工事業者は派遣なしとなります。 しかし、ドコモ光が無派遣工事となったら、どんな手順で進んでいくのでしょうか? 無派遣工事は工事業者が来ないので 初心者の人には設定や設置などが不安ですよね。 そこでここからは、ドコモ光を新規契約して無派遣工事だった場合の設置方法や設定方法などの手順を段階を踏んでご紹介したいと思います。 Step1、ONUが開通日前日までに郵送されてくる ドコモ光が無事契約出来た後、無派遣工事だった場合には ドコモ光で インターネットが利用可能になる日「開通日」が決定します。 そして、 「開通日」の前日までに「ONU(光回線終端装置)」や「モデム」と呼ばれる 機器が1台だけ郵送されてきます。 「ONUとかモデムとか言われても解らない!」そんな人は以下のイラストのような機器が送られてくると思っていてください。 簡単に説明すれば 「NTTのロゴ」が付いている機器が郵送されてくると思っていてください。 ドコモ光が無派遣工事だった場合には、開通日の前日までに1台のNTTログ付きの機器が郵送されてくるんですね。 Step2、開通日前日までにONUを設置しておく ドコモ光の開通日の 前日までに郵送されてきた機器(ONUやモデムなど)を 設置する必要があります。 例えば、ドコモ光の開通日が「1月15日」に決定した場合「1月14日」までに設置しておきます。 設置と言っても簡単です。 コンセントやケーブルを挿す NTTから郵送されてきたONUやモデムなどと呼ばれる機器に同梱されている電源ケーブルやLANケーブルを機器に差し込みます。 そして、電源コンセントや光コンセントなどの差込口に差しで電源を入れて起動すればまずは設定が終わりです。 開通日前日までに終えて開通日を待ちましょう。 ドコモ光の新規契約で無派遣工事の場合は郵送されてきた機器を開通日までに自分で設置するんですね。 Step3、開通日に接続設定を行う ドコモ光の無派遣工事の開通日は午後には終了している場合が多いです。 開通日には前日までに設置したONUやモデムと呼ばれる 機器とパソコンを接続します。 そして、プロバイダから郵送されてきた書類を確認しながら パソコンで初期設定を行います。 パソコンで初期設定を行う この初期設定はプロバイダに「インターネットに接続してね」とプロバイダから発行された、あなただけのIPとパスワードを入力します。 これでドコモ光はインターネットに接続出来るようになります。 ただ、今のご時世パソコンを持っていない人もいますよね。 基本的にドコモ光の初期設定はパソコンで行いますが、パソコンを持っていない人はある方法でスマホでも設定可能です。 スマホによるドコモ光の初期設定方法は以下の関連記事に詳しく記載しています。 まとめ この記事ではドコモ光の開通工事が無派遣工事となる場合などについてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。 フレッツ光からドコモ光へ転用する人はフレッツ光で利用している光回線をそのまま利用するので無派遣工事になります。 また、以前住んでいた人がドコモ光でも利用可能な回線を残置している場合にも無派遣工事となります。 ただ、無派遣工事になる可能性は低いので、工事業者が派遣され開通工事が必ず行われると思っていたい方がいいでしょう。 ドコモ光が無派遣工事になったとしても工事料金は2,000円程必要となります。 無派遣工事では工事業者が来ないので、ONUなどの機器設置や設定を開通日前日までに自分で行う必要があります。 初心者の人には自分で設置も設定もしなくてはならないので不安かもしれませんが、ドコモ光やプロバイダへ問い合わせすればオペレーターが対応してくれるので安心です。

次の

ドコモ光の無派遣工事って何?できない理由や工事手順は?

ドコモ光 派遣

ドコモ光の工事費 住んでいる建物によってはドコモ光の開通工事を行う必要があり、作業を行う場合は立ち合いと費用が発生します。 ドコモ光の初期費用は工事費にプラスで契約事務手数料3,240円(税込み)が発生するので覚えておきましょう。 また派遣工事のみ工事費を下記の表のように分割払いをすることもできるので、一括で支払うことが難しい人におすすめです。 戸建て マンション 12回 1,620円 1,350円 24回 810円 675円 36回 540円 450円 48回 405円 337円 60回 324円 270円 分割払いを選んだとしてもあとでドコモショップに行けば一括で支払うこともできるので、迷ったらとりあえず分割にしておくのもアリです。 2020年7月は工事費無料キャンペーン中! 工事費無料キャンペーン中に申し込むと工事費が無料になります。 派遣工事、無派遣工事、関係なく無料になるので申し込み者が増えるため、工事日がとりづらくなるので空いている日はすぐに押さえておきましょう。 開催時期は事前にドコモの公式サイトで告知されているケースがありますが、基本的にはランダムでいつ終わるのかはわかりません。 申し込みは7月31日までに完了させましょう! 体験談!ドコモ光の工事内容と工事完了までの流れ 引っ越しを機に、ドコモ光の申込みをして工事までやってみました。 ドコモ光を申し込んでから実際にネットが使えるようになるまでの過程を紹介したいと思います。 この段階で申し込めば工事日前までにWi-Fiルーターが届くので、作業が終わればすぐにWi-Fiが使えるようになるのでおすすめです。 ドコモ光の工事の内容 工事日当日に業者から10分後には家に到着すると連絡が入り、一名の作業員が家にきてくれました。 今回実施した作業内容は下記のようになっています。 光コンセントの位置の確認 2. 作業員がNTTのモデムと光コンセントを光ファイバーケーブルで接続 3. 作業員が持っているパソコンをモデムと接続し、ネットの接続テストを行う 4. ネットの接続が確認できるとサインを求められる 5. 作業員が「工事内容のお知らせ(お客様控え)」という書類を作成する 6. 作業員から注意事項を聞く 7. 工事完了 こちらが作業が完了したあとの写真で、この黒い箱みたいなやつがモデム、白い線が光ファイバーケーブル、黒い線はモデムの電源になります。 作業も全て作業員がやってくれ、10分程度で作業が終わり、最後に「工事内容のお知らせ(お客様控え)」にサインをすれば作業は完了。 詳しい内訳はドコモへ問い合わせをすれば教えてくれますが、今回は工事費無料キャンペーンを使ったので費用はかかりません。 あとはWi-Fiルーターの設定をすればすぐにネットが使えるようになります。 5分で終わったWi-fiルーター設定 Wi-fiルーターの設定について紹介します。 事前にWi-fiルーターのレンタルの申請をしていたので、工事日よりも前にルーターが到着していました。 ここまでの作業が完了したら、ネットワークIDとパスワードがルーターの裏面に記載されているので、スマホやパソコンからIDとパスワードを入力しましょう。 ここまでの作業も5分程度でできるので、初めてネットやWi-fiを使う人でも問題なく設定ができます。 90日以内にONUを接続しないと、ドコモ光の申込みがキャンセルされるので注意してください。 ドコモ光の申込み時に決めた切り替え日になると自動的に乗り換えが完了するので、ONUの接続や設定も必要ありません。 ただしドコモ光の工事費(16,200円~19,440円)が発生するので注意しましょう。 新築の場合は工事まで時間がかかる 新築の家で工事を申し込む場合は通常の申込みよりも1週間~1ヶ月程、時間がかかることがあります。 家を建てる場合は番地や枝番が追加されることがあり、新しい住所の登録作業に時間が掛かってしまうためです。 工事が遅くなればネットが使えるようになるまでに時間がかかるので、なるべく早めに申込みをするようにしましょう。 家を建築中でまだ住所が決まっていない場合でも、申し込みはできるのでドコモに相談してみてください。 ドコモ光の工事の立ち合いは代理人も可 土日に工事をすると追加料金として3,000円がかかるので、なるべく平日に工事をすることがおすすめです。 しかし、平日は忙しくて工事に立ち合う時間がない人は代理の人にお願いしてみましょう。 工事の立ち合いは代理の人でオッケーで、家族の人だけでなく知り合いの人でも頼むことができます。 下記へ連絡して代理の人が立ち合うことと、代理人の連絡先を伝えておけば工事をすすめることができるので、時間がない人は活用してみましょう。

次の