オルタナ ピラティス。 千葉県初となる女性専用マシンピラティススタジオ「OLUTANA pilates(オルタナ ピラティス)」が西船橋に誕生!

会社概要 — オルタナ: サステナブル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

オルタナ ピラティス

社名:株式会社 オルタナ 代表取締役社長: 森 摂 設立:2006年9月26日 資本金:2909万円 東京本社:〒153-0041 東京都目黒区駒場1-26-10 ドミナーレサクマtel: 03-6407-0266 関西支社:〒542-0081 大阪市中央区南船場4丁目10番5号南船場SOHOビル702 株式会社オルタナ北海道: 〒065-0023 札幌市東区北23条東7丁目3-3 お問い合わせ受け付け時間: 平日午前10時から午後6時まで お問い合わせメール info a alterna. 以下、弊社(東京本社)までお越しになる際に、「絶対に迷わない方法」です。 1)井の頭線で渋谷から2つ目(各駅停車)の「駒場東大前」で降ります。 進行方向一番後ろの階段を上ってください。 2)階段を上ると東口。 改札を出て、右側の階段を下ります。 3)そのまま線路沿いの道を突き当りまで150メートル直進して下さい。 4)突き当たり(左側に踏み切り)を右に曲がり、階段を下りて下さい。 5)そのまま真っ直ぐ150メートル行くと、右側に青木理髪室が見えてきます。 6)青木理髪室を過ぎて、最初の路地を右に曲がってください。 7)後はそのまま直進、突き当りがドミナーレサクマです。 入り口で「304号室」オルタナを呼び出して下さい。 ========== 社員・嘱託社員・スタッフ紹介 =========== 株式会社オルタナ代表取締役社長・「オルタナ」編集長:森 摂(もり・せつ)武蔵野大学大学院環境学研究科客員教授。 東京外国語大学スペイン語学科を卒業後、日本経済新聞社入社。 編集局流通経済部などを経て 1998年-2001年ロサンゼルス支局長。 2006年9月、株式会社オルタナを設立、現在に至る。 主な著書に『未来に選ばれる会社-CSRから始まるソーシャル・ブランディング』(学芸出版社、2015年)、『ブランドのDNA』(日経ビジネス、片平秀貴・元東京大学教授と共著、2005年)など。 CSR検定委員会委員。 一般社団法人CSR経営者フォーラム代表理事。 特定非営利活動法人在外ジャーナリスト協会理事長。 特定非営利活動法人「街角に音楽を」理事 取締役:葉坂 廣次(はざか・ひろつぐ)1975年、東北工業大学・工業意匠学科卒業。 デザイン事務所等を経て1978年に起業、1983年に株式会社オークジャパンを設立、現在に至る。 2013年、東日本大震災を契機に宮城大学大学院・事業構想学研究科に入学、プロジェクトデザインを学ぶ。 現在は海岸林再生や震災復興に関わる事業、経営革新等支援機関として新事業創出、異分野連携、農林水産業の6次産業化等を支援する活動をしている。 取締役(関西支社長):松永 健一(まつなが・けんいち) 株式会社オルタナ北海道 代表取締役:横山 光紀(よこやま・みつのり) 監査役:大塚 勝弘(おおつか・かつひろ)早稲田大学商学部を卒業後、日本電気株式会社を経て旧青山監査法人/プライスウォーターハウスに入所。 2001年、ファイブタランツ・コンサルティング株式会社を設立。 論説委員:原田 勝広(はらだ・かつひろ)1974年上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業後、日本経済新聞社入社。 社会部、国際部、サンパウロ支局、米州総局(ニューヨーク)などを経て明治学院大学教授。 2018年6月から現職。 日本に帰国後の2007年10月、株式会社オルタナ入社。 2011年~副編集長。 編集部・オルタナS編集長:池田 真隆(いけだ・まさたか)2011年立教大学文学部卒業後、株式会社オルタナ入社。 大学在籍時からオルタナ編集部オルタナS担当、2011年オルタナS副編集長、2017年、オルタナS編集長に就任、現在に至る。 編集部:堀 理雄(ほり・みちお) 経営企画室:松前 ひかり(まつまえ・ひかり) 経営企画室:池田 理恵(いけだ・りえ) 編集委員:栗岡 理子(くりおか・りこ) 新潟県生まれ。 貿易会社勤務を経て、1980年代半ば頃からごみ問題を扱う市民団体等で活動。 子育て一段落後、エコロジカル・フットプリントやデポジット制度を研究するため、同志社大学経済学研究科修士課程に進学。 2018年3月法政大学経済学研究科博士課程修了(専門は環境経済学)。 著書:『散乱ペットボトルのツケは誰が払うのか』2012年(合同出版)。 共著:『だれでもできるデポジット』2000年(合同出版)ほか CSR検定委員長 鈴木 均 すずき・ひとし、元NEC、元国際社会経済研究所社長) CSR検定委員会顧問 影山摩子弥(かげやま・まこや、横浜市立大学教授) CSR検定委員 關 正雄(せき・まさお、明治大学特任教授)、 CSR検定委員 川村 雅彦 かわむら・まさひこ) CSR検定委員 諸見 昭(もろみ・あきら) CSR検定委員 町井則雄(まちい・のりお、株式会社シンカ代表取締役) CSR検定委員 赤羽真紀子(あかばね・まきこ、CSRアジア東京事務所長) CSR検定委員 森 摂(株式会社オルタナ代表取締役) CSR検定サポート事務局長:諸見 昭(もろみ・あきら、元JETRO) CSR検定サポート事務局:大島 浩司(おおしま・こうじ、元ソニー) SR検定サポート事務局:土屋 悦則(つちや・えつのり、元日経BP社) CSR検定サポート事務局:橋上 恵美子(はしがみ・えみこ) 編集委員:高馬卓史(こうま・たかし) 編集委員:岩下 慶一(いわした・けいいち) 編集委員:谷崎 テトラ(たにざき・てとら) 編集委員:関口 威人(せきぐち・たけと) 共同創業者・顧問:新樂 智夫(にいら・ともお)オフィス アコール代表。 NPO法人日本フットサル振興会(通称:K9プロジェクト)理事。 NPO法人環境まちづくりネットワーク会員。 プリコープ株式会社顧問。 1955年東京生れ。 獨協大卒。 78年、株式会社東急ハンズ入社。 88年、株式会社ワットマン入社、社長室室長などを歴任。 2002年、オフィスアコール設立。 ジオ・アカマツで商業施設コンサルティングを担当。 2006年9月、株式会社オルタナを設立、代表・発行人に就任。 2009年、オフィス アコールの活動再開。 現場・実務主義での「次世代のために、如何に環境と共生し、環境を蘇生するか」と言う視点でサステナブル・コミュニケーション・デザイナーとして活動を開始。 デザイナー:安保 瑞枝 ウェブマスター:古屋 了奨.

次の

女性専用・暗闇バイクエクササイズが、津田沼エリアに新登場!|株式会社フィットベイトのプレスリリース

オルタナ ピラティス

弊社オルタナへの抗議文に対する回答書 株式会社TBM 代表取締役CEO 山崎 敦義殿 2020年4月27日 株式会社TBM(以下、貴社)からの2020年4月20日付け抗議文は4月26日時点では受け取っておりませんが、貴社ホームページで弊社宛の抗議文を確認しましたので、下記の通り、回答します。 【貴社からの抗議文抜粋】 株式会社TBMは、株式会社オルタナに対して、オルタナの管理する web サイト「サステナブル・ビジネス・マガジ ンOnlineオルタナ」において掲載されている次の記事(以下、総称して「本件記事」といいます。 )について、以下のとおり厳重に抗議するとともに、本件記事の即時削除及び訂正 記事の掲載を要求する旨通知いたします。 2 本件記事掲載後の貴社の行動はメディアとして許容される限度を逸脱していること 本件記事掲載後、株式会社オルタナの代表者である森摂氏(以下、「森氏」といいます。 )及び貴社は、当社の顧客や関係者に対して常軌を逸した接触を繰り返しています。 顧客や関係者のTwitterアカウントに本件記事を引用したうえで大量(本日時点:70件以上) にリプライしたり、多くの顧客に対して、LIMEX 製品の使用が行政処分の対象になり得ることを前提とした書面を送付する等、当社の顧客や関係者に対して当社製品の使用があたかも法令違反に該当するかのような、事実に反する主張を、貴社及び森氏個人が自ら拡散しています。 かかる拡散行為はメディアとして許容される限度を著しく逸脱するものであって、貴社及び森氏の行為は、当社に対する業務妨害等の不法行為を形成するものと言わざるを得ません。 そこで当社は、貴社に対して、本件記事に関して即時削除、正しい内容の訂正記事の掲載を求めるとともに、貴社が第三者機関に依頼した検査結果資料の開示を要求致します。 万が一にも、本書到達後一週間以内に本件記事の全ての削除、訂正記事の掲載及び上記の資料開示がなされなかった場合には、貴社及び森氏に対し、やむを得ずあらゆる法的手段を講ずる予定であるとともに、本件記事のごとく客観的事実に基づかない記事を掲載し、かつ、常軌を逸した態様で本件記事の拡散・流布を図り、当社の信用や名誉を毀損しようとしている背景について、当社としては、徹底的に追及していく覚悟であることを、付言致します。 【株式会社オルタナからのご回答】 ページ: 1.

次の

石灰石ペーパーLIMEXが「容リ法ただ乗り」の疑い — オルタナ: サステナブル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

オルタナ ピラティス

当社のこだわり:みんなが幸福感を得られる場を 当社の理念は「本来あるよさに目を向け尊重すること」。 ヨガ、ピラティス、ビューティ・ペルヴィス 骨盤調整 の3プログラムを柱にクラスを全国で展開する「スタジオ・ヨギー」、その3つの柱を中心として学びをより深めることや、インストラクター養成などを目的とした講座を開発、実施する「ヨギー・インスティテュート」、ウエアなどの商品の開発・販売を通じてライフスタイル提案を行う「スタイル・ヨギー」などの事業を、質にこだわり展開しています。 これらの事業を通じて理念を広めていくことで、多くの人がそれぞれの幸せを見つけられるお手伝いをしたい、平和で豊かな社会創りに貢献したいと思っています。 私たちスタッフやインストラクター自身も、日々「楽しく、まじめに」事業に取り組みチャレンジし続けます。 そして、会社や自身の成長を一歩ずつでも実感でき、みんなが幸福感を得られる場(会社)でありたいと思っています。 経営の志:理念を共有して業績を改善 当社は2014年に設立10周年を迎えました。 設立2年目で全国13店舗とスタジオ数を増やすなどした結果、規模の拡大のみを急いでしまった反動で、インストラクター、スタッフがそれぞれにヨギーへの愛情を持ちつつも目指す方向が別々という現象が起きました。 影響はめまぐるしい人の入れ替わりや業績に現れ、苦しい経営状況が続きました。 そういった反省もあり、設立5年目にみんなの想いを集約し、「本来あるよさに目を向け尊重すること」という理念を掲げました。 この理念を大切にして、みんなで共有することにより、個々の想いが同じ方向へ向かい、チームワークも良くなり、業績が改善しました。 今後も個々の想いとチームワークこそが当社利益の最大の源泉だと信じる経営を続けていきたいと思っています。 清水 圭・代表取締役社長 特筆すべきCSR活動:チャリティークラスなどを継続実施 日々行っている事業こそがCSR活動だと考えています。 利益を目的としない活動としては、お客さま、インストラクター、スタッフが行う社会支援活動をヨギーがサポートする「we-are-oneプロジェクト」があります。 東日本大震災の復興支援活動を機に始まり、活動資金を募るweare-oneチャリティークラスの実施などをしています。 また、医療、福祉、教育の場などを中心に、スタジオに来ることができない方へヨガなどのプログラムを現地で提供する「ハートプロジェクト」にも常時取り組んでいます。 店頭で販売しているミネラルウオーターの売り上げの10%を環境保護団体へ寄付する「水から未来につなげようキャンペーン」や、乳がん検診の受診を推進するピンクリボン運動に関するチャリティークラスの実施や、その関連商品の売り上げの一部を日本対がん協会ほほえみ基金へ寄付する「ハッピーウーマンプロジェクト」などの活動を定期的に行っています。 経営者・個人として思うこと:200年先まで理念を ヨガは古代インドで発祥し数千年の歴史があります。 しかしヨガスタジオという業態の歴史はとても浅く、当社もこの業態が国内ではまだ数えられるほどだった約10年前に、「スタジオ・ヨギー」1号店を出店しました。 ヨガを現代人のライフスタイルに取り入れやすい形で広めつつ、お客さまのココロとカラダの健康へ貢献することや、より多くの人がヨガインストラクターを職業として人生を送ることができるような仕組みづくりなどを通じて、社会性、経済性をもった持続可能性が高い事業にしていくことは、意義深さが感じられ、とてもやりがいのあるチャレンジです。 私はヨガを指導するインストラクターではありませんが、大学在学中に企画をメインとした広告代理店を友人と起業し、時に失敗しつつ未熟ながら経営を続けてきました。 自分が良いと思ったものや考え方を世の中に広めることを職業としてきた経験を、このチャレンジに活かせることに喜びを感じています。 そして、過去、現在、未来のお客さま、インストラクター、スタッフの想いがつながり、100年、200年先も、事業などの形は変化しても当社理念が引き継がれていく、と心からそう思える仲間に囲まれていることは私の幸福です。 理想の社員像:みんなと「楽しくまじめに」働ける人 社内では日々の働き方のテーマとして、「自立」「感謝」「楽しむ」「成長」「つながる」「感じる」という6個の言葉を共有しています。 自己実現の方向と当社の理念が合致し、自ら考え仕事に取り組むことが喜びだと思える方が良いです。 かつ、まわりの仲間に感謝し、コミュニケーションを大切にすることも求められます。 日々の積み重ねを大切にして、 みんなと「楽しく、まじめに」仕事に取り組むことができる方が理想です。

次の