胡蝶 蘭 植え 替え 時期。 胡蝶蘭の植え替えについて

胡蝶蘭の育て方|植え替えは必要?水やりや肥料、手入れの方法は?

胡蝶 蘭 植え 替え 時期

肥料とは植物の成長をサポートする栄養剤です。 胡蝶蘭を育てる上で、肥料は何をいつ与えればようのでしょうか。 そもそも胡蝶蘭には肥料は必要なのでしょうか。 水のやり方は聞いたことがあっても、肥料の与え方は聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、胡蝶蘭の肥料の与え方と注意点について紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 胡蝶蘭に肥料は必要なのか 適切な時期に、ほどよい量の肥料を与えることは、胡蝶蘭の株を成長させます。 成長期に肥料を与えることで、葉を十分に大きく成長させ充実した株に育ちます。 そこでどんどん成長させたいと思い、常にたくさんの肥料を与えてしまってはいけません。 与える時期を間違えると、根を腐らせてしまう原因となるからです。 このことからも分かる通り、胡蝶蘭の肥料というのは、弱っている株を元気にするためのものではありません。 元気な株の成長を助けるために与えるものなのです。 弱っている胡蝶蘭に肥料を与えてしまうと、余計に弱らせてしまう可能性もありますので、気をつけましょう。 また、購入したばかりの胡蝶蘭は、農園で元気に育てられていますので、1~2年間は肥料を与える必要はありません。 水に含まれる栄養で十分育ちます。 胡蝶蘭に肥料を与える時期 だいたい春から秋にかけて、胡蝶蘭の株を見て肥料を与えるかどうかを判断します。 新しい根がしっかり伸びている状態であれば肥料を与えて大丈夫です。 これは寒い冬をどういう環境で乗り越えてきたかによって、胡蝶蘭の生育状況が変わってきます。 たとえ5月になっても新しい根がまだでしたら、成長するまで肥料を与えるのは待ちましょう。 冬の寒い時期は、胡蝶蘭の株が弱っている季節なので、肥料は与えないようにしましょう。 開花中(花が咲いている時)も肥料を与える必要はありません。 胡蝶蘭の肥料の種類 胡蝶蘭の肥料を選ぶ際は、洋ラン用の肥料を使用してください。 各社 が販売されています。 胡蝶蘭の肥料の与え方 液体肥料は原液か粉末肥料を水に溶かして使うのが一般的です。 原液でも粉末状のものでも規定倍率の水に溶かします。 しかし、肥料の与え過ぎは根腐れなどの原因を引き起こしてしまうので、その倍の量の水に薄めたものを与える方が安全です。 水を倍量入れて、薄めたものを与えてください。 固形型の置き肥には、緩効性のものを与えます。 緩効性とは与えた時からゆっくり効果が出てくるものです。 間違えて、速効性のものを与えてしまうと障害を起こす可能性があるので気をつけましょう。 また固形の肥料の場合は注意も必要です。 梅雨の時期など、鉢の中が乾燥しにくい状態が続く場合は、水やり回数が減ってしまいます。 そうすると固形のまま肥料が鉢の上に残ってしまいますので、濃い状態の肥料が根を傷つけてしまう可能性があります。 このようにして肥料を与えることが水やりの代わりになりますので、肥料を与える場合には水やりは必要なくなります。 肥料も水やり同様、鉢内が乾燥し植え込み資材が乾燥したら与えてください。 だいたい1週間に1回程度です。 ( なども紹介していますので参考にしてみてください。 ) いかがでしたでしょうか。 今回は、胡蝶蘭の肥料の与え方について紹介しました。 肥料で大事なのは、与える時期を間違えないことと、そして与える時期でも通常より薄めにしてあげることです。 そして、肥料は気温が暖かくなってきてから与えることで、株の成長を促し栄養分を補うことができるものです。 弱っている株を復活させるためのものではなく、成長の手助けをしてあげるものです。 胡蝶蘭も人と同じです。 人も弱っている時には安静にそっと休むことが大切で、元気に成長している時には焼肉で栄養をつけます。 弱っているから栄養を与えようと、病人に無理やり焼肉を食べさせるようなことはしませんよね。 そんなことしたら、より体が消耗してしまいます。 このような認識でいれば、肥料が必要な株かどうかも判断ができるかもしれません。

次の

【実は長寿!?】胡蝶蘭の寿命|たったこれだけで花持ちが劇的によくなる!

胡蝶 蘭 植え 替え 時期

フィリピン、台湾、パプアニューギニアなどの赤道に近い暖かい地域が原産地の胡蝶蘭。 日本に伝えられてきたのは、明治時代と言われています。 開店や開業の際に、店舗の入口にずらっと並べられた胡蝶蘭を見たことがある方も多いのではないでしょうか? お祝いごとで胡蝶蘭が送られるのは、「 幸福が飛んでくる」という花言葉や鉢植えで栽培されることから「 根がつく」というポジティブなイメージを想像させる理由があるからです。 華やかで高価なイメージが浸透している胡蝶蘭ですが、 お祝いやプレゼント以外にも自分で栽培や管理ができる楽しい花です。 上手に育てていけば、その寿命は50年とも言われています。 今回は、 胡蝶蘭の育て方についてご紹介します。 胡蝶蘭の育成条件• 日当たり:日なた(直射日光は厳禁)• 用途:鉢植え・切花• 花色: 黄色系、白系、ピンク系、紫系、青系• 大きさ:大輪・中輪・小輪 スポンサーリンク 胡蝶蘭は種から植えられる? ガーデニング初心者の場合、 種から育てることは困難ですので苗の購入をおすすめします。 というのも、市場には胡蝶蘭の種はほとんど出回っていません。 また種から育てるには、専門業者が行うとても難易度の高い技術が必要です。 苗であれば数千円で様々な種類が販売されているので、 店頭やネットで苗を購入するところからスタートしましょう。 胡蝶蘭の種類 胡蝶蘭は 大きさによって3種類に分けられます。 大輪 【胡蝶蘭 大輪】 花の大きさが11~15㎝以上あります。 華やかで豪華な雰囲気が特徴です。 開店祝いなどの祝いごとの贈答用として多く利用されています。 中輪(ミディ) 【胡蝶蘭 中輪】 花の大きさが3~6㎝くらいのものを指します。 育てやすく、身内や友人へのプレゼントとして気軽に利用できる大きさです。 小輪(ミニ) 【胡蝶蘭 小輪】 花の大きさは2~4㎝くらいです。 自宅で気軽に飾って楽しむことができる大きさです。 大きさで分けると既述の通り3種類ですが、この種類にはそれぞれ 黄色系、白系、ピンク系、紫系、青系の花色に分けられます。 部屋の広さや雰囲気に合わせて、胡蝶蘭の大きさや沢山ある色のなかから好きな品種を選びましょう。 胡蝶蘭の株の選び方 株を実際見ることができる場合は、以下のような点に注意して選びましょう。 幹となる部分が太くしっかりとしていること• 葉の数が多いこと• 根がしっかりと張っていること スポンサーリンク 胡蝶蘭の置き場所 通年にわたって室内管理、 レース越しに程良く日光があたる明るい部屋がベストです。 直射日光は葉焼けの原因になるので避けましょう。 また、エアコンや扇風機の直風、窓から吹き込む風にも当たらないように注意しましょう。 胡蝶蘭の水やり 水やりは胡蝶蘭の栽培において難易度が高く、重要なポイントです。 頻度は、胡蝶蘭の大きさ、置き場所の環境によって異なるため一概には言うことができません。 植え込みの表面が乾燥している状態を確認してから、充分に水やりを行ってください。 その際受け皿に貯まった水は必ず捨てましょう。 水のあげすぎや鉢の中に水分が多く溜まっている状態は根腐れの原因になりますので、水やりの後はしっかり乾燥させることも大切です。 胡蝶蘭は 多湿も嫌いますが、乾燥も嫌います。 冬期の室内、暖かい気候でも湿度が低い環境にある場合は、水やり以外にも霧吹きで水分を与えましょう。 胡蝶蘭の様子や植え込みの状態、周りの環境を考えながら水やりを行うことが大切です。 胡蝶蘭の肥料 【ハイポネックス ハイグレード 開花促進】 肥料を与えることにより、 花持ちが長くなる・管理がしやすくなる効果があります。 胡蝶蘭には液体肥料や緩効性化成肥料を使用することができます。 また、洋ラン用の肥料でも可能です。 肥料のやりすぎは胡蝶蘭を弱らせる原因になるので、使用量をきちんと守って与えましょう。 胡蝶蘭がなりやすい病害虫 胡蝶蘭は水苔かバークを使用し、土を使わないため 病害虫の発生はそれほどありません。 ただし、 カイガラムシが発生した時は、ブラシなどを使用してこすり落とすようにしましょう。 駆除した後も、発生を抑制するために薬を使うと安心です。 胡蝶蘭の花が咲き終わったら 咲き終わったら花は処分 胡蝶蘭は根元から上 にむかって徐々に花が咲いていく特徴があります。 そのため、花が枯れていくのも根元からです。 萎れてしまった花は取り除いて処分しましょう。 もう一度花を咲かせたい時 胡蝶蘭は花を咲かせた後の管理方法によって もう一度花を咲かせることが可能です。 ただし品種によっては咲かない場合もあります。 管理方法の作業手順は以下の通りです。 少量のバークをポリポットへ入れ、固形の肥料(適量)をバークの上に置く• 肥料の上にさらに一握り分のバークを入れて、その上に胡蝶蘭を置く• 胡蝶蘭のまわりにバークを敷き詰め安定させる• 水苔の時と同様に、植え替え後1週間は水やり不要 水苔で栽培していた胡蝶蘭をバークに植え替えすることは可能です。 おわりに 胡蝶蘭の人気の理由には、見た目が豪華であること以外にも、香りが少なく花粉が散りにくいのでアレルギーの心配が少ないことがあげられます。 また、約1ヶ月という花の咲く期間が長いことも人気の理由のひとつです。 温度、日光、風通しの環境が整っている置き場所、水やりの頻度に栽培のポイントにおけば、それほど難しい植物ではありません。 まずは、小さくて育てやすい胡蝶蘭から挑戦してみませんか? お部屋のなかが優雅で豪華な雰囲気になりますよ。

次の

ミニ胡蝶蘭の植え替えは簡単!植え替えのプロセスを写真付きで解説します、の巻

胡蝶 蘭 植え 替え 時期

花が咲き終わった4月から6月の間で植え替えるといいそうです。 通気性の良い素焼きの鉢を用意します。 鉢から支柱を外し腐った根や水苔を取り除いて、前もって水を含ませておいた水苔をかぶ元にしっかりと巻き付けて丸い大きなおにぎりを作るように鉢に植えます。 水を浸透させるスペースを2㎝ぐらい開けてください。 植え替えた1~2か月は水やりを減らして、葉のつやがなくなりかけた所で水やりをしてください。 10~15日が目安で、それから2か月ぐらい後に新しい根が増えてきたら水やりを1~2日ほど早めるようにするといいそうです。 胡蝶蘭は寒さに弱いので植え替える時は地植えにするのは難しいそうなので必ず鉢植えにして下さい。 また根腐れしているかも?と思ったらすぐに植え替えして下さい。 育苗ポットに入っているものも植え替えしてあげてください。 春・・レースのカーテン越しに柔らかい日の光を当てて、温度は昼間は20度前後、夜は15度ぐらいに保って下さい。 梅雨の時期・・レースのカーテン越しに柔らかい日の光を当てて、温度は室温でいいです。 水やりは自然の雨に当ててあげるといいですよ。 夏・・直射日光を避けて、レースのカーテン越しに柔らかい日の光を当てて下さい。 室温でいいのですがこまめに換気をしてください。 水やりは室内なら2~3日に1回、屋外なら毎日あげて下さい。 秋・・レースのカーテン越しに柔らかい日の光を当てて下さい。 室温でいいですが、こまめに換気をしてください。 水やりは10日に1回を目安にたっぷりと与えてください。 風通しの良い所に置いてあげましょう。 冬・・レースのカーテン越しに柔らかい日の光を当てて下さい。 昼は窓辺に、夜は部屋の中央などに置いて段ボールや毛布をかけて保温して下さい。 水やりは4週間に1回くらいで、天気の良い暖かい午前中に少量のぬるま湯を与えてください。 水の与えすぎはよくないので気を付けて下さい。

次の