浄土宗 墓地。 興昭院 ─港区虎ノ門・浄土宗の寺院墓地─

太西山 正覚寺

浄土宗 墓地

墓地のご案内 安心の境内墓地 京都市南区の住宅街にある墓地ですが、明るく落ち着いておりますので、ゆっくりお参りしていただけます。 多くの方にご利用いただく為に、原則、一聖地ずつのご提供をいたしておりますが、その分、一聖地を広く確保いたしております。 ご希望の方はお問い合わせください。 お寺の敷地内(境内墓地)ですので、荒らされることもなく安心し てご利用いただけます。 枯れた花は、定期的に確認撤去をいたしますので、お墓をいつも綺 麗に保つことができます。 利用者の宗派は問いませんが、境内墓地の性質上、西蔵寺以外の僧 侶 が法要を勤める事はできませんのでご了承願います。 2m 600,000円 12,000円 41 2弱 2. 7m) 1,200,000円 18,000円 1 条件あり 2 3. 0m) 1,300,000円 18,000円 3 条件あり 3 4. 0m) 2,000,000円 20,000円 3 条件あり 4 6. 8m) 3,000,000円 20,000円 2 条件あり 西蔵寺取引石材店 …… ・ 無縁合祀墓 無縁になった場合でも、無縁合祀墓にて永代お守りさせていただきます。 無縁合祀墓は、お墓の入り口にありますので、皆さまにお参りしていただけます。 お墓を持たない方が直接無縁合祀墓をご利用することもできます。 一般境内墓地より無縁墓への移 動は原則無料です。 (一般墓地撤去は実費負担願います。 ) 納骨堂のご案内 ロッカー型の納骨堂です。 「お参りはしたいけれど、後を見る者もいないのでお墓は建てられない」といった方にお勧めです。 境内地内の建物の中ですので、安心してお参りすることができます。 個別に鍵が掛かりますのでご安心ください。 無縁になっても32年間(33回忌まで)はそのままお祀りいたします。 宗旨・宗派問いません。 西蔵寺以外の僧侶の方にお越しいただき、法要をしていただくことも可能です。 生前予約も受け付けております。 料金前納の方は、その時点で場所をお選びいただけます。 合祀納骨以後の御遺骨の返却はできませんので、ご了承願いま す。 使用権利料・・・納骨壇の使用権を得る為の料金です。 普通型で1霊分、大型で3霊分の永代納骨料を含んだ金 額です。 但し、大型納骨壇を総骨壷にてご利用の際は、2霊分といたします。 原則、無縁になっても三十三回忌(32年)までは納骨壇にてお祀りいたします。 三十三回忌を迎えた時に無縁の場合は、合祀納骨にてお祀りいたします。 有縁の場合は、合祀 と継続使用を選択していただけます。 継続の際は規定使用料が必要です。 使 用 料・・・年間納入の場合は、納骨壇を利用されている間、毎年4月にご請求いたします。 一括納入の場合は、使用開始時にお支払ください。 一括納入の場合は、途中で料金改定があっ ても追加請求はいたしません。 但し、三十三回忌以後の継続使用に関しては、別途請求いたし ます。 西蔵寺檀信徒(法要のお付き合いがある方)は使用料をいただきません。 新規も含む。 一時預かり・・・通常使用には一切関係ありません。 今後移動が決まっている方、もしくは納骨場所を決めかねている方で、その間、ご自宅にお祀 りすることができない御遺骨を一時的にお預かりするものです。 日割り計算はいたしかねます ので、ご了承願います。 原則10万円を前納いただき、契約解除の際に超過分を返金させていた だきます。

次の

お墓について

浄土宗 墓地

日当たり良好な墓地 墓所中央の新区画 インターロッキング式の墓地 山門 緑豊かな境内 客殿 専用駐車場 草木供養の碑 手水場 無量寺 むりょうじ について 港区芝にある西応寺の末寺で、組寺として法徳寺、行善寺、大吉寺、森巌寺、浄光寺があります。 創建年代は不明ですが、文政9年 1826 の『新編武蔵国風土記稿』に「開山光蓮社明誉寿広和尚、文禄3年 1594 8月18日示寂ス」と記録があるので、それより前と言われています。 開山の頃は僧の隠居所のようなところでしたが、品川の浜で漁師の網に揚げられ、用賀の住人高橋六右衛門直住が観音様のお告げにより当寺に納めたものと言い伝えられている十一面観音像を譲り受け、そちらを安置するようになってから「 用賀の観音様」として広く知れ渡り多くの人が訪れるようになりました。 観音像は12年に1回、午の年に御開帳が行われ、この他にもかつては「観音様の御巡行」「お十夜」などの観音にゆかりの行事が盛んに行われ、大変な賑わいを見せたと言います。 現在の観音堂は文政13年 天保元年、1830 の棟札があることから、建立年代はその前後とみられていますが、延宝4年 1678 の棟札も残されていることから、その草創は遅くとも江戸時代の前半期までさかのぼるものと考えられます。 用賀駅から徒歩4分にあり、 駐車場も完備しています。 墓地は日当たりがよく平坦でお墓参りがしやすくご年配の方も安心です。 緑豊かな境内には 樹齢約200年の銀杏の木があり、落ち着いた気持ちにさせてくれます。 用賀駅から徒歩4分• 良心的な年間管理費 希少• 駐車場完備• 日当たりの良い平坦な墓地• 緑豊かな境内• 樹齢約200年の銀杏の木• 「用賀の観音様」が安置 料金 永代使用料• 36㎡ :100万円• 45㎡ :120万円• 67㎡ :215万円• お問い合わせください。 年間管理費• 行事や法要の予定を確認の上で墓地のご案内をさせていただきますので、ご見学の際は事前に朋友までご連絡をお願いします。 お問い合わせ.

次の

浄土宗林宗院 墓地のご紹介

浄土宗 墓地

浄土宗七大本山とは 浄土宗では、 京都の「知恩院」が総本山(本山を統括する寺院)とされており、それに続く格式の高い寺院として、7つの大本山(七大本山)があります。 そして浄土宗七大本山は以下の寺院のことを指しています。 増上寺(東京都港区)• 光明寺(神奈川県鎌倉市)• 善光寺大本願(長野県長野市)• 金戒光明寺(京都市左京区)• 知恩寺(京都市左京区)• 浄苑華院(京都市上京区)• 善導寺(福岡県久留米市) 大本山・天照山蓮華院 光明寺(神奈川県鎌倉市) 天照山蓮華院 光明寺は浄土宗七大本山の一つで、御本尊は阿弥陀如来です。 鎌倉幕府の第4代執権北条経時の帰依を受けて浄土宗三祖然阿良忠上人が開山しました。 室町時代の後土御門天皇から、関東の念仏修行の根本道場として関東総本山の称号を受けました。 そして江戸時代には、徳川家康が僧侶を養成する機関として壇林を定め、光明寺を関東十八壇林の筆頭としたことから、末寺は62寺にもなり、全国から僧侶が集まったと言われています。 大本山 光明寺の見どころ 本堂の大殿は鎌倉最大ですが、山門も高さ20mと関東随一の大きさを誇ります。 庭園も有名で、一つは小堀遠州が作ったとされる蓮池を中心にした記主庭園、もう一つは枯山水の庭園「三尊五祖来迎之庭」で阿弥陀三尊と浄土教を説いた五大祖師を摸した石庭の自然との対比は見ものです。 また、弟子の良暁が1495年に勅許を受けて十夜法要を行い、以来毎年10月12日より15日までの4日間、500年以上に渡り盛大に十夜法要が行われています。 この法要は浄土宗寺院で広く行われています。 鎌倉の光明寺は桜の名所でもあり、3月には「観桜会」が催され、お寺の駐車場でフリーマーケットが開かれたり、茶席が設けられたりしています。 他にも、日向国延岡藩の領主である内藤家歴代藩主や正室の墓所にお参りできます。 御本尊「阿弥陀如来」、「如意輪観世音」、開山「記主禅師」などの御朱印があります。 《墓所案内》天照山蓮華院 光明寺 鎌倉の天照山蓮華院光明寺の中にある寺院墓地です。 過去の宗派は問われませんが、使用するためには浄土宗に帰依する必要があります。 JR鎌倉駅より徒歩20分と少々距離がありますが、大本山光明寺の自然を感じられる墓地です。 法要設備や駐車場もあります。 《墓所案内》塔頭 天照山千手院 光明寺の学生寮があった場所に建てられた寺院墓地で、JR鎌倉駅より徒歩20分、大本山光明寺の山門の北側にあります。 会食施設、法要施設、休憩所が整備されています。 松尾芭蕉の句碑が建っており、光明寺の歴史的を感じられます。 大本山・紫雲山 くろ谷 金戒光明寺(京都市左京区) 金戒光明寺は、浄土宗最初の寺院で、浄土宗七大本山の一つです。 15歳で比叡山に登られた法然上人が、修行を終えて山頂で念仏を唱えた時に紫雲がみなぎり光明があたりを照らしたことから、この地に草庵を結び、浄土宗最初の寺院となりました。 この草庵は後に紫雲山光明寺と呼ばれるようになります。 また、南北朝時代の後光厳天皇に戒を授け際に金戒の二字をいただいたことから、金戒光明寺と呼ばれるようになります。 大本山 金戒光明寺の見どころ 境内には、山門、阿弥陀堂、本堂など18にもなる塔頭寺院が並び、彼岸の中日の頃には沈む夕陽を拝める京都盆地唯一の場所で知られています。 御影堂には、法然上人75歳の御影と中山文殊と吉備観音が安置されています。 江戸時代末期に建立された山門には釈迦三尊像と十六羅漢像が安置され、楼上からは市内を一望できます。 三重塔の本尊である文殊菩薩と脇侍の尊像は、運慶作と伝えられていて重要文化財に指定されており、見どころの一つとなっています。 庭園は、白砂と杉苔の枯山水庭園「紫雲の庭」と、紅葉と池が調和した回遊式庭園です。 紅葉の時期には御影堂、庭園、山門などが拝観できる特別公開が行われ、夜間背景で見られる紅葉と庭園の美しさが目を楽しませてくれます。 法然上人御廟所には法然の遺骨が祀られています。 また、幕末には會津藩主松平容保が京都守護職に任命され、ここに本陣が置かれて1,000人が常駐したという歴史もあり、新撰組発祥の地としても有名です。 また、「アフロ大仏」として有名な五劫思惟阿弥陀の御朱印は、旅の思い出としてぜひもらっておきたいところです。 《墓所案内》くろ谷 金戒光明寺「紫雲墓地」 借景として東山連峰を望む優美な墓地で、京都の風情ある自然に囲まれています。 バリアフリーなので、足が悪い方でも問題ありません。 他にも会食施設、法要施設・多目的ホール、駐車場を備えています。 宗教・宗派不問。 京阪丸太町駅から市バスで岡崎神社前下車、徒歩約5分。 車の場合は京都南ICより35分で到着します。 その他、冥加料30万円がかかります。 お申し込みの前に檀那寺に相談が必要です。 西山浄土宗総本山 光明寺(京都府長岡京市) 法然上人が、43歳の時、立教開宗された地に建てられた寺院です。 1185年に源氏の熊谷次郎直実が罪業を償いたいと法然上人を訪ね、「罪が深くても念仏を申せば必ず救われる」と教えられたことから直ちに剃髪し法力房蓮生と名づけられました。 1198年に粟生広谷に寺を建て、法然上人によって念仏三昧院と名づけられたのが、こちらの光明寺の始まりです。 1227年に叡山の衆徒が法然上人の墳墓を暴こうとしたので、弟子たちが遺骸の石棺を太秦に移すと、棺から数条の光明が放たれ、南西の粟生野を照らしたことから遺骸を粟生野の地で荼毘に付し御廟堂を建てました。 これ以後、念仏三昧院は光明寺と呼ばれることになりました。 西山浄土宗総本山 光明寺の見どころ 境内は約1万8,000坪と広大で、33棟の建物があります。 法然上人が初めて教えを説かれた場所には「浄土門根元地」の石碑が建っており、熊谷連生法師の故事を記念した「東行逆馬の碑」からは武士らしさを感じます。 光明寺の中心となる御影堂の「法然上人御自作の張子の御影」は、一度お参りに足を運んでおきたい場所です。 京都の紅葉の名所には、大宰府に流された菅原道真を祀る北野天満宮、京都三大門で有名な二王門のある仁和寺、瑠璃の庭で知られる瑠璃光院などたくさんありますが、光明寺は約500本の楓が参道の両側に植えられた「もみじ参道」が有名で、「紅葉の特別入山」もあり、季節の情緒を楽しめる寺院でもあります。 《墓所案内》西山浄土宗総本山 光明寺 総本山光明寺の豊かな自然に囲まれた静閑な寺院墓地です。 駐車場がないため、車で行く場合はJR長岡京駅前駐車場を利用し、パークアンドライドでアクセスできます。 徒歩の方は、阪急長岡天神駅からバスで旭が丘ホーム前で下車すると光明寺が見えます。 30万円で永代納骨供養合祀墓を利用でき、遺骨の一部(分骨)を法然上人のお墓 御本廟 の隣にある納骨堂に納めてもらえます。 まとめ 大本山光明寺、大本山くろ谷金戒光明寺、西山浄土宗総本山光明寺ともに、浄土宗の宗祖・法然上人とゆかりの深い、格式ある寺院です。 鎌倉、京都、長岡京など自然と歴史を楽しめる閑静な地に足を運び、情景と仏門の風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の