茨城 鑑定 団。 (茨城県)茨城鑑定団神栖店3

湾岸習志野店

茨城 鑑定 団

レビュー 茨城鑑定団神栖店・・・。 未だ千葉鑑定団グループの中にあっての唯一の茨城県でのお宝ショップであり、都内を基点として現地へ向かうには遠すぎる事もあり、今回もまたまた気合いを入れなおして?いざ、茨城県神栖市へ!。 今回で都合3回目のチェックなワケですが、ココがホントに関東地方?とも思わせてくれる程の 独特な風情を感じる水郷地帯。 特に私 omemoとしましては、東関東自動車道佐原ICから利根川を渡る下り坂の風景が気に入っています。 広大な 水郷地帯の平野を走って 神栖市内に入って行きますと、すこ~し見過ごしてしまいそうな感じですが、見えてきます! 茨城鑑定団神栖店の味のある看板が!。 万代書店系お宝ショップに感じる妖しさ・・・と言いますよりも、むしろ トラッド感を感じさせる独特なお店のカラーリングは、今回もほぼ変化なしです。 若干外観で変わった点と言えば、 正面右横の買取所周り。 近隣の名跡であるを意識した?と思われる 赤い鳥居を模したゲートには 「顧客満足 大買」の看板が。 鳥居にあやかって・・・?高額買取にも少し期待? 謎)。 ホント最近の お宝ショップのトレンド?とも言うべき 大きなオレンジゲートをくぐり、早速店内へ。 意外な新鮮さを感じる?上部の看板を見ながら進んで行きますと、とにかくモノで溢れかえる 茨城鑑定団神栖店のワールドが存分に広がっています。 トータル的には、今回も商品量、コーナーの造りこみも大満足なレベル。 ほど近いところにあるも意識してか?ショーケースの ミニカーディスプレイにも少なからず気合いを感じさせてくれますね。 迫り来る お宝アイテムの数々とコーナー間には、これでもか!とも言わんばかりの アオリチラシのラッシュ・・・。 小一時間も店内散策しておりますとアブない?多幸感にヤられていましそうです(爆)。 しかし、今回もやっぱり?とも言うべき残念な点は、その価格帯。 どのカテゴリーも、比較的に良質でレアモノ&キワモノもテンコ盛りと言ったところなんですが、とにかく価格がどれも高め・・・。 ここは、ゆっくり時間をかけて吟味の上、購入を検討したいところです。 茨城鑑定団神栖店。 以前として、地域独占状態! という事もあり、お宝アイテムは満載と言ったところです。 3回目のチェックでも、依然としてお宝アイテムが商品量&価格帯ともハイレベルな事もあり、次回チェックの時期は、非常に悩ましいところですね(汗)。

次の

茨城鑑定団

茨城 鑑定 団

レビュー 茨城鑑定団神栖店・・・。 茨城県神栖市にあります の中型お宝ショップです。 現在千葉鑑定団グループ唯一の千葉県以外でのお店、そしてブランド名も 「千葉鑑定団」 ではなく、 「茨城鑑定団」 を冠しています 2015. 11 現在。 長らく お宝ショップ空白地域でした、 鹿島潮来周辺地域。 数年前に新規オープンした際には、オドロキとともに、期待の大きかったこのお店に、久々にチェックに行かねば!と思い、暫く行けていませんでした 茨城県神栖市へ。 広い直線が続く、 国道129号線。 進んで行きますと、お店の独特な外観と看板、これが見えてきますので、迷わず 駐車場へ。 道路側の 大型看板は、2つともデザインがチェンジ。 スタイリッシュさの増したタイプへ。 とりわけ強調された、 24時間営業の表記。 駐車場は少し注意が必要・・・。 お店前がメインですが、屋上、そして正面右手に存在。 私 omemo的には、右手駐車場、または屋上駐車がオススメ。 お店前はとにかくお客さんの往来がひっきりなしで、要注意。 今回も安全重視?、いつもの 右横の駐車場へ車を停め、周囲をみっちりチェックへ。 外観詳細 現地入りしたのが、当日午後2時過ぎ。 せっかくの青空でしたが、逆光に 汗。 いろいろ場所を移動し、撮影にトライ。 基本的な 外観装飾、これは大きく変化は見られず。 外観中程の 看板のテーマ変更くらいかと。 正面左上部の3連看板も、大きな特徴のひとつ。 顔を覗かせている、美少女キャラのネーミングは? 謎。 屋上駐車場も今回はしっかり見ておきます。 広々開放的。 ここが一番停め易そうです。 お店上部のシンプルな スクエア看板も、真近で確認。 さりげない 縁取りに自己主張を感じます。 ここから北東方向を望みますと、を確認可能。 鹿島灘までも5~6Km、時間が許せば海のほか、へも・・・。 再びお店の正面へ。 迫力ある 何でも買います看板、そして オレンジゲート。 紛う事なき お宝ショップの重厚感!。 出入り口右手の買取処窓口は、 今回閉鎖を確認。 受け付けは店内入ってスグ右です。 鳥居のみが存在。 週末、そして 混み合う時間帯でしたので、周辺はとにかく賑やか。 周囲に気を付けつつ、いよいよ店内へ。 店内詳細 まずは 責任者さまへご挨拶。 ホントにひっきりナシ?出入り口周辺部では、落ち着いてお話し出来ずに店外へ。 お寒い中すみません 汗。 店外は 逆光!、 そしてお店の中は 来店客多数!と・・・なかなかの厳しい撮影条件の中・・・。 早速チェック開始。 茨城鑑定団神栖店 は、千葉鑑定団グループのお店らしい、各所濃密な造り、そして古きよきお宝ショップテイストをビンビン感じる店内でした。 買取処周辺、いわゆる店内手前の広めのエントランス部。 ここから全く容赦ナシ。 お宝ボルテージはMAX?。 左手には順に アミューズメント、工具、一般リサイクル、電化製品、釣り具、楽器等々・・・、各所融合具合がスゴい。 いにしえのお宝ショップでは当たり前だった、こんな光景。 何でもアリ感、これはやっぱり重要。 独立コーナーを見慣れてしまったせいか?今や 非常に新鮮。 それぞれの場所でのお宝探し気分は、他店と自ずと違ってきます。 買取処の左手、お店メイン売り場に進む前には トイレ、そして トレカコーナー。 トイレ前には、 お酒コーナーも。 トレカコーナーは、最奥部に専用カウンターが。 さながらミニショップの様相とも言えました。 ありそうでない造り。 ここを抜けますと、いよいよお店のメイン売り場が始まります。 手前周辺も、ツカミのアイテムが。 絶妙な散らされ具合。 しかし・・・、この先に進む前に触れて置かなければ断じてならない場所。 それは屋上からの連絡階段周辺。 屋上エントランス部から延々続く!、壁一面に存在する夥しい レトロゲームソフト。 これは壮観の一言。 ただそこにあるのは、ビッシリと並んだ レトロゲームソフトのみ。 余計な装飾がない点も、雑音なしでの圧倒的な迫力を感じます。 すっかり暖気はOK?進んだメイン売り場は、 フロア全体がパッと明るく全体として 活気溢れるムード。 右手から順に見て行く事に。 ざっくりと古着関連&ブランドコーナーより。 比較的に早くから 千葉鑑定団グループでは、力を入れていた ブランドコーナー。 茨城鑑定団神栖店でも重厚に展開。 こちらも以前より完成度の高さと良質アイテムの多さに注目していた、スニーカーコーナー。 じっくりチェック。 奥手に広がる 古着アパレルのメインコーナー。 目を引く 大型買取看板、バランスよく各アイテムを配置。 Gパン関連もサイズも含め、この潤沢さ。 アイテムの乱れもなく、目が行き届いています。 装飾やオブジェも、極力少なめ?。 全体として落ち着きあるコーナー周囲。 心地よい爽やかさも。 レディースコーナーも、この落ち着きぶり。 ありそうで無かった ハート型のプライスタグ。 これが素晴らしきアクセントに。 千葉鑑定団グループ特有の様相を魅せます、古本コーナー。 茨城鑑定団神栖店 も遙かにパワーアップした、この商品ボリューム。 セットコミックの山々は各所に築かれ、周囲の什器にもみっしり。 どれほどの コミックが、ここにあるのかと・・・?。 その向かいも、かなり強力!、 ホビーコーナーが総力をあげて展開中。 黄色い什器が・・・また、味わい深い。 ランダム具合も、また狙いすましたがごとく!?。 どんどん奥地へ進みたくなる衝動に駆られます。 これも時代の流れ? 美少女フィギュアコーナーは数あれど、ここ 茨城鑑定団神栖店には、 美男子フィギュアコーナー。 これが存在 驚。 プラモコーナーも、ボリュームはもちろん、周辺用品も広く、細かく取扱い。 近隣には知る人ぞ知るアノ場所!?、もあるせいか、 カーモデルも充実。 本来のお宝ショップらしい楽しみ?こういう無雑作感が素敵過ぎる一角も。 一心不乱にガサりたくなります。 続く ミリタリー&サバゲーコーナー、こちらも妖しい存在感がバツグン。 ブルーライトがミソ。 またここには、以前よりで気になっていました、 模造刀剣ショーケースも存在。 博物館所蔵を思わせる白布仕様。 キリっとアイテムが引き立ちます。 ゲームソフトコーナー。 先程の階段にかけての レトロソフトに続き、こちらは新しめメイン。 しかし、ハード関連は、この雑多感がまた格別?、アゲサゲ具合が実にウマイ。 こういうところに思わぬお宝が・・・。 ブルーライトが威力を発揮するコーナーが、この周辺に広く点在。 メディアコーナー、そして パチ&スロコーナー。 特に注目したいのが、このカテゴリー間のムード。 ここまでライトアップを多用しているお店も、なかなかありません。 パチ&スロコーナーも、全体がコレ!。 いかなる時間にプレイしても、変わらぬ DEEP&ムーディーさが?。 昨今、どの お宝ショップでも高確率で見かける ミニ四駆サーキットも、当然アリ。 潤沢な広さを誇っていました。 これもグループ共通?、ミネラルウォーターの販売、これも確認。 山積みでガッチリ。 メインレジ周りも イチオシ特価品関連等配置。 若干ですが、レジ位置が分かり辛かったので、大型店内マップ等設置に期待。 暫くぶりでした 千葉鑑定団グループのお宝ショップ。 飲み込まれる様な店内様相を存分に堪能完了!。

次の

茨城鑑定団神栖店

茨城 鑑定 団

茨城鑑定団神栖店 基本データー 基本データー 内容 店名 茨城鑑定団神栖店 住所 〒314-0144:茨城県神栖市大野原2-11-5 電話番号 0120-823-222 FAX番号 現在調査中。 営業時間 09:00~24:00 買取受付:~24:00 *新型コロナウィルス感染症拡大防止に伴い2020年04月19日より当面の間。 特定曜日等の特殊営業時間 - 店休日 年中無休。 Pスペース 100台程?。 アクセス 電車の場合:JR成田線 小見川駅より徒歩90分程。 車の場合:東関東自動車道 潮来ICより10分程。 公式ホームページ 公式ブログ 公式ツイッター 公式facebook 公式インスタグラム 公式LINE 公式メールマガジン - 公式ネットショップ - 買取情報 店頭チラシ、または公式ホームページを参照下さい。 ポイントカードの有無・またはその他のポイントシステム 現在調査中。 取扱い商品のお問い合わせ先の有無 電話の場合:0299-90-0221 返品・買取クレームに関するお問い合わせ先の有無 電話の場合:0299-90-0221 系列店 グループ店 の有無 トクジロー行徳店、トクジロー浦安店、ファミコン倶楽部市川店、ファミコン倶楽部中山店、浦安鑑定団、千葉鑑定団船橋店、千葉鑑定団八千代店、千葉鑑定団松戸店、千葉鑑定団千葉北店、千葉鑑定団中央店、千葉鑑定団湾岸習志野店、千葉鑑定団東金店、茨城鑑定団神栖店 2019年03月 現在。 ハシゴチェック可能なお宝ショップの 有無 - 備考 千葉鑑定団グループで唯一の茨城県展開のお宝ショップです。 乗換 茨城鑑定団神栖店の主な取扱いカテゴリー 茨城鑑定団神栖店の強めのカテゴリー 茨城鑑定団神栖店の簡易レビュー 茨城鑑定団神栖店のキャッチコピーは「神栖にそびえ建つ買取の城」。 近隣競合店が無い場所柄、思わぬお宝アイテムが集約してきそうな?あらぬ期待を覚えてしまう事、しきりです。 注意する点は、お店の前の道路街路樹の林立により、視認が優れずそこそこ近寄らないと、お店をうっかり素通りしてしまうという部分。 オフセットの「買います」看板を目安に!。 お店の中は、ほぼ千葉鑑定団グループのお宝ショップ特有の香ばしさと地域性が絶妙にMIXされた居心地のイイ様相。 取り扱いカテゴリー、商品ボリュームも文句なしのレベル。 とくに不備な点も見当たらず、明るくチェックに廻り易い各所。 随所にツボを得たツカミを用意しており、ライト系客層であるファミリー層から、コアなマニアまでと幅広く楽しめるお店になっていると思います。 茨城鑑定団神栖店の詳細レビューへのリンク チェック日:2008年08月 チェック日:2009年05月 チェック日:2011年02月 チェック日:2015年11月 【参照】:「万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ」 最終チェック期:2015年11月) 茨城鑑定団神栖店からハシゴチェックOK?なお宝ショップ 茨城鑑定団神栖店から至近距離でハシゴチェックが可能なお宝ショップはありません。 どうしても!という事でしたら、茨城県牛久市方面に向かうか、利根川を渡って千葉県成田市方面へ向かうか・・・この2通りになります。 茨城県牛久市方面コースとしましては、~~~ お宝鑑定館水戸店~と言った茨城県北上コース。 千葉県成田市方面の方ですと、~~、という千葉県南下コース。 お宝あっとマーケットTOYS@MARKET成田店までの移動所要時間は、東関東自動車道経由でおよそ40分ほど。 茨城鑑定団神栖店と近隣お宝ショップとの位置関係 地図.

次の