産後うつ 辛い。 実家に里帰りで産後うつになる!? 実母にかけがえのない応援団になってもらう方法とは?

(追記あり)妻が産後うつ 毎日辛い

産後うつ 辛い

産後うつ経験 まだ継続中 の 10カ月の娘を育児中です。 カウンセリングも行ってます 私は結婚当初から夫の両親と同居して生活しています。 幸いお舅さんもお姑さんは優しく産後うつになって精神的にボロボロの私を文句言わず支えてくれてます。 私のうつの原因はたぶん夫。 あと潔癖にもなりました。 夫の服などは触りたくもなぃ。 家の中でみんなが使うトイレや洗濯機やキッチンやお風呂場や洗面所できるなら使いたくないです…こう思うのもなぜか家の中だけです。 実家などでは何も気になりません うつの始めの時は娘を連れて実家に行ったり祖母の家に行ったりして辛い気持ちを和らげていたのですが最近は何かと夫の話をしてきて辛いので最近はあまり行ってません。 特に母は昔から人と比べて話をするのでそれが本当に辛いのです。 家庭内別居です。 ほんの少し気持ちが楽になりました。 娘と二人きりでずっと家にいると ストレス溜まりまくるので 親子で楽しめるイベントへ行ったり 児童館へ行ったり公園に行ったり よく行っているのは温泉です。 近所でも1番安いとこへ 娘が4ヶ月の頃から行ってます。 夜娘が寝たあといろいろ考えて治るのか心配だしこの先どうなるのか不安でいっぱい… ストレスも溜まりまくりです 一時保育も検討中です。 長々とすいません。 こんな意見で何か役に立てれば嬉しいです。 私もまだまだ産後うつは治る傾向はありませんが良い方向へ向かっていければ良いなぁ〜と思いながら毎日生活してます。 産後鬱経験者です。 何々しなきゃ!何々しなきゃ!って焦ってできない自分を責めて毎日死んでしまいたいと思っていました。 旦那の理解がゼロで実家の家族にも半分見捨てられたので産後3ヶ月で心療内科の門をくぐりました。 もう頼れる人もいないし、お金も勿体無いけど、頼るしかないと半信半疑で薬物療法とカウンセリングを受けました。 良くなったり悪くなったりして、少しずつ少しずつよくなりました。 1年前には断薬、現在はカウンセリングのみ続けています。 子供が一歳半の時に育児に限界を感じ育児放棄しました=保育園に預けました。 本来なら、病気を理由に預ける事もできたのですが、その時の私にはその知識はなく、働かなきゃ!!と体に鞭打って仕事に出ました。 結果、それが良かったみたいです。 仕事に慣れてきた昨年秋頃に劇的によくなってきました。 病院、薬、カウンセリング、仕事のおかげで産後うつを克服できた気がします。 娘も3歳になりました。 育てなくても育ってくれました。 やっと娘に対しても愛情が生まれてきたようです。 母性なんて生まれながらにしてもってないんです、子育てしながら育まれていくんです 育児はひとりでするものではないです、どうか抱え込まずに頼れる所を頼ってください。 お大事に。。。 失礼ですが現在パートナーは居らっしゃるのでしょうか? 具体的にどの様に辛いのかが解りませんが、私の妻の場合は夜泣きが酷かったのを覚えてます。 単に寝ないで泣くとか、寝てても泣いてばかりでと言う訳ではなく、背中をトントンと軽くリズミカルに叩いてあげてると寝てるんですが、止めると途端に泣き出すと言う時期が3カ月目辺りから2歳以近くまで続きましたね。 妻は専業で私は日勤だけですが、私に気を使って夜はずっとあやしてる日も多く、慢性的な寝不足で妻がイライラしてました。 幸い私は朝が早いのは余り苦にならないので、ある程度父親だけでも対処出来る、離乳食を始めた6ヶ月目辺りから、子供を車に乗せて早朝のドライブとかで週に2~3回位は3時間位連れ出しました。 (車に乗せてると良く寝てた子でしたので) 1時間位ドライブしてスーパー等の大きい駐車場に停めて、子供と車内で遊んだり(と言ってもチビは寝返りがせいぜいなので大した事は・・・)してから離乳食を食べさせ、食後にあやしてウトウトし出したら帰るって生活でした。 例え数時間程度でも子供と離れるだけで大分楽になったみたいです。 睡眠時間も短時間ですが、熟睡時間が有ると言うのが良かったみたいですね。 後は1歳越えた辺りからは、近くに私の祖母が居るのですけど、事情が合って私も3歳から祖母に育てて貰ったので60過ぎまで祖母は子育てしてた感じです。 また、当時祖母は78歳でしたが男勝りで50代まで工事現場の監督相当(土方作業もする)で、バリバリガテン系だった為に肉体年齢は50代。 当時はまだまだ現役だったので日曜は子供を預けて、半日位二人で子供の必要品や日用品等の買い物がゆっくり出来ました。 祖母も曾孫が可愛くて『今度の休みも来るんだろ?』と言ってくれてたので、結構言葉に甘えてました。

次の

産後うつを発症した時の対処法

産後うつ 辛い

ママは出産後、急激なホルモンバランスの変化によって、気分が落ち込むなど情緒が不安定になるマタニティー・ブルーズを経験する人が約8割。 それが2週間以上続く場合や、産後数週間後に生じた場合を産後うつと言い、ママの10人に1人が産後うつになっていると言われています。 ママの産後うつについてはいろいろな研究が行われてきていますが、パパにも産後うつがあるというイギリスでの研究結果が、2005年に社会科学系のトップジャーナルで報告されました。 そのころの日本では、父親の産後うつというのは、全く聞いたことがない話でした。 ただ、子育て中の知人に話を聞くと、パパの具合が悪くなった、パパが落ち込んでいるなどの話を立て続けに聞くことがありました。 さらに2010年にアメリカのトップジャーナルで世界中の先行研究の結果を統合・再解析した結果、妊娠期から産後1年までに父親の約1割が、メンタルリスクを抱えているという論文が発表され、これは日本でもテーマにしていく必要があると思いました。 父親の産後うつの研究結果を集めて2012年に小児保健関連の学術誌に論文を発表しましたが、全く反響がなかったというのが日本の実情です。 ただし、欧米のパパたちに産後うつがあって日本人のパパにはないのかというとそうではありません。 産後のママ向けに行う「エジンバラ産後うつ病質問票」という問診票がありますが、これを我々の研究チームや、国内の別の研究チームがパパ向けに行ったところ、約1割のパパが産後うつのリスクありと判定されていたということがわかりました。 産後のママの約1割が産後うつになっていますから、パパも同じ割合で産後うつになっているのです。 ママは出産によって大きなホルモン変化があり、気分の波や手助けが少ないなど周囲の環境などが引き金となって産後うつになると言われていますが、出産しないパパはなぜ、産後うつになってしまうのでしょうか。 その原因はいくつかありますが、経済的不安、労働環境、夫婦の不仲などがあげられます。 それら1つの原因ではなく複合的な影響によって、パパの産後うつが引き起こされます。 妻からの期待、やるべき仕事、やらなきゃいけないこと……。 短期的なことなら何とかなっても、育児は中長期戦。 たぶん10年以上前はパパへの要求度はさほど高くなかったので、パパ自身、そんなに追いつめられていなかったのではないかと思います。 パパの産後うつは新しい日本の問題とも言えるでしょう。 私自身も子育て中なので、特に乳幼児期は子育てが大変なことは理解していますし、パパも育児・家事にもっと関われる方が家族のあり方としても、子どもにもいい影響を与えると思います。 働き方改革も叫ばれてはいますが、日本の場合は通勤時間も長いのが現状。 子育ては家族がするものという意識がまだまだあり、子どもを預ける、家事を代行してもらうなどのファミリーサポートを受けにくい風土もあります。 また、ママが産後うつになると、パパが仕事をしながら、育児・家事とママのケアを一手に担うケースも出てきており、それによってパパが産後うつになるリスクが高まると言われています。 気分が落ち込み、気力や体力も減退してしまう中で家庭を回していかなくてはならないのはとても辛いもの。 子どもへの育ちにも影響が出てくるでしょう。 ママは母親学級や両親学級などで、妊娠期からの情報や「パパにも協力をしてもらいましょう」と啓発されます。 産後はメンタルヘルスを崩しやすいから気を付けるようにという啓発も進んできています。 ただし、それはママへの支援。 パパもメンタルヘルスを崩しやすいこと、子育てをスタートするに当たって、仕事量を調整することも考えていくべきなどのアドバイスはほとんどなく「ママや子どもにこうして接しよう」という情報提供ばかりがされているのが現実です。 立ち会い出産を希望するパパも増えています。 パパ自身が立ち会いたい場合はいいですが、パパによっては「血は苦手」「怖い」という考えを持つ人もいます。 もちろん、ママの方が大変で応援したいという気持ちはあっても、パパ自身の苦手意識や辛い気持ちも、考慮されていいのではないでしょうか。 気分のアップダウンありませんか? パパも自分を客観視チェックしてみましょう! 「産後うつセルフチェック」• 子育てや家事ができる時間を確保 ではパパが産後うつにならないためには、どうしたらいいのでしょうか。 まずは、長時間労働をやめること。 パパが育児・家事をしたくてもやる時間がとれない現状を改善することが急務です。 会社ではママパパ問わず子育て中の従業員に対して上司が働き方を配慮したり、そもそも育児や介護で時間制限がある従業員が負い目を感じないように、社会全体の働き方を見直すことも必要でしょう。 そして周囲の協力者を増やすこと。 パパ友、ママ友、または子どもがいないご近所の人たちとも相互扶助のネットワークを組み、一緒に子育てしていける環境を作っていきましょう。 もう一つ重要なのは、妊娠中から夫婦で相談することです。 ママや子どものケアはもちろんですが、パパ自身が自分の働き方や時間配分を考えてみること。 どんなに育児家事したいと思っていても、職場まで片道2時間かかるのに、帰宅後に家事・育児するなら睡眠時間を削らないとならなくなります。 祖父母やご近所、行政の子育て支援サービスも利用しながら、夫婦でこの大変な時期を一日、一日、協力して乗り越えていきましょう。 ママもパパも産後うつにならないに越したことはありません。 大変な時期ではありますが、産前・産後を上手に乗り越えてほしいと思います。 そのためにも、お互いに思いやりを持ち、より丁寧にコミュニケーションをとりましょう。 月並みですが、やはりこれがとても大切なことなのです。

次の

[体験談]産後うつ辛いワンオペ育児を救った夫の言葉とは

産後うつ 辛い

現在、2歳差小学生3人の子供を育てるすまいるです。 長女を出産後と長男を出産後に産後うつを2回経験しました。 産後うつとは、産後に発症するうつ病です。 人により、発症時期は異なるそうです. 私の場合は産後1~2か月は、まさに無我夢中で赤ちゃんの育児をしていて少し余裕が出てきた3か月目くらいからだったと思います。 理由がないのに不安感に襲われる• やる気が起きない• 疲れているのに眠れない• 気分が落ち込む• 気持ちを色で表すならグレー こんな症状が続き、辛いと感じるようになりました。 人によって症状が違うようです。 イライラする• 食欲が沸かない• 自分を責める、罪悪感を感じる• 理由がないのに泣きたくなる などの症状が出る方もいるそうです。 私が経験した症状の中で1番辛かったのが「理由がないのに不安感に襲われる」症状でした。 今日、明日何か予定があるわけでもなく、心配事があるわけでもないのになぜか不安になる症状が辛かったです。 私の場合は、辛いなと思う症状が続き、これは何だかおかしいなと気が付きました。 ママ自身が気が付かない場合もあるそうです。 どんな病院か、どんな先生がいるのか情報がないと不安なので私は病院の口コミを調べました。 調べてみると心療内科の口コミが予想以上にあり、〇〇先生がとても良いですなどのリアルな情報があったので病院選びにとても助かりました。 実際に心療内科に通ってみて私の場合 心療内科の病院は、初診でも予約制の病院もあるので電話で確認するとよいです。 実際に私の通った病院も、初診から予約が必要でした。 事前に、口コミを調べて行ったので少し不安が和らいだのを覚えています。 可能であれば、誰かに付き添ってもらうとよいです。 私は初診の時は、赤ちゃんの長女もいたので主人に付き添ってもらいその後は 赤ちゃんだった長女と、二人で病院へ通いました。 私の通った心療内科では、内科や他の科で書く問診表とは少し違い家族構成を細かく欄があり合わせて家族の病歴なども書く欄がありました。 それから医師との問診で、どんな症状が辛いかいつからかなど過去にそういう気持ちになったことがあるかなどの質問を受け、初診でしたが1時間以上医師とお話しをしました。 心療内科の診察では、「話したくないことは無理に話さなくていいですよ」と言われたのも、診察を受けていて気持ちが楽になりました。 医師に話したからといって、辛い産後うつの症状がぱっとなくなるわけではありません。 でも、やっぱり誰かに話をすると心の中にあった物を全部吐き出すようで、診察が終わった後、心がすっきりしました。 心療内科に勇気をって行けたことになぜか安心しました。 甲状腺の病気でも、気持ちが落ち込むなどの産後うつに似たような症状が出る場合があるそうです。 血液検査もしましたが異常はなく私は「産後うつ」と診断されました。 産後うつは病気です。 産後うつかな?いつまでこの症状は続くのか不安になったら助けを求めることや早めに病院を受診することは大切です。 こんなに辛い産後うつはいつまで?絶望な気持ちの中、医師に言われた言葉が励みに 「真面目に生きているからこそ、一生懸命生きているからこそ悩む」 これは、心療内科の医師に言われた言葉です。 産後うつになり自分に自信をなくしていました。 この医師からの言葉で「真面目の生きているからこそ、一生懸命生きているからこそ」私は悩んでいるんだと少し自分に自信を取り戻しました。 いつまでなの続くのかわからない産後うつの中でまた違う悩みが出てきました 産後うつは、病気です。 医師の判断により薬の服用が必要な場合もあります。 私は病院に行って薬を飲めばこのいつまで続くかわからない産後うつから抜け出せるんだ!と思っていました。 しかし、私の場合は薬を飲むには母乳をやめなければいけませんでした。 離乳食は始まっていたものの、少食だった長女に母乳をあげられなくなってしまうと悩みました。 産後うつがいつまで続くかわからない不安と赤ちゃんだった長女に母乳をあげられなくなる罪悪感にも襲われました。 母乳をやめて薬を飲むか悩んでいる間に数か月が経ってしまいました。 先生には「あなたは薬を飲まなくても良くなるような気がしますよ」 と言っていただき、その言葉がまた私の少しの自信へと変わり産後うつが いつまで続くのか不安はあったものの、結局は薬は飲みませんでした。 そしてその後、引っ越しをしてがらっと環境が変り初めは不安感はありました がそれから徐々に私の場合は自然と産後うつは落ち着きました。 いつまで続くかわからず辛かった産後うつが、落ち着いた時娘を出産して から1年が経っていました。 2人目の長男を出産後また産後うつに 2人目の長男を産んだ後にまた産後うつになってしまいました。 今度は、イライラの症状が酷かったです。 長女の時は、寝不足でも赤ちゃんの長女と昼寝をしたりも出来ましたが、子供が二人に増えて昼間に赤ちゃんの長男が寝ていても2歳の長女が起きていたりするので私は寝不足でも昼寝も出来ずイライラが増すばかりでした。 夜に寝ても赤ちゃんの長男に起こされて寝不足で、朝起きてもすごい疲労感、 朝からすごく疲れているのにまた1日が始まり夜まで眠れないかと思うと絶望感に襲われました。 イライラして当時2歳だった長女には優しくできず、イライラして優しく 出来ない自分に落ち込みまさに悪循環でした。 また、あのいつまで続くか わからない産後うつになってしまったのかと落ち込みました。 引っ越してしまって、前の心療内科には遠すぎて通えなかったのでまた口コミを調べて、その情報から心療内科を探して通うようになりました。 森田療法に出会う 2回目の産後うつになった時に通った心療内科は森田療法を推奨して いました。 森田療法は、森田正馬によって作られた神経症に対する精神療法です。 森田療法は「あるがまま」を大切にします。 例えば、イライラしていたら イライラしていることに目を向けるとさらに、イライラしてしまうという 時はありませんか? 人は今ある感情を排除しようとすればするほど苦しくなるそうです。 森田療法では、イライラした気持ちはあるがままに目を向けず他の作業に集中 することを努力します。 はじめは、私も心療内科の医師の話や本を読んでも森田療法がさっぱり何を言いたいのかわかりませんでした。 いつまで続くかわからない産後うつをどうにかしたくて病院に来ているのに辛い気持ちを「あるがまま」にするなんて理解が出来ませんでした。 人の気持ちの浮き沈みは自然な現象 森田療法を理解できない状態が続きながらも、病院には月2回ほど通い医師の 診察を受けていました。 その時に、人の気持ちの浮き沈みは誰にでも起こる自然な現象でその浮き沈みを私のように敏感に感じとる人もいれば、感情の浮き沈みに気が付かないくらい鈍感な人もいると医師がお話ししてくれました。 その話を聞いて、はっと気が付きました。 人の気持ちの浮き沈みは自然な現象なのに私は落ち込んだりせずにずっと楽しい気持ちでいたい!と思ってしまいその気持ちがさらに自分自身を苦しめていました。 イライラした時は、もうイライラをどうにかしたい!とジタバタしてイライラに目を向け、さらにイライラしてしまっていました。 それからは、気持ちが落ち込んだとしてもそれは人として自然な現象でまた 気持ちが自然と元気になれる時が来る!と流れに身を任せるようになり自分の 感情と付き合うのが少し楽になりました。 2人目でも産後うつになりいつまで続くんであろうかと不安になりましたが長女の時と同じように出産してから1年経った頃には、私の場合は落ち着いてきていました。 産後うつがいつまで続くか不安でいっぱいだったあの頃の私に今だから伝えられること 長女を出産して、産後うつになった時に私はとても物事に対して視野が狭くなっていたと思います。 さらに、母親ならもっとしっかりしなくてはいけないなどの思い込みも強くなかなか自分を許すことが出来なかったように思えます。 いつまで続くかわからない産後うつで不安な中、もっと自分を大切にする時間 やリラックス出来る時間を作っていたら産後うつがいつまで続くのか不安な中、 心が少しでも楽になっていたのではないかと思いました。 赤ちゃんの育児でなかなか自分の時間をたくさん取るのは難しいと思いますが少しでも自分を大切にする時間リラックス出来る時間を見つけてもらえたらと思います。 おすすめなリラックスする方法 瞑想をする ストレスが溜まると呼吸が浅くなってしまうことはありませんか? 「瞑想の仕方」で検索するといろいろ出てくると思いますが私は目を閉じて3秒鼻から息を吸い、6秒息を止めてその後は鼻から息をゆっくり吐きます。 呼吸を整えると心の中にあったモヤモヤなどが少しスッキリするような気がしますよ。 自分のために好きな飲み物を淹れる 育児中の時間がない中で、自分のために何かを意識してするだけで自分を大切にすることに繋がります。 まだまだ、私も子育てに時間を割く時間が多く、子供優先で自分自身が後回しになることがしばしばありますがそんな時は自分のために美味しいコーヒーを淹れたり意識して自分を喜ばせます。 少しの時間でも自分を大切にする時間を意識して作ると私は気持ちに余裕が 生まれて子供にも結果的にイライラが減るような気がします。 好きな音楽を聴く 赤ちゃんが、寝ている時間は難しいと思いますが赤ちゃんが起きている時間に一緒にママの好きな音楽を聴いてみるのはどうですか? 私は好きな音楽を聴くと、ストレスでガチガチになっていた心がほぐされるような感じがします。 思いっきり泣く 泣くことは「心の洗濯」と言われているのを聞いたことがある方もいるかと思います。 思いっきり泣くと、泣きすぎて疲労感もありますが、心がスッキリする感じがします。 泣ける映画などを見て思いっきり泣いてみるなんてどうですか? 自分自身に合ったリラックス方法を見つけてみてください。 出来ない自分を許してあげていい 産後うつになり、気分が落ち込み家事が思うように出来ないことがありました。 そんな時に「なんで気分が落ち込み出来ないんだろう、私はなんてダメなんだ」 とさらに自分自身に自信をなくし、自分を責めていました。 でも産後うつを振り 返り今思うことは、そんな自分も許してあげて欲しい! 出来ない自分を1番許せないのが、自分自身だったりしますよね。 出来ない部分がどうしても気になるなら、今は家事代行頼むことだっていい、夕 食が簡単に作れる宅配のキットだってあります。 どんどんそういう物に頼っても いいと今の私なら思います。 もし自分の家族が産後うつになったら周りの方の接し方 私は、産後うつになりいつまで続くかわからない不安の中、周りの人のこんな行動に救われました。 話を聞いてもらう• 病院に付き添ってもらう• 見守ってもらう• いつもと変わりなく接してもらう• そばにただ居てもらう もし、自分のパートナーや家族が産後うつになってしまったらまずは話を 聞いてあげて欲しいです。 私のように辛いと感じながらも病院になかなか 勇気が出ず行けない場合もあると思います。 辛い場合は一緒に病院を探してあげたり、病院へ付き添うなど見守ってあげて欲しいです。 最後に・・いつまで続くかわからずに不安だった産後うつを振り返り 産後うつになり、いつまで続くかわからない不安の中にいる時はとても辛かったですが、今は産後うつを経験してよかったと思えています。 自分の性格や考え方のくせに気が付きました。 人の気持ちの浮き沈みは自然な現象であると知りまだ時には自分の感情のジタバタする時もありますが、前よりも上手に自分の感情と付き合えるようになりました。 後は、友人が産後うつになった時に私の経験が実際に役に立ったり、友人の気持ちを理解することが出来ました。 3人の子供を出産して、10か月という長い妊娠期間に赤ちゃんをお腹で育て出産し子供が1歳になるまでは育児もとても大変です。 兄弟がいればなおさら大変です。 その間は、ママも寝不足でママの心と体調が妊娠前のように戻るには時間がかかると感じました。 今、現在産後うつでいつまで続くかわからない不安の中にいる誰かにこの記事が寄り添えることが出来たら嬉しいです。

次の