高速 道路 あおり 運転。 「あおり運転」減少が期待できる高速道路の制限速度120km/h化

東名あおり事故、石橋和歩被告に懲役18年判決 横浜地裁 危険運転致死傷罪認める

高速 道路 あおり 運転

は人をイライラさせやすく、怒りが爆発してロードレージを引き起こしやすい。 英語では他車のすぐ後ろに付いてあおる行為をテールゲーティング()と言う。 Tailgateはトラック後部(荷台部)の扉のことであり、これを動詞化したもの。 一方、路上での激怒を意味するロード・レージ()という語もある。 これは運転手がの運転中に割り込みや追い越しなどに腹を立てて、過激な報復行動を取ること。 ただし自動車に限らず、自転車などの軽車両を運転する者もロードレイジを引き起こす事例もある。 日本語の「あおり運転」という語は従前はテールゲーティングのことであったが、東名高速夫婦死亡事故がマスコミなどで報じられて以降ロードレージを指して「あおり運転」という語を使うケースも散見されている。 発生原因 [ ] 人は車を運転している時は、気が大きくなる心理傾向がある。 車は自分の思い通りに動く鎧のようなもので、(オープンカーでなければ)自分が守られている空間であるからこそ気が大きくなる。 したがって、自分の思い通りにならない時は、些細なことでも怒りの感情が現れやすいとされている。 よく「ハンドルを握ると性格が変わる」といわれるのもこのためである。 また、「車のナンバーでは個人情報が特定ができない」という運転者の誤まった思い込みから、衝動的な行動に走りやすい点もある。 研究によると、大きくて目線の高い車や高級車に乗ると自分が高級になったと錯覚しやすく、一部には気が大きくなって攻撃的になるドライバーもいる。 また多数のステッカーや装飾品でカスタムを施している車両は、特にロード・レージを引き起こしやすい傾向がある。 が以降に摘発した事例より分析したところ、あおる側は「短気」「自己顕示欲が強い」という特徴がみられる。 怒りを感じた時に起こす行動の大半は、を鳴らす、車間を詰めて煽るなどであるが、中には相手の車を停車させ、脅迫したり車から引きずり出して暴行を加えるなど犯罪を侵す者もいる。 ロード・レージの主な発生要因• 割り込み• クラクション• 急ブレーキ• 自分より小さな車に抜かれる• 追い越し車線での低速走行• 睨みつける(「ガンをたれる」) 日本 [ ] あおり運転の法的問題 [ ] この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 前方を走行する車に対して、進路を譲るよう強要する行為のほか、車間距離を狭め、異常接近したり、、、追い回し、無理な割り込み後の急ブレーキ、または罵声を浴びせるなどによって相手を威嚇する、や仕返しをする行為などが挙げられる。 あおり運転はの一つに分類され、危険運転を原因として相手を死傷させた場合は軽傷であっても が適用され最長20年の懲役(加重で最長30年)に処され、運転免許は基礎点数45 - 62点により免許取消・欠格期間5 - 10年のを受けることになる。 (または)で人を死に追いやった場合は、が適用され、または無期もしくは5年以上の懲役に処せられることにもなる。 また、故意にした場合はとしてされる場合もある。 安全な車間距離を取らずに前車に著しく接近する行為は、26条が禁止する車間距離不保持に該当する。 での車間距離不保持については、刑事罰として3か月のまたは5万円の、普通車で9千円の、基礎点数2点となり、一般道での車間距離不保持については、刑事罰として5万円の罰金、普通車で6千円の反則金、基礎点数1点となる。 一方、あおり運転を起因とする事故については、あおられた前車の方も異常な高速度で走行・車間の不保持・方向指示器を点滅させずの無理な割り込みなどで、事故を惹起している状況がままあり、は成立しない。 2013年においては「後続車にあおり運転をされたからといって、異常な高速度で進行を継続した前車の速度超過の罪が緊急避難に該当する訳ではない」旨を判示している(後述の事例)。 道路交通法による処罰(妨害運転) [ ] あおり運転に関する行為(妨害運転)を処罰する改正道路交通法が・2020年(令和2年)6月2日に可決成立、同10日に公布され、6月30日に施行予定である。 改正道路交通法では、「他の車両等の通行を 妨害する目的」かつ、「当該他の車両等に道路における交通の 危険を生じさせるおそれのある方法」により、 故意に次の行為をした全ての運転者(、路面電車の運転者を含む)が処罰対象となる。 (以上の要件を満たす対象行為を行った時点で、人身事故等が現実に発生しなくても犯罪が成立する:後述)• 通行区分違反(17条4項) - (違法な右側はみ出しを含む)、違法な・通行• 禁止違反(24条)• 不保持(26条)• 進路変更禁止違反(26条の2 2項) - 前方での進路変更による妨害• 違反(28条1項、4項) - 左側追越し 、安全義務違反• 減光等義務違反(52条2項) - 過度のや執拗ななど• 警音器使用制限違反(54条2項)• 安全運転義務違反(70条) - 包括規定• 違反(75条の4)• 違反(75条の8 1項) 罰則は、「およびにおいて他の自動車を停止させる等のその他著しい交通の危険を生じさせた」場合における対象行為 は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金に処され、かつ「妨害運転(著しい交通の危険)」として運転免許の行政処分対象(基礎点数35点)となる。 それ以外の対象行為は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処され、かつ「妨害運転(交通の危険のおそれ)」(基礎点数25点)となる。 また対象行為を行った自転車の運転者はの対象となる。 なお、の妨害運転致死傷は、上述の道路交通法の妨害運転罪と相似するが、こちらは2001年(平成13年)以降に制定された規定であり、主として他の人や車両の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、よって他人を死傷させた場合に重罪として処罰されるものである(詳細は同項目を参照)。 事故統計 [ ] 2016年の日本国内における「あおり運転」など車間距離違反摘発件数は7625件で、は「不安を覚えさせる行為は危険であり、厳しく対応する」としている。 あおり運転による事故や事件、その判決など [ ] 特筆性のない個人(被害者)の名前は載せないでください。 出典が無い記述は除去されます。 この判決で裁判官(通例、3名による合議制)は「路側帯などに入ってやり過ごすことができた」の旨判示し、大幅な速度超過に対し緊急避難は成立しないとした。 2017年6月5日 - 「東名高速夫婦死亡事故」 - の下り線において、追越車線に停車していたワゴン車に大型トラックが突っ込み、ワゴン車に乗っていた夫婦が死亡し、2人の娘を含む合わせて4名が負傷する事故が発生。 直前にでトラブルになった男にあおり運転による進路妨害を受けて停止していたことが事故につながったとして、同年10月10日、この男は違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕され 、にが男に対しにより懲役18年の判決を下した。 なお、この男は日ごろからあおり運転を行っており、事件から2ヶ月後にも別の車に対しあおり運転を行っていたことが明らかになっている。 詳細は「」を参照• 2018年1月 - 神奈川県の(の)下り線で、籍の52歳の男が1. 7 にわたってをあおり、ごみ収集車は横転し、ごみ収集車を運転していた35歳の男性が首などを負傷した。 男は容疑で逮捕されたが、容疑を否認している。 2018年7月2日 - において、車がバイクに追突してバイクの男性を死亡させる事故が発生。 車を運転していた男は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の現行犯で逮捕されたが、同月4日に殺人及び道路交通法(ひき逃げ)違反被疑で再逮捕された。 あおり運転で殺人容疑が適用されるのは異例。 男は殺意を否認しているが、バイクを執拗に追いかけた上、追突した後に「はい終わり」と発言をしていたことが男の車のドライブレコーダーに記録されていた。 2019年1月25日、の判決が、堺支部で行われ、裁判長はを適用し、懲役16年を言い渡した。 2019年2月4日、被告側は1審判決を不服として、にした。 2019年8月10日 - のの付近で男女が前方を走っていた自動車に対しロード・レージを繰り返した上無理矢理停車させ、男があおり運転の被害に遭った運転手に怪我を負わせた後も執拗に殴り、同乗の女は男は被害者を殴る様子を笑いながら携帯電話で撮影する事件が発生した。 また、この車両は7月23日にの一般道路で複数の車両に対して、その3時間後にはのでトラックに対してあおり運転をしており、ナンバープレートが一致していることから、同一犯であるとみられる。 なお、あおり運転をした車両は、神奈川県内にあるディーラーの所有する貸し出し車両であり、静岡県在住の自称不動産事業の40代の男に貸し出され、8月12日に返却されたが、返却したのは男本人ではなく自称男の会社の従業員を名乗る代理人であり、男は返却期限を迎えても車両を返却せずディーラーとトラブルを起こしていた事が発覚。 茨城県警は犯行に使用された車両を押収し、ドライブレコーダーの映像などから車両を借りた男と暴行した男が同一人物であると断定し、傷害容疑で男の逮捕状を請求した。 男女は逃亡を図ったことから、茨城県警は男を全国に指名手配した。 そして18日、男女は大阪府内に潜伏していたところ、男は傷害容疑で、女は犯人蔵匿および犯人隠避容疑で大阪府警に逮捕された。 また、犯行に使われた車両は20日で2,000 km以上走行している事が新たに判明した。 男のには大破した自身の車が投稿されており、6月に新東名高速道路で10トントラックに追突されたと主張しているが、追突した10トントラックの運転手は「黒いSUVが突然センターラインを跨いで急ブレーキをかけてきた」と話しているほか、1月に大阪府でもあおり運転を行っていたことから、男は常習的にあおり運転を行っていたものと思われる。 この事件では、映像の存在がカギとなり、道交法ではなく「あおり運転」では全国初とみられる強要容疑が適応された。 2019年9月8日 - 内のでワゴン車の男が、前方を走る乗用車にロード・レージを繰り返した上、を発射する事件が発生。 は、14日にの疑いでこの男を逮捕した。 県警は、道路に物を投げつけたり、発射したりする行為が「道路における禁止行為」にあたるとして、違反(道路における禁止行為)の容疑も加えた上で、15日に男を送検した。 対策 [ ] 取締りの強化 [ ] 前述の東名高速夫婦死亡事故によりは2018年1月、あおり運転の取り締まり強化を通達した。 通達により「車を運転することが著しく交通に危険を生じさせるおそれがある運転者」は「危険性帯有者」とされ、交通違反による点数の累積なしに180日間の免許停止処分が科される。 警察は「あらゆる法令を駆使」し、厳正な捜査を徹底し、積極的な交通指導取締りを行なう」としている。 運転手による対策 [ ] 自動車にを搭載するのが有効な対策の一つ。 煽られた際の記録が残り、警察や裁判所に提出して、捜査や被害者による告訴の際、有力な証拠となる。 あおり運転対策のため、前方だけでなく後方用も付けるのが重要である。 あおり運転に遭った際、同乗者がいればやデジタルカメラで直ちに録画してもらうのも対策となる。 ドライブレコーダーの死角を撮影したり、追い抜かれる際、相手の車や運転者、同乗者をよりはっきりと撮影でき、相手が下車して迫ってきた場合の記録にもなる。 国土交通省は、新車へのドライブレコーダーの搭載の義務化を検討している。 運転者自身の心がけ [ ] に掲示された心がけの例 「 あおり運転」を起こさない! 思いやりと、ゆずり合いの運転を のの料金所(6月)にて は、あおり運転による交通事故を防ぐため、運転者に対して以下の点について心がけるよう呼びかけている。 思いやり、ゆずり合いの安全運転• の遵守• 運転中は周囲の車の動きに注意する• 運転時に安全な速度を心がける• 車間距離を十分に保つ• 無理な進路変更や追越しをしない• 煽られたら安全な場所に(高速道路などではSA・PAなど)停車し、危険な場合はする あおり運転に遭った場合の対応 [ ] 愛知県警高速隊所属の警部補藪上篤史は、あおり運転を受けた場合の対応として以下の点を挙げている。 絶対に挑発に乗らない• 追い越し車線走行中は、左側の車線へ移動するなどして関わらないようにする• あおり運転がやまない場合は、サービスエリアなど安全な場所で停車し、110番通報する。 その場合、ドアをロックして窓を閉め、警察官が到着するまで車外に出ない 警察による専用サイト開設 [ ] 2019年11月21日、岡山県警はあおり運転など危険運転の情報や動画の提供を求める「岡山県 あおり110番 鬼退治ボックス」を開設した。 韓国 [ ] 報復運転の法的問題 [ ] 韓国では「報復運転」と呼ばれる。 報復運転に関する刑事罰としては特殊傷害、特殊暴行、特殊脅迫、特殊損壊があり、特に特殊傷害罪が適用された場合、2年以上20年以下の懲役刑に処されることがある。 また、行政処分としては刑事立件された場合には運転免許点数が100点加算され100日間運転免許停止の処分を受ける他、拘束された場合には運転免許取り消しかつ欠格期間1年の処分を受ける。 対策 [ ] 取締りや摘発の強化 [ ] 2015年に大きな社会問題になると警察は集中取締りをした。 また、加害者の逆恨みによる報復を恐れて申告を敬遠することを防ぐために、匿名での申告を受け付けている。 遭遇した場合 [ ] あおり運転に巻き込まれた場合は下位車線に移動し停車した上で112番に通報することが最善だが、それが困難な場合はドライブレコーダーの映像をサイバー警察庁コーナーなどに申告する。 人通りの多いところやCCTVのあるところに移動する。 ドイツ [ ] ドイツの最低車間距離標識 道路標識によって最低車間距離が指定されていない場合は、「車両速度の半分」の車間距離を確保しなければならない ドイツでは右側通行のため、片側に車線が複数ある道路では、右側車線(路肩側)が空いている場合は可能な限り右側の車線を利用しなければならず Rechtsfahrgebot 、左側車線(中央側、第二通行帯・など)は混雑時を除き、追い越しのみに使用される。 また、追い越しは、追い越される車両よりも十分に速い速度で行わなけばならず 、あまり変わらない速度で追い越した場合は違反となり 、混雑時を除き第二通行帯や追越車線などに長く留まることは許されない。 追い越しの意思を知らせるために、短いクラクションまたはライトによる「あおり運転」が法律で許可されているが 、安全な車間距離を取らなければならない。 運転手は車両速度(単位)の半分の値を単位にした車間距離を必ず確保しなければならない。 車間距離不保持の場合は走行速度と車間距離により最大400ユーロの罰金および3か月の免許停止となる。 また、渋滞時を除き右側(路肩側)からの追い越しは固く禁じられている。 車両がを占有している場合も許されず、このような場合には警察は車両を停止させ、両方に罰金を科す。 左側車線(中央側)が混雑しているか、低速で走行している場合に、わずかに速い速度で追い抜くことができる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• の場合と異なり、軽傷の場合の刑の免除規定「その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除する」は存在しない。 法的には前車が急停止しても安全に停止できるよう、十分な車間距離を維持する必要があり、これに違反すると車間距離保持義務違反が成立する。 そのため、一般に同一進路上の前方の車両に対して追突事故を起こした場合は車間距離保持義務違反が推定により成立する。 「みだりに変更」(1項)や、黄色線跨ぎ(3項)は含まれない。 前車が右折のため道路の中央や右側端に寄っている場合、または路面電車の場合は対象外• 法令の規定により警音器を鳴らす義務がある場合(「警笛鳴らせ」の道路標識)、および危険を防止するためやむを得ない時は対象外。 「安全運転義務違反(70条)」とは、本条以外の道路交通法各条の違反に該当しない行為であっても、操作不適切、前方不注意、他の動静の不注視、安全不確認、安全速度違反、予測不適切などにより、道路における危険を生じさせる行為全般に適用される。 (通常は、危険行為や交通事故が起きた場合において他の各条違反が無いか、適用が難しい場合に本条が罰条として適用される)。 妨害運転の本条においては、その他の著しい、等が想定される。 対面通行である場合や、本線車道以外の車線、やにおいては対象外。 高速自動車道路および自動車専用道路に限る。 上述の目的および方法により故意に駐停車させた場合に限り、故障や急病による駐停車は対象外。 事例として「」や、2019年8月10日の常磐道あおり運転などを対象と想定している。 (直後に別の大型トラックが男の運転する車両を妨害するように通過したため被害トラックは事なきを得た) 出典 [ ]• 「」『日本経済新聞 電子版』日本経済新聞社、2018年12月5日。 2018年12月31日閲覧。 日本からは見えないアメリカの真実』PHP研究所、2018年。 京都新聞. 2019年9月12日. 2019年9月12日閲覧。 www. safemotorist. com. 2016年4月22日閲覧。 毎日新聞 2017年12月26日 東京朝刊• (同法119条1項1号の4)• (同法120条1項2号)• www. keishicho. metro. tokyo. 2020年1月19日閲覧。 www. keishicho. metro. tokyo. 2020年1月19日閲覧。 www. shugiin. 2020年6月13日閲覧。 www. shugiin. 2020年6月13日閲覧。 警察庁Webサイト. 2020年6月13日閲覧。 2018年3月21日閲覧。 2018年3月21日閲覧。 産経ニュース、2017年10月23日、2018年2月22日閲覧• - NHK NEWS WEB、2018年12月14日• - 、2018年12月7日• 『FNNニュース』 Fuji News Network. 2018年2月28日. 2018年3月6日閲覧。 読売新聞、2018年7月4日、2018年7月4日閲覧• - 2019年1月15日• 朝日新聞. 朝日新聞社 2019年1月25日. 2019年1月25日閲覧。 時事ドットコム. 時事通信 2019年2月4日. 2019年2月5日閲覧。 - (ANN)• 朝日新聞デジタル 2019年8月18日. 2019年8月18日閲覧。 - (ANN)• - (ANN)• - (ANN)• - (ANN)• - (ANN)• - (ANN)• 毎日新聞 2019年8月18日. 2019年8月18日閲覧。 - (ANN)• - (ANN)• INC, SANKEI DIGITAL 2019年9月6日. イザ!. 2020年1月19日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月19日閲覧。 産経新聞 2019年9月12日. 2019年9月26日閲覧。 朝日新聞 2019年9月14日. 2019年9月26日閲覧。 朝日新聞 2019年9月15日. 2019年9月26日閲覧。 警察庁. 2018年3月7日閲覧。 産経WEST. 2019年11月24日閲覧。 S-KOREA 2017年10月22日• SBS news 2015年7月9日• YTN news 2015年5月7日• 毎日経済 2017年3月25日• Gesetze-im-internet. 2019年8月25日閲覧。 Gesetze-im-internet. 2019年8月27日閲覧。 2019年8月27日閲覧。 Gesetze-im-internet. 2019年8月25日閲覧。 Geoff Ziezulewicz 2006年5月4日. Stars and Stripes. 2013年9月24日閲覧。 military in Heidelberg. Drivers can also lose their license for up to three months. Before the new regulations went into effect, a monthlong suspension was the maximum penalty, he said. Fines will start at 35 euros for a speed of 80 kilometers an hour, Stadtrecher said, adding that drivers must keep a distance in meters that is equal to half their speed. Fines and penalties will increase at higher speeds and will also take into account how long the driver tailgates. 2019年8月25日閲覧。 2019年11月14日閲覧。 参考文献 [ ]• 山岸朋央「重大事故にもつながる、あおり運転」『JAFMATE』2018年7月号、日本自動車連盟、 38-39頁。 関連項目 [ ]• - あおり運転対策での利用 外部リンク [ ]• - この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

ドイツの高速道路を走りながら「あおり運転」問題を考えた

高速 道路 あおり 運転

「東名高速あおり運転事件」で、最近話題になっている「 あおり運転」。 厳罰化を求める声に応えるために、 道路法の改正案が6月2日に参議院で可決・成立する運びとなりました。 高速道路上の事故が、日本国内で大きな衝撃を与えました。 ニュースで初めて「あおり運転」という言葉を聞いた方もいるでしょう。 実は「あおり運転」は、毎日頻繁に起きています。 何もしていなくても、目をつけられてしまうケースもあるので、実際に被害に遭った時のために対処法を学んでおきましょう。 今回は、「あおり運転」など悪質な危険運転が社会問題化していることを踏まえ、被害実情から対処法、などにについても触れたいと思います。 あおり運転とは? まず、「あおり運転」とはどんな行為なのか説明します。 あおり運転とは、運転中の威嚇行為 実は、「あおり運転」について、法律上はっきりとした定義があるわけではありません。 もっとも、世間一般的には、走行車両に極端に車間距離を詰める行為や、クラクションで威嚇したりする行為を指します。 簡単に言えば、「 車による嫌がらせ行為」です。 具体例としては、以下のような行為が「あおり運転」となります。 前方車両との車間距離を極端に詰める運転行為・後方からの追い上げ• 前方車両を意味なく追い回す運転行為• 幅寄せを行い、並行して走行する車両を威嚇する行為• 急な割込み• 蛇行運転• 故意に相手の車にぶつける運転行為• 必要がないのに、ハイビームで威嚇する運転行為• パッシングで威嚇する運転行為 上記のような運転行為の被害に遭い、事故を起こしてしまう車や、全然関係のない第三者の車にぶつかってしまうケースもあります。 一般的に、高級車やトラックなどは被害に遭いにくく、普通車や軽自動車が被害に遭いやすいと言われています。 これは、「あおり運転」の際に、逆に自分の車が傷つき被害に遭ってしまうことを想定してのことと言われています。 しかし、高級車や大きなトラックには引け目を感じてしまうという心理的な要因もあるでしょう。 東名高速道路上の「あおり運転」の被害実例 2017年6月、東名高速道路上において、死傷事故が発生しました。 加害者の男が、車で家族連れの車の進路を遮り、追い越し車線に停車させ、その際に後ろから来たトラックに衝突されるという事故です。 道路交通法違反で逮捕された男は、日常的に「あおり運転」を行っていたという報道もあり、「あおり運転」という言葉が連日報道されることになりました。 2018年12月14日横浜地裁で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪で被告に対して懲役18年の判決が下されました。 交通事故の加害者になると、「自動車運転処罰法」という法律により、罰則を受ける可能性があります。 その場合に受ける刑罰の… 実際、「あおり運転」はそう珍しい問題ではありません。 警視庁によると、2016年に「あおり運転」を含む道路交通法違反の車間距離不保持で摘発されたのは7,625件です。 このように、「あおり運転」の被害は、まれにみる事故というわけではないのです。 多くの危険運転行為が毎日のように行われており、その中で今回のような痛ましい事故が発生してしまったということです。 あおり運転・報復運転トラブル事例 では、東名高速の事件以外には、どのような事故事例があるのでしょうか。 報復トラブルについても解説します。 「あおり運転」事故事例 「あおり運転」事故で一番多いケースが、 前方車両の急ブレーキによる事故です。 後続車があおり運転をすることにより、前方車両が焦ってしまい、信号などで急ブレーキを踏んでしまうという事例があります。 この場合、急ブレーキを踏んだ前方車の過失もあるように見えますが、この原因を作ったのは後続車です。 事故後に相手に詰め寄られ、慰謝料を請求されるケースがありますが、冷静に対応し警察を呼ぶようにしましょう。 今度は逆に、「あおり運転」から逃げるために高スピードで走行し、事故に遭うケースについてです。 このような場合、スピード違反を犯してしまった本人にも過失があるため、責任を負うことは避けられません。 もっとも、「あおり運転」を行った後続車にももちろん責任はあるので、スピード違反による事故を起こした当事者だけの問題だけではありません。 大切なことは、「あおり運転」の被害を受けても焦らないことです。 余計な事故を引き起こしてしまう原因となりますので、無視して平静を保つことが重要です。 自動車同士の事故類型で一番多いのが、追突事故です。 追突事故被害に遭った場合、被害者は基本過失0となります。 しかし、… 報復運転・報復行為によるトラブル 「あおり運転」だけでなく、報復運転という言葉が存在するのはご存知でしょうか。 報復運転とは、相手の車を追い回すだけではなく、相手の車の前に出て、加速と減速を繰り返し、最後に急ブレーキを踏んで事故を起こさせるというものです。 被害を受けるのは車だけではなく、中にいる人も同じです。 このような被害を受けた場合は、走行中の事例ですので、 危険運転致死傷罪としての立件も検討することが可能です。 東名高速の事件では、普段のイメージと違うということが報道されていました。 「あおり運転」や報復運転を行う人の中には、「ハンドルを握ると別人になる」というタイプが多いのかもしれません。 また、「あおり運転」被害後に報復トラブルに遭うケースもあります。 「あおり運転」を受け、車を停車し、その後、車外に出てしまい、口論トラブルになり、喧嘩や暴行被害を受けるなどのトラブル事例です。 「あおり運転」の被害に遭っても、 絶対に車外には出ないでください。 2次被害を引き起こすことになります。 このように「あおり運転」による事故被害は実際に存在します。 もっと悲惨な報復運転や報復トラブルもありますので、十分に注意する必要があるでしょう。 あおり運転に遭遇時の対処法 では、「あおり運転」に遭遇した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。 まず、一般道路での「あおり運転」への対処法です。 道を譲る 後方から「あおり運転」が行われたという場合は、 道を譲るのが一番の対処法です。 悪質なケースでない場合は、ほとんどこれで対処できます。 また、道を譲ったのに追従するように後ろからあおられるケースでは、無視するのが一番です。 焦らず、自分のペースを乱さないように運転しましょう。 車線変更できない1車線の道路などでも同様に対処してください。 それでも追い回してくるという場合は、同乗者に「あおり運転」の様子を撮影してもらうという方法もあります。 しっかり証拠を押さえることにより、相手に対する威嚇になります。 また、警察に報告する際にも、証拠を提出できるので役に立ちます。 もっとも、これは同乗者がいる場合の対処法です。 1人で運転することが多いという方は、ドライブレコーダーの導入をおすすめします。 次は、高速道路上の「あおり運転」の対処法です。 逃げ込みをする 高速道路上であおられてしまった場合、まずは道を譲るというのは同じです。 しかし、それでもあおって追従してくる場合は、一番近くのサービスエリアかパーキングエリアに逃げ込みましょう。 高速道路では、高速度で走行しているため、事故の危険が高まります。 そのため、冷静に運転するためにも、 一度逃げるという方法が適切です。 そして、安全な場所で停車後に警察に連絡しましょう。 相手が車外で詰め寄ってくる可能性もありますが、絶対に外に出ないようにしてください。 外に出て相手をすると、報復トラブルに巻き込まれる可能性があります。 警察に連絡する場合は、以下のことを伝えるようにしましょう。 名前、現在の居場所・状況• どこで、どんな被害に遭ったのか• 相手のナンバーや車種• 進行方向 急に被害に遭った場合、焦って何も考えられない状況に陥りがちです。 事前にすべきことをチェックしておくことで、緊急事に役にたつと思います。 ぜひ、これらの対処法を理解しておいてください。 あおり運転被害で役立つドライブレコーダー では、「あおり運転」の被害に役立つ予防策はないのでしょうか。 先にお話した通り、高級車や大きなトラック、大きな自動車に対しては「あおり運転」の被害が少ないと言われています。 ですが、このためだけに自動車を買い換えるのはナンセンスでしょう。 そこで、簡単かつ予算的にもおすすめなのが、 ドライブレコーダーです。 「あおり運転」だけでなく、事故を起こしてしまった際に、しっかりと証拠が確保できるので、事後のトラブルを少なくできるはずです。 万が一、「あおり運転」の加害者が逃げてしまった場合にも、ドライブレコーダーがあれば、車種やナンバーなどから加害者を特定することができます。 もっとも、ドライブレコーダーも初期費用がかかってしまうのが難点です。 「ドライブレコーダーも少し厳しい」という方は、ダミーでも良いので車内に搭載してみてください。 実際に証拠を押さえることはできませんが、相手に対する威嚇にはなります。 「あおり運転」をする加害者を直接避けることは、なかなか厳しいです。 従って、何かあったときに役に立つ方法を事前に準備しておくことが何より大切です。 交通事故に遭った場合には、事故の態様などについて当事者の主張に食い違いが起こることが多く、証拠が重要です。 近年では、… あおり運転の罰則強化|改正道路交通法の「妨害運転罪」 社会問題化するのを受けて、あおり運転を「妨害運転」という罪として規制を強化する、改正された道路交通法が6月2日に衆議院で可決・成立しました。 あおり運転(妨害運転)とされる主な行為は、以下の通りです。 不必要の急ブレーキ• 車間距離の不保持• 急な車線変更• 左側からの追い越し• ハイビームの継続・不必要なパッシング• 幅寄せ・蛇行運転• 高速道路での低速走行・駐停車 など 違反すれば、 3年以下の懲役または50万円以下の罰金とし、高速道路で他の車を停車させる、一般道で衝突しそうになるなど、「著しい危険」を生じさせた場合は、5 年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。 これは、無事故であっても適用されます。 同時に、行政処分として、妨害運転として摘発されれば、即免許取り消しとなります。 免許を取得できない期間は、違反点数によって、2~3年になる見通しです、 この改正道路交通法は、6月末から施行される予定です。 あおり運転のトラブルに巻き込まれたら弁護士に相談を 「あおり運転」の被害者は、加害者に慰謝料を請求できます。 あおり運転行為により、「追突事故被害に遭った」、「怪我をしてしまった」、「精神的障害が残ってしまった」、「報復トラブルで暴行を受けた」、など様々な被害ケースが考えられます。 「警察には報告したけれど、それだけでは納得できない」「加害者から正当な額の慰謝料を受け取りたい」という方は、弁護士にご相談ください。

次の

高木美保 あおり運転は誘発する側にも責任→ルールをわかってない人間が多すぎる

高速 道路 あおり 運転

対面通行で追い越し出来ない高速道路で車間を詰められ、恐い思いをしたので110番通報したことあります。 (安全な場所に止まってから) そうしたら取り締まりはしてくれたようですが。 なお、NEXCOにこの場合の対処法について聞いたところ、「追い越し車線、または休憩施設までそのまま走って下さい。 路肩に停まるのは危険なので絶対にしないで下さい」とのことでした。 ちんたら走っていたわけではなく、メーター読みで90は出していたのですけど。 そんな時に限って追い越し車線まで距離があります。 一度遅い車に行く手を阻まれてみたいです…遅い車なら合わせられます。 あと、こんなこともありました。 ETCレーンで25キロくらいまで減速したら、後続車がランプどころか本線に入ってまで煽ってきたことがあります。 (追い越し車線があって追い越し可能な状態だったにもかかわらず) 通報はしませんでしたが。 それが左車線や片側一車線区間での出来事なら、運転に余裕があるなら通報しても良いかと思います。 ただし、通報の前にバックミラーを使ってどんなひとが運転しているか確かめましょう。 煽って来ている車のドライバーが警察官なら、覆面パトカーです(経験あります)。 もしそうだとすると執拗に煽ることであなたに加速させ、スピード違反で検挙するのが目的ですから絶対にスピードを上げないでください。 もちろん対処も通報もしないでください。 対処法が違法行為であればあなたは検挙されるでしょう。 通報も「運転中の携帯使用」とされ検挙の言い訳にするかも知れません。 そのうち他の違反車を見つけていなくなります(こういう悪質な覆面パトカーがいるのは事実です、俺も京都と福島でやられています)。 もし右車線(片側三車線なら真ん中車線も含む)での出来事なら、落ち着いて左の車線に移動してください。 煽ってくる人の煽る理由はそれかも知れません。 左車線や片側一車線区間での出来事で、相手が覆面パトカーで無いことを確認したら、ルール違反ではありますが路肩の広い場所やバスストップや管理施設に一度止まって、相手を先に行かせてください。 ルールを守ることより安全運転です(でも加速して逃げるのはやめましょう)。 煽られたらとにかく煽る車を先に行かせることを考えましょう。 たいていは道を譲ればいなくなりますから。

次の