コロナ電車怖い。 【新型コロナ】「本当に怖い」「また自粛」 感染拡大、県内に動揺広がる(カナロコ by 神奈川新聞)

コロナ怖い!都内に電車で行きたくない!だから車で行くわ。という旦那。場所は秋葉原。参加予定…

コロナ電車怖い

新型コロナウイルスが列島を不安に陥れている。 2月20日は沖縄で新たに1人の感染が確認され、北海道でも「さっぽろ雪まつり」で濃厚接触した可能性のある感染者が確認された。 さらに、クルーズ船の「ダイヤモンド・プリンセス号」内で感染が判明し、入院中だった日本国籍の80代の乗客男女2人が死亡。 船内で業務に当たっていた内閣官房の職員と厚労省の職員の合わせて2人が新たに感染したことも分かった。 「不潔ルート」副大臣のツイートでさらなる波紋 こうした中、クルーズ船の乗船後、感染対策の不備を動画で指摘した、神戸大学・岩田健太郎教授が20日会見。 船内ではウイルス感染を防ぐための 「安全な場所と危ない場所の区域分けが行われていなかった」と対応を批判。 これについて、加藤勝信厚労相はしっかり行われていると国会で反論した。 しかし、加藤厚労相の部下である橋本岳厚労副大臣がツイッターに上げた、1枚の船内写真が波紋を広げている。 橋本岳厚労副大臣のツイッターより この写真を見ると、 左の出入口には 「清潔ルート」、右の出入り口には 「不潔ルート」と書かれている。 しかし画像を見る限り、出入口の手前や向こう側の一部はつながっているように見えるのだ。 この投稿にネット上では「 区域分けされていないじゃないか」といった批判が相次ぎ、画像を削除する事態に追い込まれた。 中国の保健当局は、空気中に浮かぶ小さな粒子「エアロゾル」によるウイルス感染があり得るとの見方を示している。 クルーズ船と同じように密閉空間となる電車の空気中にウイルスがいる場合はどうすればいいのか。 そこで取材班は満員電車を再現。 電車内でのインフルエンザウイルスの拡散を研究している京都工芸繊維大学准教授・山川勝史氏に空気中のウイルスがどう拡散するのかを検証してもらった。 そこで浮かぶのが、電車に乗る場合どの位置に乗れば安全なのかという疑問。 実は「ドア付近」と「座席付近」では感染リスクが大きく変わり、ドア付近の方が危険だという。 京都工芸繊維大学准教授・山川勝史氏: ウイルスは下に下がろうとするんですけど、人の頭などに当たってそれ以上下がれない状況になります。 そうすると残された空間にウイルスが拡散して、ずっと漂うことになります ウイルスは通常、空調の風に乗って下へ下へと流れるという。 しかし人が密集するドア付近では隙間がないため、乗客の頭の近くにウイルスが留まる。 その結果、ウイルスが鼻や目などに触れて多くの人が感染するリスクがあるという。 電車内では「座席付近」の感染リスクが低い それでは、座席付近はどうなのか。 京都工芸繊維大学准教授・山川勝史氏: ウイルスは空調の影響で頭上のエリアを漂いますが、従来は下りられなかったウイルスが、座ってる人と立っている人の間のスペースに落下することになります 座席付近はドア付近に比べると人数が少なく、ウイルスは通路に立つ人と座っている人のわずかな隙間を通り下に落ちていく。 ウイルスが乗客に触れにくく、その分リスクは低いという。 中でも特に、 座席に座る人の周りはウイルスが減少していて、電車内で最も感染リスクが低いというのだ。 一方で同じく身近な密閉空間といえば、職場やマンションなどのエレベーター。 こちらについても、ドア付近に立つ方が感染リスクが高いのだろうか。 京都工芸繊維大学准教授・山川勝史氏: どこに立ってもおそらく、同じような感染リスクなると思われます 全員が立っている状態のため、立つ場所によって変わることはないという。 それでは、東京スカイツリーのように高層階まで、長い時間乗る場合はどうなのだろうか? 京都工芸繊維大学准教授・山川勝史氏: (せきなどは前に飛ぶため)一番奥に立ち、ドア方向を向くのが安全かなと思います。 せき、くしゃみ、飛沫感染にはリスクの低いポジションだと考えられます Live News it! 2月20日放送分より.

次の

満員電車の通勤通学は「しんどい」「怖い」「意味ない」などコロナ感染対策に対する国民の意見をまとめてみた

コロナ電車怖い

武漢への渡航歴のない日本人男性が、コロナウイルスに感染したことがわかりました。 このニュースの重要な示唆は、感染したかたはバスの運転手だということ。 武漢からの観光客のツアーバスの運転をしていました。 運転手ですから、それほど接近していないはずです。 よかったよかった。 (2月8日産経ニュースより)• コロナウイルス バス、電車は危険。 飛行機はまだマシ このニュースに関して本日1月29日のスッキリでゲストとして出演していた医療関係のかたが、下記のようなコメントをしていました。 バス、新幹線など。 電車は駅ごとにドアは開くので、長時間密閉された状態の新幹線やバスよりはよさそうですが、通勤電車などのように非常に接近した状態などはやはり危険性は増すように思います。 せきやくしゃみなどの飛沫感染以外にも、吊革も気を付けたいところです。 できることなら、時差出勤や在宅勤務に切り替えてはいかがでしょうか。 大阪-東京間など、夜行バスを利用されるかたも多いと思います。 長時間密閉された環境ですので、こちらも対策をしっかりして乗車したほうがよさそうです。 大企業はオリンピックに向けてテレワークの実験しているはずなので、こんなときこそ対応してはいかがでしょうか? 1月31日 08:49追記: 飛行機の空調システムは飛行中しか機能しないため、離着陸時は他の公共交通機関と同様の対策が必要とのこと。 また、2月18日(火)放送のミヤネ屋ではこんな情報も。 ドア付近は人が立って密集しているので、ウイルスが横に拡がらざるを得ない。 一方で、座席付近は前の人とのスキマがあるため、ウイルスが下に落ちる。 そのため、 立っている人のほうが、座っている人よりも感染リスクが高いと考えられるのだそうです。 基本的には満員電車を避ける• もし電車に乗る際は、可能なかぎり座席に座り、ある程度隙間を確保する そうは言っても、通勤しないわけにいかないですし、座席だって限られていますから、なかなか難しいですよね。 2月5日 朝日新聞DIGITALの記事より 2月5日の朝日新聞DIGITAL 「 」から要約引用してみます。 限られたところで24時間缶詰め状態 限られた場所で、 24時間缶詰め状態になると感染リスクが高まるとのこと。 クルーズ船内は個室を除けば近い場所で過ごすことになるので、感染予防には注意が必要です。 (新潟大医歯学総合研究科国際保健学分野の斎藤玲子教授(公衆衛生学)) 飛行機での感染について インフルエンザでの例ですが、 「飛行機内でインフルエンザの患者と乗り合わせても、半径1メートル内の席でなければ感染の可能性は低い」とのこと。 そして「機内は空気が入れ替わるので比較的安全」とのこと。 フィンランドなどの研究チームが18年に発表した論文では、 「ヘルシンキ空港でインフルエンザやコロナなどのウイルスがどこに付着しやすいかを調べたところ、 保安検査場のトレーから多く見つかった」とのこと。 スマホ、モバイルバッテリーや機内持ち込み荷物などを入れて、危険物がないかどうかチェックするあの場所にあるトレーです。 確かにみんなが触るわりには、消毒をしている様子は見られないですね。 (最近はやっているのかもしれません) 満員電車は接触感染に近い 会話をしているだけで1メートル以内にしぶきが飛ぶのだそうです。 「通勤電車だと、 知らないうちにつばを交換し合っていると考えてもよい」との指摘がありました。 ( 新潟大医歯学総合研究科国際保健学分野の斎藤玲子教授(公衆衛生学) ) 電車、新幹線、バスなどの乗り物で気を付けること ウイルスがどのようなときに手につくかというと、 ・つり革や手すりにつかまるときに ・新幹線ではトイレなどに移動する際に、手すりやドアノブを触るとき これらをふまえて、下記の対策が有効とのことです。 乗物から降りた時に手洗いや消毒をする。 公共交通機関を利用するときには手袋やマスクをし、飲食の前に外す。 私も手ピカジェルを探したのですが、なかなか売っていませんね。 しかたないので、アルコール除菌のウエットティッシュを持ち歩いています。 コロナウイルス スーパースプレッダーの存在の可能性があるのか? スーパースプレッダーという言葉を聞いたことありますか? ある特定の「人」のことをいいます。 東京都感染症センターによる説明では下記のとおりとなっています。 SARSの感染拡大経路の調査が各国で進んでいるが、多くの人への感染拡大の感染源となった患者の存在が明らかになってきた。 この特定の患者がスーパー・スプレッダーと呼ばれている。 今回みたいな「拡がりやすいやつ」。 てっきり、「ウイルスの生命力の問題」と思っていたのです。 でも、この説明をみるかぎり、ウイルスが入り込んだ「人」が問題になっているようです。 元気で発症しない人こそが、彼ら(ウイルス)にとっての生きのこる道なのかも。。 この記事のまとめ この記事は副都心線の電車内で書いています。 (1月29日) 現在午前10時過ぎ。 マスク着用率はかなり低く、3割程度です。 完全に移動を無くすのがいちばんですが、それをやるにはやはり行政の力が必要です。 でもそれを待っていると手遅れになります。 大きな人数を動かせる組織、企業が率先して動いてくれることを願っています。 2月19日(火)追記: 先週末、歌舞伎町で友人と飲む機会がありました。 都心の飲食店って、席が密集しているんですよね。 しかも、季節柄、鍋をみんなでつついている。。 感染しないわけないですね。 しばらくは飲み会は自粛しようと思いました。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。 関連記事:.

次の

満員電車とパチンコのコロナ感染危険度 規制しない理由 安全派の反論

コロナ電車怖い

新型コロナウイルスの感染拡大で、日本でもドラッグストアでマスクが売り切れになったり、テレビ番組で毎日特集が組まれたりしています。 無症状の感染者やヒトからヒトへの感染者が見つかったことから、新たな局面に入ったと見る専門家もいます。 洪水のようにあふれる情報をどう理解し、どう備えればよいでしょうか。 オーバーシュートや医療崩壊させないために何をすればいいのでしょうか。 国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター・感染症学の矢野晴美教授に聞きました。 一方で、航空機の運航を止める航空会社が出てきたり、入国やビザ発給を制限している国も出てきたりしています。 この状況をどう理解すればいいのでしょうか。 矢野晴美教授(以下、矢野): 現在、日本政府も中国への不要不急な渡航は控えるよう国民へ勧告しています。 WHOの緊急事態宣言も、今は、不要不急な動きはやめた方がいいということです。 優先順位からすると、患者が一番多く、症状のない微生物保有者が多いと考えられる中国、特に武漢への渡航は控えた方がいいレベルだと思います。 2月2日のWHOのリポートによると、中国の次に患者が多いのが日本やタイ、シンガポールになります。 そうすると、患者が多い日本で暮らす人たちは海外へ行かない方がいいのか、という話になります。 現時点で、日本人の渡航を制限することは、武漢以外にはないと思います。 ただし、日常生活では人と接触するので常にリスクがつきまといます。 基本的な感染対策を個人が心がけることに尽きると思います。 羽田空港には毎日、中国を含め世界各国から航空機が到着し、人々が往来している。 どのような感染対策を心がければいいのでしょうか。 矢野: 最も大事なことは手洗いです(アルコール消毒を含む)。 マスク着用を必須と勧める人もいますが、症状のない人が予防的にマスクを着用することに確かなエビデンスが少ない、というのが国内外の専門家での一般的な認識です。 医療機関でさえ医療従事者がマスクを適正使用していないケースがあります。 鼻が出ていたり、装着面が密着していなかったりすると感染を防ぐことはできません。 マスクの着脱で触った手が最も汚れているので、その手で色々な環境表面を触ると、そこで2次感染が起きます。 電車に乗るときにマスクは必要ですかという人がいますが、それより手洗いをきちんとする方が現実的な予防方法です。 矢野: 咳エチケットの方法は、一つはマスクですが、もう一つは咳をする際、ハンカチや肘で口をふさぐことです。 手で押さえると手が汚染されてしまい、その手で色々なところを触って2次感染が起きます。 人と触れない上腕の肘の部分などで口を押さえてくださいということです。 矢野: インフルエンザや他のかぜのウイルスなども付着している可能性があるので、マスクの本体部分は触らないこと。 そして鼻のところをワイヤーで密着させるわけですが、ずれてきたら取り換えましょう。 取り外しはゴムのところを持って外し、捨てます。 マスクは長時間しているほど表も裏もウイルスだらけになります。 例えば、食事のときにマスクをテーブルに置けば、そこが汚れます。 そういうところで感染が広がっていきます。 矢野: 手洗いは、流水で洗うか、アルコール性消毒薬で手を消毒するかです。 1%)などが有効とされています。 矢野: 若い人たちが医療従事者に近い知識を持つようになれば、随分変わると思います。 例えば、手洗いのシンクにしても、水道水で手洗いをしていて水しぶき散るような浅いシンクでは、周囲が汚染されて感染リスクが広がります。 また、蛇口をひねる行為で手が汚れます。 ドアノブも同じです。 いかに感染経路を断つかを考え、一人一人が理解して実行できるかがかぎになります。 幼い子どもがいる家庭が注意すべきことは? 矢野: 今、子どもは外出を控えるというレベルではありません。 子どもはマスクをしていても手で触ってしまいます。 まずは手洗いがきちんとできるようにしましょう。 終息するまで在宅勤務できるわけでもないし、ネット通販で暮らすわけにもいきません。 身を守るためにどこまで予防しなくてはいけないのか、悩む人が多いと思います。 矢野: 多くの人が触るような電車やバスのつり革などに触れて帰宅したら、必ず手洗いをするということに尽きます。 ベースとしての感染対策を高めるためには、ステップゼロが年齢ごとの標準的なワクチンを接種しておくということです。 その次に手洗いと咳エチケットです。 コロナウイルスのワクチンはありませんが、基本的な感染防御のレベルを上げておくことが大切です。 免疫力を高めるという視点からアドバイスすると、規則正しい生活をする、十分な睡眠を確保する、バランスの取れた食事を取る、運動を適宜する、といった健康の維持・増進に必要なことを続けていくことに尽きます。 日ごろの健康に対する認識を一気に上げるのは大変です。 100を基準とすると、標準的なワクチン接種で50をカバーして、手洗いや消毒を徹底することでそれが60に上がり、咳エチケットで80になるというようなベースを高めることが大切です。 そこまでベースが高ければ、例えエボラ出血熱や新型コロナウイルスでも準備することは少なくなります。 矢野: 報道や論文による情報をもとに考えると、感染力は麻疹(はしか)より低いと言えます。 麻疹では同じ空間にいると、空気感染するので麻疹にかかったことがない人はほぼ100%発症します。 新型コロナウイルスは基本的に飛沫感染なので、患者を中心として半径2メートルぐらいのところにいて、患者のせきやくしゃみが届く範囲にいる人や、ウイルスが付着した手が触った環境表面を周囲の人が触れば感染する可能性があります。 重症化しやすいと考えられているのは、糖尿病、心臓の病気、喫煙者、慢性の肺の病気、腎臓病の人、肝臓病の人、リウマチなどで免疫抑制剤を飲んでいる人、ステロイドのような免疫を下げる薬を飲んでいる人などです。 そういった人は、ふだんと違う異変を感じたらすぐ受診することを勧めます。 矢野: 症状が出ないのであれば、感染しても自分の抵抗力で対応できるということです。 症状が軽く終わってしまう人も含め、そういう人が大半であれば、それほど恐れる必要はありません。 一方で、重症化しやすい病気を持つ人たちは「ハイリスク者」として早めの受診をしてくださいという話になっていきます。 今現在では、まだ情報が十分ではない状況で、今後、どのくらいの方が重症化するリスクがあるのか、無症状の方はそのままでも大丈夫なのか、今後の情報で随時、判断していくことになります。 インタビューに答える矢野晴美・国際医療福祉大学教授 プロフィール 矢野晴美(やの・はるみ) 国際医療福祉大学医学部 医学教育統括センター教授・感染症学教授 岡山大学医学部卒業、同大学院博士課程(医学)卒業。 日本感染症学会評議員。 米国内科専門医、米国感染症専門医、英国熱帯医学専門医、国際旅行学会認定医。 おしらせ 新型コロナウイルスへの備えや終息のシナリオに関するインタビュー完全版は、朝日新聞のweb「論座」で読むことができます。 (telling,は抜粋版です).

次の