アメリカ ドル ウォン。 1ドル1200ウォンになると韓国がデフォルトするって言ってたやつがいた...

韓国ウォン両替レート:ドル、円リアルタイムチャート推移

アメリカ ドル ウォン

まぁ、面倒くさいことにはなるんだよ。 大体キリが良いところで企業は為替レートを想定して経営計画を建てるのよ。 1200ウォンなら大丈夫って思っていたらそのあたりに為替予約入れてたりするの。 でも、これを抜けると損をしてもその予約したレートで取引をしないといけない。 *銀行とかがね。 だから、それを抜けられないようにあの手この手を尽くすんだけど、それがダメだったら、損が膨らむし、そうなる前に損失を回避しようとするとどんどんレートがズレていくんだよ。 これまで1200を抜けさせまいとウォンを買っていたのに、それを手放さなければならない。 だとすると余計に勢いがついて1250、1300とまで行くかもしれない。 そうなると、割とシャレにならない事態になる。 その節目の一つが1200じゃないかって予測したのがいたってこと。 実際にはドルウォンがどんな状況になっていたのか知らないけど、割と伺う機会が長かったからとっくに危険ラインを1250とかに下がっていたりすると急激には動かないかもしれないけどね。 まぁ、経済学者とかアナリストが言うことは程々に聞くことだね。 外れたら何も言わない、あたったらドヤ顔する人種だから。 1,200じゃ崩壊はしない。 1つの(心理的)防衛ラインではあるけど、そこを突破されても第2段の防衛ライン1,500を超えられるくらいまでは大丈夫じゃないかな。 1997年のIMF通貨危機と比べても韓国経済自体が強くなっているし、外貨準備も増えているのでね。 韓国に投資している額の順番からいうと、アメリカ、EU、日本の順になるが、EUは日和見で儲かるとなれば投資額を増やすが、ちょっとでも危ないと一番に逃げ出す。 3番目の日本だけが、投資を減らしても韓国経済が崩壊するということがない。 1位のアメリカと3位の日本が韓国を逃げ出し、それを見て2位のEUが逃げ出すという状況になることが必要。 若しくは、アメリカがにげだしただけで、EUが逃げ出すということもあり得るが。

次の

リアルタイムチャート

アメリカ ドル ウォン

まぁ、面倒くさいことにはなるんだよ。 大体キリが良いところで企業は為替レートを想定して経営計画を建てるのよ。 1200ウォンなら大丈夫って思っていたらそのあたりに為替予約入れてたりするの。 でも、これを抜けると損をしてもその予約したレートで取引をしないといけない。 *銀行とかがね。 だから、それを抜けられないようにあの手この手を尽くすんだけど、それがダメだったら、損が膨らむし、そうなる前に損失を回避しようとするとどんどんレートがズレていくんだよ。 これまで1200を抜けさせまいとウォンを買っていたのに、それを手放さなければならない。 だとすると余計に勢いがついて1250、1300とまで行くかもしれない。 そうなると、割とシャレにならない事態になる。 その節目の一つが1200じゃないかって予測したのがいたってこと。 実際にはドルウォンがどんな状況になっていたのか知らないけど、割と伺う機会が長かったからとっくに危険ラインを1250とかに下がっていたりすると急激には動かないかもしれないけどね。 まぁ、経済学者とかアナリストが言うことは程々に聞くことだね。 外れたら何も言わない、あたったらドヤ顔する人種だから。 1,200じゃ崩壊はしない。 1つの(心理的)防衛ラインではあるけど、そこを突破されても第2段の防衛ライン1,500を超えられるくらいまでは大丈夫じゃないかな。 1997年のIMF通貨危機と比べても韓国経済自体が強くなっているし、外貨準備も増えているのでね。 韓国に投資している額の順番からいうと、アメリカ、EU、日本の順になるが、EUは日和見で儲かるとなれば投資額を増やすが、ちょっとでも危ないと一番に逃げ出す。 3番目の日本だけが、投資を減らしても韓国経済が崩壊するということがない。 1位のアメリカと3位の日本が韓国を逃げ出し、それを見て2位のEUが逃げ出すという状況になることが必要。 若しくは、アメリカがにげだしただけで、EUが逃げ出すということもあり得るが。

次の

外国為替計算

アメリカ ドル ウォン

まぁ、面倒くさいことにはなるんだよ。 大体キリが良いところで企業は為替レートを想定して経営計画を建てるのよ。 1200ウォンなら大丈夫って思っていたらそのあたりに為替予約入れてたりするの。 でも、これを抜けると損をしてもその予約したレートで取引をしないといけない。 *銀行とかがね。 だから、それを抜けられないようにあの手この手を尽くすんだけど、それがダメだったら、損が膨らむし、そうなる前に損失を回避しようとするとどんどんレートがズレていくんだよ。 これまで1200を抜けさせまいとウォンを買っていたのに、それを手放さなければならない。 だとすると余計に勢いがついて1250、1300とまで行くかもしれない。 そうなると、割とシャレにならない事態になる。 その節目の一つが1200じゃないかって予測したのがいたってこと。 実際にはドルウォンがどんな状況になっていたのか知らないけど、割と伺う機会が長かったからとっくに危険ラインを1250とかに下がっていたりすると急激には動かないかもしれないけどね。 まぁ、経済学者とかアナリストが言うことは程々に聞くことだね。 外れたら何も言わない、あたったらドヤ顔する人種だから。 1,200じゃ崩壊はしない。 1つの(心理的)防衛ラインではあるけど、そこを突破されても第2段の防衛ライン1,500を超えられるくらいまでは大丈夫じゃないかな。 1997年のIMF通貨危機と比べても韓国経済自体が強くなっているし、外貨準備も増えているのでね。 韓国に投資している額の順番からいうと、アメリカ、EU、日本の順になるが、EUは日和見で儲かるとなれば投資額を増やすが、ちょっとでも危ないと一番に逃げ出す。 3番目の日本だけが、投資を減らしても韓国経済が崩壊するということがない。 1位のアメリカと3位の日本が韓国を逃げ出し、それを見て2位のEUが逃げ出すという状況になることが必要。 若しくは、アメリカがにげだしただけで、EUが逃げ出すということもあり得るが。

次の