スピーカーpc。 【2020年版】PCスピーカーのおすすめ高音質モデル18選。高コスパモデルからゲーム向けまで

PCスピーカーのおすすめ人気ランキング25選【2020年最新版】

スピーカーpc

エンクロージャーとは、スピーカーの本体部分のこと。 PCスピーカーでは樹脂製のものが大半ですが、中にはMDF材などを用いた木製のものも。 エンクロージャーにもいくつか種類があり、それぞれに異なった特徴があります。 ・密閉型 密閉型はその名の通り、音の信号を振動させるパーツであるスピーカーユニットをエンクロージャーで密閉し、ユニットの後ろ側から発生する音波を外に出さないように作られた型です。 中の空気がバネのような役割をするため、タイトでクリアな低音の再現を得意としています。 ・バスレフ型 バスレフ型とは、密閉型の前面か背面に「バスレフポート」と呼ばれるポート(穴)を空けたスピーカーのこと。 ポートから出力する音が加わるため、密閉型に比べて低音は強調されています。 リッチで伸びのいい低音がお好みの場合にはこちら。 スピーカーの重要部分であるスピーカーユニットの構成にも、製品によって様々なタイプが存在します。 ユニット構成の主なタイプはそれぞれ以下の通りです。 ・マルチウェイスピーカー ツイーター(高音域用)・スコーカー(中音域用)・ウーファー(低音域用)などの異なるタイプのスピーカーユニットを搭載しているスピーカーです。 PCスピーカーにおいてはツイーター+ウーファーの2WAY方式が圧倒的に多いでしょう。 複数のスピーカーユニットからそれぞれに音を再生できるため、より厚みのあるサウンドを可能にしてくれます。 ・フルレンジスピーカー 1つのスピーカーユニットで低音から高音まで、全ての音域を再生する方式です。 シングルコーンと呼ばれることも。 重低音の迫力は出しづらいのですが、マルチウェイのようなユニットごとの位相の違いは発生しないため、音の再現性に優れ、聴いていて疲れにくい自然なサウンドを楽しむことができます。 本体サイズが79. 1chスピーカー。 有線のコントロールポッドを使用することで、電源や音量の操作、ヘッドホンジャックへの接続を簡単に行うことが可能となっている他、低域の調整にも対応が可能です。 また、サブウーファーに102mm径ドライバーユニットが下を向いたダウンファイアリングを採用し、深い低音域を引き立たせることができる仕様となっています。 音響システム 2. 1ch 音声入出力 アナログ入力x1(3. 正確な低音域を再生する3インチのポリプロピレン・コーティングのウーファーと、独自のツイーターによる2Way構成で、クリアな高音から豊かで深みのある低音に至るまで、細やかなディティールで再現してくれる一台です。 この価格でマランツが出していることに驚きの方もいるかもしれませんが、こちらは純正のマランツ製品ではなく、OEM製品だとのこと。 PC用スピーカーの域を超えた、質の高い音色の実現が可能なスピーカーであることは間違いないので、オーディオメディアをつないでも、またDTM用のモニタースピーカーとしても活躍することは間違い無いでしょう。 そのため、PCなどのスイッチをオンにすればすぐにいつもの音量で音楽を楽しむことができますし、スピーカーの付けっぱなしも防いでくれます。 毎日のことですから、ストレスなく使えるのはポイントですね! また、直感的に操作できる音量調整つまみとヘッドホンジャックも本体前面にあるため、ボリュームコントロールやヘッドホンへの切り替えも楽に行えます。 音響システム 2ch 音声入出力 3. 5mmステレオミニケーブル エンクロージャー バスレフ型 ユニット構成 フルレンジ 総合出力 1W 電源タイプ USB USBポートから電源を供給するUSB給電方式のスピーカー。 パソコンや薄型TVのサイドに設置するのにぴったりの、小さすぎず、大きすぎない絶妙なサイズ感が魅力です。 スピーカーユニットはやや上向きになる角度でデザインされているため、ボリュームが小さくてもはっきりクリアに聞き取ることができます。 サウンドはどの音域においてもフラットで、あまり主張しません。 特徴がないと言ってしまえばそれまでですが、クセがなく素直に聞けるため、リラックスタイムに動画や音楽などを楽しみたい場合などに良さそうです。 音響システム 2ch 音声入出力 3. 5mmステレオミニケーブル エンクロージャー 密閉型 ユニット構成 フルレンジ 総合出力 4W 電源タイプ USB 放送局のモニタースピーカーとして採用されたのをはじめ、長年プロの現場で厚い信頼を得ているFOSTEXが、その技術の粋を集めて実現したスピーカー。 ユニットには、7. 5cm口径のグラスファイバー製振動板を採用したウーファーと、1. 9cm口径のシルクドームツイーターが搭載され、ウーファー部分のエッジ(外周部分)には、伸縮性と振幅特性に優れた上質なロールラバーが使われています。 これによって、この価格帯のスピーカーとは思えない、クリアな音質と迫力のあるサウンドを実現しています。 低音が程よくバランスが取れているため、音楽のジャンルを問わず鳴らしてくれますし、大げさなサラウンドシステムはいらないけれど、ホームシアターで臨場感のある音で鑑賞したいという場合にも向いています。 スピーカーに何万もかけられないけれど、本格的なサウンドは楽しみたい…という方にぴったりのスピーカーではないでしょうか。 音響システム 2ch 音声入出力 RCAピンジャック360mV・ステレオミニジャック650mV エンクロージャー スレフ型 ユニット構成 2WAY 総合出力 30W 電源タイプ DC15V 入念に音質評価を行い、チューニングを繰り返しながら独自に開発された7cm口径のフルレンジユニットで、快い音の広がりと、全帯域に渡る自然な音の再現が実現されたヤマハのスピーカー。 バランスは低音~中音寄り。 サブウーファーなしでも迫力のある音が楽しめますので、低音の効いた打ち込み系などに最適です。 ただし、ラウドネスが少し強く、ボーカル曲などでは人の声が埋もれがちという声も…。 ラウドネスをコントロールするスイッチなどは搭載されていませんので、PC側のイコライザなどで調整を行う必要がありそうです。 音響システム 2ch 音声入出力 ステレオミニジャックx2 エンクロージャー バスレフ型 ユニット構成 フルレンジ 総合出力 14W 電源タイプ AC サテライトとサブウーファーの総合出力25Wを誇る、バランスのとれたサウンドを体感できる2. 1chのスピーカー。 音声入力とヘッドホン出力用に3. 5mmステレオミニプラグをそれぞれ1つずつ搭載しており、PCの他にも、ポータブルオーディオプレーヤーをはじめとする様々なオーディオ機器との接続が可能です。 また、手元での操作が可能な有線タイプのリモコンも付属しており、電源やボリュームのコントロールすることも容易になっています。 音響システム 2. 1ch 音声入出力 3. 高級感のあるウッド調ボディはオーディオ用のスピーカーをそのまま小型にしたようなデザインで、シックで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。 コンパクトサイズのPCスピーカーとしてはかなり大きいサイズの直径70mmのユニットを備えており、筐体にはMDFが使われているため、温かみのある低音・中音の再生が得意です。 残念なのはヘッドホン端子を備えていないこと。 本機を接続したままPC側の端子にイヤホン等を接続した際にもスピーカーが優先されるため、イヤホンに切り替えたい場合にはUSB端子を外す、もしくはPC側で設定の変更をする必要がありますので、その点にはご注意ください。 5mmステレオミニジャック エンクロージャー バスレフ型 ユニット構成 フルレンジ 総合出力 4W 電源タイプ USB 木製キャビネットの持ち味を生かした、柔らかさのある音色が特徴のコンパクトスピーカー。 共振の少ない安定感のある音の再生を可能にしているのは、従来のオーディオ用スピーカーと同様の木製エンクロージャー。 ボーカルなどの人間味を感じさせる中音域の再現がクリアで、品の良い、自然な響きを楽しむことのできる一台です。 低音域を増幅できるコンパクトなサブウーファーも付属しているため、低域から高域まで、より豊かな音色の再現が可能となっています。 音響システム 2. 5mm ステレオミニプラグ エンクロージャー バスレフ型 ユニット構成 フルレンジ+サブウーファー 総合出力 12W 電源タイプ AC 奥行き80mmのボディにコンセント要らずのバスパワータイプで、場所を選ばず設置できるスリムデザインのマルチメディアスピーカー。 この価格帯にも関わらず、充実した基本機能が揃っており、コストパフォーマンス抜群です。 本体前面には、電源と音量のコントロールを物理的に行えるパワーボタンとボリュームつまみを備えており、PC周りでの操作のしやすさも考えられた一台。 音楽の再生というよりは、ラジオの視聴や語学学習などに向いています。 最小のコストでスピーカーを揃えたいという方にはぴったりです。 音響システム 2ch 音声入出力 3. サブウーファーは付属していないモデルですが、Bose独自の技術「TrueSpaceステレオ・デジタル・プロセッシング回路」によって2つのスピーカーの外側にステレオイメージを創り出すことで、奥行やライブ感のあるサウンドが楽しめます。 まさにBoseサウンドといった厚みのある低音がよく響き、お気に入りの音楽、動画、ストリーミングコンテンツの鑑賞がさらに楽しくなること請け合いです。 音響システム 2ch 音声入出力 3. 5mmステレオミニジャック x 2 エンクロージャー バスレフ型 ユニット構成 フルレンジ 総合出力 メーカー非公開 電源タイプ AC(専用電源アダプター使用) ころんと丸みを帯びたデザインが特徴的なJBLのスピーカー。 中でも高音はとてもよく伸び、さわやかで明瞭です。 ボーカル曲、特に女性ボーカルでは、まるで歌手がその場で歌ってくれているかのような臨場感が楽しめます。 反対に低音の響きは控えめなため、低音を効かせて迫力を出したい映画鑑賞などでは物足りない部分もあるかもしれません。 本体の側面にある丸いディスク状のパーツはデザインだけではなく、音量調整用のパネルとしても機能するという優れモノ(右チャンネル内側のみ)。 指でぐるっと回せば素早くボリュームコントロールができ、本体デザインの一部としてもうまく収まって、すっきりと洗練された雰囲気を出すのに一役買っています。 音響システム 2ch 音声入出力 ステレオミニプラグ(3. 5mm) エンクロージャー バスレフ型 ユニット構成 フルレンジ 総合出力 5W 電源タイプ USB 88x110x90mmと場所を取らないコンパクトなサイズながら、バランスの良い音質が楽しめるコストパフォーマンスのいいスピーカー。 ボディがこのサイズですから低音はそれなりですが、高音の響きはすっきりしており、聴き疲れがありません。 カジュアルに音を楽しみたい場合にうってつけです。 この価格で満足のいく音を約束してくれるスピーカーはなかなかありませんし、とにかく低コストなため、アクティブスピーカー選びに迷ったらこれ!PCスピーカーのエントリーモデルとしてもおすすめできますよ。 音響システム 2ch 音声入出力 USBコネクタ・3. 5mmステレオミニジャック エンクロージャー 密閉型 ユニット構成 フルレンジ 総合出力 1. 2W 電源タイプ USB ロジクール 商品名 PCスピーカー JBL Pebbles pcスピーカー マルチメディアスピーカー 2. 0ch マルチメディアスピーカー MS-P05U Companion 2 Series III multimedia speaker system BSSP01U スピーカー MS-W02W USBスピーカー スピーカーシステム 2. 1ch PCスピーカー パワードスピーカー アクティブスピーカー PCスピーカー 400-SP067 マルチメディアスピーカー USBスピーカー Studio Scope 4 MM-SPWD2BKN マルチメディア スピーカー Z213 特徴 ランキング上位の常連!低コストでも高音質を楽しみたいあ... 納得のJBLサウンドをインパクトのあるデザインで楽しめ... プチプライスが魅力!LEDライトがクールなUSBスピーカー バイパス構造を備えたアクティブスピーカー バスレフ搭載で迫力の重低音が楽しめるマルチメディアスピーカー バウンダリー現象を防止するデザインを採用したシンプルな... パソコンでの音楽・動画鑑賞もBoseサウンドで! 狭いスペースでもOK!スリムデザインのマルチメディアス... サブウーファーなしでも深みのある豊かな低音域の再生が可能 ミニサイズでも本格派!木製キャビネット採用のコンパクト... シックなデザインで聴かせてくれるEDIFIERのスピーカー コンパクトでも総合出力25Wの2. 1chアクティブスピーカー いい音をより身近に。 便利機能が搭載されたスリムなスピーカー 本格的なサウンドをシンプル操作で楽しみたいなら 配線スッキリのUSB電源モデル。 絶妙なサイズ感も魅力です 機能性抜群!ストレスフリーで使えるスピーカー いつもの音を気軽に楽しむ!コスパのいいUSB電源モデル... ホームユースはもちろん、プロ用としても活躍できるデスク... デザイン性・機能性も兼ね備えた木製2chマルチメディア... コントロールポッドが付属したコンパクトな2. 1chスピーカー 最安値 音響システム 2ch 2ch 2ch 2ch 2ch 2ch 2ch 2ch 2ch 2. 1ch 2ch 2. 1ch 2ch 2ch 2ch 2ch 2ch 2ch 2ch 2. 1ch 音声入出力 USBコネクタ・3. 5mmステレオミニジャック ステレオミニプラグ(3. 5mm) 3. 5mmステレオミニブラグ ステレオミニプラグ(3. 5mm) 3. 5mmステレオミニジャック x 2 3. 5mmステレオミニジャック 3. 5mmステレオミニプラグ ステレオミニジャックx2 RCAピンジャック360mV・ステレオミニジャック650mV 3. 5mmステレオミニケーブル 3. 5mm) アナログ入力x1(3. 2W 5W 4W 10W 4W 2. 1W メーカー非公開 1W 10W 12W 4W 25W 14W 30W 4W 1W 3W 20W 6W 7W 電源タイプ USB USB USB AC USB USB AC(専用電源アダプター使用) USB DC 12V AC USB ACアダプタ内蔵タイプ AC DC15V USB USB USB AC 内蔵 AC 商品リンク•

次の

スピーカー(パソコン用)|PCスピーカー|周辺機器・ソフトウェア|パソコン通販のドスパラ【公式】

スピーカーpc

お持ちのPCのサウンドボードの出力端子の仕様を調べてください。 もしもLINE出力とSP出力との2つの端子を持っているか、或は切り替えられるようになっていれば、普通のスピーカーをSP出力に接続できます。 電気店でPCの端子に、お持ちのスピーカの端子を接続できるケーブルが入手できるはずです。 たぶんPCの方は、3.5mmのミニプラグではないかと思いますが。 接続ケーブルは、各種出回っていますよ。 ただサウンドボードのアンプは、出力が小さいので、あまり大きなスピーカーでは、効率が低く大音量は出ないでしょう。 SP出力が無い場合、またはスピーカーを良い音質で鳴らすには、相応しいアンプに接続するのが最も良いと思います。 そのスピーカーがコンポのスピーカーなら、それが相応しいアンプです。 コンポのLINE入力端子とサウンドボードのLINE出力端子をつなげばよいでしょう。 この場合もサウンドボードの端子とアンプの端子に合うケーブルが入手できるでしょう。 音には、拘る方ですか。 何を聞きますか。 もしも内臓CD-ROMドライブで音楽CDをお聞きになるのでしたら、別の原因(パソコンの内部は、アナログにとっては、ノイズだらけ)で良い音を出すのは、かなりの対策が必要になります。 Q/PCスピーカーよりもコンポスピーカーやサラウンドスピーカの方が音が良いですよね!? A/そうですか?物にもよりますが・・・必ずしもそうではないですよ。 コンポやサラウンドスピーカーによっては悪い物もありますし、パソコン用でも良いのは増えてますからね・・・どっちかというと、スピーカーよりPCのサウンドチップ経由のノイズが嫌ですね。 オンボードのサウンドでできの悪いのはスピーカー変えても許せないですね。 チビチビとノイズがのって・・・ ちなみに、いい音のPCスピーカーというと、タイムドメインスピーカー(富士通のPCで使われていた、変わった形のスピーカー)とか、NECのNXTハイブリッドスピーカー(HBフラットパネルスピーカー)などは結構音良いですよ。 サウンドチップさえよければ・・・自作PCのサウンドカード別搭載でなければこれが一番足を引っ張ることが多い。 Q/普通のスピーカーコードに細工をしてPCに繋ぐ方法はないのでしょうか? A/いわゆる、ステレオミニではなく、通常のスピーカーコードに変換したいと・・・ スピーカーはアンプがないと出力できませんよ。 アンプはスピーカーにあった音量や音声に増幅する・・・これを経ないといけない。 ということで、必ずアンプを経由しないと出力はできません。 コンポなり、システムステレオなり、プリメインアンプ経由なり・・・必ずアンプを必要とします。 ちなみに、PC用スピーカーは標準でアンプを内蔵しています。 アンプについては下を・・・(AVアンプとプリメインアンプの違い) A ベストアンサー 質問の文章からすると、PCのサウンド出力に直接コンポ用のスピーカーをつないで鳴らせるかと言うことのようですが、一般的なPCのサウンド出力はラインアウト(アンプに接続するためのもの)とヘッドフォン用の物が殆どでしょう。 コンポのAUX端子にPCからの出力を接続しコンポを経由で鳴らすのが妥当でしょう。 その際の接続には3. 但しあまりコードを長くするとノイズを拾う可能性があります。 市販品を使用する限りでは大丈夫でしょうが、延長用のアダプタなどで数本をつないで使うなどの場合は、要注意です。 一般にPC用のスピーカーにはパワーアンプが内蔵されていて、PCのラインアウトに接続して使用するようになっています。 アンプが内蔵されているので、パワードスピーカーなどと呼ばれます。 暇と好奇心がおありならば、秋葉原などで部品を集めて小型のパワーアンプを作って、スピーカーに組み込んでみるのも面白いかも、10W程度のアンプなら¥3000もあれば作れます。 質問の文章からすると、PCのサウンド出力に直接コンポ用のスピーカーをつないで鳴らせるかと言うことのようですが、一般的なPCのサウンド出力はラインアウト(アンプに接続するためのもの)とヘッドフォン用の物が殆どでしょう。 コンポのAUX端子にPCからの出力を接続しコンポを経由で鳴らすのが妥当でしょう。 その際の接続には3. A ベストアンサー PCから、というだけだといろんな接続方法(PCからの音声出力に何があるかによる。 アナログだとピンジャックやRCA端子、デジタルだと光や同軸、HDMIやUSB)がありますが、手軽なのはUSBかアナログピンジャックでしょうか。 音を出すにはスピーカーとPCの間にアンプ(音声増幅器)が必要になります。 ただ、アンプ内蔵のスピーカーも売ってますのでこれを買えばPCにそのまま接続出来ます。 ただ、基本的にアンプ内蔵スピーカーよりもアンプとスピーカーの組み合わせの方が高音質です(アンプ内蔵タイプはスピーカー自体も小型が多い)。 もちろん、バラでそろえるわけなので、最低価格はアンプ内蔵スピーカーより高くなります。 また、USB端子から直接接続できるアンプ内蔵スピーカーもあります。 これもピンキリで、2000円ぐらいからあります。 100均にもあったような。 基本的に、構造が同じなら値段と音質は大体比例します。 ただ、1万円以下のPC用スピーカーはコストの関係でわざとクセをつけ、好き嫌いのでる音色を作る傾向にあります(音質を上げられないので、音色で勝負している)。 PC用だとサブウーハー付の2. 1chがなら、音のバランスは置いといて高音から低音までズンドコ来る音を1万円以下で聞けます。 ロジクールから多数出してますので視聴してみてください。 逆にきちんとしたバランスの良い音楽を聴きたいなら、最近はやりのデジタルアンプと小型スピーカーをPCのアナログピンジャックと接続して聴くという手もあります。 koizumi-musen. php これにスピーカーを別に買ってつければ結構良い音が聞けます。 PCから、というだけだといろんな接続方法(PCからの音声出力に何があるかによる。 アナログだとピンジャックやRCA端子、デジタルだと光や同軸、HDMIやUSB)がありますが、手軽なのはUSBかアナログピンジャックでしょうか。 音を出すにはスピーカーとPCの間にアンプ(音声増幅器)が必要になります。 ただ、アンプ内蔵のスピーカーも売ってますのでこれを買えばPCにそのまま接続出来ます。 ただ、基本的にアンプ内蔵スピーカーよりもアンプとスピーカーの組み合わせの方が高音質です(アンプ内蔵タイプはスピーカー... 今回、ミニコンポの調子も良くないことや ジャズやクラシック(特にピアノが好きです)などを もっといい音で聴きたいと思い、 音楽を再生する環境を整えようと考えています。 自分なりに調べてみたのですが DACやDDC、USB-DACなど専門的な用語が出てきて どれがどんな役目をするのかわからなくなり どれを購入していいのか迷っています。 購入しようとしているプリメインアンプには 光デジタルの端子がなく アナログ端子入力だけのようです。 またパソコンのサウンドカードには 光出力端子の他にピンを挿すところが 4つあります。 どうぞよろしくお願い致します。 今回、ミニコンポの調子も良くないことや ジャズやクラシック(特にピアノが好きです)などを もっといい音で聴きたいと思い、 音楽を再生する環境を整えようと考えています。 自分なりに調べてみたのですが DACやDDC、USB-DACなど専門的な用語が出... USB を使うため、アナログのようにノイズが混入せずに、高音質化が可能だからです。 USB DAC は下記のようなものです。 amazon. 詳しくは、ご自分で検索して各ユニットの特性を調べてほしいですが、価格的にはピンからキリで、高いものはそれだけ音質が良くなる傾向にあります。 これらについては詳しくないので下記を参照して下さい。 livedoor. spatiality. USB を使うため、アナログのようにノイズが混入せずに、高音質化が可能だからです。 USB DAC は下記のようなものです。 amazon. 詳しく... Q 今あるスピーカーをパソコンに接続して音楽を聞きたいのですが、接続の仕方がわかりません。 調べるにもどこから手をつけていいかわからないので、教えていただけないでしょうか。 スピーカーとパソコンは以下のものです。 f00. itscom. sotec. html 新しく買わなければいけないものもあると思うので、具体的に商品を教えてもらえるとなお助かります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 御質問者さんが Speaker を既に御持ちなのであれば「市販の Speaker」は必ず「Amplifier」に繋いで音を出している筈です・・・ AC Consent から電源を得て鳴らす Powered Speaker と呼ばれるものは Amplifier 内蔵ですので、Cable を繋げば音が出ます。 html? これで「市販の Speaker」から音を出すことができます。 私も MacBook で Audio を楽しんでいますが、便利な iTunes に慣れてしまうともう Disc Player には戻れませんね 笑。 先ずは¥430 の Cable で御試しを 汗 ・・・もっと良い音で聴きたいという時は改めて御質問ください。 御質問者さんが Speaker を既に御持ちなのであれば「市販の Speaker」は必ず「Amplifier」に繋いで音を出している筈です・・・ AC Consent から電源を得て鳴らす Powered Speaker と呼ばれるものは Amplifier 内蔵ですので、Cable を繋げば音が出ます。 html? これで「市販の Speaker」から音... A ベストアンサー ヘッドフォーン出力が、ノーマルタイプ(大)なのかミニタイプ(小)なのか解りませんので、それぞれの場合を書いておきます。 尚、引用する画像の商品は、あくまで見本ですので、他のメーカーの同等品などと比較して決めて下さい。 cabling-ol. php で、ミニへサイズ変換し、 1 -II又は 1 -IIIを接続。 amazon. amazon. rakuten. 懐具合との相談で・・・) これを、アンプのAUXなどの入力に接続して、余裕ある音量を確保して、アンプのスピーカー出力から外部スピーカーへ繋いでやれば、それなりの音質と音量を維持出来ると思います。 ただ、この場合、ヘッドフォーン端子からですので、贅沢なクオリティーを要求する事は無理があります。 が、お持ちのSDコンポのボリューム変換に頼るよりは、機器の過剰負担から来る故障の可能性は大幅に減ると考えられます。 SDコンポのボリュームは、無理の無い程度の大きめに固定し、音量の変換はアンプ側で行うのが良いでしょう。 (注意・・・・稼動部を長期間に亘って動かさないと、接触部分が電流による腐食を招き、ガリの原因になりますので、メンテの為に時々動かしてやる事は必用です) 最後に蛇足かも知れませんが、参考になればと思い、URLを付けておきます。 chokai. HTML ヘッドフォーン出力が、ノーマルタイプ(大)なのかミニタイプ(小)なのか解りませんので、それぞれの場合を書いておきます。 尚、引用する画像の商品は、あくまで見本ですので、他のメーカーの同等品などと比較して決めて下さい。 cabling-ol. php で、ミニへサイズ変換し、 1 -II又は 1 -IIIを接続。 若し、小であれば 【 1 -II】「ケー... A ベストアンサー 単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。 かなり大ざっぱです。 まず、ヘッドホン出力とライン入力です。 耳で聞く インピーダンスは抵抗です。 プレイヤーからアンプ、スピーカー、そして耳に至る間に、機器同士の相性を合わせる必要があります。 大きな音(信号)の装置と小さな音の装置をつなぐには、その信号の強さを調整しないと音が流れなかったり、逆に流れすぎることがあって、最悪は壊れます。 例えば、スピーカーのインピーダンスを4オームから8オームに変えると音が小さくなります。 インピーダンスの大きなスピーカーを鳴らすにはパワーアンプの出力を上げる必要があります。 本当に大まかです。 ヘッドホン出力にラインをつないだら、音が大きすぎるので抵抗を入れる必要があります。 ライン出力にヘッドホンをつなぐと、上記の3. のパワーアンプが無い状態と同じです。 単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。 かなり大ざっぱです。 まず、ヘッドホン出力とライン入力です。 パワー... A ベストアンサー HDMI接続すると、大抵音声は他から出力されなくなるので、出力側で対処する必要があります。 Wii U も例に漏れず、HDMIと平行して出力はできないようですね。 atwiki. acer. pdf しかしながら、ヘッドフォン出力、どこかにありませんか? あれば、安めのPC用スピーカーを繋げるだけで、普通に聞けるレベルになるとおもわれます。 あとは、HDMI信号から音声を分離できる装置を間に挟むことでしょう。 ホームシアターシステムもその一種となりますが、他のもの(単に分離するだけのもの)もあるようですので、「HDMI 音声 分離」などで検索してみてください。 HDMI接続すると、大抵音声は他から出力されなくなるので、出力側で対処する必要があります。 Wii U も例に漏れず、HDMIと平行して出力はできないようですね。 atwiki. acer. pdf しかしながら、ヘッドフォン出力、どこかにありませんか? あれば、安めのPC用スピーカーを繋げるだけで、普通に聞け...

次の

普通のスピーカーでPCに繋ぐことは可能ですか?

スピーカーpc

人気・売れ筋や定番メーカーのPCスピーカーを用意。 価格帯とタイプで3つのカテゴリに分けてテストを実施します。 テストを行ったのはハウススタジオの一室。 0ch ・ヤマハ NX-50 ・TASCAM VL-S3 ・ロジクール MX SOUND ・クリエイティブ T15 Wireless SP-T15W [U2万円部門(1~2万円)] ・JBL JBL 104-Y3 ・FOSTEX PM0. 3H ・Edifier ED-R1280T ・クリエイティブ T100 ・MACKIE CR3 ・ボーズ Companion 2 Series III PCスピーカーがテーマの今回は、低音、中音、高音、音域の広がり、解像感と、音楽を聴くときの音質以外に動画視聴時の音質やボリュームを下げたときの音質も評価しています。 各項目を20点満点とし、合計140点満点で採点。 この評価が上位だった商品で3つの価格帯別にオススメランキングを作成しました。 それでは早速、お手頃価格の5000円以下のランキングからどうぞ! 5位は クリエイティブ「T15 Wireless SP-T15W」。 動画で歯切れのよい中高音を感じられるものの、ほかの機種より若干見劣りしてしまうのが残念。 U5000円で紹介したT10と似た特性で価格ほど大きな変化は感じられず。 BT内蔵ですが、PCスピーカーには不要な気も。 U1万円クラスになると、スピーカーが大型化するため、低音を中心に音質の向上がみられます。 とくに、動画のサウンドエフェクトなどで効果を実感しやすいので、パソコンでよく映画を観たり、ゲームをしたりする人は、このカテゴリ以上からチョイスするのがオススメです。 もちろん、BTスピーカーと違って有線なので、音が遅れる心配もありません。 最後に、1万円以上・2万円以下のランキングを発表します。 6位は ボーズ「Companion 2 Series III」。 低音が下まで伸びず、特定の帯域でボワンと強調されます。 昔のボーズっぽい音過多な音でした。 解像度が低く、こもった音だったことも評価を下げた要因といえます。 音楽制作にも使われる「モニタースピーカー」も増えてくるU2万円部門。 U1万円に比べると、全体的に音質が底上げされるのはもちろんですが、テスト結果からは「小音量」の評価が高い傾向が見てとれました。 以上、価格帯別PCスピーカーランキングでした。 0ch、音楽鑑賞なら JBL 104-Y3といった結果でした。 予算に応じて最適なPCスピーカーを選べば、今よりも格段に音楽や動画が楽しめるはずです。

次の