ヒルドイドクリーム 購入。 ヒルドイドフォルテクリーム40gを通販最安値で購入!成分や違いも|白くてきれいな肌になりたい!

【2020年版】ヒルドイドの市販薬を徹底比較【おすすめ10選】

ヒルドイドクリーム 購入

バンコク滞在3日目、娘に頼まれた『ルミガン』を求めてBTSアソーク駅近くにあるブレズ薬局を再び訪れました。 駅を出るとすぐお店が見えます。 商品の購入はクレジットカード決済も可能ですが2%の手数料がかかります。 VISAはOKでしたがアメックスは残念ながら使用不可。 UVミルクとローションのサンプルをたくさんいただきました💛 ヒルドイドクリームにはこの青色のパッケージのものとピンク色のパッケージのものがあります。 値段は青色の方が少々高価。 (含まれている成分量が少し違うようです) 100g入りが302バーツ、20g入りが212バーツでした。 今回購入しませんでしたが10g入りの小さなものもあります。 現在日本では美容目的でヒルドイドクリームを利用する人が増えていて問題になっているそうです。 今後は処方について厳しくなるような記事も見かけました。 ヒルドイドクリームの効能等の詳しい説明は省略〜。 たくさんの方がブログなどでアップされているので気になる方は参考にしてみて下さい。 赤ちゃんが使用しても大丈夫なお薬で保湿効果が高く、皮膚の炎症なども抑えることが出来るみたい。 特に気になる副作用などの心配はほとんどないのとのことなので安心しました。 Hirudoid Forte100g(302バーツ)、20g(212バーツ) 私はブレズ薬局で購入しましたが、いつもお土産を買いに行くBig Cの中にある薬局でも販売されていました。 目立つ場所に置いてありましたのですぐに見つかると思います! ヒルドイドクリームの効果 実際にバンコクで購入したその日から使用を始めてみました。 お薬なのでやはり少し薬品の匂いがします。 ほとんど気にはなりませんが…。 まずは顔、首から肩にかけて、手、足…ってほとんど全身やん! 大きい方買っといて良かった…。 久しぶりの感触にびっくり! 疲れてたもんね~最近。 今はお化粧の下地としても使用しています。 特に効果を感じられたのは首から肩にかけて、私はめんどくさがりなので普段お肌のお手入れとかあまり気にかけない。 顔はしょうがないので一応やりますが…。 しっとりして肌が再生されたみたいなのすごく感じました。 (個人的感想です…。 ) とにかく、たぶんこれ手放せない。 そう思いました。 値段もタイなら大きいのでも1000円ちょっとで購入できます。 笑 今度はピンクの10g入りを買いました。 1個89バーツ。 日本円で300円程度。 私の帰国を待ってるお友達にプレゼントとしてたくさん買いました。 彼女とても綺麗なんです。 私、可愛い女性大好きなんですね(?) 帰りの乗り継ぎ地ホーチミンの空港でもお土産屋さんの可愛らしい店員さんと話したいためだけにサンダル買いました! 黒が良かったんだけどサイズが無くて…。 店員さんが困った顔してたのでヌーディーカラーのでいいよって言ったらにっこり。 とっても可愛らしい笑顔に大満足💛 日本のお友達は帰国の前日に連絡あって戻ったその日に会う約束をしてしまいました。 (笑) 空港からうちに戻って速攻シャワーをして待ち合わせの場所へ。 ヒルドイドクリームを手渡すと彼女ちょっとおどろいてました。 なんでお薬?って思ったみたい。 でも有名なので当然彼女もヒルドイドクリームのことは知っていてめっちゃ喜んでくれました! ますます綺麗になってね! きっと女性にはかなり喜んでもらえると思います。 笑 値段も手ごろで小さくてかさばらないしお土産には最適! 冬休み、年末年始タイに行かれてお土産に迷ったら購入してみては。 Watosonsのミルクソルトスクラブもおすすめ もう一つおまけ💛 こちらのミルクソルトスクラブはワトソンズで購入。 1個99バーツだけどもう一個ついてくるの。 2個で99バーツっていうこと。 レビューはまったく見当たらず迷ったけど安かったので試しに購入してみました。 期待してなかったんですがこれがすごーく良かった。 次タイに行ったら絶対買うと思う。 『milk salt scrub』 牛さんのマークが目印です。 やばーい。 お土産にしようと思ったけどやっぱりあげなーい。 自分で使うことにしました。 笑 顔はあまりゴシゴシするとピリッとするので気になるところだけ使用、お風呂で全身に使ってます。 こちらも機会があればぜひお試しくださいね。 周りにタイへ行く方がいればお土産にねだってみましょう 笑 どちらも入手がとても楽なので負担にならないと思います。 今回のバンコクでのお買い物も大満足でした〜! nana2924.

次の

ヒルドイドクリームが最安値の通販はここ

ヒルドイドクリーム 購入

タイ土産としてヒルドイドクリームが推奨されている理由 タイでは、ヒルドイドクリームを買うのに 処方箋が必要なく、ぴょんと飛び込みで入った薬局やドラッグストアで気軽に買えてしまうんです。 タイの女子土産として人気な理由はもう1つあって、「とにかく安い」。 もしも、処方箋なしで日本でこの類のクリームを買うとすれば、「傷あと・やけどのあとに アットノン」などがそれにあたりますが、コレ、わかる通り、なかなかの価格…! ザックリですが、タイで販売されているヒルドイドと比較すると 4~5倍します。 てなワケで、タイでヒルドイドクリームを買ってみた とにかくヒルドイドが欲しかった私。 タイ旅で一番最初に出会ったファーマシー(薬局)で、さっそく探してみました。 ヒルドイドは結構目立つ場所に並んでいて、薬剤師さんに聞くまでもなくすぐに発見! おそらくですが、タイの薬局ならばたいていどこでも「日本人の女の子が来たらだいたいコレを買うんでしょう」ってな具合で慣れていて(笑)、Ratin-Aクリームやルミガンなども同様に、欲しそうにしていたらすぐにわかってもらえます。 無事GET。 40グラムの大き目なサイズで、700円程度でした。 ヒルドイドクリームを買えるのはココ ヒルドイドは、薬局やドラッグストアで手に入ります。 首都バンコクであれば、歩いていれば結構見かけますし、チェンマイなどの地方都市でも、空港などで探せば、さして苦労なく手に入るんじゃないしょうか。 薬局ならば、ブレズ薬局などが有名です。 ヒルドイドクリームの使い方 前述のアットノン~を思い浮かべていただいたらわかる通り、使用においてはそこまで神経質にならなくてもいいと思います。 (って専門家じゃないので無責任なことはあまりかけないのですが。 ) 日本で処方された場合、看護師さんも「患部に塗ってくださいね~。 ま、保湿クリームなんでどこに塗っても大丈夫ですが。 」なんて風に案内してくれます。 また、薬剤師の身内曰く、「すごくかぶれやすいような湿布」を貼るときに、下地として塗っておいたりもするそうです。 あ、そうそう、ヒルドイドクリームの人気の火付け役と言われているモデルの方も 化粧下地として使っているそうな。 ネットでは、これを使ってパックするのも流行っている様子。 「保湿、血行促進、傷あとをはやくきれいにする。 」 なるほど、それは確かに究極の美肌クリームなのかもなぁ。 みなさまもぜひタイに行ったならば、ヒルドイドクリームに注目してみて! 正直、個人的にはかなりオススメの 自分土産です。

次の

【2020年版】ヒルドイドの市販薬を徹底比較【おすすめ10選】

ヒルドイドクリーム 購入

index 目次• 子どもの肌の乾燥が気になる時期 空気がどんどん乾燥し始めるこの時期。 子どもの肌の乾燥も気になり、皮膚科へ行かれるママさんも多いのでは?私も毎年、夏が終わり9~10月下旬あたりに、娘の肌の状態が気になって、皮膚科へ行くことがあります。 そして、乾燥対策として「ヒルドイド」を処方されることが多いです。 ぎゅって読者の中にも、子どもを皮膚科に連れて行ったときに、処方されたことあるのでは? この「ヒルドイド」、マルホ株式会社が製造販売している保湿剤で、アトピー性皮膚炎の治療薬として処方されています。 美容に興味のある人なら聞いたことがあるかもしれませんが、実はこの「ヒルドイド」の処方をめぐって、社会問題が起こったことを知っていますか? 本来であれば、医療目的で使われるはずの「ヒルドイド」ですが、上記のニュースに見られるように、美肌を目的として大量に処方してもらうケースが急増してしまいました。 そのため、保湿剤そのものを保険適用外にする動きもあったのです。 今まで、子どもの肌のために使っていた薬でしたが、もしこれが保険適用外になってしまったら…と思うと、少しヒヤッとします。 「ヒルメナイド油性クリーム」が発売! この流れを受け、少しでも国の健康保険財政の圧迫を緩和しようと開発されたのが、「ヒルメナイド油性クリーム」です。 第二類医薬品なので、処方箋がなくても購入することができます。 実は、この「ヒルメナイド油性クリーム」は、今年の9月11日に全国のマツモトキヨシで発売されたばかり。 発売直後は、Twitterなど各種SNSでも話題になりました。 外箱を見ると、 乾燥が気になる顔・手・体などにご使用ください とのこと。 効能・効果として、 手指の荒れ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角質症、手足のひび・あかぎれ などと書かれています。 また、 赤ちゃんから使える保湿クリームです とも。 「ヒルドイド」と「ヒルメナイド油性クリーム」、同じ成分が入っている 「ヒルドイド」と「ヒルメナイド油性クリーム」は、なんだか名前が似ているので、ややこしいですよね。 似ているのは名前だけでなく、どちらも同じように保湿剤として使われていて、どちらも同じ成分が含まれています。 それは「ヘパリン類似物」というもの。 「ヘパリン」は元々体内にあるものですが、それに似ているのが「ヘパリン類似物」。 ヘパリン類似物の構造を見ると、硫酸基やカルボシル基、水酸基等の多くの親水基を持って…ややこしい! 簡単に言えば「ヘパリン類似物」には、水分を保つ力があるので、クリームに入れてしまえば保湿が期待できる、ということらしいです。 また、「ヒルドイド」(クリームや軟膏、ローションなどがありますが)と「ヒルメナイド油性クリーム」に入っているヘパリン類似物は、量も同じです。 「ヒルメナイド油性クリーム」を購入 そんなわけで、秋口から乾燥してしまうわが娘の肌のために、マツモトキヨシでヒルメナイド油性クリームを購入してみました。 箱から出すと、13センチ弱のピンク色のチューブが入っています。 クリームの色は白です。 下の画像のように、娘の手の甲にクリームを少し出してみました。 娘に自分でクリームを伸ばしてもらうと、「少し伸びにくい」ようで、下の画像のように白く残りました。 残ったクリームを、私がさらに伸ばしていくと、すっと溶ける感じで透明になりました。 子どもだけでは伸ばしきれなかったことから、「やや重めのテクスチャー」と感じます。 子どもが使う場合は、1人で使うのは避け、大人が一緒に見てあげたほうが良いと思いました。 娘の肌は秋から冬にかけて、特にひじやひざが乾燥でかゆくなり、掻きむしってしまうこともあります。 今年はそれを防げたらいいなと思っています。 どこで買える? ヒルメナイド油性クリームは、全国のマツモトキヨシ(一部店舗除く)で、50g入り1280円で販売されています。 店頭では、基礎化粧品のコーナーにはありませんでした。 もし、探していて見つからなかったら、店員さんに聞いてみてくださいね。

次の