ロマンスドール 主題歌。 主演:高橋一生×ヒロイン:蒼井優! 映画『ロマンスドール』より、主題歌「やさしいままで」特別映像公開

10年間の結婚生活が流れる…高橋一生×蒼井優『ロマンスドール』主題歌フル尺版特別映像

ロマンスドール 主題歌

ロマンスドール 監督 脚本 タナダユキ 出演者 音楽 主題歌 「やさしいままで」 撮影 編集 製作会社 『ロマンスドール』製作委員会 配給 公開 2020年1月24日 上映時間 123分 製作国 言語 『 ロマンスドール』は、公開の。 演じる職人の哲雄と、演じる妻の園子の10年間を描く。 当初は2019年秋に劇場公開予定だったが、2019年3月12日、本作に出演しているがを使用したとして違反容疑で逮捕された ことを受けて公開延期となり、再撮影は行わずに2020年1月24日に公開された。 原作となる同名小説は企画の10年前に発表された。 哲雄役の高橋一生というキャスティングについては、密かに希望していたが、『スノービューティー ホワイトニング フェースパウダー 2017』特設サイトのショートムービー『Laundry Snow』で共作した際に「お芝居に非の打ち所がないだけでなく、すごく器用でもあって、より一層、哲雄を託せるのは高橋一生さんしかいないと確信しました」という。 主題歌を担当した「never young beach」のメンバー安部勇磨(Vo, G. )は主演の高橋一生の弟であり、兄弟コラボ作品となった。 キャスト [ ] 北村哲雄 演 - 美大の彫刻科を出てフリーターをしていたが、ひょんなことからラブドールを製作する久保田商会で働くことになる。 ラブドールについては知識も関心もなかったが、造形師である相川の元で働くうちに、職人としての情熱が生まれていく。 型取りモデルとして出逢った園子に一目惚れし、その日のうちに交際を申し込む。 結婚後は仕事に打ち込むあまり夫婦関係をおろそかにしてしまい、また、園子に軽蔑されることを恐れて職業を隠し続けていたこともあって、園子との間がぎくしゃくしていく。 北村 小沢 園子 演 - 元美術モデル。 「医療用人工乳房の型取り」という名目を信じて久保田商会を訪れ、そこで出逢った哲雄と結婚。 気立てがよく愛妻弁当を欠かさない良き妻だが、ある秘密を抱えることになり、悩んだ末にひとりになることを決意して哲雄に離婚を申し出る。 久保田商会 [ ] 相川金次 演 - 久保田商会唯一の造形師。 哲雄の師匠であり、良き相談相手。 大学卒業後、おもちゃメーカー勤務を経て、子供向けのソフトビニール人形を作ろうと独立したが、相方に裏切られて破綻し、妻子とも別れた。 やるせなさから飲み屋で暴れて留置場に入れられ、そこで出逢った久保田と共に久保田商会を立ち上げる。 ラテックス、ソフトビニール、シリコンと素材を変えながら、30年にわたって「究極の人形」を追求している。 引退前の最後の新製品開発で、「医療用人工乳房の製作」と偽って生身の女性から型取りすることを思いつく。 田代まりあ 演 - 久保田商会の古株で、管理業務担当。 相川とは「キンキン」「おばちゃん」と呼び合う仲。 哲雄はじめ社員の皆をあたたかく見守る。 久保田薫 演 - 久保田商会社長。 警官だった頃に相川と出逢い、久保田商会を設立した。 常にリアリティを追求し、また職人の思いやこだわりをよく理解しており、に抵触する製品を出して逮捕されることも珍しくない。 社員 演 - 社員 演 - 社員・木内 演 - 社員 演 - その他の人物 [ ] 両角 演 - 相川亡きあと、哲雄の助手として久保田商会に加わる。 哲雄が苦心して実用にこぎつけた新素材エラストマーの配合データを盗んで「世界初のエラストマー製ラブドール」を発売する。 ひろ子 演 - 哲雄が夜のゲームセンターで出逢うOL。 哲雄をカラオケに誘い、「」を熱唱する。 園子との間がぎくしゃくしていた哲雄と一夜限りの関係を持つ。 原田 演 - 久保田商会を内偵している調査官。 久保田とは長い付き合い。 スタッフ [ ]• 原作:(『ロマンスドール』)• 監督・脚本:• 音楽:• 製作:松井智、堀内大示、大富國正、堤天心、門田庄司、新井重人• 企画・プロデュース:永田芳弘• プロデューサー:湊谷恭史、米山加奈子• 撮影:• 照明:木村匡博• 録音:• 美術:• 装飾:遠藤善人• 衣装:宮本茉莉• ヘアメイク:有路涼子• 特殊造型・特殊メイク:• 編集:• VFX:堀田弘明• 助監督:松倉大夏• スクリプター:増子さおり• 制作担当:村山亜希子• フードコーディネーター:• 製作:『ロマンスドール』製作委員会(//エキスプレス///)• 企画・製作幹事:• 特別協力: 主題歌 [ ]• 「やさしいままで」() 脚注 [ ]• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年3月13日. 2019年4月5日閲覧。 映画ナタリー ナタリー. 2019年8月8日. 2020年6月23日閲覧。 CINRA. NET. 2019年1月29日. 2020年6月23日閲覧。 ファッションプレス. 2020年1月22日. 2020年6月23日閲覧。 シネマカフェ cinemacafe. net. 2019年10月4日. 2020年6月23日閲覧。 シネマカフェ cinemacafe. net. 2019年10月22日. 2020年6月23日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

『ロマンスドール』主題歌はnever young beach 高橋一生と“兄弟共演” /2019年10月24日 1ページ目

ロマンスドール 主題歌

俳優の高橋一生が主演を務め、女優の蒼井優と共演する映画『ロマンスドール』の主題歌を、4人組バンド・never young beachが手掛けることが決定した。 好きです」とコメントした。 本作は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載されたタナダユキの同名小説を、タナダ自身の脚本・監督により映画化。 男女が強く引かれ合い、すれ違い、もがきながらも、夫婦として本当の幸せを見つけていく物語を描く。 高橋と蒼井は映画『リリィ・シュシュのすべて』(2001)以来18年ぶり2度目の共演。 このほか、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうといった個性豊かな実力派俳優陣が集結する。 never young beachは本作のための書き下ろし主題歌に加え、劇中歌も手掛けており、心地よくも登場人物の心情に寄りそったサウンドで、『ロマンスドール』の唯一無二な世界を彩る。 主題歌をnever young beachが手掛けると聞き「えー!」という気持ちになったという高橋は、楽曲を聞き「兄だけど。 好きです」とコメント。 タナダ監督は「聴いた時、その詞や曲、歌声が、主人公の哲雄の哀しみや後悔をもやさしく肯定してくれているようで、深くあたたかく胸に響き、感極まりました。 最後の一音が終わるまでが、映画『ロマンスドール』の世界です。 この曲が沢山の人に届きますように」とメッセージを残した。 never young beachは「人間、誰かを愛しても様々なすれ違いがあると思います。 ベストな状況は少しの間。 日々の中、互いに変わっていき、ぶつかる。 それでいいと思うんです。 正しさだけが人を救うわけじゃない。 疲れちゃう。 どんな状況になっても受け入れ、楽しみ、互いの違いを理解出来たら。 愛するということは許すということなのかな。 そんなことを思い作りました」と楽曲に込めた思いを語っている。 映画『ロマンスドール』は2020年1月24日より全国公開。

次の

ネバヤンが映画『ロマンスドール』主題歌担当 主演・高橋一生「好きです」

ロマンスドール 主題歌

が映画の 主題歌と 劇中歌を担当することがわかった。 『ロマンスドール』のために新曲を書き下ろし 一目で恋に落ちて結婚した妻との日々を描き、 ラブドール職人という型破りな設定とセンセーショナルな展開に多くの話題と共感を呼んだ、の 小説『ロマンスドール』。 小説の発表から10年を経て 原作者自らが メガホンを取って 映画化した本作は、2020年1月24日(金)に全国公開を控えている。 今回の never young beachの 主題歌起用は、タナダ監督にとって念願のオファーとのこと。 さらにnever young beachは、本作の主題歌に加え 劇中歌も手掛けており、登場人物の心情に寄りそったサウンドで『ロマンスドール』の世界観を彩っている。 もうすぐアジアでのライブを控えているnever young beachだが、映画のために一体どのような曲を書き上げたのか。 詳細が待ち遠しい。 never young beach、高橋一生、監督からコメント到着 また今回の発表に際して、本作の主演である高橋一生とタナダから本人コメントが到着した。 自分たちのつくった曲が映画館で流れるという経験がないのでワクワクしました。 映画の本編が終わり、エンドロールを観ながらエンディングの曲を聴いている時間が実は一番脳みそから何か出ている気がするんです。 見終わってジュワーといろいろ実感するというか。 あの時間に自分たちが関われるなんて。 そんな気持ちがあったので主題歌のオファーを頂いた時は単純に嬉しかったです。 映画から受けた印象は、余白があって、凄く素朴。 だからこそ役者さん、音、映像、様々な個性を感じられました。 人間、誰かを愛しても様々なすれ違いがあると思います。 ベストな状況は少しの間。 日々の中、互いに変わっていき、ぶつかる。 それでいいと思うんです。 正しさだけが人を救うわけじゃない。 疲れちゃう。 どんな状況になっても受け入れ、楽しみ、互いの違いを理解出来たら。 愛するということは許すということなのかな。 そんなことを思い作りました。 never young beach (主題歌をnever young beachさんが手がけるとお聞きになった際のお気持ち えー! (主題歌を聞いたときの感想) 兄だけど。 好きです。 高橋一生 never young beach を知ったのは3年近く前のこと。 彼らの作る曲には新しさと同時に、どこかノスタルジーがありました。 とっつきやすいのに、一筋縄ではいかない豊かさ。 ひねくれてなんかいないのに、でもやっぱりちょっとひねくれているような可愛げ。 いつか何かの映画で主題歌をお願いしたいなとずっと思っていて、ようやくそれが叶いました。 初めて完成した主題歌を聴いた時、その詞や曲、歌声が、主人公の哲雄の哀しみや後悔をもやさしく肯定してくれているようで、深くあたたかく胸に響き、感極まりました。 最後の一音が終わるまでが、映画「ロマンスドール」の世界です。 この曲が沢山の人に届きますように。

次の