進撃 の 巨人 フリッツ。 【進撃の巨人】115話でユミル・フリッツがジークを助けた理由が衝撃だった|マンガタリ

『進撃の巨人』29巻 始祖ユミル・フリッツとエルディア人

進撃 の 巨人 フリッツ

進撃の巨人:ダイナ・フリッツとは? ダイナ・フリッツはマーレ国内の収容区で暮らすエルディア人です。 他のエルディア人と異なり、彼女はパラディ島への移住を拒否した 王族の唯一の末裔であります。 しかし、王族であるということはマーレ国に秘密にして暮らしていました。 グリシャがエルディア復興派に加入してから、フクロウの導きにより、王族であるダイナを復興派の集会へと送り込まれたのです。 唯一の王族の末裔ということもあり、エルディア人の仲間たちを見て、また仲間を奮い立たせるグリシャを見て、涙を流しています。 おそらく、エルディア人の希望は捨てていない人たちがいる、という涙だったのでしょうか。 このときにダイナはグリシャに惹かれたのか、翌年、グリシャとダイナは夫婦となります。 そして王家の血を継ぐ息子、 ジークを出産するのでした。 グリシャとダイナの2人はジークを熱心に教育をします。 それはマーレの政府が募集をする「マーレの戦士」としてスパイをさせるため。 しかし、ジークが7歳の時、グリシャとダイナの2人を密告します。 そののちにダイナは拷問を受け「楽園送り」の刑にあい、パラディ島に連れていかれグリシャの目の前で巨人化の注射を打たれ、巨人となるのでした。 無垢の巨人となったダイナは壁の外を彷徨いつづけました。 そして超大型巨人によって壁が壊された日、巨人のダイナは壁内へと侵入します。 巨人化する前に言った約束の言葉通り、グリシャの家に一直線で向かうダイナ。 しかしグリシャはおらず、代わりにグリシャの後妻でエレンの母であるカルラを捕食するのでした。 カルラを食べた巨人という意味で、ダイナはネット上で「カルライーター」と呼ばれるようになったのです。 無垢の巨人は本来意思がないものとされていますが、巨人化してもなお、グリシャへと伝えた言葉通りに家にたどり着いたことはダイナのグリシャへの一途な想いが表わされているように思えます。 ダイナはハンネスも捕食! 5年前、進撃の巨人展を当時9歳の娘と見に行きました! 大型スクリーンに映し出された巨人は、我々のいる場所を通り過ぎた、と思ったら、突然カルライーターのどアップ! 娘は「1分くらい心臓止まった。 」 と言っていた。 私は笑って聞いていたが、私も1分くらい心臓止まった😭 — マッスグブラザーズ2号 4NkVHjRyOLdBXjf シガンシナ区崩落ののち、しばらく姿を現さなかったダイナ巨人。 しかし、ライナーたちがエレンらを拉致して逃亡を図り、その追撃をしていたとき、再び現れます。 多くの巨人の出現により追い詰められたエレンとミカサ、ダイナの間にハンネスが入り戦います。 ハンネスはカルラを助けることができなかったことを後悔していました。 そのため、仇を討とうと意気込むハンネスですが、健闘するものの力が及ばず、捕食されてしまうのです。 その姿はカルラが捕食された時を思い出すようなシーンでした。 >> 巨人化したダイナの最期は? まじで進撃の巨人最終話良かった 原作の力入ってるコマが本当にすごく良い感じで ミカサのシーンとか巨人操るダイナのシーンとか!ハンネスさんも…。 終わり方もうまいことまとまってたし! 来週は声優さんトーク番組みたいな感じか 三期期待! — 翔大 HAMAZI333 再び自分の力が及ばず、目の前で大切な人であるハンネスを、5年前と同じ巨人に捕食されてしまったエレン。 もう死を覚悟するしかない状況で、ミカサからいろいろな想いを伝えられたことにより奮い立ちます。 巨人化はせずに人間の姿のまま、捕まえようとするダイナの手へ拳で怒りをぶつけ殴りました。 するとグリシャから受け継いだ始祖の巨人の力が働いたことによって、周囲にいた無垢の巨人がダイナに襲いかかります。 そしてそのまま、巨人のダイナは無垢の巨人に襲われて死亡したのです。 ダイナは、最期にグリシャの息子であるエレンへとなにか魅かれるものがあったのでしょうか。 再びエレンの前に現れたことにはグリシャへの愛を貫いたように感じられました。 なぜダイナが無垢の巨人に襲われたのか、というのは謎でしたが、このエレンの力は後に、.

次の

【122話】進撃の巨人最新話までのネタバレ考察【30巻(最新刊)】

進撃 の 巨人 フリッツ

進撃の巨人:ダイナ・フリッツとは? ダイナ・フリッツはマーレ国内の収容区で暮らすエルディア人です。 他のエルディア人と異なり、彼女はパラディ島への移住を拒否した 王族の唯一の末裔であります。 しかし、王族であるということはマーレ国に秘密にして暮らしていました。 グリシャがエルディア復興派に加入してから、フクロウの導きにより、王族であるダイナを復興派の集会へと送り込まれたのです。 唯一の王族の末裔ということもあり、エルディア人の仲間たちを見て、また仲間を奮い立たせるグリシャを見て、涙を流しています。 おそらく、エルディア人の希望は捨てていない人たちがいる、という涙だったのでしょうか。 このときにダイナはグリシャに惹かれたのか、翌年、グリシャとダイナは夫婦となります。 そして王家の血を継ぐ息子、 ジークを出産するのでした。 グリシャとダイナの2人はジークを熱心に教育をします。 それはマーレの政府が募集をする「マーレの戦士」としてスパイをさせるため。 しかし、ジークが7歳の時、グリシャとダイナの2人を密告します。 そののちにダイナは拷問を受け「楽園送り」の刑にあい、パラディ島に連れていかれグリシャの目の前で巨人化の注射を打たれ、巨人となるのでした。 無垢の巨人となったダイナは壁の外を彷徨いつづけました。 そして超大型巨人によって壁が壊された日、巨人のダイナは壁内へと侵入します。 巨人化する前に言った約束の言葉通り、グリシャの家に一直線で向かうダイナ。 しかしグリシャはおらず、代わりにグリシャの後妻でエレンの母であるカルラを捕食するのでした。 カルラを食べた巨人という意味で、ダイナはネット上で「カルライーター」と呼ばれるようになったのです。 無垢の巨人は本来意思がないものとされていますが、巨人化してもなお、グリシャへと伝えた言葉通りに家にたどり着いたことはダイナのグリシャへの一途な想いが表わされているように思えます。 ダイナはハンネスも捕食! 5年前、進撃の巨人展を当時9歳の娘と見に行きました! 大型スクリーンに映し出された巨人は、我々のいる場所を通り過ぎた、と思ったら、突然カルライーターのどアップ! 娘は「1分くらい心臓止まった。 」 と言っていた。 私は笑って聞いていたが、私も1分くらい心臓止まった😭 — マッスグブラザーズ2号 4NkVHjRyOLdBXjf シガンシナ区崩落ののち、しばらく姿を現さなかったダイナ巨人。 しかし、ライナーたちがエレンらを拉致して逃亡を図り、その追撃をしていたとき、再び現れます。 多くの巨人の出現により追い詰められたエレンとミカサ、ダイナの間にハンネスが入り戦います。 ハンネスはカルラを助けることができなかったことを後悔していました。 そのため、仇を討とうと意気込むハンネスですが、健闘するものの力が及ばず、捕食されてしまうのです。 その姿はカルラが捕食された時を思い出すようなシーンでした。 >> 巨人化したダイナの最期は? まじで進撃の巨人最終話良かった 原作の力入ってるコマが本当にすごく良い感じで ミカサのシーンとか巨人操るダイナのシーンとか!ハンネスさんも…。 終わり方もうまいことまとまってたし! 来週は声優さんトーク番組みたいな感じか 三期期待! — 翔大 HAMAZI333 再び自分の力が及ばず、目の前で大切な人であるハンネスを、5年前と同じ巨人に捕食されてしまったエレン。 もう死を覚悟するしかない状況で、ミカサからいろいろな想いを伝えられたことにより奮い立ちます。 巨人化はせずに人間の姿のまま、捕まえようとするダイナの手へ拳で怒りをぶつけ殴りました。 するとグリシャから受け継いだ始祖の巨人の力が働いたことによって、周囲にいた無垢の巨人がダイナに襲いかかります。 そしてそのまま、巨人のダイナは無垢の巨人に襲われて死亡したのです。 ダイナは、最期にグリシャの息子であるエレンへとなにか魅かれるものがあったのでしょうか。 再びエレンの前に現れたことにはグリシャへの愛を貫いたように感じられました。 なぜダイナが無垢の巨人に襲われたのか、というのは謎でしたが、このエレンの力は後に、.

次の

【122話】進撃の巨人最新話までのネタバレ考察【30巻(最新刊)】

進撃 の 巨人 フリッツ

『進撃の巨人』29巻 とりあえず気になった点。 「道」とは…? そうか…あれが…「道」…なのか… 雷槍で自爆したジーク。 再生能力がある巨人でも死を覚悟しましたが、謎の場所(現実世界とは体感時間が違う様子)で謎の少女が土をこねて体を作って再生してくれました。 謎の場所を 「道」と抽象的な言葉で表現してました。 なんかステージ高い異次元世界って感じです。 この「道」という表現は以前クルーガーも追及していました。 88話 「九つの巨人」を宿す者が力を継承することなく死んだ場合、巨人の力はそれ以降に誕生するユミルの民の赤子に突如継承され「何か」で繋がってるそうな。 ある継承者は「道」を見たと。 巨人を形成する血や骨、記憶や誰かの意思も道を通る。 その道はすべて一つの座標で交わる。 つまり、それが… 「始祖の巨人」だ。 すべての巨人…すべてのユミルの民はその座標へと繋がっている。 空間を超越した「道」でな 巨人を形成するものや記憶から意思が道を通って交わる「座標」。 ジークの居た場所は道の座標といったところでしょうか。 始祖「ユミル・フリッツ」 謎の少女 ジークを再生させたボロボロの少女。 道が交わる「座標」が「始祖の巨人」なら、謎の少女は「始祖ユミル」本人もしくは深く関わる重要人物でしょうか。 しかも、「道」って高次元なところにいながら現実世界の巨人になって干渉できてる。 見るからに身分の低そうなのが気になる。 ユミル・フリッツってエルディア人の始祖で「フリッツ(レイス)〇世」の初代にあたるのでリーダー的なものとか王族だと思ってたんだけど、元は身分が低い少女だったのだろうか?巨人の力に目覚めてから王(?)になったのだろうか。 それとも 伝えられてることはウソが混じってるのか。 あと、幼少期ヒストリアと恰好(顔も?)がソックリです。 52話 謎の少女も牧場手伝いをしていたと思われる。 ヒストリアと深い関係がありそうな感じです。 生まれ変わりか何かだろうか。 いやでもこの少女は今…というかずっと「道」に居続けてる様子だしなぁ。 クルーガーの「繰り返すだけだ」「同じ歴史を同じ過ちを何度も」に繋がるようなそうでないような。 意味深すぎてめちゃくちゃ引っかかる。 歴史は繰り返すをそのまま鵜呑みにすれば、始祖ユミルは3人の娘を産んだ(シーナ、ローゼ、マリア)ことから、ヒストリアも3人の娘を産むのかと思ったり思わなかったり。 107話 まだ出産してないけど生まれてくるのが女の子で、3人の娘を産んだら同じ歴史を「繰り返す」ってのは輪廻転生のようなものなのか。 あと、 少女が死んだ魚のような目だったのが気になりました。 ユミルの民のかゆいところ 86話 今から1820年前、我々の祖先「ユミル・フリッツ」は「大地の悪魔」と契約し力を手に入れる。 それが巨人の力だ。 ユミルは死後も「九つの巨人」に魂を分けエルディア帝国を築いた ・ユミル・フリッツは「大地の悪魔」と契約した ・最初の巨人となった ・死後「九つの巨人」に魂を分けた 始祖ユミルは「大地の悪魔」と契約(有機生物の根源と接触)して最初の巨人になったらしい。 そして 死後に「九つの巨人」に魂を分けたって言い伝えだけど、これってどういうことなんだろ。 29巻で描かれた「道」でそれぞれ9つを分けたってこと? 現在のエレンは「始祖」「進撃」「戦鎚」の3つを継承してます。 「一人で巨人一体」ではなく、 一人の人間で何体でも巨人が継承できる。 このことから、おそらく始祖ユミルは「始祖」「進撃」「超大型」「鎧」「女型」「戦鎚」「顎」「獣」「車力」の9体全てを持っていたと推測できます。 で、巨人を継承するにはその巨人が入ってる人間を食えばいい。 今のエレンを丸ごと食えば3体とも継承されるだろうけど、 これ3つに分解できないのかな。 この辺のルールがよく分からんので何ともだけど。 一人が複数の巨人を内包してた場合はもう直接バラバラに継承不可能なの? 例えば頭と胴体と下半身でそれぞれ食うと「始祖」「進撃」「戦鎚」が別々なったりしないだろうか…。 仮にこれなら始祖ユミルは9人に食われた説もあるかもしれんな(まあその場合、この時点でユミルの民9人もいないはずだが)。 もっと言えば、巨人になれる「エルディア人(ユミルの民)」はみんな始祖ユミルの子孫だと言われてるのが謎。 少女(ユミル・フリッツ)が巨人になれるようになって13年しか生きられず(ユミルの呪い)、生涯で3人の子供を残しています。 エルディア人はその子孫らしい。 え?これ全員「王族」じゃないの? みんな始祖ユミルの子孫 王家の血を引くもの 「始祖の巨人」の力を使えるのは始祖ユミル・フリッツの血を引く王家の一族しか使えません。 パラディ島に逃げたカール・フリッツ(145代目)…逃げた後は「レイス」を名乗る。 と別に、カールと決別した末裔のダイナ・フリッツがおり、彼女も息子ジークも「始祖」の力を使える(正確には媒体した)。 もうダイナもジークも王家から外れてるわけじゃないですか。 王のフリッツ(レイス)直系のみでなく 分家でも「始祖」の力を発揮する王族の血として認定されてるわけです。 ね?めちゃんこ引っかかるでしょ? ・「始祖」はユミル・フリッツの血を引く王家だけ使える ・巨人になれるエルディア人(ユミルの民)は全員ユミルの子孫 みんなユミルの血を引いてるのに「始祖」を使えるのは限られたものだけ。 傍目から見ても全員王族じゃんって思うんだが…。 2つ考えられる。 ユミルの子孫の中でも特別な一族(でも枝分かれできる)。 本当にユミルの子孫は実は少なくいわゆる王族のみ。 「エルディア人(ユミルの民)」は本当にみんな始祖ユミルの子孫なのだろうかと。 てかエルディア人認定もよう分からん。 少なくともライナーは父がマーレ人でも「鎧の巨人」になれました。 もっと言えば始祖ユミルは3人の娘がいてそこから子孫残すならマーレ人と結婚し子を残さなきゃいかんわけですしおすし。 「エルディア人は他民族に無理矢理子を産まユミルの民を増やした」(86話)とも伝承されてる。 エルディア人って何だろう…?まじで全員ユミルの子孫なのか?1滴でもユミルの血が入ってるということかえ。 でも血を引くと言われる王族と普通のエルディア人の違いがよう分からん。 そもそも論として、例えば マーレ人が「巨人の脊髄液」を打つとどうなるんだろ。 本当に巨人化しないってきちんと描写されて無い(はず)。 マーレ以外のエルディア人 98話 俺らの一家は外国の収容区からここに写ってきたんだからわかる。 ひどい目に遭った…。 外国のエルディア人に対する敵意はここ(マーテ)の比じゃない エルディア人が強制収容所に押し込まれて暮らすのはマーレだけではありません。 世界中でそういう状況なのです。 にも関わらず、戦争で「巨人」を使うのはマーレのみ。 捕虜システムがあり、マーレ兵(エルディア人でも)だって他国の捕虜になることがザラなのにである。 なんで マーレ以外の国はエルディア人を巨人化させて戦わせないんだろ。 作中で描かれたようにエルディア人に「巨人の脊髄液」注入したら、知性のない巨人量産できるじゃん。 マーレは惜しみなく知性無い巨人を戦争で投入してたから。 他国は「巨人の脊髄液」いくらでも手に入れられるはずだし情報だって得れるはず…。 なのだが、どういうわけか マーレ以外は自国にエルディア人を抱えてても巨人化させて戦争投入してる様子がない。 本当にただの「巨人の脊髄液」なんすかねぇ…。 ぶっちゃけ自分は「エルディア人」「マーレ人」「その他国家の人」に垣根があると思えんぞい。 注入されるのが ガチ始祖ユミルの子孫の「脊髄液」なら誰でも巨人化できるのではないと考えてしまう。 少数の王族(ユミルの子孫)と言われるものだけが始祖ユミルの血を受け継ぐものではないかと。 全然違うかもしれんが。 <こちらもどうぞ>.

次の