コンビニ 二郎 ラーメン。 セブンイレブンの二郎系豚ラーメンがリニューアル!麺がより美味しく!

【コンビニラーメン】ファミマの二郎系大盛にんにく醤油ラーメン

コンビニ 二郎 ラーメン

白いモヤシに、赤い一味唐辛子のコントラストが映える(筆者撮影) いざレンジで温めてみたところ、先ほどまでは感じられなかったニンニクの香りが立ち込め、食欲を刺激する。 そして麺を一口すすってみると……ツルツルした口当たりに拍子抜けしてしまった。 二郎の麺からは、小麦粉そのものを噛み締めているかのような風味とインパクトが伝わってくるのに、ファミリーマート「野菜マシにんにく醤油ラーメン」にはそれがない。 これはこれで、100~200円そこそこのカップラーメンとは一線を画す仕上がりではあるのだが、二郎を求めていた人は悪い意味で裏切られるだろう。 ニンニクが溶け出したスープはゴクゴクと飲めるものの、パンチは弱い。 チャーシューには存在感がなく、個人的に注目していた一味唐辛子は麺やモヤシに絡めると程よいアクセントとして機能したが、想像の範疇は超えなかった。 あっさり完食してしまったので、もうリピートすることはないかもしれない。 だが、いつか別の食べ方を試してみたい気持ちも芽生えている。 というのもこの商品、レンジで温める前は、スープがゼラチン状に固まっているのだ。 このようにアレンジの余地が残されているのは、コンビニラーメンならではの強みだろう。 セブン-イレブン「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」550円(筆者撮影) この商品を監修した『中華蕎麦とみ田』(千葉県松戸市)はつけ麺の大人気店であり、二郎系に特化した『雷』(同)という別ブランドも展開中だ。 松戸には本家の二郎も出店しているので、筆者はとみ田も雷もスルーして生きてきてしまったのだが、それでも「あのとみ田の監修ならハズレはないだろう」と予想していた。 だからこそ、こちらを2食目に温存しておいたのである。 必要な加熱時間は500Wだと7分20秒、1500Wだと2分20秒で、ファミリーマート版より少し長め。

次の

【実食】ジロリアンがローソンの “二郎系ラーメン” を食べてみた感想 → 優すぃ~味…!

コンビニ 二郎 ラーメン

全マシニキは今日も全マシィィィッ! 全マシニキです! 今回はちょっと変わった料理をします! ラーメンが好きな方にはぜひ自宅で試してみて欲しいです! わりと手軽にできます! セブンイレブンの冷凍つけ麺 これ食べたことあります? メチャクチャ美味いんですよ!! しかも270円ですからね。 ラーメン屋に行って下手なつけ麺に1000円近く取られるくらいならコレ食ったほうがいいです(マジで) 本当に美味くてビビります。 (セブンの冷食を舐めたら)アカン。 今回は、このレビュー書こうかなと思ったんですが・・・ チンしてお湯沸かすだけじゃ何も面白くないじゃないですか? なので簡単アレンジします。 そうすると禁断症状が出るんですよね。 食べたくて食べたくて震えるんです。 けど何とか食べたい。 そこで思いつきました。 ・・・ 自分で作ればいいじゃん! そこから私は家でラーメン二郎の再現をするようになりました。 ラーメン屋に行けば鍋の中身を見て研究(ほうほう、アレを使うのか!) ネットを見て研究。 だが失敗します。 けれど私は決して諦めませんでした。 そして、私は試行錯誤を繰り返し、ある程度のレベルまで辿り着きます。 ガチでやるには限界がありますが、一般家庭レベルでやるには十分なくらいには作れるようになりました。 ラーメン好きの友人に食べさせたら褒めてもらえました。 なので不味いインスパイア店に遭遇すると 「おい、ワイに厨房を貸せ!」と言いたくな ります(言わないけどw) 最終的には 「麺も自分で打ちたい!」と言い始めますが、さすがに妻に止められましたw 麺は市販の太麺を色々食べましたが、セブンのつけ麺が一番美味いですね。 セブンイレブンのつけ麺の麺が太くて美味しいので、今回これを使いました。 めんどくさい作業を極限まで省いたものです。 私なりにアレンジした家二郎の 超初級編です! ラーメン好きにオススメ書籍 材料 豚ブロック肉 肩ロース or バラ 背脂 モヤシ キャベツ 醤油 みりん風調味料 化学調味料 ニンニク そしてセブンイレブンのつけ麺 料理開始! チャーシューとスープを作ります。 つけ麺のスープだけでは二郎に近づけません。 煮干・鰹節の魚介が強いので、それに対抗する動物エキスを強めます。 チャーシューをまともに作ると時間がかかるので、最初からチャーシューの厚さに切っちゃいます。 背脂も投入。 背脂はスーパーに売ってなければ頼めば少量ならタダでくれるところが多いです。 みりんではなくみりん調味料を使いましょう。 みりんだと味が上品になりすぎます。 味はお好みですが、しょっぱ目にした方がいいですね。 今回は30分くらい煮込みました。 1時間くらい煮ると背脂もお肉もトロトロでいいのでしょうが・・・時間に余裕があればどうぞ! モヤシとキャベツを茹でます。 今回はモヤシは2袋使いました。 最低でも1袋以上は使った方がいいですよ。 キャベツは適量です。 モヤシ8,7に対してキャベツ2,3くらいがいいと思います。 今回はクタ目に茹でました。 シャキ目だと盛り付けで崩れますからね(家で崩れるのは勘弁w) ザルに開けて水気を切ります。 つけ麺のスープに化学調味料を適量入れます。 スープもいい感じに乳化してきましたね。 つけ麺のスープを自作のスープで割ります。 モヤシが入るのでしょっぱ目にした方がいいです。 足りなければ醤油を足しましょう。 麺はレンジでチンするだけです。 チンしたらスープに投入です! 野菜と豚を盛りつけて完成!! 全マシと行きたいところでしたが、翌日は仕事なのでニンニクは少なめですw 実食! まずはスープを味見です。 つけ麺のスープを使わないのは、もったいないので今回は使用しました。 次は麺です! ラーメン二郎と違って加水は多めですが、もっちりした太麺です。 この麺が本当に美味しい!! スープが麺に絡むように濃い目に味付けしましょう! チャーシューです。 煮込み時間は短めでしたが、柔らかくなって味もしっかり付いています。 豚肉の旨味を壊さない適度な味付けにできました! 今回は肩ロースを使用しました。 個人的にはバラ肉がおすすめです。 ちなみにこちらがセブンイレブンのつけ麺のチャーシューです。 一枚入っています。 バラ肉ですね。 しっかり味が付いていて、チャーシューのクオリティーも高いです。 ちなみにメンマも入っています。 二郎はニンニク必須です。 本当なら刻みニンニクを推奨します。 けど面倒くさいから今回はチューブのおろしニンニクです。 刻みニンニクの方が格段に美味しいです。 もちろん天地返しをして食べ進めます。 余ったチャーシューと背脂はご飯に載せて醤油を垂らして食べます。 これも美味い! ザ・デブ飯!!! 感想&反省 セブンのつけ麺はそのままで美味しいのですが、ひと手間を加える事で二郎系に生まれ変わりました。 なかなか満足できました。 興味がある方は是非お試しを! 反省としては、みりん風調味料は入れ過ぎないことですね。 あまり入れるとジャンクさが消えます。 それと背脂はもっとトロトロに煮込みたいですね。 先に20分くらい背脂を煮ておくのもありでしょう。 それか背脂も最初から細かく切っておくのも手ですね! 豚はスライスしているので煮込み過ぎ注意です。 ラーメン好きにおすすめ書籍.

次の

【二郎】セブンイレブン『中華蕎麦 とみ田監修 豚ラーメン(豚骨醤油)』食べてみた。本格二郎系ラーメンが遂にコンビニで!

コンビニ 二郎 ラーメン

ファミリーマートの二郎系ラーメン いきなりですが、ラーメン二郎。 いわゆる 二郎系ラーメンというものはご存知でしょうか。 最近はラーメンをそこまで食べない人にもテレビやYouTubeなどで紹介されていて認知されているのかなと感じます。 今回はそんな二郎系のラーメンがファミマにあるということで、そちらをご紹介いたします。 ファミリーマートさんより発売されている 「大盛にんにく醤油ラーメン」お値段510円 550円 いかがでしょうか、この見た目。 もうファミリーマートで手に取った時からにんにくの香りがほのかにします 笑 そんな大盛りでにんにくの効いていそうないかにも二郎系なラーメン。 いったいどんな作りや味になんでしょうか。 みていきましょう。 調理はとってもかんたんで電子レンジで温めるだけです。 家庭用電子レンジなので7分温めていきます。 まさにあの黄色い看板を彷彿とさせます。 黄色と言えばなんですが、このファミリーマートの二郎系のラーメンは中央に卵黄 卵黄ソース が乗っているのが特徴的です。 本家ラーメン二郎でも濃いめのスープをまとった極太麺を生卵につけて食べている方をお見かけします。 にんにくの量もコンビニのラーメンの中ではかなり入っている方だと思います。 とにかくにんにく臭はけっこうします 笑 野菜は定番のもやし、キャベツに青ネギも入っています。 極太のわしわし麺です。 これもこれまでのコンビニで発売されてきたラーメンの中ではかなり太い方になるかと思います。 しかしこれだけの極太麺だといくらもやしやキャベツがシャキシャキしようが、口の中にはしっかり麺の存在があることが感じられラーメンを食べているという満足感を味わえます。 こちらの商品麺量は300gということでわりと満腹になります。 ちなみに小麦ブラン 小麦ふすま が練りこまれているようで、麺の香り・食感にこだわっているそうです。 おそらくですが直径は10cmほどありそうです。 特別美味しいチャーシューということではないんですが大きさ、厚みがありしっかりとした食べ応えのあるチャーシューです。 厚みはちなみに1cmほどです。 この濃い目のスープが茹でて水分のあるもやしやキャベツ、さらには極太麺とよく合います。 上記で掲載した野菜の上に乗っていたにんにくもスープに入り、 にんにくのパンチも効いています。 卵黄ソースについては野菜の上に載っているので野菜と麺とで絡ませて少しいただいて終わりでしたのでとくにスープと混ざり合うということもありませんでした。 2口分くらいは卵黄ソースを絡ませて食べることができました。 セブンイレブンの二郎系ラーメンと比較 このレンジで温めて食べる二郎系ラーメンはファミリーマートだけでなく、 セブンイレブンでも販売されています。 セブンイレブンさんで発売の「豚ラーメン」お値段510円 税込み550円 こちらと比較すると、正直このセブンイレブンさんの二郎系ラーメンの方が美味しかったです。 ゆで野菜の食感、スープ・麺のバランスが良かったです。 ファミリーマートさんの二郎系は盛りすぎてしまってバランスが悪くなってしまい 麺の主張が強すぎたかもしれません。 【コンビニラーメン】セブンで食べられる二郎系!豚ラーメン コンビニ. com 感想・レビュー はい、ごちそうさまでしたー。 ファミリーマートの 「大盛にんにく醤油ラーメン」お値段510円 550円 を食べてみたんですけれども。 おいしかったんですが、少し寄せているだけといった印象でやっぱり本家の二郎系ラーメンを考えながら食べると 物足りなさを感じます。 麺量は充分だったんですけども、やっぱりアブラや野菜の量もですね・・・コンビニの容器に入ったラーメンには限界があるのは承知なのですが、少し中途半端さを感じました。 comおすすめ度 さて恒例となってきましたコンビニ. comおすすめ度。 このファミリーマートの「大盛りにんにく醤油ラーメン」のコンビニ. *感想* そこまで「おいしい!」と言えるラーメンではありませんでした。 量は満足できるものでしたが、やはり味に課題ありといった印象でした。 ただ手軽にファミリーマートでこれだけのボリューム感のあるラーメンが味わえるというのはありがたいとも思えます。 気になるカロリーや糖質、添加物など 気になるカロリーや糖質、添加物の使用ですが、以下のようになっています。 1包装当たり エネルギー 773kcal kカロリー たんぱく質 35. 5g グラム 脂質 24. 8g グラム 炭水化物 101. 4g グラム 食塩相当量 9. 4g 麺・具2. C,V. 製造者:株式会社ヤマヲ• 消費期限:1,2日 コンビニにはおいしいラーメンがたくさん いかがでしたでしょうか。 「大盛りにんにく醤油ラーメン」お値段510円 税込み550円 をご紹介いたしました。 当サイトではファミリーマートだけではなく、セブンイレブン、ローソンのラーメンもご紹介しています。

次の