飛行機の窓から見下ろした知らない街の夜景みたいだ。 ウルトラセブン(栁田)

Official髭男dismの「Pretender」の解釈と分析と批評

飛行機の窓から見下ろした知らない街の夜景みたいだ

もっと違う設定で/もっと違う関係で 出会える世界線/選べたらよかった もっと違う性格で/もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな/そう願っても無駄だから もちろん、恋愛がうまくいかないときに「〜じゃなかったら(上手くいったかもしれないのに)」と考えてしまうのは、失恋者のごく一般的な傾向である。 彼には、そもそも 自分の恋愛が成立する条件が世界から根本的に欠落していると感じられているのだ。 もし彼の恋する女性が別の男性のことを好きだという悩み、あるいは片想い以上に関係が発展しないという悩みなら、このような反実仮想には至らないだろう。 いたって純な心で/叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ このような歌詞が現れる。 ここでは、恋人に「好きだ」と伝える行為が 「無責任」と形容されている。 なぜ彼にとって「好きだ」と言うことは「無責任」なのか? あるいは別の言い方をすれば、なぜ彼は、ある人は「好きだ」と言えて自分は言えないと考えるとき、その理由を、たとえば勇気の有無などではなく、「責任」という次元に求めるのだろうか? それは同性愛者の告白が、告白する者だけでなく、される者にも、そして周囲の人間関係にも、異性愛の告白とはスケールの異なる影響を及ぼしうる行為だからであるだろう。 登場人物を7人にした理由のひとつは、共通の友人の存在が告白をいっそう困難にするためだと思われる。 あらかじめ相手も同性愛者だと判明していないかぎり、同性愛者は、みずからの告白によって相手がなんらかの「迷惑」を被る可能性をつよく意識してしまう場合がある。 異性愛の告白とは別次元の配慮、それが「責任」の正体だ。 「いたって純な心」という表現に、異性愛の単純さという皮肉なコノテーションを聴き取らないことは、もはや難しい。

次の

【楽曲解説】Official髭男dism「Pretender」の歌詞の意味・解釈は?/髭男の新曲は甘く切ないラブストーリー

飛行機の窓から見下ろした知らない街の夜景みたいだ

「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の

Official髭男dism「Pretender」の魅力を思う存分語りたい【映画「コンフィデンスマンJP」主題歌】

飛行機の窓から見下ろした知らない街の夜景みたいだ

もっと違う設定で/もっと違う関係で 出会える世界線/選べたらよかった もっと違う性格で/もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな/そう願っても無駄だから もちろん、恋愛がうまくいかないときに「〜じゃなかったら(上手くいったかもしれないのに)」と考えてしまうのは、失恋者のごく一般的な傾向である。 彼には、そもそも 自分の恋愛が成立する条件が世界から根本的に欠落していると感じられているのだ。 もし彼の恋する女性が別の男性のことを好きだという悩み、あるいは片想い以上に関係が発展しないという悩みなら、このような反実仮想には至らないだろう。 いたって純な心で/叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ このような歌詞が現れる。 ここでは、恋人に「好きだ」と伝える行為が 「無責任」と形容されている。 なぜ彼にとって「好きだ」と言うことは「無責任」なのか? あるいは別の言い方をすれば、なぜ彼は、ある人は「好きだ」と言えて自分は言えないと考えるとき、その理由を、たとえば勇気の有無などではなく、「責任」という次元に求めるのだろうか? それは同性愛者の告白が、告白する者だけでなく、される者にも、そして周囲の人間関係にも、異性愛の告白とはスケールの異なる影響を及ぼしうる行為だからであるだろう。 登場人物を7人にした理由のひとつは、共通の友人の存在が告白をいっそう困難にするためだと思われる。 あらかじめ相手も同性愛者だと判明していないかぎり、同性愛者は、みずからの告白によって相手がなんらかの「迷惑」を被る可能性をつよく意識してしまう場合がある。 異性愛の告白とは別次元の配慮、それが「責任」の正体だ。 「いたって純な心」という表現に、異性愛の単純さという皮肉なコノテーションを聴き取らないことは、もはや難しい。

次の