聖女 じゃ なかっ た ので 王宮 で のんびり ご飯 を 作る こと に しま した。 スローライフ小説一覧(6ページ目)

神様は異世界にお引越ししました 6巻セットの通販/アマラ/乃希

聖女 じゃ なかっ た ので 王宮 で のんびり ご飯 を 作る こと に しま した

【カドカワBOOKS様より1~2巻発売中】【comic walker&ニコニコ静画にてコミカライズ連載中】 【フロースコミックよりコミック1巻発売中】 「俺が喚んだのは【聖女】であって【ブタ】ではない!! 召喚された【異世界】で待ってい たのはまさかの罵倒だった。 えー? なんで、勝手に喚んどいて、そんな事 言われなきゃいけないの!? 「……ご飯……美味しくな~い」 おまけに出されたご飯は、味気もないし美味しくない。 食べるのも作るのも大好きな、莉奈は言った。 もう私が作るから厨房貸して!! 莉奈の作るご飯が王や皇子の胃袋も心もガッチリ掴んでいけば、みんなが莉奈の料理と天真爛漫な人柄に逆らえない。 美味しい物が食べたければ、私に任せなさい!! 美形な王や皇子にドキドキしつつ、異世界の【まったりスローライフ】を楽しみ始めた莉奈だった。 神木家の双子の妹弟・華と蓮には、絶世の美男子と言われるほどの超絶美形な"兄"がいる。 女性に間違えられるほどの中性的な容姿と天使のような笑顔で、常に人々を魅力しまくるお兄ちゃんは、まさにみんなの人気者! だけど、そん な兄には何故か彼女がいなかった。 幼い頃に母を亡くし、母親がわりだったお兄ちゃん。 もしかして、お兄ちゃんが彼女が作らないのは自分達のせい?そう思った華と蓮は、兄のためにも自立しようと決意をする。 だけど、このお兄ちゃん。 実は、家族しか愛せない超拗らせた兄だった!! これは、家族への愛が深すぎる美人なお兄ちゃんと、兄離れしたいけど、なかなか出来ない双子の妹弟が繰り広げる、甘くて優しくて、ちょっぴり切ない愛と絆のハートフルラブ 家族愛 コメディ! 果たして、家族しか愛せないお兄ちゃんに、彼女ができる日はくるのか!? これは、顔はいいけど、中身が残念なお兄ちゃんをもつ神木一家の波乱万丈な日々を綴った物語である。 *** こちらは、現在comicoノベルにて連載中の作品です。 総合ランキング8位、ドラマ部門1位、ブクマ1600over 時折、際どい描写はありますが、全年齢向け。 ただし、美人すぎる兄が主人公のため、たまに軽いBLネタが入ることもありますので、苦手な方はお気をつけください。 現在、漫画原作用の公募 マンガUP賞 にむけて新しく改稿中です。 少女漫画みたいな世界観ですが、笑って泣ける人間ドラマやほのぼのした優しいお話が好きな方なら、男性でもお楽しみ頂けます。 変わった部分も含めてお楽しみ頂けると嬉しいです。 無断転載などは御遠慮ください。 骨董品から伝説のアイテムまで取り扱うアンティークの店「蜃気楼」 経営しているのは、ハイスペック残念イケメンのアレクと天才錬金術師のジェル。 彼らの日常は変態サメに襲われ、異世界に飛ばされ、人間大砲で射出され、激レアキノコが生えたり呪いでお まるを抱えて走り出したりと、変な事件ばかりで…… 手軽に読めて、毎回ハッピーエンドでほっこり笑える現代ファンタジーコメディです。 一話完結のオムニバス形式でどの話から読んでも大丈夫です、気になったタイトルからどうぞ! 【人物紹介】 アレクサンドル:愛称「アレク」兄。 黒髪碧眼の超絶イケメンだけど、無邪気でやんちゃなトラブルメーカー。 ロボットアニメが大好き。 アンティークの仕入れでたまに海外に出かけている。 ジェルマン:愛称「ジェル」弟。 アンティークの店「蜃気楼」の店主。 読書家で物知りな錬金術師。 金髪碧眼の超美形だけど、お金の事にうるさめでオカン気質。 白ノ守尊:愛称「シロ」 「蜃気楼」がある土地の守護をしている氏神様。 アレクやジェルとは友達。 見た目は子ども、でも実際は495歳。 ジン:愛称「ジンちゃん」 ランプの魔人。 ガチムチのオネェ。 「蜃気楼」にいわく付きの物を持ち込んだりトラブルの種になりがち。 そんな彼女は生前、乙女ゲームにはまっていた。 事故で意識を---命を失った後、彼女は目覚め、あることに気付く。 なんと彼女は乙女ゲーム【Destiny lover】の世界に転生してい た。 更なる不運。 彼女はパッケージに描かれているヒロインと四人の攻略対象、そして悪役令嬢、計六人の外見と名前しか知らなかったのだ。 そして彼女が転生していたのはパッケージの内の一人だった。 それは、ノエル・ローゼライト。 悪役令嬢、である。 しかし、のえるの魂が悪役令嬢に生まれ変わったためか、パッケージとは違う悪役令嬢になった。 これはバグった奇跡の超ハイスペック悪役令嬢(?)の誕生だったのだ-----。 …もう誰も、死なせないでくれ…」 謀反の際民を守って死んでしまった騎士団長クリスは、目覚めると侯爵家令嬢に転生してしまっていた。 今度こそ皆を守りたい!結婚したくない(子作りなんて拷 問嫌だ)!と再び騎士になることを誓う。 前世(騎士団長)としての知識と経験を活かし、騎士団に入り(かつての部下たちが先輩だった)、第一王子のお守をし(何故だか懐かれた)、女友達を作り(どうやらこの子も前世があるらしい)、義弟と偽装婚約をし(いまだに兄として慕ってくれていて嬉しい)... ! そうして、学園に入学したときには、『騎士様』として女生徒たちの憧れの存在になっていた(一部の男子生徒にも)。 これは、前世で騎士団長だった令嬢が、再びその地位まで上り詰めるお話。 今日も女友達と楽しくお話しています。 ----- 私、ミアと申します。 中身はアラサーのオタクOLです。 気が付いたら乙女ゲームの世界に転生していて、よりにもよって悪役令嬢1にこき使われる悪役令嬢2になっていました!文明開化を行い婚約者(攻略キャラ2でした と楽しく過ごしていたのに、その悪役令嬢1と初遭遇するイベントが!…あれ?あれあれ?悪役令嬢1のキャラ違くない?はっ!これはもしかして私と同じで前世ありでは... !ん?でもなんか変?王子の婚約者じゃなくて護衛?公爵様(攻略キャラ4)と偽装婚約?破滅フラグのヒロインと仲良くなってるし…?しかもこのヒロインも前世あり? まあ、それでもいいや!だってこの悪役令嬢1超美形!しかも『the・騎士様』って感じがする!宝塚の人気な理由が今になってわかるとは... そんなこんなで、今日も悪役令嬢1(the・騎士様)と悪役令嬢2(オタクOL)とヒロイン(現役JKだったんだって)は仲良くお話しています。 ----- *主人公は乙女ゲームのことを知らないので、主人公が喋っている時は乙女ゲーム全く出てきません。 時々思い出したように出てくる程度です。 *ヒロイン出てくるまでが長いです。 *中身性別変わっているので、ときどきボーイズラブ?って感じになります。 あと悪役令嬢たちも見た目はガールズラブ?って感じです(実際は違います)。 *R15は念のため。 フラれて落ち込んでいるという朱里のところに、友人ふたりとともに駆けつけた純花。 朱里は、玄関先で純花たちを出迎えてくれたのだが……なんとその朱里が、突然倒れた! とんでもなく驚かされたってのに、純花の貸してあげた乙女ゲームに没頭しすぎて倒れ たらしい。 なんのこっちゃーーっ! こんにゃろう、無駄に心配させやがって!と内心怒りつつも、純花は安堵したのだが…… 友人のひとりが、「ねぇ、ちょっとこれやってもいい? 私の王子様に、ひさしぶりに会いたーい」とゲーム機のスイッチを入れた途端、おじやをむさぼっていた朱里が血相を変えて飛んでった。 何事や? と呆気に取られていると、純花に向かってコントローラーが飛んでくる。 それを受け止めた瞬間、なんと純花は見も知らぬ場所にいて…… しかも……なに、これ、私じゃないし! な、なんでこんなことになっちゃってんだ? お願いです! 誰か、帰る方法を教えて下さーい! 絶望中のところに、ひょっこり現れた妖精さん。 はあっ、なんで朱里そっくりなの? どうやら私、知らぬ間に、超ヤバイ子とお友達になっていたようです。

次の

聖女じゃなかったので、王宮でのんびりご飯を作ることにしました

聖女 じゃ なかっ た ので 王宮 で のんびり ご飯 を 作る こと に しま した

4 0 ワリオ 初めて読んだ作家さんでしたのでわからなかったのですが、期待以上でした。 攻めの溺愛ぎみなんだけど さらっとしてる、優しいセリフ回しも好感度よし!でした。 ゲイはノンケが怖い(いつか女性に戻る)のもよくわかります。 好きな人に再度振られたら立ち直れないというのもよくわかります。 お互い 相手を想って 怖がって 引くことを選んじゃうけど 惹かれあってるとづやってもくっついてしまうんですねえ・・って思わされました。 キャラがすごく作りすぎてなくて 読んでて面白かったです。 違う作品ものぞいてみたくなった作家さんです。 カワイイお話でした。 最初の方のレビュー通り、特に凝ったところや捻りはないのですが、出でくる人たち皆優しい子たちだったので、読んでて暖かい気持ちになれます。 受けはほんとに乙女みたいですが、傷つくとあーなっちゃうよね。 私は嫌いではありません。 BLにありがちな筋肉浮きで出るマッチョや、今よくある棒みたいなガリガリ君でもなく、なーんにもスポーツしていません。 みたいな生ぬるそうなカラダが逆にリアルでした(笑)少しネタバレですが、攻めの子が受けにあれだけくっついてて、何回もヤッてるのに、美人が来る合コンにホイホイ行ってしまうくだりに今までの甘さはなんだ!?ってなったのと、もう少し絵に動きがあったらよかったかな。 2015-07-11 86956 0 1 7wb-a-v2 tbvi-korokoro-v2.

次の

聖女じゃなかったので、王宮でのんびりご飯を作ることにしました

聖女 じゃ なかっ た ので 王宮 で のんびり ご飯 を 作る こと に しま した

チート? ねぇよんなもん。 オレツエェ? んなわけあるか。 こちとら愛らしさMAXぷにぷにボディとたった一本の角が武器ってだけの雑魚モンスター、『ホーンラビット』ですが何か!? 元は色々不運なサラリーマン、今はお貴族様の契約獣、という名のペット! 内政も戦争も関係なく、俺はただ寝て過ごすだけっ。 そりゃあ、少しは暮らし易くするために口も出すけどさ。 そこはそれ、人間様に功績も責任も仕事もぶん投げりゃあいいわけで? そんなこんなで、雑魚モンスターに転生した俺のぐうたらのんびりスローライフ。 戦争とうの展開は想定したものではございません。 現在、一日置きに、12時と21時に1話ずつ公開するように設定しています。 なお、幕間期間は一日1話公開としております。 マーリャは地方都市より更に田舎の農村・リジー村で暮らす粉挽き小屋の娘。 水を運び、作物を育て、家畜の世話を焼くごく普通の農民として暮らしていた。 都市に越したり、旅に出て命をかけたりする気にはなれない。 現在の安定した暮らしを維持すればそれで良い。 一生に一度の成人の儀を終えれば村に帰り、そのまま永住するはずだった。 だが徐々に身体が変調をきたし、人間にはない鱗や牙が生え始める。 優れた薬師だった旅の神父ジョサイアの協力を得て儀式当日まで耐え抜くも、彼もまた裏を持つ者だった。 これは平々凡々を願う主人公が安らかな生活を送りながら、 後にその生まれを否定され、周囲の人間を疑い、また疑われながら自分の在り方を探す物語。 誰が何と言おうと、決めつけられ差別されようと、人間として生きたい。 毎週日曜日更新予定です。 二十年前、一つの街を滅亡させ、近隣の森林地帯を国際指定の禁足地へと激変させしてしまうほどの大規模な事故があった。 事故の影響で発生した瘴気は森を異形の住む場所へと変え、木々や草花ですら意志を持つものも現れた。 入れば最後、出る事能わずとされるその禁足地の名は【瘴気の森】と【呪われた大地】。 一切の常識が通用せず、死が隣り合わせにある。 そんな森の中、ダークエルフのローゼルが異形のモンスターに追われ絶体絶命の時、森の雰囲気に似つかわしくないほど穏やかな青年に助けられた。 青年の名は【グラーシュ】と言い、異形種が蔓延る瘴気の森で暮らしているという龍人と魔族の血を引く庭師だった。 グラーシュに導かれ、一時の休息を取るローゼル。 これが禁断の地に眠るお宝を探し当てようとするトレジャーハンターローゼルと、謎の庭師グラーシュの出会いであった。 そしてローゼルは、目的を達成するまでグラーシュと共に森で生活をする事に決めたのだった。 一種異様、摩訶不思議、奇々怪々な森の中、謎の生物に懐かれたり、瘴気の恩恵(?)を受けた料理に舌鼓をうったり。 危険と隣り合わせなハズなのに、どこか穏やかな空気が漂うゆっくりとした日常。 全てが未知の世界の中で、禁断のサバイバルスローライフが今、始まる。 「115」、それは、異世界へと繋がるたった一つの電話番号ーーー。 青谷蒼人 あおたにそうと 、20歳、会社員。 とある日、自動車と歩行者の交通事故をすぐ目の前で見てしまう。 救急車を呼ばなくてはと思い、スマホで電話番号119を押そうとする。 だが、慌てたため間違えて115を押してしまう。 すると、115で繋がった先は......。 その後、青谷は異世界に転移し、あらゆる異世界のあらゆる危機や現況に立ち向かっていくことになるーーー。 小説家になろう、マグネット!でも連載予定。 彼の第二の生は、畑から始まった。 緑で栄養価の高い野菜、 シーザーサラダのメインを張るあの食材、 スーパーで人玉だいたい128円(税別)で売っているあの商品、 能書きはこれくらいにしよう、彼は『レタス』に生まれ変わったのだ。 発芽の苦しみ、 太陽光の温かさ、 水の恵み、 世話をしてくれる人間とのかかわりーー この物語は、レタスとして転生した主人公猫山禊の成長と食されるまでを描いた、ハートフルレタスストーリーである。 ジャンルが恋愛でいいのか疑問に思う読者諸氏がいるかもしれない。 だが、野菜が育ち食べられるという生の営みは恋愛の一形態と言っても過言ではないと作者は考える。 無論、異論は認める。 「勇者様?私が結婚の相手では、ご不満なのでしょうか?」 俺魔王倒した勇者様。 仲間はこの世界の人達。 もうご理解戴けたでしょうか?そうです。 俺は異世界からの召喚勇者です。 紛れもない日本人。 だから王家何て面倒くさいのはムリムリ。 しかも召喚直前は引きこもりしてましたから…。 なので正直姫様はご遠慮したい。 だって結婚したら王様しなくちゃいけないんだって。 俺はまったりスローライフをご希望してるのです。 王位は兄が居るから大丈夫だと言ってた筈。 兄は何処へ行ったの? まあ良いや。 元の日本へ戻れない事を隠していた腹黒宰相。 その宰相様の提案で、1人残して来た母さんの未来を覗ける事になった。 そこから暴かれた真実。 出るわ。 出るわ。 ボロボロ出るわ。 腹黒炸裂宰相様?覚悟は良いかな?流石の俺も怒っちゃうよ。 ・・・・・。 でも俺は我慢しとく。 どうやら俺より怖い人が来ちゃったからね。 宰相様の自業自得だから仕方無い。 ご愁傷さまです。 ちーん。 俺と母さんの、異世界まったりスローライフ。 にはならないかも…。 肉体はピチピチ?頭脳は還暦。 息子との年の差は両掌で足りちゃう。 母子でめざせスローライフ。 因みに主役は一応母さんだぞ。 「一応は余計よ。 W主演よ。 」 そう?なら俺も頑張るわ。 でも父さんは論外なんだな。 こちらもちーん。 同期の男より少し小柄で細身の暗殺者ルシアは、古今東西に名を轟かせるSランクパーティーの一角【蒼穹の牙】のリーダーダストに「攻撃力が低いから足手まといだ」という理由で追放される。 失意と絶望に心を囚われ、追放されたルシアはパーティーに入る以前、お世話になった町に帰郷してスローライフをすることにした。 対人戦闘の近接戦ではかなり優秀なルシアはその町で、「孤児院に勤めてくれないか」とか「一緒に酒場開こうぜ」などなど、現地の人から様々な誘いを受け、それらをこなすうちにちょっとした英雄として讃えられることになる。 これは、感情移入しやすい暗殺者が町の人々と時にシリアスに、ほのぼのと生活する物語?なのかもしれません。 勇者と魔神による壮絶な戦いは終わりを告げ、世界には平和が訪れた。 その戦いから数百年後、魔界でも桁違いの強さを誇る最強の魔神は後任の魔王を選んで隠居すると宣言。 悠々自適なスローライフをおくる為に魔神が選んだ隠居先はなんと、最弱のモンスターだらけの『最初のダンジョン』だった。 魔神は魔界最強の実力を隠し、最初のダンジョンを守る最弱のボスを演じ、そこにやって来た駆け出しの冒険者と戯れる毎日を満喫していた。 そんなある日、最初のダンジョンに『スライムも倒せない冒険者の少女』が現れる。 間違ってダンジョンに迷い込んでしまったのかと心配していた魔神だったが、その少女はなんと魔神と壮絶な戦いを繰り広げた勇者の子孫だった。 でも、それにしてはあまりにも弱すぎない……? これは魔王より強い最初のダンジョンのボスと、スライムより弱い勇者が繰り広げる、暖かくて充実したスローライフな物語。 神の手違いで死んでしまった青年A。 何故青年Aか。 そちらは18禁です。 アダルトな方々のよろしくです。 また、作者は本業の関係で国内にいない事や電波の入らない所(飛行機やフェリー、地下等々)に篭って仕事していることが多々あり更新が止まる可能性が大変高いです。 が、本作は今までのように飽きたら消すでは無くしっかり書いていくつもりです。 表紙等のイラストも仕事の合間に描けたら描いていくつもりです(アナログですが)。 ……などと言うと大それているけれど、実際のところ彼女らはお役所勤務の役人さんだ。 日々のお給料をもらう代わりに、近くの村や街にモンスターが現れたら退治して回る、そんなお仕事。 ある日、のどかな辺境にある魔法少女支部の一つに、ひとりの新人魔法少女が配属された。 少女の名はイルマ。 その新人が、規格外すぎる能力を持った怪物的天才魔法少女であることを……。 作者ページより閲覧ください。 これからもよろしくお願いいたします。 時給三千円という好待遇に釣られて、とあるゲームのテストプレイヤーのアルバイトをすることになった元看護師現ニートのタカハシ。 ゲーム開始直後のトラブルによって、彼は異世界に転移してしまう。 元の世界に帰れる目途は今のところ立たず。 そんな彼に唯一残されたアイテムはスマホ。 現世とLINEでやり取りをしながら異世界で過ごすことになった。 この世界で暮らしていくため、村の薬草屋で働くことになったが、そこはただの薬草屋ではなかった。 元看護師というポンコツスキルを活かして彼が村の危機を救うまでの物語。 ありがとうございました。 高校生の篠村ハルトは光明神ミスラトによって異世界に召喚され、聖女レネスと共に邪悪な魔王を倒すための戦争に駆り出された。 だがハルト達は勇者として目覚めて活躍するうちに権力者に酷使され、あるいは政治的な理由で謀殺されそうになるなど、味方による苦難に足を引っ張られる。 更には魔王との戦いが正義のためではなくただの勢力争いや領土紛争であり、自分達はそのための鉄砲玉でしか無いことを知ってしまい、召喚した神からも騙されていたことに気付く。 聖女レネスの心は折れて信仰が潰えてしまい、ハルト達は自分を招いた人間達に見切りを付けた。 同志と共に軍から脱走する決断をしたのだ。 そしてハルト達は人間の地や魔族の地からも遥か遠い開拓地に村を作り、米や酒造りに精を出す平和なスローライフを始める。 しかし村の建設が落ち着いた頃、それを逆恨みした神の手が迫る。 だがハルト達は神々さえも圧倒しうる絶大な力を手にしており、襲いかかる神々を虎視眈々と待ち構えていた。 ダンジョンに村人が住み着きました。 モンスターばかりいる危険なダンジョンに戦闘経験皆無の村人が…… クエストを引き受けたレイドはダンジョンに住み着いた村人スズネと生活を共にする事に。 ダンジョンに街をつくりたいスズネはあらゆる知識を持ち、レイドはモンスターの核からいろいろな物が育つと知った。 それからというものレイドはスズネに振り回され地獄のような日々を送る。 『一人では到底敵いません』 スズネを中心に動くダンジョンの世界で、あなたも一緒に街づくりをしませんか? 要項 *この作品を読んで下さい 報酬 *頑張って更新します 依頼主 最低辺冒険者のレイド 「誰でもいいから早く助けて! ブックマークや評価、感想だけでも励まされるから!」byレイド 身内、同僚に恵まれなかった玉木千春 たまき ちはる は通勤途中で事故に遭い命を落とした。 事故死した筈の彼女が目覚めると異世界にて人間と魔族の間に生まれた半妖"白金の魔女"と呼ばれる最恐の猫娘に転生していた。 転生先の猫娘としての記憶は無く転生先の身体も何やら事件に巻き込まれたらしく転生先の実父や知り合いなど周囲からは記憶喪失と判断され甘やかされ溺愛される。 魔族の間では少子高齢化が進んでおり血筋関係なく魔力が強い者を伴侶に欲する貴族から縁談をひっきりなしに申し込まれ平穏な生活を望んでいるにも関わらずトラブルに巻き込まれていくことに…。 R15は保険ですがもしかしたら跳ね上がるかもしれません 第12回恋愛小説大賞にエントリーしています。 ある世界に最強の生物が存在した。 その世界では最早敵無しとなり、世界神でさえ滅ぼす事が出来ない存在になったある日、その生物が世界神に願った。 その願いとは、この世界から別の世界に転生させてほしいと… この生物に居られては迷惑だと常々思っていた世界神は喜んでその願いを叶えた。 この世界に二度と戻ってこれない世界に。 そして、《ガルミスティア》という名の世界に転生した。 ここは遥か昔、魔王や勇者も居た事もあるという伝説が残る、魔法と剣の世界。 人間・エルフ・ドワーフや数多の種族が混在したが人間の支配地域が殆どを占めていた。 その人間の間で争いが絶えず、ついに大量殺戮魔法兵器で全ての生命の殆どが死滅した。 それから数万年が経った世界に、かの者の魂が前世界で最強を誇っていた能力を持ったまま転生した。 とある島のとある村に血の繋がらない姉弟2人が住んで居いた。 姉は元々身寄りの無い孤児だったのを弟の両親に引き取られ、一緒に暮らしていたのだが、その弟の両親は近くの森で魔物に襲われ他界し、その影響にてショックで倒れ体が動かない状態の病になり気丈な姉が介護していた… 注 この物語は残忍なシーンや言動が多数存在しますので、嫌な方はご遠慮下さい。 現実世界で襲った突然の事故。 彼女は死ぬ間際神に強く願いました。 『もう一度彼に抱き締めて欲しい、そのためなら何度でも生まれ変わる』とーー……。 そして、彼女が転生した世界は、『魔法』が使える異世でした。 優しいご両親と妹を溺愛する兄に育てられ、すくすくと成長した『ランゼリゼ』ですが、彼女はいくつになっても魔法が使えませんでした。 人一倍微力な彼女ですが、実は密かに好きな人がいました。 婚約者のお屋敷に花嫁修行に行く直前、今まで抱いてきた恋心を伝えようとするのですがーー……。 淡く切ないラブストーリーです。 話を進めて行く途中途中で、さまざまな壁と出会った人から告白を受けます。 最後に待っている結末は、喜劇か悲劇か、それともーー……。 さあ、彼女の足跡を辿って異世界へーー……。

次の