ワークマン クール ネック ゲイター。 【オシャレなマスクの代用品】ワークマンのクールネックゲーターを試してみた。

ランニング中のマスクが苦しい。ネックゲイターにしたら快適になった!

ワークマン クール ネック ゲイター

ワークマンとは ランニング中のマスク着用は暑苦しさや息苦しさなどが難点ですが、マスクの代わりとして最近ランニング愛好家の間で流行っているのがバフやゲイターです。 今回は、ワークマンのクールネックゲイターをランニング愛好家のみなさんへご紹介したいと思います。 アウトドアブランドとして進化するワークマン はじめにワークマンというブランドについてご紹介します。 ワークマンのキャッチコピーは「やる気ワクワク、ワークマン」です。 その名のとおり、土木作業や工場作業向けの作業着専門店として成長してきました。 「作業着のユニクロ」と呼ばれ、頑丈で長持ちする作業着の専門店としてガテン系の方たちの間で話題となり、工場や土木現場向け用品の専門店として、日本最大の売り上げを誇るようになりました。 成長の要因は、作業員の労働時間にあわせて営業時間を設定したことや、主力購買層である作業員の「こんなものがほしい」という声を吸い上げる柔軟性などが挙げられます。 購買層の声をもとにメーカーと共同開発しながら独自のプライベートブランドを展開してきました。 やがて、安価でありながら素材の良さや機能性の高さに目を付けたインフルエンサーのSNSがきっかけとなり、バイク乗りやアウトドア好きの間で話題になります。 また、厨房用に開発された滑りにくい作業靴は、安全性を重視する妊婦の間で広まり、ワークマンというブランドが広く認知されるようになりました。 この流れに乗る形で「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」というカジュアル色の強い新業態が誕生。 それまでの労働者のイメージから、頑丈でありながら洗練されたオシャレなアウトドアブランドとして、最近ではデザイン性に富んだラインを提供して若者の間でも人気を集めています。 ワークマンのクールネックゲイターとは? こちらのワークマン芸人の竹本カズキさんの動画でも紹介されているとおり、山中教授がジョギングする際に着用していると話題になった「バフ(buff)」というのはスペインのブランド名です。 一見、バフ(buff)やワークマンのクールネックゲイターは同じように見えますが、なぜクールネックゲイターが人気なのかを素材や機能面などから考えてみました。 バフ(buff)よりもお手軽価格! 一般的なバフ(buff)は3,000円以上するのに対して、ワークマンのクールネックゲイターはなんと300円台〜500円台と非常にお手軽価格で購入することができます。 素材や機能面ではバフ(buff)とあまり変わりません。 涼しい冷んやり素材を使用 気化熱を利用して冷却する素材が採用されており、息や汗が蒸発するときの気化熱を利用して冷却効果が得られます。 暑苦しさを解消してくれるので、これからの季節にはぴったりの素材です。 洗って何度でも使える ナイロンとポリウレタンの丈夫な混紡生地を使用しているため、何度でも洗い繰り返し使うことができます。 また、吸湿速乾性能を備えているので水蒸気が付着して息苦しくなるのを防いでくれます。 紫外線をカットしてくれる 意外に紫外線を受けやすいのが首の後ろの部分です。 ワークマンのクールネックゲイターはしっかり紫外線をカットしてくれるので、日焼けを防いでくれます。 いろいろな使い方ができる 縦長の筒状の形で伸縮性があるので、マスク代わりとしてだけではなく、頭につけて帽子やバンダナとして使ったり、夏場は首もとを冷やすクールネックとしてなど、さまざまな使い道があります。 ワークマン以外のおすすめクールネックゲイターのご紹介 走っても息苦しくならない、ランニングにぜひおすすめしたいクールネックゲイターをご紹介します。 EXIO エクシオ フェイスマスク バイク サバゲー 花粉 冷感 夏 UV 洗える フリーサイズ ランニングウェアで定評のあるEXIO エクシオ のフェイスマスクです。 冷感素材でUVカット機能を備え、何度でも洗えます。 Nesseo フェイスマスク ネックカバー 高機能パワーストレッチ繊維を採用。 伸縮性に富み、通気性や速乾性能も備えています。 ズレにくく快適にランニングが楽しめます。 UVカット率99%です。 Golovejoy バイク マスク ネックゲートル 柄に凝ってなくて、白と黒の2種類だけというシンプルなデザインが特徴です。 アメリカ輸入のCoolChill接触冷感材質を採用しているため、ヒンヤリとした肌触りです。 Bassdash バスダッシュ ネックガード ロードバイクのために誕生したネックガード。 伸縮性に富んだポリエステル素材を使用しています。 ランニングや登山などさまざまな用途で利用可能です。 Advertisement 関連する記事• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield 最新記事 […]• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield 最新記事 […]• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield 最新記事 […]• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield 最新記事 […]• The following two tabs change content below. この記事を書いた人最新の記事 Greenfield 最新記事 […].

次の

【ワークマン】冷感ネックゲイターは夏用マスク代わりと評判?在庫や売り切れ情報を調査!

ワークマン クール ネック ゲイター

マスクの代わりにモンベルのネックゲイターを使ってみた。 今やコロナウイルスの影響で ランニングも周りに配慮して しないといけない状況になってます。 ランニング時に気をつけることは 一人で走る、混んでる時間と場所は避ける、 人との距離をとる、マスクなどを着用する など色々ありますよね。 私もできる限り気をつけて走ってるけど 一番悩ましいのがマスク問題。 やはりマスクをつけて走るのは正直苦しい。 走ってる時に口にくっついてきたりして 窒息死しそうになる 笑。 しかもだんだん暑い季節になってきて 着けてると暑いし。 そこでマスクの代わりに 使用してみたのが ネックゲイター。 山中教授がバフを紹介していたのが メディアでも取り上げられていましたが ネックゲイターも似たようなやつです。 そのネックゲイターは モンベルというアウトドアメーカーの 「WIC. クール ネックゲイター」 いうやつです。 これからの暑い季節にぴったりで ランニング使用時でもあまり苦しくならずに 快適に走れるのでおすすめです。 そんな ネックゲイターの紹介です。 モンベル「WIC. クール ネックゲイター」 「WIC. クール ネックゲイター」は モンベルというアウトドアメーカーから 発売されている抜群の通気性と 吸水拡散性を備えた ネックゲーターです。 この素材が暑い季節でも快適に使える理由ですね。 他の特徴としては以下があります。 クール ネックゲイター」を 実際に使ってみた感想です。 まず、着用した感じはこんな感じ。 カラーはアリスブルーです。 首元から目元まですっぽり覆われます。 マスクのように口元だけ覆われているわけでは ないので 走っていても苦しさはかなり軽減された。 鼻にあたる部分に樹脂製の芯があるので 鼻からずり落ちづらくなっているけど 10km走ってる間に3、4回はずり落ちたかな。 しかしこれは ひもとコードロックでフィット感を調整できるので 調整次第ではないかと思います。 私はあまりきつくしたくなかったので 緩かった可能性があるかな。 あと気にしていたのは 走っている時に口に生地がくっついてくるか こないかというところ。 これはくっついてくることはなかったです。 厳密に言えば口に近づいてくるけど ペタッとくっついてくることはなかった。 マスクだとペタッとくっついてくることあるので ここは大きく違うところですね。 汗をかいてもベタベタすることがないです。 まとめ ランニングに使えるモンベルの 「WIC. クール ネックゲイター」の紹介でした。 マスクの代わりにいいやつ見つけたかな。 正直マスクで走るのしんどい。 モンベルのこのネックゲイターだと 苦しさはかなり軽減されましたね。 そして値段もリーズナブル。 コロナ影響下でのランニングは マスクなどエチケットに気をつけたいですね。 そんな時にマスクの代わりに ネックゲイターやバフの 使用をしてみてはいかがでしょうか。 その月々の返済額履歴です。 最近の投稿• 2020年6月28日• 2020年6月21日• 2020年6月14日• 2020年6月7日• 2020年5月31日• 人気の記事• - 55,181 views• - 23,620 views• - 19,127 views• - 18,825 views• - 16,123 views• - 12,994 views• - 11,558 views• - 11,446 views• - 9,890 views• - 9,332 views• カテゴリー• アーカイブ•

次の

コロナ時代の新ランニングコーデ提案【ワークマン(WORKMAN)】マスク代用「クールネックゲーター」&新作スニーカー「アスレシューズ ハイバウンス」をレビュー|@BAILA|おしゃれ感度の高い30代に向けてファッション、ビューティ、ライフスタイル、結婚、恋愛等のリアルを届けるサイト

ワークマン クール ネック ゲイター

ワークマン【クールネックゲーター】580円 ワークマンの、腕や頭をカバーする用品のコーナーにありました。 商品名は、クールネックゲーターです。 価格は税込み580円。 ワークマン、さすが安定の安さ。 台紙にイラストで、使用例が8通り書かれています。 口元を覆う場合は、2パターンの着用方法があります。 フリーサイズです。 もちろん伸縮性があるので、ある程度は伸びます。 頭の大き目なわたしも、普通に通せました。 重さは41g。 手触りは、つるりサラサラといった感じ。 水着の素材に似た感じです。 クールと名付けられているように、ひんやりします。 主に夏場の使用を目的としているのでしょう。 では付けてみました。 横から。 確かにマスクをしているより、圧迫感がなく、ひんやりした肌触りがこれからの季節でも使いやすそうです。 ジョギングの時に使ってみたいと思います。 口元はしっとりしますが、慣れればそれほど不快ではないかも。 ただ、デザインはワークマンらしく格好良くはない・・・。 店舗ではこの柄も含め2種のデザインで各2色、4パターンの商品がありましたが、いかにも580円な感じです。 各店舗の仕入れや在庫状況によるのでしょう。 Buffの方は、価格は倍以上しますが、デザイン豊富でカッコイイんですよね。 こちらのショップで、かなり豊富なデザインを通販しています。

次の