日本の色辞典。 日本の色辞典 / 吉岡幸雄

日本の色辞典 吉岡幸雄 (日本の色): 紫紅社

日本の色辞典

セットの内容と仕様 12色の構成 1セット12色入り。 その内訳は、• 金茶(きんちゃ)色• 杏(あんず)色• 紅(べに)色• 牡丹(ぼたん)色• 菖蒲(しょうぶ)色• 瑠璃(るり)色• 露草(つゆくさ)色• 青磁(せいじ)色• 緑青(ろくしょう)色• 栗(くり)色• 鳶(とび)色• 墨(すみ)色 となっています。 いわゆる赤・黄・緑・青・紫・茶・黒がまんべんなくそろっているので、伝統色といっても 一般的な用途でも問題なく使えますね。 一般的な鉛筆の半分の長さ 普通の色鉛筆を想像していたので、売り場でその大きさにびっくり。 思っていたよりも小さかった。 長さ8. 5cm。 普通の鉛筆の約半分ぐらい。 選挙の記入台に用意されている鉛筆と同じサイズでしょうね。 あとIKEAの注文シート記入用の鉛筆とも同サイズかと思います。 色名の刻印無し 残念ながら 色名の刻印はありません。 墨色や栗色など、濃い目の色は、芯をパッと見ただけではどの色か判断に迷うものもあるので、刻印は欲しいところ。 税込108円の商品にこれ以上の原価をかけることはできないのかもしれませんが。 発色を検証 それでは実際に発色の具合を確かめていきます。 今回、色見本で使用したのは『 キーカラーがすぐに選べる 基本の色辞典(MdN発行)』です。 菖蒲(しょうぶ)色 系統は良いのですが、薄めですね。 もっと深みが欲しいところ。 露草(つゆくさ)色 菖蒲色と同じく、もう少し濃くあるべきかな。 惜しい。 青磁(せいじ)色 これはくすみが足りないかな。 綺麗な色なんですがね。 栗(くり)色 この色は結構イイ線いってます。 赤味と黄色味をすこしづつ足りないかな。 鳶(とび)色 むむっ。 これは明らかに方向が違う感じがします。 茶色の代表感はあまりないですよね。 墨(すみ)色 これはまあ良いんじゃないでしょうか。 単純に黒です。 まとめ 見本色と比べて、全体的に、 明るい・薄い・鮮やかの傾向ですね。 そこそこ塗り重ねたので、色鉛筆のパフォーマンスは引き出せているかと思います。 使用した紙がキャノン普通紙・ホワイトなので、特別に良いものではありません。 紙を変えれば、もう少し色濃く、深みのある色が出せるのかもしれません。 いや、どうかなぁ。 結構グリグリ押し付けたけどなぁ。 日本の伝統色は、いわゆるアースカラーであり、 くすみや深さに味わいがあるので、もう少し寄せて欲しかったというのが正直な感想です。 もう一歩踏み込んで、日本の伝統色を使ったお絵描きをしたい方は、水彩毛筆20色セットなんかもいいですね。

次の

日本人の美の心!日本の色【伝統色のいろは】

日本の色辞典

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに1冊在庫がございます。 (2020年07月17日 21時30分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 出版社内容情報 日本の伝統色を日本古来の植物染で再現し、総カラー最新ダイレクト製版で見せる、色標本・色名解説の集大成。 襲の色目 かさねのいろめ 42種も掲載。 日本には美しい色名がいくつもあります。 本書では収録した466色のうち209色の日本の伝統色を、日本古来の植物染により再現。 色名にまつわる逸話や歌、物語などにもふれながら、日本の色の歴史や文化を平易に解説。 万葉から江戸時代の染職人が行っていた自然の植物から色を汲み出す業を、半生をかけて現在に蘇らせたのは、日本の染色界の第一人者、京都で200年以上続く染屋「染司よしおか」五代目当主の吉岡幸雄氏と染職人の福田伝士氏。 染色家として東大寺や薬師寺の伝統行事をにない、染織史家として『日本の色辞典』『源氏物語の色辞典』『王朝のかさね色辞典』など著書多数。 きもの文化賞、菊池寛賞、NHK 放送文化賞を受賞。 喜多章(きた あきら)著者略歴 すべての撮影を自然光とその室内で使われている照明だけでこなす京都生まれの写真家。 太陽賞受賞。

次の

日本文化いろは事典

日本の色辞典

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに1冊在庫がございます。 (2020年07月17日 21時30分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 出版社内容情報 日本の伝統色を日本古来の植物染で再現し、総カラー最新ダイレクト製版で見せる、色標本・色名解説の集大成。 襲の色目 かさねのいろめ 42種も掲載。 日本には美しい色名がいくつもあります。 本書では収録した466色のうち209色の日本の伝統色を、日本古来の植物染により再現。 色名にまつわる逸話や歌、物語などにもふれながら、日本の色の歴史や文化を平易に解説。 万葉から江戸時代の染職人が行っていた自然の植物から色を汲み出す業を、半生をかけて現在に蘇らせたのは、日本の染色界の第一人者、京都で200年以上続く染屋「染司よしおか」五代目当主の吉岡幸雄氏と染職人の福田伝士氏。 染色家として東大寺や薬師寺の伝統行事をにない、染織史家として『日本の色辞典』『源氏物語の色辞典』『王朝のかさね色辞典』など著書多数。 きもの文化賞、菊池寛賞、NHK 放送文化賞を受賞。 喜多章(きた あきら)著者略歴 すべての撮影を自然光とその室内で使われている照明だけでこなす京都生まれの写真家。 太陽賞受賞。

次の