セルフ ホワイトニング 資格。 ホワイトニング明石

セルフホワイトニンググッズおすすめ人気ランキングTOP10!ジェルも【2018年最新版】

セルフ ホワイトニング 資格

突然ですがあなたはこんなフレーズを耳にしたことはありますか? 芸能人は 歯が命 第一印象を決定づけるキラりと光る白い歯。 憧れますよね〜! 突然ですが私は今まで 『歯が白いね!』と言われたことがありません!泣 はあ〜( ; ; )一回でいいから言われてみたい。 ってことで前々から気になっていた 歯のホワイトニングをして 『歯が白いね!』という待望の一言をGETしたいと思います!! せっかくするのなら• どのくらいホワイトニングをすれば歯は白くなるのか? これを検証をしてみたいと思います!! さっと始まりさっと終わる。 しかも誰にも見られない。 セルフホワイトニングの良いところですね! でも一番気になるのはその 効果! 果たして効果はどうなのでしょう? 2:ホワイトニング効果 効果はとてもあると思います! セルフホワイトニングでは毎回施術前、施術後に歯の白さチェックを行います! 使うのはコレ! 白さのランクによって数字が違います。 フィニッシュは H30. やりました!! 30日間で S4の白さをGETしました!! ここまでくると 自分でも白さを実感しますし、 周りからも歯が白いねと言われるようになりました! 厳密に言えば、歯の白さとしては S6と S4の混合といった感じでしょうか! 比較的手入れが行き届きやすい前歯は S4で、横にいくにつれて S6となっています! これは凄い…!! 白さのランクは最高位の S2へとまっしぐら! 確実に白くなっている実感はあるのでこの後も継続する意欲になります! もうかなり白いので これからの日々はニコニコして歯をさらけ出して猛アピールしようと思います。 笑 ですがひとまずここで30日チャレンジは終了です。 白さの維持• オススメのホワイトニング利用の仕方• 【歯を白くする他にも付いてくるメリット】• 歯のやにを取る• 歯垢を除去する• 口臭を防ぐ• 歯石の沈着を防ぐ• 虫歯を防ぐ• 自分を見る自分が、その変化に気付き、嬉しい気持ちになるのです! 自分で自分を好きになります! アンチエイジングなどの己磨きの本質ってそこなんじゃないかな?って思います。 肯定できる自分でいる事。

次の

大阪・梅田セルフホワイトニングおすすめ比較ランキング|

セルフ ホワイトニング 資格

歯科で施術を行うオフィスホワイトニングと、サロンや店舗で行うセルフホワイトニングの違いを一言で述べると医療的な薬品を使用しているかどうかの違いになります。 歯科のオフィスホワイトニングでは国家資格を所有している歯科衛生士や歯科医師などがお客様の施術の対応を行いますが、セルフホワイトニングの店舗やサロンにはオフィスホワイトニングのように資格を持っているスタッフがいません。 日本の法律では国家資格を持っていない店舗スタッフが施術を行うことを禁止としているため、お客様は通院して自身の自己責任で施術を行うことになるのです。 漂白作用のある医薬品を使用して施術するオフィスホワイトニングに対し、セルフホワイトニングでは医薬品を使用することができないため、歯の汚れを落とす成分を含む重曹などを使用して施術を行うことになります。 セルフホワイトニングを開業する店舗やサロンが近年増加傾向にあります。 セルフホワイトニングが違法という話も挙がっている中、店舗数が増えている理由としてあげられるのが、経営にあたっての資格が不必要ということが一番のメリットかと思います。 実際の施術はお客様に自身の店舗もしくはサロンに足を運んでもらって行うわけですが、店舗スタッフは施術を行うための国家資格を保有していません。 そのため、店舗スタッフは施術を行うことができず、お客様に施術の方法を教えてあげるだけですので経営も難しいことはありません。 そして店舗について安い初期投資で開業できるのも大きなメリットです。 機材や資材の購入から部屋の引越しの料金などを全部含めても約200万〜250万円ほどの金額でセルフホワイトニング店を開業することができるのです。 これといった資格を取得する必要もなく、安価な金額で開業をすることができ、施術を行う必要もないためにセルフホワイトニングのお店がどんどん作られているのです。 セルフホワイトニングは国家資格を所有していない店舗スタッフにて運営されているため、医薬品や医療機器を使用して施術を行うことを禁止されています。 実際に法律に触れないようにセルフホワイトニングで使用しているジェルの成分を公開している店舗やサロンがある反面、成分を公開していなかったりお客様が行わないといけない施術を店舗スタッフが対応し、口の中を触ったりすると法律違反になってしまいます。 法律にギリギリ触れないようなきわどい運営の仕方をしているので、一歩間違えれば違法に該当することも十分ありえてしまうのです。 また、施術の実施にあたってすべて自己責任にもなってしまうため、安全に施術を受けたりしたいのであれば歯科医院で施術をしてもらう方が良いでしょう。

次の

セルフホワイトニンググッズおすすめ人気ランキングTOP10!ジェルも【2018年最新版】

セルフ ホワイトニング 資格

先に述べたように、現在、巷では様々な種類のホワイトニングが出回っていますが、 法律のグレーゾーンを付いた様なものや 完全に自己責任でというものも多くあります。 そこで、まずはホワイトニング関連の法律や規則についてご説明します。 本物のホワイトニングには過酸化物が必要 日本では、「ホワイトニング」というと「歯の表面を綺麗にする=クリーニング」も同じように考えられている場合が多くあります。 しかし、 本来の「歯のホワイトニング」とは「歯の表面だけでなく、中の色素を抜いて元の歯の色よりも白い歯にする」ということを言います。 この「色素を抜く=脱色」ができる唯一の薬剤が 『過酸化物(過酸化水素・過酸化尿素)』だけなのです。 ところが、 日本では医薬品医療機器等法(旧薬事法、薬機法)で 過酸化物を含んだ製品を市販することが禁止されています。 そのために、 日本で購入できる「ホワイトニング歯磨き粉」等にあるのは「クリーニング」効果であり、 本来のホワイトニング効果は全くありません。 これに対し、 アメリカを含めた、ホワイトニング先進国では濃度の差はありますが、過酸化水素配合の多数の製品がドラッグストアなどで販売され、一般の人が入手することができます。 海外に行ったときにドラッグストアで購入したものをハンドキャリーで国内に持ち込んだり、インターネットで購入することも可能になっています。 ただ、特にインターネットで売られている製品の中には、 粗悪品や模造品、また医療機関で歯科医師の管理の正しい管理の下でしか扱えないような高濃度過ぎる製品も見受けられます。 個人輸入製品は特に注意 これら海外で購入した製品や、インターネットで購入した製品を、 輸入した本人のみが自分自身で使用することは認められています。 ただ、これらはすべて 自己責任の下での使用となりますので、 事故などが起こった時も保障されません。 実際に インターネットで購入した高濃度のホームホワイトニング剤を誤って使用し、重度の知覚過敏になったり、歯肉が退縮してしまう事故も起こっています。 これらは 歯科医師の指導のもとではなく、自分で安全な製品か判断がつかなかったり、誤った使用法で何となく使用したりして起きているので、やはり自己判断で個人輸入品などを使用することは控えるべきでしょう。 また、一般の人がこれら個人輸入した製品を他人に譲渡や販売することは、薬事法で禁止されています。 歯科医師が治療に使用する場合の法律 前述のように、日本では本来のホワイトニング効果が高い薬剤を入手することは出来ません。 そのため、 歯科医師が治療の際に効果が高い薬剤を輸入して治療に使用する場合は厚生労働省に申請を行う必要があります。 医師免許はもちろんですがその他様々な書類を提出し申請をして、許可が下りれば薬剤を輸入して使用することができます。 ただし、歯科医師個人が使用する目的で輸入した場合は、余っていたとしても治療に使用することはできません。 このように、 歯科医師による治療の場合でも、日本では入手できない本来のホワイトニング効果が高い薬剤の使用は、日本の歯科医院では容易ではないのです。 セルフ式ホワイトニングの普及 低濃度の薬剤だとしても、 過酸化水素を使用した一般的な歯のホワイトニングは歯科医師が開設する歯科医院でしか施術を行うことができません。 そのため、最近ではエステティックサロンなど 歯科医院以外で歯のホワイトニングを取り扱うところが増えています。 本来の歯のホワイトニングは歯の表面のクリーニングを行った上で、医薬品である過酸化水素や過酸化尿素を使用する医療行為のため、薬機法でも厳しくその法律を定めています。 歯科医院で、歯科医師もしくは歯科医師の指導の下で歯科衛生士が行う場合のみ許されていたのですが、この方法を工夫し、 法律のグレーゾーンを付くような形で、 歯科医院以外の一般の店舗でもホワイトニングを行うようになってきました。 現在、エステや美容院、整骨院などで行われているホワイトニングは、 日本でも市販されている歯磨き粉や化粧品に含まれる「酸化チタン」や「ポリリン酸ナトリウム」などを使用し、 お客さん自身が自分でこれを歯に塗り、LEDの光を当てて行うセルフエステ方式になっています。 市販品を使用し、さらにお客さん自身がセルフで行うことで、歯科医師法や薬機法などに触れずにホワイトニングを可能にし、現在はセルフホワイトニングの専門店も増えてきています。 ただし、店員やエステティシャンが施術したり、LED照射機などの医療用具や過酸化物を含む医薬品を使用することは 違法です。 効果は 過酸化水素が全く入っていないため、1回の施術で白くなったとしてもシェードガイド1段階程度です。 (当院のオフィスホワイトニングは 1回で平均8段階以上の変化なので、以前セルフホワイトニングを受けたことがある患者様に当院のマイスタープラスホワイトニングをお受け頂くとビックリ! 😯 されることも多いのですが) また、この「ポリリン酸」や「酸化チタン」などのセルフホワイトニングで何となく白くなったと思われても、表面の着色除去と一時的な歯の乾燥で白くなっているだけなので繰り返し行ったとしても、 歯科医院のホワイトニングのように白くなることはありません。 セルフホワイトニング専門店の中には、この施術をエステと同様に 数回のパック販売やコース契約をしているところもあり、消費者との間で トラブルになっているケースも多いようです。 また、セルフホワイトニング店であり歯科医師が在籍していないにもかかわらず、化粧品や医薬部外品である「ポリリン酸ナトリウム」や「酸化チタン」のペーストの中に、 薬機法で禁止されている過酸化水素を混ぜたり、無資格者が施術をしたりする場合もあるようです。 したがってセルフホワイトニングは 『本来の白い歯になる効果が全く無い』だけでなく、『無資格者のみで薬剤や施術が危険な場合もある』ために、個人的にはお勧めはできません 😥 ホワイトニングのパックやコース料金は特定商取引法の対象 今までは歯のホワイトニングは医療行為のために、特定商取引の対象外でしたが、昨今の美容医療のトラブル増加を鑑み、2017年12月1日より美容医療が特定商取引の対象となっています。 具体的には、 「5万円以上」でかつ「1か月以上」の契約はクーリングオフが可能になります。 ホワイトニングで数回パック料金などで、1か月以上有効で5万円以上のコースの場合は念のため、契約前にもクーリングオフの対象となることを確認されると良いでしょう。 「ホワイトニングに使用される過酸化水素は1時間に270mgで、1日で6,480mgが人間の肝臓でも生成されているので通常使用されるホームホワイトニング剤の量を飲み込んでも問題ない。 ホワイトニングは適正に使用されていれば全てのデータで安全性が確認された。 薬剤が体に与える影響は、日常食べている食品と同程度である。 」 と報告されています。 自家製の薬剤を使っているホワイトニングには注意 しかし、例えば、歯科医院内で施術者が 施術前に「ホワイトニング薬剤を作っている(前述のポリリン酸などの歯磨き粉に、劇薬である過酸化物を自分で混ぜて作る)」場合もあります。 このような場合も、 歯科医院で有資格者が行っていたとしても、濃度や量が正確ではなく、既製品のホワイトニング薬剤ではないため、その安全性も不明なので注意が必要です。 歯科医院で資格者がやっているなら、見分けがつかないのに、どうすればいい? と、心配されるかもしれませんが、 一般的にオフィスホワイトニングといっても、 1回1万円以下の物だとその方法で薬剤を作っている可能性が高いので、わかりやすいと思います。 なぜなら、 ホワイトニング薬剤として安全性が認められ既製品として販売されているものは 1回の材料費だけでも数千円等では賄えない高額なものが多いので、 低価格で提供されているオフィスホワイトニングはたいてい院内で薬剤を調合する自家製薬剤を使用したものであるとわかるのです。 歯茎を保護しないホワイトニング さらに、この「ポリリン酸等の歯磨き粉に、術者が直前で過酸化水素液を混ぜて薬剤を作って使用して行う、安価なホワイトニング」は 更なる材料費節約のために「歯茎保護剤」を使用しない事も多くあります。 こうして、歯茎が退縮してしまった例等もありますので、歯科医院で行われるオフィスホワイトニングと言っても、内部では危険な施術を行っている場合もあるようです。

次の