アガサ カクテル。 アガサ・クリスティー名作おすすめベスト10!【ミステリの女王】

アーント・アガサ|カクテルのレシピ

アガサ カクテル

アガサ博士 阿笠博士 とは?プロフィール• 本名:阿笠 博士(あがさ ひろし)• 年齢:52歳• 特徴:白い口ひげ• 口癖:「~じゃ」 工藤家の隣に住む自称天才科学者のアガサ博士。 コナンの招待である工藤新一とも昔から親しく、コナンが工藤新一と同一人物と知る数少ない人物です。 阿笠博士の本名は「博士」と書いて「ひろし」です。 作中では『アガサはかせ』と呼ばれることが多いですが、正式には 『阿笠博士 博士』(あがさひろしはかせ)ということになりますね。 ちなみに、作中のキャラクターは 実在した推理小説に関係するものから名前をもじっているケースが多くみられます。 阿笠博士の名前の由来も、 イギリスの推理小説家である『アガサ・クリスティ』からとられたものだそうです。 また、小さくなったコナンのために数多くの発明品を作り、陰ながらコナンを支えている存在です。 その技術はとても高く、 蝶ネクタイ型変声機、時計型麻酔銃、ターボエンジン付スケートボードなど作中でもなくてはならないアイテムをたくさん開発しています。 また、あゆみ、げんた、みつひこ達がコナンと結成した 少年探偵団の子供達にも優しく、 トランシーバー内蔵探偵バッジを作ってプレゼントしてくれたこともありました。 こちらの記事もよく読まれてます! 名探偵コナンの阿笠博士が黒幕説はホント?理由はお酒? そんなアガサ博士ですが、なんと 「黒幕ではないか?」という噂が出ています。 今のところ、阿笠博士と黒幕のイメージが全く結びつかないですよね。 しかし、ネット上では 阿笠博士黒幕説がたくさん話題にあがっています。 それは何故なのか?様々な理由があるようですので調べてみました。 黒の組織のメンバーにはお酒にまつわるコードネームが付けられていることから、 カクテルの名前を持つ阿笠博士はかなり有力とされました。 組織のNo. 2とされているラムが入っているところも気になります。 なるほど。 これはかなり怪しいですね・・・。 黒の組織のメンバーは、 ジン、ウォッカなどみんなお酒の名前のコードネームで呼び合っています。 阿笠博士の名前の由来が実はお酒のコードネームだとしたらだったら・・・このことに気づくとゾッとしますね・・・。 この二人が生きていた時代は微妙に違うので、実際に会って仲が悪かったという訳ではなく、 アガサ・クリスティがコナン・ドイルの作品『ホームズ』を酷評していて対立していたという噂があるようです。 これもまた憶測ですが、 アガサ(阿笠博士)VS コナン(工藤新一)の構図を演出したかったのだとすると、かなり壮大な布石ですね。 それがこちら、 「あの方に長年仕えた」という発言です。 ということは、『あの方』=ボスが年を取っているという風に推理できますね。 阿笠博士は52歳で作中に出てくるキャラクターの中では年齢が上なので怪しまれているようです。 コナン達をおびやかす犯罪組織、黒の組織。 黒の組織は構成されてから年月が長く、半世紀以上前からあると言われています。 すると当然 ボスは50歳以上と考えるのが妥当でしょう。 52歳である阿笠博士は当てはまります。 これは発明家である阿笠博士が真っ先に疑われても仕方がありません。 阿笠博士ほどの技術力があるなら黒の組織としてもかなり有力な逸材になりますよね。 確かに、阿笠博士とボスのイメージがあてはまっているように感じられますね・・・。 「じゃあ、ありえない人が犯人だったら新一はどうするの? 阿笠博士が犯人だったら」 この言葉に対して新一は、相手が阿笠博士だったとしても面と向かって「あなたが犯人だ!」とはっきり言うと断言しています。 まだまだ話の序盤である8巻目のコミックスで、こんなにしっかり名指しされていたのですね! これは確かに気になります・・・。 あの方=ボスについて質問されたときに、 「実はボスの名前は既に原作のどこかにでている。 捜してみて下さい。 」 「黒の組織には正式名称があるが、それをいうとボスの名前がばれる」 と話していたそうです。 この発言より前に登場しているという事は、はじめから登場している阿笠博士も該当しますよね。 このほかにも、あるはずがない『江戸川コナン』という人物がすんなり小学校に入学できていることから、 阿笠博士が戸籍の偽造をしたとも言われています。 コナンになってしまったばかりの工藤新一に「正体を隠した方がいい」と真っ先に助言したのも阿笠博士ですし、調べれば調べるほど怪しい点が多いですね・・・。 阿笠博士黒幕説が濃厚な気がしてきました・・・。 黒幕の正体が読者にバレたから設定変更された? ここまで怪しい点を挙げてきた 阿 笠博士黒幕説ですが、実は過去に作者の青山剛昌先生がしっかりと否定しているそうです。 2011年10月のクラブサンデーの公式ブログで、作者直々に否定したことで、この説は崩れてしまった。 以下引用クラブサンデー公式ブログ: 2011年10月 最後にどーーーーーーーしても気になることを質問させて頂きました!! ズバリ、 「黒ずくめの組織のボスは誰ですか!? 」 衝撃のその答えは……!! …………………………………… …………………………………… …………………………………… …………………………………… 「阿笠博士じゃないよ(笑)」 ここまで来ると、阿笠博士の疑惑も晴れそうですが、ネット上では 「あまりにも黒幕説が高まりすぎて設定を変更したのでは??」との声がたくさん挙がったそうです。 最初はもっと早く(1年程度で)終わらせる予定で、アガサが黒幕だったけど連載の長期化とアガサのレギュラー化に伴い黒幕が変更になったんだよ だから初期のアガサは薬の事をしって誰にも話してはならんとか脅したり、身内に犯人がいたらどうするかみたいな話があったりして、実は信頼していたアガサが黒幕でしたってのをやりたかったのがよく分かる でも現在のアガサの立ち位置からして、FBIが出てきたあたりから黒幕や組織の規模・目的は変更になったというのが正しい 確かに作者もここまで長編のストーリーになるとは予想していなかったのかもしれません。 ストーリー前半で阿笠博士を黒幕だと匂わせる怪しいシーンが多いことからも、設定変更の疑惑が出ているようです。 阿笠博士の黒幕説についてのファンの反応は? ここまでは黒幕説肯定派の方達の意見をみてきましたが、実は 否定的な反対意見もあるようです。 コナン=新一だと知っていながら、今まで生かしている。 1巻でコナンが阿笠を訪ねた時点では、 他にそのことを知っている人間は誰もいなかったわけだから、 阿笠が黒幕なら、そのことが他人に漏れないうちに、 その時点で始末しているはずでは? 灰原が、阿笠と一緒にいても、何も反応しないこと。 灰原は、黒の組織のメンバー、例えばベルモットなどが近くにいると、 震え出したりして、異常な反応を示しますよね。 しかし、阿笠の場合、灰原は何も反応しないどころか、 怪しいと考えさえしてない様子。 下っ端ならまだしも、ボスなら、ベルモットどころじゃないわけだから、 その時以上の反応を見せても、おかしくないはずでは? これらの意見を見ると、さっきまでは阿笠博士が黒幕だと思い込んでいた私も「確かに・・・」と思ってしまいます。 ちなみに、「名探偵コナン」は、2017年で1000話を超え、いまだに連載が続いている長期人気作品です。 一番根強いのは阿笠博士黒幕説ですが、他にも 少年探偵団メンバーみつひこ黒幕説など様々な考察があるようです。 これだけ長期の連載だとファンも過去のいろいろなシーンや発言から様々な推理をしているようで、ネット上でも黒幕推理がかなり盛り上がっているようでした。 この作品のファンの多さと人気ぶりを感じますね! ここまでくると作者の青山剛昌先生には最後まで書き切って頂き、みんなですっきりとしたラストを見たいです!.

次の

名探偵コナンの黒幕の正体はアガサ博士は違う?酒(カクテル)の名前から考察

アガサ カクテル

名探偵コナンの黒幕の正体がアガサ博士ではないかとも言われていますね。 昨年「あの方」の正体が鳥丸だと判明しましたが、「あの方」と黒幕とは一緒だとは、まだはっきりとはされていないのでアガサ博士は黒幕という説もまだまだ可能性はあるのではないでしょうか? やっぱりなんてこともあるかもしれません。 それには、アガサ博士が黒幕では?と思えるような事が多すぎるからだと思います。 お酒(カクテル)の名前の事は一番怪しいと言えるかもしれません。 他にも怪しい行動も見受けられます! なので、今回は名探偵コナンの黒幕の正体はアガサ博士は違う?酒(カクテル)の名前から考察して参りたいと思います。 それでは参りましょう! 名探偵コナンアガサ博士のお酒(カクテル)の名前から考察! 都市伝説103 名探偵コナンに出てくる黒ずくめの組織はお酒に関するニックネームで呼びあっています。 そんな中、黒幕の正体が話題になりました。 ラム酒にオレンジを混ぜるとアガサというカクテルになります。 作者もどうしてお酒のカクテルのコードネームにしたのでしょうか? カクテルは、色々なお酒を混ぜて違うお酒になり名前も新たにつきますね… その辺りもヒントになるのでしょうか? 順番に見て参りましょう! 【ラム】 ラムの正体はわかっていないが、黒田兵衛・若狭留美・脇田兼則の中の一人ということはわかってきました。 ボスの一番の側近でかなりの力を持っていて、片目が義眼というのが特徴の様です。 ジンとベルモットを4:1で合わせたお酒がマティーニです。 二人の合言葉も「二人でマティーニを作らない?」だそうです。 大人な感じですね~ 【ウォッカ】 16. コナンより、ウォッカ — わらしゅー 趣味 warashusiro 主にジンのサポートを主としているが、実は、ジンと同格。 ガサツな所があだとなり一度唾液と指紋を採取されそうになり、ジンに銃口を突き付けられたこともある。 指紋と唾液を採取されてしまっては、悪いことは出来ませんね… 良くわからない世界ですが、抜かりがあってはだめだということです。 どんなことも徹底出来ればいいのですが、自分では徹底しているつもりでもスキがあるのが人間です。 ファンも多いのでこれから先に登場するかもしれませんね… 【ベルモット】 小学生の頃、コナンに出てくるベルモットのA secret makes a woman womanって言葉を当時は、秘密は女をつくる?ってなってたのに今は理解できちゃうの感慨深いな — 服部 9Ku7AXwJSAmR4ct 黒の組織の大幹部で本名は、シャロン・ヴィンヤードという。 40歳以上のはずなのに見た目が20~30歳に見える事から、何か特別な事をしているのではと噂になっている。 そりゃあ、幼児化の薬があるのだから若返りの薬も作っていたに違いありませんね。 今の経験値を持って、若返れたら人生が変わるかもしれませんね… 若さは一瞬ですからね… この他にも多くのお酒の名前をつけた黒の組織のメンバーが存在します。 バーボン• キール• スコッチ• キャンティ• コルン• テキーラ• ピスコ• カルバドス こんなにカクテルの名前の付いたキャラクターがいて、またキャラとカクテルのイメージがあっているのも作者はカクテルからキャラクターを作ったのかもしれませんね… 名探偵コナンの黒幕の正体はアガサ博士は違う? アガサ博士指多ない? — あぬ〜しゅ。 例えば、コナンとアガサ博士が住んでいる米花町は、ジャーロックホームズが住んでいたとされる「ベイカーストリート」から町の名前が付けられていますし、アガサ博士は「アガサクリスティー」から名前をつけられたとされています。 そしてコナンは、「コナンドイル」から命名されていることもあり「コナンドイル」と「アガサクリスティー」は、イギリスを代表する推理作家で二人が活躍した年は違いますが、この二人の名前を「名探偵コナン」に使用した事にも作者の意図がないとは言えませんね… 見えてくるのは、コナンVS アガサではないでしょうか? アガサという苗字は存在しない アガサ博士の苗字は阿笠と書きます。 実は、阿笠という苗字は日本には存在しないのです。 それは、もしもアガサ博士が黒幕だったとしたら、日本にいる阿笠さんがいじめられるのではないかという作者の考慮も含まれているのではないかという説もあるようです。 「名探偵コナン」は、人気のあるアニメになるので大人には起こらないと思いますが、子供の間ではイジメの対象にならないともかぎりません。 アガサ博士が黒幕だから、日本にない苗字をつけたとも考えられますね! ちょっと無理やりな感じもしますがね… なるほど!そうなるとアガサ博士も黒幕の可能性はまだ残っていそうだゴリ 不審な点がある? アガサ博士は、黒の組織にはあったことがないと言っていますが、第一巻で新一がアポトキシンを飲まされて幼児化してアガサ博士の家に逃げ込んだ時にジンとウォッカの顔を回想したシーンがありました。 知るはずもない人の顔をどうして回想出来ますか? 他にも、ピスコがピストルで撃たれる前に電話が電池切れになってしまったシーンも、電池切れの間にジンにピスコを打つように指示したのではないでしょうか? 不自然ということは、疑う余地があると思います。 映画「天国へのカウントダウン」でも、黒幕が知るはずがない情報(車で逃げたのは。 子供とジジイ)ということを知っていたこともアガサ博士が密告していれば納得がいく話となりますね… 火のない所に煙は立たないと昔から言うではありませんか… 白という証拠を並べる方が難しい感じがしませんか? ますますアガさ博士が怪しいワン 作者は否定している? 黒幕は誰の質問に作者は、アガサ博士は黒幕ではないと答えています。 では、なぜアガサ博士が黒幕ではないかと読者に想像させたりするのでしょうか? あの方は、烏山だと発表がありましたが、烏山の顔は未だに謎のままとなってますね… そうなると、烏山が実は、アガサ博士かもしれないですよね? 私は、作者は黒幕を誰にしようかと考えながら97巻まで書き続けアガサ博士も黒幕になりうるように怪しいシーンを書いておいたのではないかと考えます。 それに、あの方のシルエットがアガサ博士にも見えなくもないからです。 それは、名探偵コナンが最終回ということを意味すると思うのでそれまでの辛抱ですね! それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

アガサ・クリスティー名作おすすめベスト10!【ミステリの女王】

アガサ カクテル

アガサ・クリスティーは、1920年に『スタイルズ荘の怪事件』でデビューを飾り、多くの優れたミステリ作品を世に送り続けてきた作家です。 推理小説の歴史では、大体1914年の第一次大戦から1930年代後半にかけてデビューした作家のことを、黄金時代の作家として扱います。 クリスティーはまさに黄金時代を代表する作家の一人で、エルキュール・ポアロ、ミス・マープル、トミーとタペンスといった個性的な名探偵を生み出しました。 同じ時代に活躍した作家には、ヴァン・ダイン、カー、クイーンなど、クリスティーと同じく、今なお高い名声を持ち、推理小説を語る上で外せない存在が多数います。 クリスティーの作品の魅力は、あっと驚いてしまうようなトリックだけではなく、鋭く豊かな人間関係や心理の描写、クリスティー自身が旅や本から得た知識・経験に基づいて描いている優れた風景の描写など、たくさんあります。 今回はそんな魅力的なクリスティー作品の中から、おすすめベスト10をご紹介! 「三幕」の名の通り、演劇のように各章には「一幕」「二幕」「三幕」と付いています。 また、冒頭でといったように、劇のスタッフ紹介の形で、 カートライトやポワロなどの主要な登場人物が紹介されています。 クリスティーは小説だけでなく、『ねずみとり』や『検察側の証人』などの戯曲も書いていますが、ミステリに存在する演劇的な要素に強い関心を持っていたようです。 ミステリとは、登場人物に犯人、探偵、目撃者、などの役割を与えて、何の罪もない一般人を演じている犯人をあぶり出す劇をやらせるジャンルだ、と言えるかもしれません。 そのクリスティーの関心が、トリックの根幹に関わる形で大きく花開いているのが、『三幕の殺人』という作品です。 周到に築かれた演劇的構造を、ぜひ楽しんでください。 【3位】アガサ・クリスティーの描写の上手さが詰まった作品 クリスティーは文化的な背景描写・心理描写に定評のある作家ですが、この作品でその技巧は存分に発揮されています。 『マザーグース』はもちろん、テニスン『アーサー王物語詩』を取り上げたり、典型的なイングリッシュ・ブレックファストを描いたり、イギリス文化を味わえる描写がこの作品には多くあります。 イギリス好きにはたまらない一冊ではないでしょうか。 また、登場人物が持っているそれぞれのアクの強さが見事に描かれるため、冷静に考えたら不可解な登場人物の行動にも、「この人物なら確かにそうするだろうな」という説得力があります。 それゆえに物語に厚みが生まれています。 さらに、本作で探偵役を務める老婦人、ミス・マープルがとてもかっこよく、彼女を好きにならずにはいられません。 複雑な人間関係と心理を紐解いて、鮮やかに事件を解決する聡明なミス・マープルに、ぜひこの作品で会ってみてください! 【2位】最高に恐ろしい作品 もちろんこの作品も「ミステリの女王」クリスティーの作品ですが、探偵は出てきません。 殺人はありません。 端的に言うと、一人の女性・ジョーンが人生を振り返る話です。 この作品はミステリなのだろうか、と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、ふとしたきっかけでジョーンが自分のつくりあげてきた完璧な家庭に疑問を抱き、過去を振り返ってその疑問への答えを探していく課程は、まさにミステリの謎解きではないでしょうか。 謎は犯罪にだけではなく、身近なところにも潜んでいるものなのです。 そういう意味で、一種のミステリとして捉えることもできると思います。 クリスティーの特徴である巧みな心理描写のすばらしさ、読者の価値観を丸裸にしてしまうような恐ろしさにぞくっとしてしまう作品です。 とにかく一度読んで、この衝撃を味わってもらいたいです。 【1位】アガサ・クリスティーの最高傑作!ミステリ好きはとにかく読もう! 1位はやはり『そして誰もいなくなった』。 永遠に語り継がれるミステリの金字塔です。 登場人物は全員暗い過去を持っていて、舞台は隔絶された島の中で、殺人は童謡になぞらえたもので、犯人は自分たちの中にいて、というサスペンスフルな状況。 登場人物が一人、また一人と消えていき、心理的に追い詰められていく展開に手に汗を握ります。 この作品がなかったら、 横溝正史 『獄門島』、綾辻行人『十角館の殺人』などのミステリの名作は生まれなかったかもしれません。 そのくらい影響力の強い作品です。 ミステリ好きの人は必読の傑作です。 以上、アガサ・クリスティーおすすめベスト10の発表でした。 いかがでしたか? クリスティーは個性豊かな作品を多く書いており、それぞれ違った面白さがあります。 ぜひ興味のある作品を読んでみてください!.

次の