時候 の 挨拶。 時候の挨拶6月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

時候の挨拶もおまかせ!Wordであいさつ文の入力【Word・ワード】

時候 の 挨拶

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶を例文付きで解説 ビジネスレターで注意すべき点はいくつかありますが、中でも神経を使うのが、時候の挨拶でしょう。 それぞれの時節に合わせた時候の挨拶は、ビジネスレターなどの手紙では欠かせないものながら、いざ書くとなるとそう簡単ではありません。 今回は6月の時候の挨拶について、例文付きで詳しく解説していきます。 また、結びの挨拶についても紹介していますので、ビジネスレターを書く際の参考にしてみてください。 6月の漢語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、まずは漢語調の挨拶について見ていきましょう。 初夏の候 使用時期:5月上旬~6月上旬 「初夏」とは、文字通り「夏のはじめ」の意味です。 暦の上では5月6日ごろの「立夏(二十四節気の1つ)」から夏に入りますが、そこから6月上旬の「芒種」までを、「初夏」と呼ぶようになっています(ちなみにこの後、「仲夏」「晩夏」と続きます)。 ですから「初夏の候」の挨拶は、「夏が始まったばかりの季節」といった意味であることになります。 それでは、「初夏の候」を使ったビジネスレターの例文について、以下でご紹介しましょう。 結びの挨拶も加えてあります。 <例文> 拝啓 初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。 (本文) 今後ともよろしくご用命のほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具 入梅の候 使用時期:6月上旬~6月中旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する漢語調の挨拶は、「入梅の候」です。 「入梅(にゅうばい)」とは、「梅雨入り」を意味しています。 「梅雨」はもちろん、本格的な夏が始まる前の、6月から7月ごろにかけて雨が多くなる時期を指します。 気象的には毎年大体6月中旬ごろから梅雨入りしますが、雑節(二十四節気以外の季節の節目)では6月11日ごろを「入梅」と呼ぶようになっています。 ですので、「入梅の候」は6月上旬から中旬にかけて使われる挨拶です。 「入梅の候」を使用したビジネスレターの例文を、以下に挙げてみましょう。 <例文> 謹啓 入梅の候、貴社いよいよご発展の由、何よりと存じます。 平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。 (本文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書面にてご案内申し上げます。 謹白 夏至の候 使用時期:6月下旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての漢語調の挨拶の例は、「夏至の候」です。 「夏至(げし)」とは二十四節気の1つで、太陽の黄経(黄道座標の経度)が90度に達する日を言います。 北半球においては、昼がもっとも長く、夜がもっとも短くなる日です。 太陽暦では、6月21日ごろを指すようになっています。 「夏にいたる」と書く通り、この日を過ぎれば本格的な夏の到来となる、区切りの一日でもあります。 では、「夏至の候」を使ったビジネスレターの例文を、以下にご紹介しましょう。 6月の口語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、漢語調の挨拶について見た後は、口語調の挨拶についてご紹介しましょう。 通常の手紙でもそうですが、ビジネスレターでは特に相手への礼が重んじられます。 そのため形式的に漢語調の挨拶が多く使われますが、比較的親しい相手に対しては、ややくだけた口語調の時候の挨拶もよく使われます。 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました 使用時期:5月上旬~6月上旬 こちらの挨拶は、「初夏」と「青空」という言葉を使っているのがポイントです。 夏の始まりは、特に爽やかな青空が印象的な時期ですから、そうした気持ちを折り込んだフレーズとなっています。 前述のように、「初夏」は5月はじめごろから始まり、6月上旬まで含まれますので、そのころに使うのが適切でしょう。 それでは、こちらの挨拶を使った例文を、以下でご紹介しましょう。 こちらも結びの挨拶付きです。 <例文> 拝啓 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました。 皆様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはひとかたならぬお心遣いを賜り、心からお礼申し上げます。 (本文) 今後とも変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 敬具 うっとうしい梅雨空が続きますが 使用時期:6月中旬~7月上旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する口語調の挨拶は、「梅雨」に関するものです。 梅雨に関してはすでに説明した通り、毎年6月から7月にかけて雨が多くなる時期を指しています。 季節の風物詩でもあり、夏の水源としては欠かせない現象ですが、長雨が続くのはやはり気分を滅入らせます。 こちらの挨拶は、そうした感情を折り込んだフレーズとなります。 それでは、こちらの挨拶を取り入れた例文を、以下に挙げてみましょう。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 (本文) 長雨が続きますが、風邪などお召しにならないようお気をつけください。 敬具 水無月に入り、蒸し暑い日が多くなりました 使用時期:6月全般 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての口語調の挨拶の例は、「水無月」という語を含んだものです。 「水無月」の読みは「みなづき」で、6月を指しています。 各月を数字で表すようになったのは、太陽暦が取り入れられた明治はじめごろからですが、それまでは和風の呼び方で月を表していました。 6月を「水が無い月」と呼ぶ理由には諸説あり、未だに定まってはいません。 この挨拶は、気温と湿度が上がって少々不快な様子を表しています。 では、こちらのフレーズを用いた例文をご紹介しましょう。 梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 相手の健康を願う結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、相手の健康や活躍を願うものをご紹介していきましょう。 ビジネスレターなどの手紙においては、最後に相手の健康や活躍を願って締めるのが定型となっています。 ですので、6月に限らず、どの時期にも使うことができる話題です。 それでは、そうした形の結びの挨拶について、以下で例文をいくつか見てみましょう。 時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。 一層のご活躍を祈念いたしております。 時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 暑さに関する結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、暑さに関連したものについて見ていきましょう。 これも前述のように、6月は暦の上ではすでに夏です。 徐々に暑さも感じ始める季節ですから、そうした話題も結びの挨拶として使われるようになります。 それでは、ビジネスレターにおける暑さに関連した結びの挨拶の例文を、以下で挙げてみましょう。

次の

時候の挨拶6月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

時候 の 挨拶

仕事でお付き合いのある取引先や関係者に対し、季節の変わり目に時候の挨拶をするのは、昔からビジネスの慣例と言われています。 それだけ「季節の挨拶ビジネスメール」が、企業対企業の関係で大切な存在ということが分かります。 では、具体的にどうして「時候の挨拶ビジネスメール」が必要なのでしょうか。 挨拶は人間関係の基本! 挨拶は昔から人間関係の基本ですよね。 新入社員の研修で挨拶についての研修が設けられるほど、ビジネスにおいても挨拶は重要視されています。 ですから、よりよい関係を築くために、適時適切な挨拶が必要になるのです。 メールでもフォーマルな挨拶をすることが大切 現在では、ほとんどのツールがデジタル化されていますが、以前として従来の慣習を大切にする企業が多いのが現状です。 そのため、ペーパーレスで連絡手段がメールになっても、きちんと堅めの挨拶が出来ると、取引先や顧客との関係性を保てます。 「時候の挨拶ビジネスメール」が取引先との懸け橋になる 時候の挨拶メールや季節のあいさつ文は目上の方や贔屓にしていただいている顧客・取引先への挨拶です。 かしこまった場面となるケースが多いビジネスシーンでは、ほとんどの企業で今でも、少し堅めの時候の挨拶から入ると良いとされています。 そんな時に使われるのが時候の言葉で、現状・季節の移り変わりをを美しく表現できます。 時候の挨拶文を使うことで、ワンランクアップしたビジネスの懸け橋になってくれるようです。 したがって、是非この機会に時候の挨拶ビジネスメールを習得するといいでしょう。 春から夏へ!季節・時候挨拶文:4月~6月版 まずは年度の始まり、4月~6月の季節の挨拶・時候の挨拶を見ていきましょう。 この期間は年度始まりということもあり、色々な挨拶が重なります。 ビジネスシーンでは、最も基本的な挨拶文の集合かもしれませんね。 まずは春から夏にかけて、4月~6月の季節の挨拶・時候の挨拶を見ていきましょう。 4月の時候の挨拶と季節の挨拶文 まず、4月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 6月の時候の挨拶と季節の挨拶文 6月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 夏から秋へ!季節・時候挨拶文:7月~9月版 続いては、夏から秋へかけての季節の挨拶・時候の挨拶についてです。 この期間は多くの企業でお盆休みなどを挟み、そういった季節の変遷に見合った挨拶文が必要とされます。 あるいは、猛暑などに見まわれることも考えられますから、そういった背景も考慮しながら挨拶文を作成すれば、さらに心のこもったビジネスメールになるでしょう。 7月の時候の挨拶と季節の挨拶文 ここでは、7月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 8月の時候の挨拶と季節の挨拶文 続いて、8月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 9月の時候の挨拶と季節の挨拶文 それでは、9月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介していきます。 秋から冬へ!季節・時候挨拶文:10月~12月版 さて、それでは秋から冬にかけての季節の挨拶文・時候の挨拶文を見てみましょう。 具体的に言うと10月~12月までのシーズンの挨拶文です。 秋の挨拶と言うのは、年度はじめや年始と異なり、イメージがわかない人も多いそうです。 しかし、秋であっても挨拶文が必要になることはあり得ます。 秋には秋の挨拶がありますから、是非秋の挨拶文も習得しましょう。 10月の時候の挨拶と季節の挨拶文 10月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 11月の時候の挨拶と季節の挨拶文 11月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 皆様とも久しくお会しておりませんが、お元気でしょうか。 12月の時候の挨拶と季節の挨拶文 ここでは、12月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 冬から春へ!季節・時候挨拶文:1月~3月版 ここでは、1月~3月の期間、すなわち冬から春に移り変わろうという季節の挨拶文・時候の挨拶文を見ていきます。 1月と言えばお正月がありますが、2月3月についてもしっかりとした季節の挨拶・時候の挨拶が出来るとビジネスパーソンとしては素晴らしいですね。 是非、こちらの挨拶文を活用できるようにしましょう。 1月の時候の挨拶と季節の挨拶文 1月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 2月の時候の挨拶と季節の挨拶文 ここでは、2月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 3月の時候の挨拶と季節の挨拶文 ここでは、3月によく用いられる時候の挨拶ビジネスメールの例文を紹介しています。 春夏秋冬いつでもメールで使う時候・季節の挨拶例文を参考に印象の良いメールを送ろう! 季節の挨拶・時候の挨拶をメールで送る際の例文一覧を見てきましたが、いかがでしたか?ビジネスメールを扱う機会というのは、時代が進むに連れて多くなってきています。 今後も春から夏、秋に冬と季節を問わず色々なシーンでビジネスメールを扱う場面とは出てきます。 ですから、今回紹介したような時候の挨拶ビジネスメールをしっかりとおさえて、好印象になるメールを送りましょう。

次の

6月(水無月、五月雨月)の時候の挨拶・文例集

時候 の 挨拶

時候の挨拶 9月下旬 秋分の候、秋晴の候、秋冷の候 *それぞれの時候の言葉に続けて「~の候」「~の折」「~のみぎり」というように続けて表現する。 漢語調の時候の挨拶を使うと、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 時候の挨拶の季節感のズレ 時候の挨拶に使う言葉は旧暦に基づいているので、今の季節感とは違いを感じるところもあると思います。 例えば「厳寒の候」「酷寒の候」などは主に1月に使います。 本当なら2月が季節的に一番寒い時期なので、2月にも 「厳寒の候」とか使えそうですが、二十四節気の 「大寒」が1月にあるため2月中旬や下旬では使いません。 そして2月は「立春」があるので暦の上では「春」となります。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶9月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の9月の上旬~中旬にあたる 白露の時期には 初候(9月7日頃) 草露白(くさのつゆしろし) 朝夕が冷え込み、草に降りた露が白く光って見える頃になります。 白露の読み方の白い露という事にも通じていますね。 次候(9月12日頃) 鶺鴒鳴(せきれいなく) セキレイ 鶺鴒 という鳥が鳴き始める頃になります。 末候(9月17日頃) 玄鳥去(つばめさる) ツバメが子育てを終え、冬を前に南の国へ旅立つ頃になります。 時候の挨拶9月の中旬~下旬にかけて そして、 時候の挨拶の9月の中旬~下旬にあたる 秋分の時期の七十二候には、 初候(9月23日頃) 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ) 雷が収まる頃。 夏に鳴り響いていた雷も落ち着く頃ですね。 次候(9月28日頃) 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ) 虫が土にもぐり、入口の戸をふさぐ頃。 夏に活動していた虫が冬を越す準備をする時期です。 末候(10月3日頃) 水始涸(みずはじめてかるる) 田んぼの水を抜き、稲穂の刈り入れを始める頃。 お米の収穫に向けて準備を始める頃になります。 こういった言い回しは「和文長の時候の挨拶」の言い回しの際に使いやすいと思います。 機会があれば、ぜひ取り入れて自分だけの文章を作ってみてくださいね。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 爽涼の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 【和文調】 残暑厳しい今日このごろですが、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして9月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で9月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶9月上旬の書き出し例文• 朝夕はすごしやすい気候となってきました。 お変わりなくご活躍のこと、お喜び申し上げます。 秋暑の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 九月になってもまだ残暑厳しい毎日です。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 初秋の候、ますますご壮健でご活躍のことと拝察申し上げます。 庭先のコスモスが花を開かせる時期となりました。 いかがお過ごしでしょうか。 時候の挨拶9月中旬の書き出し例文• 虫の鳴き声が涼しさを運ぶ季節となりました。 皆様お元気ですか。 白露の候、ご壮健でお過ごしのことと存じます。 九月も半ばを過ぎましたが、まだ日中は厳しい暑さが続きますね。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 爽秋の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 読書などしやすい季節になりましたね。 お変わりございませんか。 時候の挨拶9月下旬の書き出し例文• 清々しい秋晴れですね。 好季節を満喫されていらっしゃいますか。 秋分の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 夕暮れの涼風が気持ちのいい今日このごろです。 皆様お変わりございませんか。 秋晴の候、ご家族様お変わりなくお過ごしのことと存じます。 暑さ寒さも彼岸までと言います。 お元気でお過ごしのことと存じます。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【9月上旬】 残暑なお厳しき折でございます。 くれぐれもご自愛ください。 【9月中旬】 秋の長雨が続きます。 お身体を崩されないようお祈り申し上げます。 【9月下旬】 朝夕は涼しくなってまいりました。 くれぐれも健康にはご留意ください。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その 時候の挨拶で9月の上旬・中旬・下旬と参考になる 結びの例文をまとめました。 時候の挨拶9月上旬の結び例文• 九月とはいえ残暑が続く毎日です。 くれぐれもお体を大切になさって下さい。 夏の疲れが出やすい時期です。 どうかご自愛専一に。 立秋とは名ばかりの残暑が続きます。 お体大事になさってください。 残暑厳しき折から、くれぐれもご自愛ください。 これからの味覚がこの上ない好季節となります。 ご一緒に食欲の秋を満喫したいですね。 時候の挨拶9月中旬の結び例文• 台風の季節でございます。 なにとぞご用心くださいませ。 心地よい秋空が続きますね。 実りの多い秋になりますように。 まさに食欲の秋です。 お互い注意しましょうね。 今年は冷夏のせいか、もう肌寒い日が続きますね。 風邪など引かれませんようお気をつけ下さい。 虫の音に秋の訪れを感じる季節でございます。 皆様のますますのご健勝とご活躍を祈りあげます。 時候の挨拶9月下旬の結び例文• 朝夕はめっきり冷え込むようになりました。 風邪など引かれませんようくれぐれもご自愛ください。 季節の変わり目ですので、体調にはお気をつけ下さい。 すごしやすい季節となりました。 ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 暑さ寒さも彼岸までと申します。 お元気でご活躍下さいませ。 皆様の秋が実り多いものとなりますようお祈りいたします。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 9月の時候の挨拶に入れる季語 9月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは9月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に9月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に9月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな9月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 新学期、月見、十五夜、月見団子、お彼岸、墓参り、秋祭り、いわし、さんま、ぶどう、梨、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、だんじり祭 【気候】 台風、秋雨、秋晴れ、いわし雲、 【自然】 稲穂、秋の七草、りんどう、コスモス、菊、金木犀、彼岸花、とんぼ、赤とんぼ、鈴虫、コオロギ、ミノムシ これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 残暑見舞いについて 残暑見舞いとは、残暑の暑さが厳しい季節に相手の体調を気遣って出す季節のお便りです。 相手から来た暑中見舞いの返事として出すケースも多くあります。 立秋(8月7日ごろ)を過ぎると 残暑見舞いの時期になります。 残暑見舞いの時期がいつからいつまでなのかというと、 参考ページ どうして「お彼岸」と言われるのか、そもそもどんな日なのかを説明していますので、ぜひ読んでみて下さい。 あとがき 時候の挨拶で9月の上旬・中旬・下旬でのそれぞれの言葉について。 そして9月の時候の挨拶の書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩。 また、お彼岸や残暑見舞いの手紙についても触れてまとめましたがいかがでしたか。 漢語調では礼儀正しい感じになるし、和文調の時候の挨拶ではやわらかい言い回しにも礼儀正しい挨拶にも出来るので便利です。 うまく風物詩や七十二候などの季語の言葉も織り交ぜながら、9月の時候の挨拶の参考にしてください。 その他の月の時候の挨拶についても別ページでまとめてあるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

次の