日本 電 産 コパル 電子 株式 会社。 コーポレートメッセージ|会社情報|日本電産エレシス株式会社

東洋産商株式会社

日本 電 産 コパル 電子 株式 会社

ウィキペディア検索 商株式会社 となる。 1943年4月 - 日本綿花 株式会社 が日綿實業 株式会社 に商号変更。 1943年6月 - 株式会社 岩井商店が岩井産業 株式会社 に商号変更。 1968年10月 - 日 商 と岩井産業が合併し日 商 岩井 株式会社 (大阪市)となる。 1978年2月 - 日 商 1959年(昭和34年)2月 - 第一物産を中心に旧三井物産系新 会社 結集、大合同成る。 1963年(昭和38年)6月 - アメリカ・モービル石油と合弁で極東石油設立。 1965年(昭和40年)6月 - 木下 産商 の営業譲受け。 1966年(昭和41年)8月 - ブリヂストン液化ガス(現:ENEOSグローブ)に資本参加。 稲盛和夫が京都市中京区西ノ京原町でファインセラミックスの専門メーカー「京都セラミツク 株式会社 」として設立。 1971年10月 - 大阪証券取引所第2部、京都証券取引所に 株式 を上場 1972年7月 - 京都市山科区に新社屋を建設、本社を移転 1972年9月 - 東京証券取引所市場第2部に 株式 を上場 1974年2月 - 東京証券取引所および大阪証券取引所市場第1部に指定替え 丸紅 株式会社 (まるべに、英文社名:Marubeni Corporation)は、芙蓉グループの大手総合商社である。 1858年、初代伊藤忠兵衛が麻布の「持下り」行 商 を開始したことをもって創業としている。 そのため、同業の伊藤忠商事 株式会社 (以下「伊藤忠」)とは同根。 その後、いったん伊藤忠と分割されたも 日 商 LPガス 株式会社 (東京都千代田区) ソレイジア・ファーマ 株式会社 (東京都港区):東証マザーズ上場 日本南サハ石油 株式会社 (東京都港区) 釧路石炭販売 株式会社 北海道釧路市 伊藤忠飼料 株式会社 (東京都江東区) 伊藤忠製糖 株式会社 (愛知県碧南市) 伊藤忠フードインベストメント合同 会社 (東京都港区) 三菱UFJ銀行)は、日 商 、岩井産業(当時、のちに3社とも合併して現 双日)の2商社と、 東洋 信託銀行(現 三菱UFJ信託銀行)、日本勧業銀行(現 みずほ銀行)、神戸銀行(現 三井住友銀行)、日本興業銀行(現 みずほ銀行)の4銀行の参加を得て、3商社、5銀行により、オリエント・リース 株式会社 (現 オリックス 株式会社 4月1日 - 株式会社 メタルワンと共同で住 商 メタルワン鋼管 株式会社 を設立し、国内鋼管事業を統合。 4月2日 - MTU Aero Engines(ドイツ)との合弁 会社 Sumisho Aero Engine Lease B. (後のSMBC Aero Engine Lease B. )の 株式 株式会社リビングメンテサービス大阪 株式会社 リビングメンテサービス北東 六甲アイランドエネルギーサービス 株式会社 株式会社 エネアーク 伊藤忠商事及び伊藤忠エネクスとの合弁 株式会社 エネアーク関西 愛媛日 商 プロパン 株式会社 日 商 LPガス 株式会社 日 商 プロパン石油 株式会社 東海日 商 ガス 株式会社 公益財団法人大阪ガスグループ福祉財団 日本電 産 サンキョー 株式会社 日本電 産 セイミツ 株式会社 日本電 産 コパル 株式会社 日本電 産 トーソク 株式会社 日本電 産 コパル電子 株式会社 日本電 産 リード 株式会社 日本電 産 テクノモータ 株式会社 日本電 産 シンポ 株式会社 日本電 産 サーボ 株式会社 日本電 産 グローバルサービス 株式会社 日本電 産 エレシス 株式会社 日本電 産 モビリティ株式会社 南満洲鉄道 株式会社 (みなみまんしゅうてつどうかぶしきがいしゃ、旧字体:南滿洲鐵道 株式 會社、英語: The South Manchuria Railway Co. , Ltd. )は、1906年(明治39年)に設立され、1945年(昭和20年)にポツダム宣言の受諾に伴って閉鎖された大日本帝国の特殊 会社 企業データ.

次の

日電産、上場子会社2社を完全子会社化 グループで一体経営 :日本経済新聞

日本 電 産 コパル 電子 株式 会社

で世界首位のシェアを持つ。 概要 [ ] 戦後、専門メーカーとして創業。 、、MSK、NKSなど国内のメーカー、海外の、などと争った。 倒産、撤退したメーカーも少なくなかったが、トップシェアを達成し、現在まで維持している。 また、と協力して、用のを商品化。 ユニット化を実現するためには容積を減らす必要があり、製造が困難な縦走りの金属幕を採用した。 結果として、故障が少なく、長期間に渡って高精度が維持される優れたシャッターとして評価された(基本設計をおこなったのはの)。 現在は従来の用シャッターだけでなく、用シャッターも生産している。 また、デジタルカメラの筐体金型、光学部品も設計、生産し、電気メーカーに供給している。 シャッターと平行して、8mm、ミニラボ(小規模)、置時計(いわゆる「」)、電子部品(、、など)などの製造にも進出。 電子部品は営業部門をコパル電子(現在の)として独立させるほど成功したが、他の主な製品からは撤退した。 と資本提携したことにより、一時期は製品も生産していたが、これも撤退した。 1990年代に入り、不安定な経営状況に陥っていたが、日本電産の傘下に入り、再建を図った。 その後、完全子会社化が実施された。 現在は、これまでに培った光学、モーター、センサー、精密金型などの基礎技術を応用し、自動車、医療機器、家電、モバイル機器、デジタルカメラなどの分野で、各メーカーに製品を供給している。 沿革 [ ]• - が個人経営でシャッターの製造を開始。 - 株式会社組織に変更、(株)コパル光機製作所設立。 - 第二部に上場。 - 社名を「(株)コパル」に変更。 - 東京証券取引所第一部に昇格。 - 子会社のコパル精密(株)を吸収合併。 (現事業所)• - 子会社5社(コパルコーオン(株)、コパル光機(株)、六日町コパル(株)、一関コパル(株)、武蔵野コパル(株))を吸収合併。 富士通株式会社と資本提携。 - コパル精密部品(株)(現日本電産コパル精密部品(株))設立。 - の富士通タイランド株式会社に資本参加(コパルディビジョン開設)• - にコパルプレシジョン・マレーシア(株)(現日本電産コパル・マレーシア(株))設立。 - のPRECISION ENGINEERED COMPORNENTS CORP. PECCO社 (現日本電産コパル・フィリピン(株))に経営参加。 - 日本電産(株)が筆頭株主となり、グループ企業に。 ・上海に科宝光電機器(上海)有限公司設立。 - に日本電産コパル・ベトナム会社設立。 社名を「日本電産コパル(株)」へ改称。 - 富士通タイランド・コパルディビジョンが日本電産コパル・タイランド(株)として独立し、新工場を建設、操業開始。 - 日本電産コパル・ヨーロッパ(有)、中国・平湖市に日本電産科宝(浙江)有限公司設立。 - とコパル・ヤマダ(株)設立。 - ベトナムに日本電産コパル精密・ベトナム会社設立。 6月 - 日本電産コパル精密部品(株)事業所再編。 日本電産コパル(株)に改称。 10月 - により日本電産(株)の完全子会社となる。 10月 - 新潟日本電産コパル(株)を吸収合併。 日本電産コパル(株)新潟事業所に改称。 2月 - ポテンショメータ事業及びエンコーダ事業を日本電産コパル電子(株)へ譲渡。 同時に一関工場が日本電産コパル電子(株)一関事業所へ改称。 事業所 [ ]• 本社・東京技術開発センター - 東京都板橋区• 郡山事業所 -• 塩尻事業所 -• 新潟事業所 - 脚注 [ ] [].

次の

日本電産

日本 電 産 コパル 電子 株式 会社

ウィキペディア検索 商株式会社 となる。 1943年4月 - 日本綿花 株式会社 が日綿實業 株式会社 に商号変更。 1943年6月 - 株式会社 岩井商店が岩井産業 株式会社 に商号変更。 1968年10月 - 日 商 と岩井産業が合併し日 商 岩井 株式会社 (大阪市)となる。 1978年2月 - 日 商 1959年(昭和34年)2月 - 第一物産を中心に旧三井物産系新 会社 結集、大合同成る。 1963年(昭和38年)6月 - アメリカ・モービル石油と合弁で極東石油設立。 1965年(昭和40年)6月 - 木下 産商 の営業譲受け。 1966年(昭和41年)8月 - ブリヂストン液化ガス(現:ENEOSグローブ)に資本参加。 稲盛和夫が京都市中京区西ノ京原町でファインセラミックスの専門メーカー「京都セラミツク 株式会社 」として設立。 1971年10月 - 大阪証券取引所第2部、京都証券取引所に 株式 を上場 1972年7月 - 京都市山科区に新社屋を建設、本社を移転 1972年9月 - 東京証券取引所市場第2部に 株式 を上場 1974年2月 - 東京証券取引所および大阪証券取引所市場第1部に指定替え 丸紅 株式会社 (まるべに、英文社名:Marubeni Corporation)は、芙蓉グループの大手総合商社である。 1858年、初代伊藤忠兵衛が麻布の「持下り」行 商 を開始したことをもって創業としている。 そのため、同業の伊藤忠商事 株式会社 (以下「伊藤忠」)とは同根。 その後、いったん伊藤忠と分割されたも 日 商 LPガス 株式会社 (東京都千代田区) ソレイジア・ファーマ 株式会社 (東京都港区):東証マザーズ上場 日本南サハ石油 株式会社 (東京都港区) 釧路石炭販売 株式会社 北海道釧路市 伊藤忠飼料 株式会社 (東京都江東区) 伊藤忠製糖 株式会社 (愛知県碧南市) 伊藤忠フードインベストメント合同 会社 (東京都港区) 三菱UFJ銀行)は、日 商 、岩井産業(当時、のちに3社とも合併して現 双日)の2商社と、 東洋 信託銀行(現 三菱UFJ信託銀行)、日本勧業銀行(現 みずほ銀行)、神戸銀行(現 三井住友銀行)、日本興業銀行(現 みずほ銀行)の4銀行の参加を得て、3商社、5銀行により、オリエント・リース 株式会社 (現 オリックス 株式会社 4月1日 - 株式会社 メタルワンと共同で住 商 メタルワン鋼管 株式会社 を設立し、国内鋼管事業を統合。 4月2日 - MTU Aero Engines(ドイツ)との合弁 会社 Sumisho Aero Engine Lease B. (後のSMBC Aero Engine Lease B. )の 株式 株式会社リビングメンテサービス大阪 株式会社 リビングメンテサービス北東 六甲アイランドエネルギーサービス 株式会社 株式会社 エネアーク 伊藤忠商事及び伊藤忠エネクスとの合弁 株式会社 エネアーク関西 愛媛日 商 プロパン 株式会社 日 商 LPガス 株式会社 日 商 プロパン石油 株式会社 東海日 商 ガス 株式会社 公益財団法人大阪ガスグループ福祉財団 日本電 産 サンキョー 株式会社 日本電 産 セイミツ 株式会社 日本電 産 コパル 株式会社 日本電 産 トーソク 株式会社 日本電 産 コパル電子 株式会社 日本電 産 リード 株式会社 日本電 産 テクノモータ 株式会社 日本電 産 シンポ 株式会社 日本電 産 サーボ 株式会社 日本電 産 グローバルサービス 株式会社 日本電 産 エレシス 株式会社 日本電 産 モビリティ株式会社 南満洲鉄道 株式会社 (みなみまんしゅうてつどうかぶしきがいしゃ、旧字体:南滿洲鐵道 株式 會社、英語: The South Manchuria Railway Co. , Ltd. )は、1906年(明治39年)に設立され、1945年(昭和20年)にポツダム宣言の受諾に伴って閉鎖された大日本帝国の特殊 会社 企業データ.

次の