ヒラメ の ムニエル。 舌平目のムニエル

舌平目のムニエル白ワインソース/9ジラジ

ヒラメ の ムニエル

血抜きするため5分ほど水につける。 まな板も洗う。 2.付け合わせのニンジン、大根の皮を取り拍子切りにする。 切り終わって出たくず野菜は3で使う。 3.魚の出し汁を取る。 その後、水をひたひたになるまで加え沸騰するまで強火にかける。 4.上身、下身に塩・コショウして、クロスして編むように形をクッション型に整形する。 5.小麦粉を打ち、バターで焼いてムニエルにする。 粉屋風という意味もあるよ。 竹串を5秒間刺して、下唇にあてて温かかったらOKです。 6.ニンジン・大根・インゲンをボイルしたものをオリーブ油、バター、砂糖を入れ、 しんなりするまで炒めて、最後に塩・コショウする。 7.ソース作り白ワインを煮詰めた後、魚の出し汁を入れる。 湧いてきたら弱火にし、濃度がついてきたら漉(こ)して、バター、塩、コショウで 味を調えて、香草(なくてもOK)をソースに入れる。 8.皿に野菜を盛り、その上に舌平目のムニエルをのせ7のソースをかけて完成。 舌平目のムニエル 白ワインソース完成!オオクボックス、クールにイケメンでキメました! 試食!クールなイケメンが顔を崩してしまうほどウマ! お家でできる本格的なムニエルです。 ぜひ挑戦してくださいネ:-.

次の

舌平目のムニエル

ヒラメ の ムニエル

共通してバターや油、小麦粉など高カロリーな調味料を豊富に使用する魚料理ムニエル。 一度の食事で満腹感を得ることができるのは嬉しいが、やはりカロリーが気になるという人も多いのではないだろうか。 それぞれのムニエルのカロリーを比べていく。 たらのムニエル:180kcal 鮭のムニエル:217kcal 舌ヒラメのムニエル:209kcal 3種類とも同じようなカロリーとなっている。 作り方、調味料に大きな違いはないため、たら・鮭・舌ヒラメ、それぞれ個体値のカロリーで多少の違いが生まれている。 人によってはこのカロリーが高いと思われる場合もあると思うが、魚に含まれている栄養素を考えると、適度なカロリーといえるだろう。 たらのムニエルには、タンパク質とビタミンB12がとくに豊富に含まれている。 タンパク質は身体の三大栄養素ともいわれており、髪・爪・筋肉などを生成する栄養とされている。 ビタミンB12は、貧血予防などの効果が期待されており、おもに生活習慣を正すのに必要とされる栄養のひとつだ。 鮭のムニエルには、DHA ドコサヘキサエン酸 、EPA(エイコサペンタエン酸)が含まれているのが特徴だ。 DHAは脳の発達をサポートする栄養で、記憶力・学習能力の向上が期待される成分。 EPAは、血液の流れをよくする成分とされており、心筋梗塞の予防として期待されている。 どちらも魅力的がゆえに、定期的に摂取したい栄養だ。 舌ヒラメのムニエルは、ビタミンB12のほか、ナイアシンという成分が含まれている。 ナイアシンは、皮膚を健康に保つために必要な成分だ。 あまり耳にしない成分ではあるが、適度に摂取しないと、皮膚炎・下痢などの症状におそわれる場合があるので、ほかの栄養と同様に気にかけ摂取しなければならないものといえる。 カロリーはごはん茶碗1杯分と、献立を工夫すれば気にならない数値だ。 ここでは、体重の増減に直結する糖質量について比較していく。 たらのムニエル:5. 0g 鮭のムニエル:4. 2g 舌ヒラメのムニエル:3. 4g このように、それぞれの糖質量の違いは1g程度だ。 舌ヒラメのムニエルが一番低く、数値的にもダイエット中でも気にせず食すことができる値であることがわかる。 逆に、たらのムニエルは一番高く、一品でこれほどの糖質がある場合、ストイックにダイエット・糖質制限をしている人であれば避けるべき料理といえよう。 一番スタンダードな鮭のムニエルも決して低くない数値ではあるが、DHA・EPAなどの豊富な栄養のことを考えると、野菜を中心にした献立にすることで食しても大丈夫な範囲といえる。 「ムニエルは好きだが、ごはん茶碗1杯分のカロリーが気になる」「もっとカロリーを抑えて食べたい」という人もいると思う。 ここではどのムニエルでも活用できる、バターを使用せず野菜をふんだんに取り入れた、ヘルシーレシピを紹介していく。 まず、ムニエルに使用する魚に塩コショウをふる。 フライパンを温めておき、油を少量引いておく。 その後魚を入れ加熱していく。 それと同時に使用する野菜のピーマン、アスパラ、玉ねぎ、トマトなどを切る。 魚に火が通ったことを確認したあと、フライパンにピーマンとアスパラ、玉ねぎを入れ、野菜がしんなりするまで加熱していく。 最後にニンニク、塩、トマトを投入し、少し火を通したところで完成だ。 バターは使用していないが、野菜の甘みがしみ出しており、魚本来の旨みと野菜の甘みを同時に楽しむことができるヘルシーレシピといえる。

次の

知っておくべき【ヒラメ】の種類と正しい選び方

ヒラメ の ムニエル

出典: 舌平目 シタビラメ のムニエル、みなさんはこの料理にどんなイメージをお持ちでしょうか? フランス料理の中でも高級な格式高い料理、という印象をお持ちではないでしょうか。 なんとなく映像は浮かぶと思いますが、知らない方には何のこっちゃか分からない単語がくっついていませんか?舌平目?ムニエル? 舌平目はヒラメではありません。 ではなぜシタビラメと言うのか?ムニエルは焼くっぽいけど、具体的にはどんな調理法なのか? そんな疑問にカンタンにわかりやすく、サラッと説明します。 舌平目とは何だ? 舌平目 シタビラメ はその字を読むと「舌」つまりベロの ような形の ヒラメ、という意味になります。 が、しかし、それは違います。 それを理解するには「ヒラメ」について少し知る必要があります。 ヒラメはこんな感じ。 出典: とても似ている魚に「カレイ」がいます。 カレイはこんな感じ。 まーほとんど一緒ですね。 区別の仕方としては有名な「左ヒラメ右カレイ」と言われる、目の位置が分かりやすいです。 左側に目があるか右側に目があるかで判別します。 体を表にして、目を上に口を下に向けて置いたとき、左を向くのがヒラメ、右を向くのがカレイということです。 そのほかの見分け方としては、ヒラメは肉食で魚を食べるため獰猛な感じの歯だったり、カレイは普段砂にもぐっているので目が飛び出しているのが特徴です。 ヒラメは「カレイ目 もく ヒラメ科」、 カレイは「カレイ目カレイ科」 という種類に分類されます。 では「舌平目 シタビラメ 」はというと、実は正式な名前ではなく、 「カレイ目ウシノシタ科」と 「カレイ目ササウシノシタ科」 という種類に分類される魚のことを総称して舌平目と呼びます。 「ウシノシタ 牛の舌 」です! ですので「舌平目」はヒラメではなく「ウシノシタ」を指します。 ヒラメもカレイもウシノシタもカレイ目という大きなくくりの仲間なので、親族みたいなものではありますが正確にはヒラメでは無い、ということです。 じゃあウシノシタは何だ? ウシノシタにはウシノシタ科とササウシノシタ科の2種類に分かれます。 ウシノシタ科の魚は体の左側に目があり、 ササウシノシタ科の魚は体の右側に目があります。 不思議ですねー。 ササウシノシタ科の魚はサイズが小さいのであまり需要が無く、獲られることも少ないです。 ササウシノシタやシマウシノシタなど シマウシノシタ 出典: 日本では主にウシノシタ科の魚が良く獲れ食べられています。 中でも良く食べられるウシノシタ、その名も「クロウシノシタ」「アカシタビラメ」「オオシタビラメ」さらには「イヌノシタ」など。 アカシタビラメ 出典: クロウシノシタ 出典: イヌノシタ 出典: 今度はイヌノシタ 犬の舌 も出てきました!面白いですねー。 ヒラメとはぜんぜん違う種類になる魚なのですが、ヒラメのように平たい体と左側に目があるので「舌平目」と呼ばれるようになりました。 舌平目のムニエル 舌平目がウシノシタだということはお分かりいただけたと思います。 舌平目のムニエルとはウシノシタのムニエル、ということですね。 じゃあムニエルとは? フランスの魚の調理法方の名前ですが、フランス語で「ムニエ」は「粉屋」のこと。 主に小麦粉などの「粉」を売っているお店です。 魚の切り身に塩コショウで下味をつけて、小麦粉などの「粉」をまぶしてからバターで両面を焼き、レモンソースやバルサミコソース、タルタルソースなどのソースをかけた料理を「ムニエル」と呼びます。 ですので、舌平目のムニエルは「粉屋流舌平目」という感じでしょうか。 ウシノシタは大きなサイズの魚が多く25cm〜35cm、イヌノシタやアカシタビラメには40cm〜50cmのものもあり、おおいに食べごたえがあります。 スポンサードリンク まとめ 舌平目のムニエルは、フランスのドーバー海峡でよく獲れた舌平目を美味しくいただく調理方法として生み出されました。 フランスではウシノシタの形を「舌 ベロ 」ではなく、靴の底に例えて「ソール 靴底 」と呼んでいます。 ですので、ドーバー海峡でとれたソール 舌平目 は「ドーバーソール」と呼ばれています。 ドーバーソールをムニエルする「ソール・ア・ラ・ムニエール 舌平目のムニエル 」はフランスを代表する料理となり、日本に渡ったわけです。 日本ではイヌノシタやアカシタビラメが主にムニエルに使われます。 最近では舌平目の切り身やマル まるまる一匹 もスーパーで売っていますし、また自宅でも手軽に作れるレシピが多くネットで紹介されていますので、気軽に食べることが出来ますね。 高級フランス料理といわれるこの舌平目のムニエル、是非お試しください。 スポンサードリンク.

次の