あさだ じゅん や。 あさナビ

あさコレ!

あさだ じゅん や

4歳からピアノを習い始め、音楽が大好きに。 小学校では吹奏楽でトランペット、中学からは声楽でイタリア歌曲を習うが日本語の歌にも興味を持ちポップスも歌い始める。 そして高校生の時にNHKのど自慢に出場。 この頃、作詞作曲も始める。 卒業後上京し、CM曲を歌ったり、GLAYのアルバムにコーラスとして参加したりしたが、いつも「どんなジャンルを歌いたいの?」と問われて、悩みながら歌う日々が続いていた。 その時「ジャンルにこだわらなくていい。 ゆあさみちるの歌は、ゆあさみちるの歌だ。 自分の思いを信じて、自分の歌人生を歩んでいきたい。 」と強く心に決めた。 2020年4月15日『私の花』で、信じる力、魂(こころ)の力、愛する力でメジャーでの初めの一歩を歩き出す。 2020年春、上映予定。 プロフィール.

次の

紫吹淳

あさだ じゅん や

来歴・人物 足腰の弱さを心配した両親の勧めで、3歳よりダンスを始める。 「中学時代、バレエ教室の発表会で白雪姫を踊ったところ、背が伸びすぎていることに気づいた。 以来、バレエに行かなくなり、髪の毛も切ってしまった。 しかし、しばらくたってからやはりバレエが好き、と思いなおし、再びバレエに通い始めたところ、宝塚ファンだったバレエ教室の講師に受験を勧められた のをきっかけににを受験、合格する。 、宝塚歌劇団入団。 入団時の成績は24番。 星組の「レビュー交響楽」で初舞台を踏む。 に女優の、、歌手の、現役ではのがいる。 同年5月、香寿らとともに当時強豪がひしめいていた に配属となる。 花組配属後はダンサーとして活躍。 のニューヨーク公演、のロンドン公演に参加するなど徐々に頭角を現し、「スパルタカス」新人公演で初主演。 以降、男役スターとして経験を積む。 に星組に異動。 には月組に異動し、当時のトップスターだった(花組時代の1年先輩)の下で2番手となる。 6月に各組の2番手・3番手と共にに異動(いわゆる「新専科」)。 同年6月には、専科生として公演に主演している。 5月、真琴つばさの後任含みとして月組に戻り、同年7月に月組トップスターに就任。 相手役は星組から異動した。 また、とびきり気障な役どころや悪役(の主役を含め)・敵役も演じた。 3月「薔薇の封印-ヴァンパイア・レクイエム」を最後に退団した。 2004年4月、現事務所のオスカープロモーションへ所属、「女優宣言」を行い、芸能活動を新たにスタートした。 ただしなどの場では従来のように男役も演じている。 マネージャーの菅由美子は紫吹の私設ファンクラブ代表で、独り暮らしを始めた際に菅が毎朝起こしに来たり、公共料金の支払いなど身の回りのことをしていた。 紫吹が宝塚を退団しオスカーへ所属したのを機に、菅もオスカーに所属し正式に紫吹のマネージャーになった。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 花組時代• 初舞台「」() 1986年3月 - 5月 (宝塚)• 「」 新人公演:白鍵のダンサーA 1988年10月 宝塚大劇場(宝塚)• 「/」 「会議は踊る」新人公演:マックス 「ザ・ゲーム」デモリション・マン、他 1989年1月 - 2月 宝塚大劇場(宝塚)• 「」 新人公演:セザール 1989年7月 宝塚大劇場(宝塚)• 「宝塚をどり賛歌'89/フォーエバー! タカラヅカ」 1989年10月 公演• 「エル・アミーゴ」 ゴンザレス 1990年2月 (宝塚)• 「」 ノワイユ伯爵夫人、新人公演:アラン 1990年3月 - 5月 宝塚大劇場(宝塚)• 「」 豹童、新人公演:朱同 1991年1月 - 2月 宝塚大劇場(宝塚)• 「/」 「ヴェネチアの紋章」 オルファン、新人公演:カシム 「ジャンクション24」 トミー、他 1991年6月 - 8月 宝塚大劇場(宝塚)• 「ディーン」 ビッグ・ダモン 1991年8月 - 9月 宝塚バウホール(宝塚)• 「」 リビウス、新人公演:スパルタカス(本役:)*新人公演初主演 1992年2月 - 3月 宝塚大劇場(宝塚)• 「」 デビッド、新人公演:スミス、チャールズ *新人公演主役 1992年8月 - 10月 宝塚大劇場(宝塚)• 「フラワー・ドラム・ソング」 サミー・フォン 1992年10月 - 11月 宝塚バウホール(宝塚)• 「/ラ・ノーバ! 」 「メランコリック・ジゴロ」 バード 「ラ・ノーバ! 」 豹の男A、小悪魔、他 1993年6月 東京宝塚劇場(東京)• 「/」 「ベイ・シティー・ブルース」 ファルコ 1993年8月 - 9月 宝塚大劇場(宝塚)• 「アップル・ツリー」 ヘビ、フリップ 1993年10 宝塚バウホール(宝塚)• 「サラン・愛」 趙竜雲 1994年2 宝塚バウホール(宝塚)• 「/」 「ブラック・ジャック 危険な賭け」 ニュースレポーター 「火の鳥」 オルガ、他 1994年3月 - 5月 宝塚大劇場(宝塚)• 「//」 1994年7月 公演• 「ライド・オン」 信吾、シドニー、他 1994年8月 宝塚バウホール(宝塚)• 「/」 「冬の嵐、ペテルブルクに死す」 スーリン 「ハイパー・ステージ! 」 レーサー、ゼブラ、他 1994年9月 - 11月 宝塚大劇場(宝塚)• 「/」 「哀しみのコルドバ」 フェリーベ 「メガ・ヴィジョン」 ジゴロA、マンボの男A、歌手、他 1995年1月 宝塚大劇場(宝塚)• 「/」 「エデンの東」 ジョー 「ダンディズム」 ハードボイルドの男S 1995年6月 - 8月 宝塚大劇場(宝塚)• 「」 アンドリュー 1995年9月 - 10月 地方公演• 「/」 「花は花なり」 牛之介、鼠A、風丸・風之丞、他 「ハイペリオン」 レオナルド、トパーズ、他 1996年1月 - 2月 宝塚大劇場(宝塚) 星組時代• 「/」 「二人だけが悪」 カルロス 「パッションブルー」 ロンリー・ガイ、他 1996年5月 - 6月 (宝塚)• 「」ドリアン・グレイ 1996年9月 (宝塚)• 「」 ルイジ・ルキーニ 1996年11月 - 12月 宝塚大劇場(宝塚)• 「/」 「誠の群像」 「魅惑II」 ハートブレーカ、シャルル、他 1997年5月 - 6月 宝塚大劇場(宝塚) 第1次月組時代• 「」 ワルパ 1997年11月 東京宝塚劇場(東京)• 「Alas」 帝、Kojiro、他 1997年12月 (大阪)• 「」 ベルナルド 1998年2月 - 3月 (宝塚)• 「ブエノスアイレスの風」 ニコラス 1998年8月 (大阪)• 「/」 「黒い瞳」 プガチョフ 「ル・ボレロ・ルージュ」 ザ・マン、オルフェ、他 1998年9月 - 10月 宝塚大劇場(宝塚)• 「/」 「螺旋のオルフェ」 アリオン 「ノバ・ボサ・ノバ」 オーロ 1999年5月 - 6月 宝塚大劇場(宝塚)• 「夢幻花絵巻/ブラボー! タカラヅカ」 1999年10月 - 11月 ・公演• 「プロヴァンスの碧い空」 アンドレ 1999年12月 シアター・ドラマシティー(大阪)• 「/BLUE MOON BLUE」 「LUNA-月の伝言-」 ブライアン 「」 ナーガ 2000年2月 - 4月 宝塚大劇場(宝塚) 専科時代• 「宝塚 雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ」 2000年6月 - 7月 公演• 「ALL ABOUT RIKA」(宙組) 2000年9月 - 10月 (東京)• 「ALL ABOUT RIKA」(雪組) 2000年11月 (宝塚)• 「/」(月組) 「いますみれ花咲く」 皇子 「愛のソナタ」 オックス男爵 2001年1月 - 2月 東京宝塚劇場(東京)• 「プロヴァンスの碧い空」再演 (月組)アンドレ・モォヴァル 2001年3月5日 - 20日 (東京) 第2次月組・月組トップ時代• 「/」 「愛のソナタ」 オックス男爵 「ESP!! 」 コートの男A、ガイA、タンゴの男A、他 2001年5月 - 7月 (宝塚)• 「/」 *トップスター披露公演 「大海賊」 エミリオ 「ジャズマニア」 GIジョー、ザ・マン、ザ・ゲスト 2001年8月 - 9月 東京宝塚劇場(東京)• 「」 スカイ・マスターソン 2002年1月 - 2月 宝塚大劇場(宝塚)• 「サラン・愛」 趙竜雲 2002年6月 - 7月 全国ツアー• 「/」 「長い春の果てに」 ステファン 「With A Song in my Heart」 ディック、チャイナドール、他 2002年8月 - 9月 宝塚大劇場(宝塚)• 「/」 「花の宝塚風土記」 書生、山三、傾き男S、他 「シニョール ドン・ファン」 レオ・ヴィスコンティ 2003年4月 - 5月 宝塚大劇場(宝塚)• 「」 フランシス *退団公演 2003年11月 - 12月 宝塚大劇場(宝塚) 宝塚歌劇団退団後の主な活動 舞台• 朗読劇「愛の手紙」(日本文化交流会サロン vol. 59) 2004年4月23日 - 4月24日 有楽町朝日ホール(東京)• 「喝采」 影山璃香役 2004年7月1日 - 7月25日 (東京)• 「グッバイ・チャーリー」 チャーリー役主演 2005年4月19日 - 4月20日 シアター・ドラマシティ(大阪) 2005年4月23日 - 4月29日 東京芸術劇場(東京) 2005年5月1 中日劇場(愛知)• 「ボーイ・フロム・オズ」 役 2005年6月10日 - 6月27日 青山劇場(東京)• 「」 メリッサ役 2005年8月11日 パルコ劇場(東京)• 「GRAND HOTEL」 フレムシェン役 2006年1月6日 - 1月24日 東京国際フォーラム(東京)• 芸能活動20周年記念コンサート 「XX-SPLASH! 」 2006年4月7日 - 4月10日 新国立劇場(東京)• 「」 2006年5月12日 - 5月14日 ル テアトル銀座(東京)• 朗読劇「窯変・ の巻」 2006年8月4日 - 9日 白寿ホール(東京)• 「」 岩村叡子役 2006年10月3日 - 10月26日 明治座(東京)• 「ボーイ・フロム・オズ」再演 ライザ・ミネリ役 2006年10月28日 - 11月6日 青山劇場(東京) 2006年11月23日 - 11月26日 大阪厚生年金会館・芸術ホール(大阪)• 「 the musical」 ケイト・マクガワン役 2007年1月15日 - 2月4日 東京国際フォーラム(東京)• 「モダン・ミリー」 ミリー役主演 2007年4月16日 - 4月29日 新国立劇場(東京)• 「Dancin' Crazy」 2007年8月2日 - 4日 文京シビックホール(東京) 2007年8月9日 - 13日 梅田芸術劇場メインホール(大阪) 2007年8月22日 - 23日 五反田ゆうぽうと(東京)• 「 〜目明かしの女房〜」 浅黄役 2007年11月2日 - 27日 明治座(東京)• Super Collaborate Show 「Mr. PINSTRIPE 2007」 2007年12月13日 - 16日 東京芸術劇場(東京) 2007年12月20日 大阪厚生年金会館 ウェルシティ大阪大ホール(大阪)• ミュージカルロマンス「」 ルーシー・ウェステンラ役 2008年4月12日 - 21 中日劇場(名古屋) 2008年4月24日 東京エレクトロンホール宮城(仙台) 2008年5月1日 ウェルシティ広島(広島厚生年金会館)(広島) 2008年5月21日 福岡市民会館(福岡) 2008年6月4日 - 8日 梅田芸術劇場メインホール(大阪) 2008年6月12日 - 22日 新国立劇場中劇場(東京)• ミュージカル「シャウト! 」 ブルー役 2008年8月6日 ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(神奈川) 2008年8月12日 - 31日 博品館劇場(東京) 2008年9月3日 可児市文化創造センター主劇場(岐阜) 2008年9月5日 富士ロゼシアター大ホール(静岡) 2008年9月7日 アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)大ホール(高松) 2008年9月9日 兵庫県民芸術文化センター中ホール(西宮) 2008年9月11日 松山市民会館大ホール(愛媛) 2008年9月13日 高知県民文化ホール オレンジホール(高知) 2008年9月15日 宗像ユリックス イベントホール(福岡)• 「ボーイ・フロム・オズ」再再演 ライザ・ミネリ役 2008年10月5日 - 10月14日 青山劇場(東京) 2008年10月23日 - 10月26日 シアターBRAVA! (大阪)• ミュージカル「愛と青春の宝塚 〜恋よりも生命よりも〜」嶺野白雪 (リュータン)役主演(湖月わたるとWキャスト) 2008年12月2日 - 22日 新宿コマ劇場(東京)(12月1日プレビュー公演) 2008年12月27日 グリーンホール相模大野(神奈川) 2009年1月11日 福岡サンパレス(福岡) 2009年1月15日 鹿児島市民文化ホール(鹿児島) 2009年1月18日 崇城大学市民ホール(熊本市民会館)(熊本) 2009年1月21日 佐賀市文化会館(佐賀) 2009年1月31日 広島厚生年金会館(広島) 2009年2月4日 岩手県民会館(岩手) 2009年2月7日 静岡市民文化会館(静岡) 2009年2月11日 - 12日、14日 - 15日 梅田芸術劇場(大阪) 2009年2月21日 新潟県民会館(新潟) 2009年2月24日 富山オーバードホール(富山) 2009年2月26日 福井フェニックスプラザ(福井) 2009年2月28日 石川厚生年金会館(石川) 2009年3月4日 北海道厚生年金会館(北海道) 2009年3月8日 長野県県民文化会館(長野) 2009年3月10日 愛知県芸術劇場(愛知)• 「T4ファーストコンサート」 2009年3月13日 - 15日 東京国際フォーラム(東京)• ドラマティックレビュー「うたかたのオペラ」メイファ役 主演 2009年6月26日 - 28日 大阪松竹座(大阪)• 朗読「氷山ルリの大航海」 2009年7月30日 横浜大さん橋ホール(神奈川)横浜開港博Y150イベント• ミュージカル「グッバイ、チャーリー」チャーリー・ソレル役 主演 2009年9月12日 - 20日 東京芸術劇場(東京) 2009年9月26日 大阪厚生年金会館 ウェルシティ大阪 芸術ホール(大阪)• 「Wedding Dancing Happening 〜踊れないヤツが犯人だ! 朗読「九つの物語vol. 1」 2009年10月27日 「人魚の嘆き」 渋谷セルリアンタワー能楽堂(東京) 2009年10月28日 「魔術師」 渋谷セルリアンタワー能楽堂(東京)• 「」 リリアン・ラ・フルール役 2009年12月11日 - 12月27日 ル・テアトル銀座(東京) 2010年1月9日 - 1月10日 シアターBRAVA! (大阪)• ドラマティックレビュー「うたかたのオペラ」再演 メイファ役 主演 2010年5月7日 - 9日 日本青年館(東京)• 「」 2010年8月11日 - 29日 明治座• 「」 2010年9月8日 - 19日 銀河劇場• 「」 役 主演 2010年10月・11月 天王洲銀河劇場• 「最後の一枚の絵」 2010年12月 新国立劇場• 「陰陽師 〜Light and Shadow〜」シヴァ 役 2011年4月7日 - 17日 新国立劇場• 「」 メラニー 役 2011年6月3日 - 12日 梅田芸術劇場 2011年6月18日 - 7月10日 帝国劇場• 八月納涼公演「」 2011年8月6日 - 21日 名古屋御園座• 「ジンギスカン〜わが剣、熱砂を染めよ〜」 役 2011年10月3日 - 13日 東京・渋谷区文化総合センター大和田• 「新春滝沢革命」 2012年1月1日 - 29日 帝国劇場• 「」ジュディー・バーンリー役 2012年3月9日 - 18日 天王洲銀河劇場• 「」アンナ・レオノーウェンズ役 2012年7月3日 - 7日 ゆうぽーとホール 2012年7月10日 - 8月12日 全国各地で公演• Sound Theatre「Cross Road〜悪魔のバイオリニスト〜」役 2012年9月22日 - 23日 シアタークリエ• 「その後のふたり」七海役 2013年4月14日 天王洲銀河劇場• 25周年記念ミュージカルライブ「KOHKI OKADA presents I Love Musical」 2016年2月6日 - 7日 東京グローブ座• (2004年10月 - 12月、) - 櫻井曜子• 第2話(2005年10月、)• 22「首の女(ひと)殺人事件」(2006年2月、) - 野沢光子• 第7話(2006年5月、テレビ朝日)• スペシャル 最後の解剖(2007年3月、)• (2007年7月 - 9月、) - 大塚翔子• 第13話「弥七に恋した影の女・尾張」(2008年4月14日、TBS) - お春• 第3話(2009年4月、テレビ朝日)• 第7話(2010年11月25日、テレビ朝日) - 島田美恵• 第4話(2011年5月2日、TBS) - 稲垣香織• (2012年10月6日、) - 杉村葵• (2012年10月 - 12月、テレビ朝日) -• 第6話(2014年2月28日、フジテレビ) - 山田雅江• 3(2014年6月9日、TBS) - 坂本留美• 第8話(2015年6月4日、TBS) - 畠山智晶• 第2話(2015年10月12日、)• 第1話(2016年7月7日、) - 山岸倫子 テレビバラエティー、その他• (日本テレビ) 第4シリーズにて二宮清プロとペアを組み優勝• ()不定期出演• BS-TBS, 2018年8月10日- CM• GEクリーム(2015年)• 「ザ・ホテル・カレー」(2016年) 著書• タカラヅカ式ダイエット (2011年5月発売) 脚注• 中央競馬実況中継 競馬実況web. 日経ラジオ社 2019年12月8日. 2019年12月8日閲覧。 「波瀾爆笑!我が人生『紫吹淳』」『』、、2003年、 [ ]。 桜木星子 2004年3月22日. 2018年6月10日閲覧。 2015年5月26日. 2015年5月27日閲覧。 紫吹淳 2016年9月12日. Jun Shibuki RIKAのオフィシャルブログ. 2016年9月13日閲覧。 関連項目• - 紫吹入団時の花組トップスター。 1972年 - 1987年に在籍。 外部リンク• - オスカープロモーション• - オスカー電子カタログ• (- 2011年8月)• - (1928年~1933年月組組長、1980年在団のまま死去) ・・ (~1933年月組組長、1933年~1937年星組組長、1938年退団) ・・ (1939年からは月組組長も兼任、1942年退団) ・・ (1944年退団) ・・ (1950年退団) ・・ (1971年退団) ・・ (1959年退団) ・・ (1964年退団) ・・ (1967年退団) ・・ (1967年5月31日? ~1973年11月29日? ~1975年1月30日) - (1975年1月31日~1976年6月22日) - (1976年6月23日~1982年7月31日、1982年8月1日専科へ組替 - (1982年8月1日~1985年9月1日) - (1985年9月2日~1990年12月26日) - (1990年12月27日~1993年7月31日) - (1993年8月1日~1995年12月26日) - (1995年12月27日~1997年4月30日) - (1997年5月1日~2001年7月2日) - (2001年7月3日~2004年3月21日) - (2004年3月22日~2005年5月22日) - (2005年5月23日~2009年12月27日) - (2009年12月28日~2012年4月22日) - (2012年4月23日~2016年9月4日) - (2016年9月5日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。 男性タレント・モデル ・スポーツ選手.

次の

朝香じゅん

あさだ じゅん や

NHK朝の連続テレビ小説「 」の出演者・キャストの一覧です。 敬称略 「びっくりポン!」とのセリフが多いとの話もありますが、描かれる人物の予備知識を持って、楽しくドラマを見たいとところです。 ドラマでの設定 1850年、今井あさ誕生 1857年、今井あさ 7歳 と、今井はつ 9歳 の輿入れ先の入れ替えが決まる 1861年、今井あさ 11歳 と加野屋白岡新次郎 22歳 との正式初顔合わせ 1865年3月、白岡新次郎の兄・白岡正太郎死去、姉・今井はつが山王寺屋への輿入れ 1865年秋、今井あさ 15歳 、白岡新次郎 26歳 に輿入れ 1867年、王政復古の大号令 1868年1月、鳥羽伏見の戦い・幕府軍敗退。 新政府から各両替商に10万両の調達要請。 1868年5月、新政府、銀貨取引廃止 1868年 明治元年 9月あさ 18歳)玉利家を訪れて借財申し入れる。 山王寺屋は倒産し、はつなどは一家で夜逃げする。 NHKの動画配信サービス「NHKオンデマンド」にて、各話が2週間限定で無料配信されるそうです。 「びっくり」は、驚くさまのほか、わずかに動くさまを表す、「びくり」が促音化したものとのことです。 「びくびく」「びくっと」「びくともしない」など「びく」の付く語は、かすかな動きを表す擬態語「びく(びくっ)」から派生したもので、「びっくり」が驚くさまを表すのも驚いた際に小さく動くところからきているようです。 「びっくりぽん」に関しては、方言というより、子供時代から個性的で独創的であったあさの人間性を表す造語だと考えています。 私も落ち込むことが多いのですが、腹を立てたり、落ち込んだりするのは、自分の精神状態や気持ちに問題があるのではないかと考えるようにしています。 ドラマに悪い人や変な人が出るのにもいろいろな理由があり、その理由は最後まで見なければわからないと思っており、性急な判断はしないよう自分に言い聞かせております。 千代も友人やいろいろな人との出会いを通して、あさや家族を理解し、成長していくものと思います。 このサイトのおかげで、同室の子が、後にあさが設立に参加する女子大の学生となり、やかて教授から学長にまでなった人物がモデルであることを知ることができ(管理人様に感謝!)、ますます期待できるように感じています。 千代の反抗期は自我が目覚め、大人となるための通過儀礼であり、そんな時代もあったねと温かく見守ってあげていただければ幸いです。

次の