ポケモン剣盾 ジュラルドン 育成論。 【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と弱点・対策まとめ【ひかりのねんど壁張り型】

【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策【優秀なタイプ受け特殊龍!キバナの相棒】

ポケモン剣盾 ジュラルドン 育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるジュラルドンの育成論と対策について掲載しています。 ジュラルドンのおすすめ技や性格、夢特性やレイドについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• エースのサポートだけでなく強力な補助技の妨害を無視して突破することで相手の勝ち筋を断つ動きは他のポケモンではできない強力な強みです。 広い技範囲と恵まれた数値 ジュラルドンは高い特攻とそれを利用した広範囲に刺さる特殊技が強力なポケモンです。 持ち物とつげきチョッキによって低い特殊耐久を補うことも有効です。 また、ダイマックスとも相性が良い火力アイテムであるいのちのたまを持たせることで突破力を高めることができます。 技構成はデメリットのある高威力技とデメリットのない技を選択することが可能で、ダイマックス時の威力を重視するのか、解除後のアタッカー性能を高めるかによって選択ができます。 高い耐久とボディプレスは相性が良く、環境に多い同じ戦法をする型のポケモンよりも上から行動できるのが強みです。 素早さラインの調整 無振りジュラルドンの素早さ実数値105はおいかぜ下でも最速ドラパルトに劣る素早さであり、特殊アタッカー対面を考慮する場合には動きにくい展開も多いです。 強力な物理アタッカーの上から行動をするという観点でも素早さ調整を行うことを推奨します。 仮想敵の素早さを上回りつつ耐久を確保する調整として火力を重視する際にはHPから素早さに、安定を重視する際には防御から素早さに努力値を回すのが良いでしょう。 耐久型のポケモンの使用する回復技や数少ない攻撃技のPPを減少させ詰ませに行く動きが強力な型です。 特にダブルバトルでは相手2体のPPを減少させることが可能で、非常に強力です。 デバフ技や交代技を習得できるジュラルドンはアタッカーだけでなくフィニッシャーとしても優秀で、苦手とする高耐久特殊アタッカーに対しても有効打を持たせつつ対面を操作して行く動きができるポケモンです。 素早さについて 相手の技PPを削るためには後発展開が望ましいことが多いです。 先発展開を考える際には相手に先に行動させておきたいため、素早さに努力値を回し過ぎるのは気をつけましょう。 初ターンは壁やこのゆびなどでのサポート、次ターンはおいかぜなどで上から行動できるように立ち回るのがベストです。 ジュラルドンのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・で習得 ・高火力一致技 ・自主退場にも使える ・で習得 ・高威力一致技 ・使用後に特攻が2段階下がるため連発には向かない ・で習得 ・はがねタイプ一致技 ・場に残って火力を出し続ける場合は採用 ・で習得 ・ギャラドスやアーマーガアなどに対して ・で習得 ・ヌオー、トリトドンに対して ・で習得 ・で習得 ・で習得 ・で習得 ジュラルドンのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 脆い特防を補う目的で持たせる 特殊技の威力を上げる 弱点であるじめんタイプの技を無効化 壁貼り型で採用 ジュラルドンの対策 注意点 耐性タイプが多いため、注意が必要です。 防御力も高いので、生半可な物理攻撃は軽々と耐えられてしまうでしょう。 見た目に反して、素早さもそこそこあるので気をつけましょう。 対策方法 特殊攻撃で対応する ジュラルドンの物理耐久は高いですが、特殊耐久は非常に低いです。 等倍のわざ ほのお、あく、ゴーストなど でも十分削れるので、それで対応しましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

ジュラルドンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 ジュラルドン 育成論

公式サイトより引用。 EXPANSION PASS 到来。 ある者は喜び、ある者は震え、またある者は恐れ、全世界のポケモントレーナーが期待を込めて配信の日を待っている。 だが私は、一瞬の間に映った 影を見逃さなかった。 それはAPPDATEへの挑戦者、私の 呪縛相棒とも呼べるポケモン。 デデンネがガラルに来る。 デデンネと再び戦う日が来る。 だが、デデンネはガラル地方で通用するのだろうか。 そもそも、強いのだろうか、弱いのだろうか。 ここでは、過去のデータや既存の知識に基づいて、ガラル地方でのデデンネは強いかどうかを真剣に考察するものとする。 強いポケモンとは? ここでは、ある3つの要素がうまく作用しているポケモンのことを指す。 要素というのは 種族値の高さや 持っている特性、 タイプの3つである。 これらが優秀であればあるほど、また噛み合っていればいるほどポケモンは強くなる。 これらに付随して覚える技が重要になるが、先に挙げた3つよりは優先度が落ちる。 「技の優先度が落ちる」について説明しておこう。 あるポケモンが優秀な技を覚えても種族値やタイプが貧弱ならば、それは残念ながら弱いということになる。 バンギラスを強いというのは多くの方に賛同されるだろう。 が、サナギラスを強いという人は非常に少ない。 覚える技が似通っているのに、である。 覚える技より、3要素 さて、一般に強いと言われているポケモンを思い浮かべてほしい。 人によって様々あるかとは思うが、ここでは一例としてドラパルトを挙げよう。 一体ドラパルトは何が強いのだろうか、それを紐解くため、先に挙げた要素ごとに分解してみる。 耐久面は高くはないが決して低すぎるほどではない。 特性の2つが攻撃的で、種族値と噛み合っている。 タイプも4倍弱点がなく、攻撃技の通りもいい。 覚える技を見ると多少クセはあるが、様々な役割が持てる技が揃っている。 高い種族値と、攻撃面に優れている噛み合ったタイプ。 これが要素の絡み合いであり、強いポケモンになるための条件である。 ドラパルトが強いポケモンであるということが、要素を分解して見ることで明確になった。 同時に弱い面も見えてくるが、それを補える強みを感じてもらえたと思う。 もう一例だけ見てみよう。 次は使用率の最上位、エルフーンだ。 この特性と相性の良い補助技を数多く揃え、優秀なタイプであるフェアリーを有している。 弱点は多いものの、エルフーンは逆に倒れることがメリットになり得るポケモンであるため、それも噛みあっている。 最後の文に違和感を覚えた読者も少なくないかもしれないが、エルフーンが倒れることでパーティの力を最大限引き出せるといった状況は少なくない。 これについて語るととても1記事では収まらないので、ここでは「そういうものなんだな」という認識でいてほしい。 これは種族値が低くても強いポケモンになり得るという一例だ。 最初に言ったとおり、強いポケモンは要素が絡み合って作られる。 要素が欠けているから駄目ではなく、欠けた要素を他の要素で補いあって強くなるのだ。 強いポケモンの輪郭が定まったところで、本題に移ろう。 デデンネの要素は一体強いのか、弱いのか。 そして絡み合っているのだろうか。 種族値は……お世辞にも高いとは言えない。 いや、はっきり言おう。 すばやさが秀でているが、それ以外はまるでダメだ。 だが、これだけで弱いと断ずるには早い。 何度でも言うが、要素は絡み合ってこそ強いポケモンを作る。 特性を見るとほおぶくろが目立つ。 オボンのみ等の回復量を大きく底上げすることができるため、デデンネの 低い種族値を補強することができる。 プラスはコンボを前提とするものの、デデンネに不足している 攻撃面を補強する。 そしてタイプ。 相手の攻撃を受けるという点で優れていることが分かる。 これもデデンネの 耐久面を補強しており、且つ先ほど挙げたほおぶくろの発動も容易とする。 攻撃範囲として見た場合はプラスとの相性も良い。 デデンネは低い種族値を優秀な特性とタイプで補うポケモンだ。 これは例で挙げた強いポケモンの代表格、エルフーンと似通った特徴があることが分かるだろう。 デデンネが、強く見えてきた。 過去のデデンネを学ぶ ガラル地方におけるデデンネはどのような活躍ができるのだろうか。 耐久型ポケモン、コンボパーツポケモン等、様々なデデンネが考えられる。 だがこの段階ではまだ、デデンネを架空のポケモンとしてしか考えられていない。 ガラルへの妄想の前に、実態のあるデデンネを紐解いていく。 過去のデデンネだ。 APPDATEには なんたる偶然か、様々なデデンネのデータが存在しているため、その歴史を読むことは容易だ。 いくつか抜粋して紹介しよう。 こちらは麹屋さんによる 「デンデデンデンデンデデンネ」という構築だ。 APPDATEデデンネ界の 権威である麹屋さんが組んだデデンネは一体どういうものだろうか。 ウルトラサンムーンになり新規教え技で「 サイドチェンジ」を習得した。 こちらはデデンネ界でも比較的にスタンダードとされる補助メインのデデンネだ。 ほっぺすりすりによる素早さ操作やいかりのまえばでのHP削りをメインに行う。 そして耐久力に重視することで、オボンのみの発動、つまりほおぶくろの発動チャンスを増やす試みがなされている。 先にも言った種族値の補強だ。 このデデンネはガラル地方でもそのまま使えそうではないだろうか。 ガラルでもデデンネのスタンダードは補助をメインにするのかもしれない。 テラキオンが突破された後や、 テラキオンを選出しない場合に リザードンを強化する。 なかまづくりを リザードンに打つことで リザードンの特性が プラスになり、特攻が1. 5倍される こちらは特性のプラスを活かすことによって、デデンネに足りない攻撃力を補助しようというものである。 「所謂デデドン」とあるが、読者の中にはこれを知らないという方もいるだろう。 この構築に使われる相方のリザードンについても一緒に紹介して説明させてもらう。 配分は 霊獣ランドロスの A216ダブルダメージいわなだれを耐えるやつ こちらがデデドンのドンの方、メガリザードンYだ。 まず何がしたいのかというと、デデンネの仲間作りで特性のプラスを持ったポケモン2匹を並べる。 そうすると、隣のポケモンとデデンネのとくこうが1.5倍され、相手を一気に倒してしまおうというものだ。 何故リザードンなのかと思う方もいるだろうが、ひでりは場に出た時以外は発動しない。 これを、なかまづくりを利用してプラスに変更する。 すると、ひでりが発動した後で常に発動している状態のプラスにできる。 はれ状態でさらに攻撃力を高めることができるのだ。 さてデデンネの話に戻そう。 このデデンネも、麹屋さんのものとは型は違えど補助がメインのデデンネである、ということは分かっていただけるだろう。 もちろん、プラスが発動すればデデンネ自身も攻撃していくことはできるだろう。 だが、あくまでもメインの役割はリザードンの攻撃力を高めることにある。 デデンネが攻撃するために補助をするわけではない。 断言しよう。 デデンネは如何に補助をして勝利に近づけるか、というところを主眼に置いていくべきポケモンだ。 相手への負担を大きく与えることができるデデンネである。 ここでのデデンネは半減の多さを活かして交代出ししたり、初手に出して麻痺によるサポートをしたりすることが多いと(記事中に)ある。 さらに、当時非常に数多く見られたランドロスを攻撃する、めざめるパワーで攻撃面を兼ねている。 勿論、技構成というのはパーティとの相性を考えて作られるものなので、一概に「これが正解だ」というものは存在しない。 だが、このデデンネには今までになかった単体での攻撃力という、新しいデデンネの形へ挑戦しているのが分かるだろうか。 ほおぶくろによる種族値の底上げに留まらず、攻撃性能への追究。 ガラルでのデデンネもこのような姿を見せるのだろうか。 すばやさ操作による補助要因というのは、揺るぎない事実として見ていいだろう。 しかし、レーティング7位を記録した当時のデデンネと現在のデデンネを取り巻く状況は全く異なっている。 詳しくは省略するが、メインの役割が遂行し辛くなっていることが分かる。 ガラルではデデンネは麻痺を主軸として立ち回ることが不可能なのだろうか。 いや、そんなことはない。 むしろ、ガラルであるからこそ、この麻痺を活用することが出来る。 デデンネの役割が、今この地で 強化される。 ガラル地方の特色、ガラル地方での立ち位置 ガラルでのデデンネの立ち位置と言っても、ここまでで散々言ってきた通りだ。 デデンネの役割は麻痺による補助。 それはガラルでも変わることは(基本的には)ない。 では今までのデデンネと何ら変わり映えしない活躍を見せてくれるのだろうか。 否、決してそんなことはない。 ガラル地方での特色が、デデンネを一歩先の新しい活躍の場へ運ぶのだ。 少し話は逸れるが、ガラルの対戦においてはすばやさの変化が即時に適用されるというルールがある。 今までの対戦にはなかった新しいものだ。 すばやさの即時適用について 例えば、 相手側にエルフーンとサザンドラ。 自分側にドラパルトとギャラドスがいるとしよう。 しかし、ここでエルフーンがおいかぜを使用したとしよう。 おいかぜは味方のすばやさを4ターンの間だけ2倍にするという補助技だ。 以前までであれば、これはおいかぜを使用した次のターンから適用されるのだが、ガラル地方でこの技を使うと、行動順は次の様になる。 おいかぜに限らず、エレキネット等のすばやさ低下、ダイジェット等のすばやさ上昇、そして麻痺によるすばやさ低下もこれに含まれる。 このルールが、デデンネについて語る上で 最も重要であるといっても過言ではない。 一体何故か。 もうお分かりの読者もいるだろう。 そう、デデンネはすばやさ種族値101という 速さから麻痺による すばやさ低下の補助をし、且つそのターンから 行動順までも操作することができるのである。 更にこれだけに留まらない。 今、このすばやさの即時適用によって非常に多く見られる戦い方がある。 対戦に慣れた読者なら察しているだろうが、ダイジェットを絡めた戦い方だ。 ダイジェットは攻撃した後に、味方のすばやさを1段階上昇させる技だ。 この上昇が強力で、すばやさの即時適用とも相性がとても良いので、様々なポケモンがこれを使用してくる。 これこそデデンネが活躍する1要因なのだ。 そもそも、ダイジェットとはひこうタイプの攻撃技である。 デデンネはひこう技を半減で受けることができるため、ダメージ量を抑えられる。 だが真の目的はそこではない。 麻痺による補助だ。 ダイジェットで上昇するすばやさは1段階で、数値にすると1.5倍になる。 ここで、麻痺のすばやさ低下量を思い出してほしい。 つまり、ダイジェット一回分のすばやさ上昇を抑えるだけでなく、更に低下までさせられる。 このダイジェット環境において、デデンネは非常に相性が良いポケモンというのは最早説明するまでもない。 麻痺によるサポートと、仕様の相性。 そしてダイジェットが席巻するこの環境。 もうお分かりだろう。 デデンネは、 強いポケモンだ。 サンプルデデンネ 最後に、ガラル地方でのスタンダードとなるサンプルデデンネを紹介してこの記事を終えようと思う。 デデンネが強いポケモンであるというのが分かっていただけたとて、その使い道を誤ってしまえば、その強みを引き出すことは出来ないだろう。 なので、読者の皆様には基盤となるデデンネについてここで知ってもらいたい。 ガラルに君臨するデデンネの姿をありありと想像できたのではないだろうか。 もし、使いたくないと思ってもこのデデンネを想定してパーティを作るべきだ、ぐらいは感じてもらえたことと思う。 最後にもう一度だけ、この記事で最も伝えたい一文を入れて締めくくりとしよう。 デデンネは、強いポケモンだ。

次の

【ポケモン剣盾】環境激変!?最強デデンネ育成論【ダブルバトル】

ポケモン剣盾 ジュラルドン 育成論

特防がかなり低い 特防の種族値が50とがかなり低いステータスとなっている。 等倍 ほのお・ゴースト・あく・フェアリー のタイプ一致特殊攻撃を受けると、ほとんどの場合確1でひんしになってしまう。 ジュラルドンの育成論 ひかりのねんど壁張り型 性格 ずぶとい 特性 ライトメタル 持ち物 ひかりのねんど 努力値 HP:252防御:4特防:252 後続につなぐサポート型 耐久力の高さを活かし物理のリフレクター・特殊のひかりのかべを張り、後続のアタッカーに繋ぐ型となっている。 耐久どちらも強化できることから、火力を上げる積み技を持ったポケモンと相性が良い。 壁をはったら「てっていこんせん」で退場 壁を貼ったらジュラルドンの役割は終了。 HPを半減するが高威力の「てっていこうせん」を放ち、ダメージを与えつつスムーズに後続へ交代しよう。 ひかりのねんどが必須 壁の効果ターンを8ターンに伸ばすため、アイテムは「ひかりのねんど」を持たせよう。 「はたきおとす」をされると作戦が破綻してしまうため注意。 弱点をつける特殊アタッカーで攻撃し、大ダメージを与えてしまおう。 それでも耐久は優秀なため、2撃で倒し切るつもりで挑戦しよう。 対策におすすめのポケモン ポケモン 概要 サザンドラ 高火力な特殊アタッカー 2倍弱点の大地の力を習得可能 ルカリオ 両刀も可能なアタッカー 格闘タイプの特殊技を使用可能 命の珠などで火力アップがおすすめ ギルガルド 火力と耐久が非常に高い 特殊アタッカーとして優秀 受け役としても採用しやすい 関連スレッド.

次の