マイクロソフト フライト シミュレーター。 Windows10にアップグレード後、「Flight simulator

【experience-ccra-in.ctb.com】[体験版]Flight Simulator X

マイクロソフト フライト シミュレーター

2019年06月10日 10時29分 名作フライトシム「Microsoft Flight Simulator」が14年ぶりに復活、Microsoft AzureによるクラウドAIを搭載予定 Microsoftは、世界最大級のゲーム見本市である の直前に開催された基調講演の中で、PCやXbox One向けにゲームを配信するプラットフォーム「 」を発表しました。 そして、その対応ソフトとして、飛行機の操縦シミュレーションゲーム「 」の新作を2020年にリリースすると発表しました。 2006年に発売された「 」以来14年ぶりのシリーズ新作となります。 E3基調講演で公開された予告編ムービーが以下。 Microsoft Flight Simulatorの新作は「衛星からのデータとMicrosoft AzureによるAIで動いています」とのこと。 美しい雪山や…… 広がる街並み。 格納庫から出る飛行機 出立を待つ旅客機 夕焼けに染まる雲や…… 稲妻がとどろく雷雲の中も旅客機は飛んでいきます。 美しいサンゴ礁の上を、大量のフラミンゴと共に飛行するシーンも。 コックピットと、その窓から見える風景はとても緻密に再現されています。 パイロットしか見ることができない風景を、Microsoft Flight SimulatorだとPCやXbox Oneから誰でも楽しめます。 窓に当たって流れていく雨粒がめちゃくちゃリアル。 夜間の空港発着陸も体験できます。 また、複数の飛行機で一緒に空を飛ぶシーンも。 Microsoft Flight Simulator 98からおなじみのマルチプレイ機能は、もちろん今作でも追加されている模様です。 Microsoft Flight Simulatorの新作は2020年にリリース予定。 Microsoft Flight Simulatorの新作が配信されるXbox Game Pass UltimateはPCやXbox Oneなど複数のハードに対応したマルチプラットフォームとのことですが、Xboxの公式Twitterアカウントでは「Microsoft Flight Simulator for PC」と表記されていたので、PC限定タイトルになる可能性があります。 The sky's the limit in Microsoft Flight Simulator for PC.

次の

第481回:本格派フライトシミューレーター「Microsoft Flight」

マイクロソフト フライト シミュレーター

2020年にMicrosoftのフライトシミュレーターが13年ぶりに最新作として登場!「Microsoft Flight Simulator 2020 」のPC版が発売が待ち遠しいですね。 購入を検討されている方向けに推奨スペックと必要動作環境 CPU,グラボ、メモリ、HDD容量など を解説していきます。 一般的に必要動作環境はゲームが起動できるかという条件で快適に遊べるわけではありません。 画質を低設定にし解像度を下げてプレイする必要があります。 推奨スペックは明記されていない限り、一般的なモニタ解像度であるフルHD 1920x1080 解像度でゲーム内の画質設定:中で60FPSや高設定 最高設定ではない で30FPSが出るスペックが記載されるケースが多くなっています。 推奨スペックがやたら低いので必要スペックから順番にシミュレーターの画質が低・中・最高みたいなイメージだと推測されます。 発売時点ではVRをサポートしませんが、後日サポートする可能性があると公式の見解が出ています。 Microsoftは「DirectX Ray tracing」APIを公開しているのでNVIDIAの最新グラボRTXシリーズに搭載されている「レイトレ」に対応する可能性も十分考えられます。 レイトレはかなりGPUパワーが必要となるのでレイトレをONにしてゲームを遊ぶには最低でもRTX2080が必要になるでしょう。 フライトシミュレーターということで高解像度(WQHD及び4k や144Hzモニタで楽しみたい方もいるでしょう。 高解像度や高FPSを出すには更にGPUの性能が必要になるので最高の環境で楽しむには現時点で一番性能の高いグラボ「RTX2080Ti」が求められることになりそうです。 Microsoft Flight Simulator2020の理想動作環境 解説 次は理想動作環境について詳しく解説していきます。 OS 最新のWindowsはWindows10です。 基本的に現在販売されているWindowsは64bit版ですので、64bitであるかはあまり気にする必要はありません。 2019年11月のアップデートを適用していること。 と記載されていますがほとんどの方はWindowsUpdateの告知がPCで表示されたらアップデートを無視しないでしょうから問題ありません。 古いOSであるWindows7は2020年の1月14日に開発元であるMicrosoftのサポートが終了した 新しいバグや脆弱性が発見されても保証されなくなり乗っ取られるリスクが高まった ため、現在もWindows7のゲーミングPCを利用している方は早急に買い替えの検討を進める必要があります。 SSDにしておくと、PCやゲームの起動時間が短縮され快適なPCライフを送ることが出来ますのでオススメです。 2019年以降の大型PCゲームは100GBを超えるタイトルも出てきたので、 SSDの場合は500GB以上の容量をオススメします。 CPU CPUはIntelモデルの場合2018年に発売されたハイエンドCPU「i7-9800X」が明記されています。 最新製品だとi9-9900Kが後継CPUといえるでしょう。 PCゲームでここまで性能の高いCPUが求められるのは稀なので、かなりハードルが高いですね。 【CPUのモデルと性能について】 CPUはIntel社がここ10年近く圧倒的なシェアを維持してきましたが、業界2位のAMDが2017年からRyzenシリーズを発売し好評を得ています。 CPUの選択肢はこの2社のCPUのどちらかを選ぶ事になります。 CPUはIntelとAMD両方とも、製品名からある程度の性能を把握する事が可能で Intelは「Core iの後ろにつく一桁の数字」が大きいほど性能と価格が高くなり、AMDも「Ryzenの後ろにつく一桁の数字」が大きいほど性能と価格が高くなります。 ゲーミングPCとしてのCPU候補は「5」以上になります。 予算が許すのであれば「7」にしておくと推奨スペックを満たすゲームが増えるのでオススメです。 i9やRyzen9はグラボを含めて超ハイエンドで構成する場合にのみ選択肢となるので、通常は意識する必要はありません。 CPUだけ高性能にするよりも全体のスペックを上げるほうがコスパよくゲームを高画質でプレイできます。 IntelとAMD共に一桁の数字の後ろにつく四桁の数字が世代や世代内のグレードを表していて千の位が世代。 百の位が同モデル、同世代間の性能差を表しています。 例えば「core i7-8700」より「core i7-9700」の方が新しく性能が高くなりますし、「Core i5-8400」と「core i5-8500」は世代は同じですが8500の方が若干性能が高くなります。 ゲーミングPCとしてのCPUは予算を抑える場合「5」のモデル。 可能であれば「7」のモデルにすると推奨スペックを満たすゲームが増えます。 Microsoft Flight Simulator2020の推奨スペックを満たすゲーミングPCを2020年04月現在、新しく購入する場合のCPU候補としては Intelの場合はi9-9900K AMDの場合はRyzen9 3900X番台以上となります。 メモリ メモリ8GBを推奨動作環境とするゲームが多い中、Microsoft Flight Simulator2020のメモリ理想動作環境は32GBと、理想スペックとはいえ初の32GBを要求するゲームとなりました。 最近の3Dオンラインゲームの中でも非常にハードルが高い部類です。 最近のPCゲームの中には12GBや16GBメモリを必要とするタイトルも少しずつ増えてきているので、CPUやグラボを高性能なモデルにする場合はメモリも16GBにしておくとゲーミングPCとしてのバランスが良くなります。 逆にメモリを16GB搭載しておけば、数年間はメモリにおいて推奨スペックを満たせない事態にはならないと予想していましたが5年後には32GBが当たり前になるかも!? 但しその時は既にメモリの規格がDDR5になっているので現行のゲーミングPCでは一般的に16GBで問題なくMicrosoft Flight Simulator2020を最高の環境で遊びたい場合に32GBが必要になるという感じになります。 メモリはPC初心者でも、最も簡単に増設できるパーツですので、自身が使用しているPCに合うメモリやメモリ増設の仕方をググったりすれば比較的簡単に容量を増やすことが出来ます。 メモリだけスペックを満たしていなければご自身での増設も検討してみましょう。 電源とマザーボード 残りはグラボの解説ですが、その前に推奨スペックで記載されることはないけれども、デスクトップゲーミングPCの構成で見落としがちな「電源」と「マザーボード」に関して簡単に解説しておきます。 電源 電源はPCの各種パーツに電力を供給する重要な役割を担っています。 電源には容量と電源効率の二つで性能差があり、基本的にはメーカーがスペックに見合った電源をチョイスしています。 容量はW数で記載がありグラボが高性能なモデルほど電源消費量が大きいため電源のW数も大きくなります。 二つ目の電源効率ですが、こちらは「80PLUS」という基準でグレードが分かれています。 左ほど同容量でも価格は上がりますが電源変換効率に優れ電気代が僅かに安くなるといった認識で結構です。 但しグレードが高いほど高品質になるので、コスパより信頼性を重視する方はチェックしておきましょう。 20万以下のゲーミングデスクトップPCには80PLUS BRONZEをメーカーがチョイスしている事が多いですね。 RTX2080やRTX2080Ti搭載のハイエンドゲーミングPCでは80PLUS GOLD以上が選ばれます。 マザーボード CPUなどの各種パーツを搭載する基盤です。 避けてほしいマザーボード(チップセット は「H310」です。 CPUとその他のパーツ間のデータスピードが他のマザーボードよりも遅いため、最新のi5やi7CPUを積むゲーミングPCには不釣り合いなのと、グラボの接続規格であるPCI-Expressの世代が古いのでグラボの性能がわずかに低下するためです。 i7が搭載されているゲーミングPCにも関わらずマザーボードにH310を使っている機種がとあるメーカーで販売されていたので、必ず確認しておきましょう。 CPUのOCなど特殊な事をしない限りはZ370である必要はなく、コスパを重視するゲーミングPCとしてはH370やB360、B365(AMD CPUの場合はB350 で問題ありません。 グラボ 理想環境で指定されているのはRTX2080と最新世代のハイエンドクラスグラボが指定されています。 RTX2080は販売が終了しており、RTX2080SUPERかRTX2080Tiが選択肢となります。 グラボにおいても、これまでに最も要求スペックの高いソフトと言えます。 これは人気タイトルの推奨スペックを見ると分かりやすいのでまとめました。 各々予算があるかと思いますが、CPUにi7 ryzen7 、グラボにGTX1060の後継モデルであるGTX1660モデル以上を選んでおくと、大半の最新ゲームや人気ゲームは推奨スペックを満たすと言えます。 【グラボの買い時などについて】 グラボは一時期、仮想通貨のマイニングブームにより値段が高止まりしていましたが現在は落ち着いています。 2018年12月頃からゲーミングPCメーカーの大規模セールが続いてRTXシリーズも徐々に安くなり始めました。 またGTX1000シリーズのハイエンドモデルの在庫がほぼなくなったためGTX1070Ti以上のグラフィック性能を求める場合はRTXグラボを購入する必要があります。 2020年01月時点ではRTXシリーズのグラボもだいぶ価格がこなれてきており、ユーザーの購入意欲は高い状態が続いています。 特にRTX2070以上のモデルが人気です。 2019年7月にはSUPERモデルが発売され RTX2080Ti>RTX2080SUPER>RTX2080>RTX2070SUPER>RTX2070=RTX2060SUPERという性能順になっています。 【ミドルレンジモデル】 RTX2060 6GBが2019年1月15日に発売されました。 一般的にミドルレンジ帯に近づくにつれシェアが大きくなるのですが、RTX2060はRTX2070よりも売れ行きがよくありませんでした。 これはRTXの目玉機能である「レイトレーシング」をONにするとRTX2060ではパワー不足になってしまうことが大きな要因でしょう。 2019年02月下旬より本来のミドルレンジグラボ価格帯であるGTX1600シリーズが発売されました。 1600シリーズはRTXグラボに搭載されているレイトコアが非搭載な代わりに価格が抑えられているグラボです。 2019年秋から冬にかけてGTX1660SUPERとGTX1650SUPERが新しく発売されています。 com売れ筋上位5製品の平均 特別モデル等は除く• RTX2080Ti 14. 7万円 超ハイエンド• RTX2080 SUPER 8. 9万円• RTX2070SUPER 5. 7万円• RTX2070 4. 9万円• RTX2060SUPER 4. 6万円• RTX2060 3. 8万円• GTX1660Ti 3. 2万円• GTX1660SUPER 2. 7万円• GTX1660 2. 4万円• GTX1660SUPER 2. 0万円• GTX1650 1. 7万円• GTX1050Ti 1. 4万円 となっています。 ここ3か月ほど価格は下落するどころか若干値上がり傾向にあります。 唯一5月に大きく安くなったのはミドルハイで人気のRTX2070SUPERですね。 コロナの影響でしばらくは生産も落ちるでしょうし、デスクトップPCのグラボはしばらく動きがない見込みなので値下げは期待できない状況です。 逆に言えば、買ってしばらくしたら安くなっちゃったよ!という事が起こりにくいとも言えます。 最新の重たいゲームの推奨スペックはGTX1060 6GBが主流なのでGTX1660Ti以上だと多くのゲームを画質中設定以上で遊べることになります。 グラボはハイエンドのRTX2080TiとロープライスなGTX1650を比較すると8倍以上の価格差があるので、予算に応じて選んでいきましょう。 あまりにもローエンドな旧モデル(GTX1050やGT1030 は逆にコスパが悪くなるので注意してください。 ゲーミングノートPCについて ゲーミングPCはデスクトップが基本です。 2019年の11月から当ブログの で無料相談を承っていますが、なぜか皆さん最初はゲーミングノートPCを欲しがります。 ゲーミングノートPCには• 持ち運び可能• 省スペース といったメリットがある反面• デスクトップと同等スペックでも2割以上価格が高い• 同じグラボ名でもノート用グラボの性能は1段階低い MAX-Qは2段階低い• 拡張性が非常に低い• 持ち運びによる紛失や故障のリスクが高まる• 排熱効率が悪いためゲーム中のFANがうるさい といったデメリットが大きくなっています。 メリットの持ち運び可能という点でも高性能なゲーミングPCは2kg越えがざらで、軽量化のため薄型にしたモデルは排熱効率が落ちるのでリミットがかかってしまい性能を発揮できません 購入割合はデスクトップが7割以上となっており、ゲーミングノートPCをチョイスする場合は利用の仕方やデメリットを把握したうえで選択しましょう。 メルカリなどのフリマで売られている中古ゲーミングPCについて メルカリなどのネットフリマアプリで中古ゲーミングPCの5万円以下の製品をざっと調べてみましたが、約10年前のCPUにグラボも3-4年前のグラボを搭載しているモデルだらけでした。 10年間使われてきたCPUやマザボなど、はっきり言ってゲーミングPCではなく、 単なる超古いパソコンでしかありません。 それらのオンボロPCを売るためのアピールとして定番なのが軽いPCゲームで人気のあるフォートナイトやロケットリーグより更に軽いゲームである「ドラクエ10」や「モンスターハンターフロンティア」のベンチマーク結果「非常に快適」の画像を掲載して、あたかも高性能であるかのように装っています。 サーバー用など用途の違うCPUも平気で搭載されていますし、メルカリで購入して数日動作確認して取引完了したらその後の保証がまったくないのが非常にリスキーですね。 中古は知識がある方向けです。 パーツ単位で故障の切り分けや交換が出来る方でない限り手を出すのは止めておきましょう。 現在使用しているPCのスペックを調べる方法 キーボードの右下 左下 にある「Windowsキー 」と「R」キーを同時に押すと 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。 そこに「dxdiag」と入力してOKを押すと 「DirectX診断ツール」が起動します。 最初に表示されている画面で OS…オペレーティングシステム欄 CPU…プロセッサ欄 メモリ…メモリ欄 で現在のスペックを確認可能です。 グラボは「DirectX診断ツール」の上の方にある「ディスプレイ1」タブをクリックすると確認できます。 Microsoft Flight Simulator2020の理想スペックを満たすゲーミングPCを買っておけば数年は多くの最新3Dゲームを最高設定で遊べるでしょう。 公開された推奨スペックを最新モデルの同等スペック以上に直してゲーミングPCの構成を何パターンか組んでみます。 最新のスペックや価格は画像をクリックするか解説文のリンクから公式の製品ページにてご確認ください。 当ブログではBTOメーカー比較記事をときおり投稿していますが、ドスパラと他のBTOメーカーでは同じ人数がサイトにアクセスすると1. 35倍から8. そのためドスパラのモデルの中からコスパの良いモデルをこれから紹介します。 【ハイエンド寄りの人気構成】• CPU :i7-9700K• GPU :RTX2070 SUPER• メモリ :16GB• 電源 :650W静音電源 80PLUS BRONZE• マザボ :B365 2019年7月に発売されたばかりのRTX2070SUPERを搭載した構成です。 この構成までスペックが高まると数年間は最新ゲームがかなりの高設定で快適に遊べますし、今話題のVRゲームなども満喫できます。 コスパの良い で探してみると が税抜き16万5千円を切っています。 発売されたばかりのグラボを搭載して全体的なスペックが高いにもかかわらずこの価格で販売されているのはすごいの一言です。 またレイトレーシングという新しい画像処理機能を搭載しており対応ゲームのグラフィックがよりキレイになります。 直近で有名なタイトルだとBF5やCoD:MWなどが対応しています。 タイミングによってはポイントが多くもらえる代わりに価格が数千円高くなっていることもありますが、トータルの実質価格は変わりません。 この機種は私も実際に触ってみましたが、高性能なスペックに相応しい快適な動作でしたよ。 もちろん売れ筋のガレリアXFより更にハイエンドなゲーミングPCもあります。 Microsoft Flight Simulator2020の理想スペックを超える場合の候補として、例えばCPUにi9-9900KS・グラボにRTX2080Tiを搭載した人気ランキング3位モデル ですね。 予算が許す場合は更なるハイエンドゲーミングPCもチェックしてみましょう。 【ハイエンドゲーミングノート】• CPU :i7-9750H• GPU :RTX2070 MAX-Q• メモリ :16GB• SSD :1TB ゲーミングノートPCを選ぶ場合、予算が許すのであればハイスペックなモデルを選ぶ事をオススメします。 理由としては購入後にCPUやグラボの交換が出来ず数年後にゲームタイトルの推奨スペックが上がってきてもアップグレード出来ないためです。 ですので、購入時点である程度高いスペックを購入しておくことで長く最新ゲームを快適に遊べるようにしたいですね。 メモリを16GBにしておくとバランスが良くなります。 ドスパラではINTELと共同開発した が人気となっています。 2020年05月17日までの購入でRDR2・スト5・マイクラの引換コードがもらえます。 こちらの機種も実際触ってみました。 INTELコラボの新モデルは価格を抑えた もあるので、チェックしてみましょう。 ゲーミングノートPCの超ハイエンドモデルは です。 みんなのゲーミングPC購入価格 いくつかのゲーミングPC構成パターンを紹介しましたが、PC構成の幅は広いですし予算との兼ね合いでどれくらいのスペックにするか悩まれる方も多いかと思われますので参考までにみんなのゲーミングPC購入価格を調べてみました。 ゲーミングPCの購入価格 2020年春 直近385台 10万円未満 10-14万円台 15-19万円台 20-24万円台 25-29万円台 30-34万円台 35万円以上 73 70 149 81 23 12 4 ゲーミングPCの平均購入価格は 15万2545円(税抜き)となりました。 RTXグラボ発売から日が浅かった2019年3月に集計したときは平均18万9066円、前回の2019年秋の集計では平均16万2000円でしたので、購入ユーザーが求めるスペックに対して価格が安くなっていますね。 かなりコスパが良くなってきて買い時のタイミングです。 次回集計予定の2020年夏は再度上昇に転じる見込み 新製品での値上げ・コロナでのPC需要急増・夏のボーナスのため です。 モニタなどの周辺機器や延長保証などが含まれている場合もあり、カスタマイズ前の基本価格より購入価格の平均は若干高くなっていると思われるのでRTXグラボを搭載したハイスペックな構成が人気のようです。 オススメゲーミングPCメーカー 最近の3DオンラインゲームはCPUにi5かi7。 グラボはGTX1060が一般的でGTX1070やGTX1660を推奨動作環境に指定してくるタイトルも増えてきました。 ゲーミングPCの買い直しや新規購入を検討されている方は、こちらのメーカーがオススメですよ。 ドスパラ コスパNo. 1メーカー。 5社で似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo. 1になります。 パソコン工房 ときおりドスパラよりもお買い得なモデルがあるPC工房。 ノートPCのコスパが良い傾向にあります。 フロンティア セール品のお買い得度が高い。 通常製品を選ぶ価値はあまりないかも。 サイコム 徹底的にカスタマイズにこだわりたい方や、マザボや電源など各種パーツの製品名まで指定したい方などPC製品の知識がある方向けです。 マイニングベース LEDライトでの見栄えを重視するならマイニングベースのゲーミングPCがおすすめです。 マウスコンピューターなどその他ゲーミングPCメーカー 他にはマウスコンピューターやHP、DELL、ASUS、MSI、Razerなど色々なメーカーがゲーミングPCを販売しています。 ドスパラ以外のメーカーを比較したい場合 スペックに対する価格を重視するとドスパラの製品が優秀なので、オススメPCとしてはドスパラのゲーミングPCを中心に紹介してきました。 他のメーカーも気になる方は、こちらの比較記事をご覧ください。 2020年版ゲーミングPC考察 週間人気ゲーミングPC記事ランキング.

次の

Airplane flight Simulator 2019 を入手

マイクロソフト フライト シミュレーター

概要 [ ] もともとはという会社が1979年にの向けに開発したものであるが、これをマイクロソフトが買収して現在に至っている(開発チームはACE Studioと呼ばれていた)。 後期バージョンでは、アドオンと呼ばれる、PCゲームのに相当する追加データを開発するSDKが配布されており、飛行機・ヘリコプターなどの機体アドオン、地形・テクスチャ・都市や空港などのシーナリーアドオン、本フライトシミュレーターとデータをやりとりできるアプリケーションなどを開発でき、有償・無償含め数多くのアドオンが公開されている。 本シミュレーターに同梱されている機体データのうち、旅客機などでは、元となる実際の航空機の装置・動作などがある程度簡略化されて収録されているが、 主に有償の機体アドオンを中心に、実機の装置・挙動を忠実に再現したものが公開されている。 これら多種多様なアドオンをユーザーが自由に取捨選択することにより、気軽に遊覧飛行を楽しみたいユーザーや、現実の旅客機の運行を忠実に再現したいユーザーなど、幅広い需要に柔軟に対応しているのが特徴である。 長らく2〜3年おきに発売されるのが恒例であったが、マイクロソフトのMSFS開発チームであるACE Studioが人員削減の一環として2009年1月をもって閉鎖されたため、Flight SimulatorXが事実上の最終作となる。 なお、2010年8月に米国Microsoft GamesStudiosから後継シリーズの開発が発表され、2012年1月にはハワイ諸島限定の無償オンラインゲーム版(アカウント所有者に対し、ダウンロード提供)として発表された。 今後 [ ]、接続料(他、開発が予想されるハワイ以外の他地域シーナリーデータなど)が有償課金化されるかについては、現在 [ ]の所、広報されていない。 はMicrosoft Flight Simulatorの知的財産権を取得し、またACES Studioの開発スタッフを集めるなどして2010年11月に Prepar3Dバージョン1. 0をリリースした。 P3D - ロッキード・マーティン Prepar3D [ ] 詳細は「」を参照 、はMicrosoft ESP(エンタープライズシミュレーションプラットフォーム)製品の知的財産(ソースコードを含む)を買収するため、Microsoftと交渉したことを発表した。 Microsoft ESPは、Flight Simulator X SP2の商用バージョンである。 、ロッキードは、ESPのソースコードに基づいて新製品「ロッキード・マーチン Prepar3D」を製作することを発表した。 ロッキードは元ACESスタジオチームのメンバーを雇用し、製品の開発を続けた。 4月、バージョン1. 1がリリースされた。 小売ライセンス費用は499ドル、開発者ライセンスは月額9. 95ドルで利用可能だった。 3月、バージョン1. 3のリリースとともに、価格戦略が改訂された。 プロフェッショナルエディションは現在199ドルで利用可能で、アカデミックライセンスは59. 95ドルで利用可能である。 、バージョン2をリリースした。 、バージョン3をリリースした。 5月、64ビットのバージョン4をリリースした。 歴代バージョン [ ] Flight Simulator Version 1 [ ] 初代フライトシミュレータ。 1979年1月に版が発売された。 画面表示こそ(320x240ドット、4色)にワイヤーフレームであったがコックピット視点に計器表示という基本画面構成は最新版まで引き継がれている。 1982年11月には版も発売された。 Flight Simulator Version 2 [ ] 1983年12月発売。 、、、で発売されたほか、1986年にはサブロジックの日本法人自らがのシリーズにも移植している。 別売のシーナリーディスクによるデータ追加を実現。 用としては本作が最期のバージョンとなった。 Flight Simulator Version 3 [ ] 1988年9月発売。 本作からが販売を担当するようになり、同社の社名を冠することとなった。 版ほか。 解像度がまで上がり、より高精細な画面を実現した。 Flight Simulator Version 4 [ ] 1989年発売。 わずか1年でのバージョンアップだったが、仮想空間の表現に初めてを使用するという革新的なものだった。 対応OSはの。 グラフィックは(640x350ドット、16色、ただしPC9800では640x400ドット、16色)により計器類の表示が精密になった。 Flight Simulator Version 5 [ ] 1993年にのおよび用ソフトウェアとして発売。 フライトシミュレータブーム初期の作品で、これを遊ぶためにパソコンを買うと言わしめたソフトのひとつでもある。 販売媒体は2枚組。 画面表示が(640x480ドット、256色)、グラフィックエンジンはポリゴンにテクスチャーが張られるようになり実写的な表現がされるようになり、サウンドカードによるエンジン音およびエフェクト音がフルサポート。 による操作が可能になり、FS98までほぼ同じ表示エンジンを使用するなど後のバージョンに続く基本形となる。 Flight Simulator 95 [ ] 1996年に発売され、媒体がとなり、コード・データ量が飛躍的に向上した。 によってパソコンが一般家庭にも急速に普及していたのも手伝い大ヒットした。 フライトシミュレータの火付け役となった作品である。 なお、前年の1995年に全ての権利がサブロジックからに売却された。 Flight Simulator 98 [ ] 1997年発売。 FSFW95には入っていなかったMS純正シーナリー(FS98以前は別売だった「Japan」や「Hawaii」、「Caribbean」等)を収録した。 それにより空港数が大幅に増加したが、空港の風景は殺風景なままだった。 アドベンチャーも豊富に用意され、航空機もリアジェット35Aがリアジェット45へ変更になった他、、ヘリコプターが追加された。 なお、FS98になってマルチプレイ機能が初めて追加された。 リアリティは劣るものの動作の軽快さから未だに使っている人も多い。 2007年12月現在、FlightSim. com(フライトシミュレーターの総合サイト)には、製作されたFS98のアドオンが未だにアップされている。 この頃からマイクロソフト側がによるアドオンを認めるようになった(ただし、アドオン追加による正常動作を保証するものではない)。 Flight Simulator 2000 [ ] 1999年に発売されたバージョンで、Standard EditionとProfessional Editionがある。 Professional版にはStandard版にはない機能(新たな機体、IFR訓練パネルなど)が標準装備となっている。 このバージョンではの数が大幅に増え、前作の約3,000件から約20,000件へとなり、ほぼ全世界の空港を収録するようになった。 ただし当時の最高性能のパソコンでも、FS2000を快適に動かせるものはないといわれるほど動作が重かった。 Flight Simulator 2002 [ ] 2001年に発売されたバージョンで、このバージョンから正式にフォトシーナリがサポートされるようになった。 これによりフォトシーナリもデフォルトのシーナリと同じ扱いで描画されるようになりが極端に落ち込むといったことがなくなった。 このバージョンにもStandard版とProfessional版があるが、日本ではProfessional版のみが販売されている。 Flight Simulator 2004 A Century of Flight [ ] 2003年に発売されて、の人類初飛行から100周年を記念したバージョン。 通称FS9。 日本では Flight Simulator 2004 翼の創世記として販売されている。 人類初飛行100周年を記念したバージョンのため、やなど歴史的名機を多数収録している。 また雲の描画を従来の2D(擬似3D)雲から3D雲にしたことによりふわっとした感じがリアルに再現されるようになった。 その他ATCやの改良などが図られている。 とても画面が美しくなりリアルになったが、前バージョンのFlight Simulator 2002よりも動作が軽いと評価されている。 Flight Simulator X [ ] 詳細は「」を参照 オブジェクトの自動生成機能がより一層細かくなり、船や車、木などが表示される。 DirectX10対応タイトルとして開発が進められていることもあり描画が大幅に改善された。 このバージョンよりの動作保証が付いた。 英語版では「Deluxe Edition」と「Standard Edition」の2種類が発売されており、「Deluxe Edition」には「Standard Edition」に収録されていない機体やなどが含まれている。 なお、日本では日本語版オリジナルの1種類のみが発売されている。 日本版では50以上用意される「ミッション」の音声の吹替に、総計31名の豪華声優陣を起用する。 また、ATCについては日本版オリジナルで、いわゆる「日本人英語」が再現される。 こちらは、実際の管制官・航空運航関係者が起用され、よりリアルな飛行環境の提供がなされた。 また、機体データや地形データがより現実に近くなった。 なお細かい所では、2004まで上昇可能高度が100,000ft迄であったが、このバージョンでは1,000,000ftとなっている(なおこれによりシェアアドオンメーカー「CaptainSim」では()のアドオンをリリースしている)。 英語版については2006年10月17日に、日本語版は2007年1月26日にそれぞれ発売された。 ちなみにFlight Simulator Xを快適に動作させるにはPentium D 3. 2GHz以上のプロセッサ、DirectX10対応アッパーミドルレンジ並 Geforce8600GTS RadeonHD 2600XT 、2GB以上のメモリーなど、推奨動作環境以上の性能を持つパソコンが必要。 また、マイクロソフトから発売される、初めての拡張パック『Microsoft Flight Simulator X: 栄光の翼』が2007年12月14日に発売された。 MSFSシリーズの事実上の最終作。 Microsoft Flight Simulator [ ] 2019年ので発表された14年ぶりの新作。 2020年発売予定。 PCをメインとして設計し、等マルチプラットフォームにも対応予定。 衛星データと AIを利用し制作される予定。 脚注 [ ] []• 2010年7月13日時点のよりアーカイブ。 2018年3月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 2007年より提供開始。 導入によりMicrosoft Flight Simulator Xのグラフィック表現が飛躍的に向上するが、以前のOS導入PCでは使用出来ない。 犯人の住居を捜索した際、Microsoft Flight Simulatorが押収された(バージョンは不明だが、2001年9月時点の最新バージョンは2000)。 ハイジャックした犯人は、Microsoft Flight Simulatorが実際の航空機操縦を忠実に再現していたことや、・の操縦資格が共通していることからそれによって航空機の操縦法を学び、犯行に及んだと米各紙は指摘した。 また、マイクロソフトはこの指摘を受け、一時Microsoft Flight Simulatorの販売を自粛した。 外部リンク [ ] 公式サイト [ ] 日本版 日本語 [ ] いずれもInternet Archive保管版HP。 閲覧の際、画面右下の「Impatient? 」をクリック。 米国本国版 英語 [ ]• その他サイト [ ]• - (英語)• - (ブラウザを使って無料でプレイできる) この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の