栞 歌詞。 【クリープハイプ/栞】歌詞の意味を徹底解釈!FM802の豪華アーティストにより織りなされた超大作!

[FM802]ACCESS!2018年キャンペーンソング「栞」歌詞とパート分け分析

栞 歌詞

栞の概要 まず、 作詞・作曲を手掛けたのは クリープハイプの尾崎世界観 この時点で期待が高まります、、、! そして尾崎世界観を筆頭に• あいみょん• 片岡健太(sumika)• GEN(04 Limited Sazabys)• 斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)• スガ シカオ という豪華メンツがボーカルとして参加します。 改めてすごいメンバーですね。 楽曲名「栞」とは 「栞」とは 本の読みかけの所に、はさんで目印とするもの。 という意味になっています。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 一人一人の個性がしっかり出てて しかもそれが上手く一つになっている。 現在はクリープハイプverのみ公開されています。 歌詞の意味・解釈は? では本題でもある 歌詞の意味を徹底解釈していきます。 尾崎世界観作詞ということもあり しっかり深い歌詞になっています。 前提として まず、前提として この歌は 春の季節の別れの歌です。 恐らく片想いであろう主人公は 好きな人が遠くの町へ旅立つために お別れをしなくてはなりません。 例えば 学校の卒業で離れ離れになるシーンや 社会人の春からの勤続先の変更などが わかりやすく当てはまると思います。 では解釈に移っていきます。 1番 途中でやめた本の中に挟んだままだった 空気を読むことに忙しくて 今まで忘れてたよ ここでいう本とは 主人公と好きな人との ストーリーのことでしょう。 主人公は周りの目を気にしたり、友達に合わせて生きる日常に必死で、彼女との距離を詰めることができていませんでした。 しかし、彼女とのお別れの時期が迫ってくることで、焦ってきています。 句読点がない君の嘘は とても可愛かった 後ろ前逆の優しさは すこしだけ本当だった 句読点がない君の嘘から 彼女は嘘をつくときに 落ち着きがなくなるような 素直な女の子であったことが連想されます。 ある日、主人公は彼女から 「嫌なんだけど、春から遠くの町にいく」 といったニュアンスの言葉を告げられます。 告げられた主人公は彼女の いつもとは違う様子や話し方に その話をいつもの可愛い嘘だと 思ってしまいます。 その女の子は恐らく 主人公が持つ好意に気づいています。 そのため女の子は 「本当は嫌なんだけどね。 」といった 傷つけたくないが故の 優しい嘘をついてます。 本当に嫌なら行く訳がありません。 後ろ前逆の優しさがすこしだけ本当だった というのは、彼女がついた優しい嘘の中の 春から遠くの町へ行くという言葉だけが 事実であったということです。 告げられた言葉は少しだけ本当だったんです。 簡単なあらすじなんかにまとまってたまるか 途中から読んでも 意味不明な二人の話 あらすじとは、物語の展開を簡単に纏めたもの。 主人公にとって、彼女とのストーリーは 簡単なあらすじでまとまるようなものでもないし、他の人が途中から、つまり二人の部分部分だけを見ただけじゃわからないような 特別な物語であると訴えているようです。 サビ1 桜散る 桜散る ひらひら舞う文字が綺麗 「今ならまだやり直せるよ」 が風に舞う 嘘だよ ごめんね 新しい町に行っても元気でね 桜とは、 彼女によせる恋心を 比喩しているのではないでしょうか。 お別れの時期とともに この恋心は散ってしまうのです。 本当は「今ならまだやり直せるよ」と言って 彼女を引き止めたいのですが 彼女のためにならないと わかっている主人公は 「新しい町に行っても元気でね」 という言葉をかけます。 そうするしかなかったのです。 桜散る 桜散る お別れの時間がきて 「ちょっといたい もっといたい ずっといたいのにな」 うつむいているくらいがちょうどいい 地面に咲いてる とうとう、お別れの時期がきます。 本当はもっと長い間近くにいたいのです。 うつむくとはすなわち下を見ることで 下を見ることで散った桜 恋心 を 見る 思い出す ことができるため いまの主人公にとっては うつむいているくらいがちょうどいいのです。

次の

中川栞

栞 歌詞

Contents• 尾崎氏の作詞作曲というのも急に決まったとか?もしかして本命のアーティストにドタキャンされたとか?そういうことを勘繰りたくもなります。 改編も相まって現場は大変だったんじゃないでしょうか。 で、今回発表されたアーティストは尾崎氏のほかに• あいみょん• 片岡健太(sumika)• GEN(04 Limited Sazabys)• 斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)• スガシカオ とまあ見事にラジ友歓喜なラインナップとなってますね。 スガさんもよく引き受けたよなあ。 去年の槇原敬之氏枠というのか、以前のキャンペーンソング作者枠とでもいうのでしょうか。 微妙なバランスになってる…。 ちなみに今回のキャンペーンソング制作の主導者はどうやら「ROCK KIDS 802」や「RADIO CRAZY」を手掛けているイマエモンらしいです。 どおりでラジ友っぽいわけですよね。 3年ぶりにRadioを冠するユニット名になりました。 では作者の尾崎氏のコメントです。 作詞・作曲の尾崎世界観コメント ISBN: 9784163904788 今回作った曲は、まず疾走感がある曲を作りたいなと思って作りました。 今までキャンペーンソングのイメージは、なんとなく自分の中ではミドルテンポでゆったりした壮大なイメージがあったので、そこをくずして、せっかくやらせていただけるということで、今までにないものにしたいなと思って作りました。 今回の曲のポイントは、春は新しく始まるスタートのイメージが強いと思うんですけど、同時に終わりとか別れとかそういうものもあると思っていて、そこをやっぱり無視したくなかったので、その始まりとスタート=終わりと別れだと思うんで、今回はそっちから作っていきたいなと思って。 結局その別れと終わりも始まりにつながると思うので、そういう前向きな気持ちに最終的には着地するように作りました。 普段はライバルとしてやってる方たちが自分の曲を歌ってくれるというのは、ホントに励みになりますね。 作ってよかったなと思います。 やっぱり自分でも飽きてるところがあるんで、自分の声に。 変な声なんですけど、飽きてきてて最近。 だからすごく尊敬する人たちに歌ってもらえて、自分の曲作りに対しても刺激になりました。 NEXT:キャンペーンソング「栞」歌詞&歌い分けまとめ.

次の

[FM802]ACCESS!2018年キャンペーンソング「栞」歌詞とパート分け分析

栞 歌詞

人物 [ ] 生まれの育ち。 への在学中には、第55回(アナウンス部門)で優秀賞を受賞した。 社会学部への進学後は、メディア社会学科と学内の放送研究会に所属。 第26回(アナウンス部門)で第2位に入賞した ほか、でアナウンス技術の研鑽を積んでいた。 大学卒業後の付で、に入社。 報道制作局に配属されたことから、ローカルニュース番組『』のキャスターを務めながら、報道記者として取材も担当していた。 付でQABを退社。 翌付で、地元の関西地方にあるへ、契約アナウンサーとして移籍した。 QAB時代に報道系の番組や取材を経験したことから、移籍を機に、平日夕方のローカルニュース番組『』MC陣の1人に抜擢。 から放送中の後継番組『』でも、(金曜日)放送分までメインキャスターを務めた。 テレビ大阪とはまでの3年契約を結んでいたが、契約期間の2年目を終えた同年付で退社、結婚。 結婚を機に再び上京すると、の報道番組を中心に、として活動している。 からは、で『』のサブキャスターを担当中。 父方の祖母の影響で、中学生時代から自分のぬか床を持っていたり、そのぬか床に山芋・アボカド・肉を漬けたりするほどが好き。 琉球朝日放送へ勤務した時期には、持参したぬか床が居住地()特有の暑さですぐに傷んだため、実家でぬか漬けを食べることを楽しみにしていたという。 出演番組 [ ] 現在 [ ]• (2020年度 - 、) - サブキャスター 過去 [ ] 琉球朝日放送アナウンサー時代 [ ]• - キャスター• の投・開票日には、『』()で沖縄ローカルパートのキャスターも担当していた。 (が制作していたANN九州・沖縄番組) - 沖縄県担当キャスター• (在職中はが制作)• 全国ネット向けの生放送番組で、「の生中継」を沖縄県内から実施する場合に、ラッシャーとのコンビでリポートを担当。 スパイス(平日午前の情報番組) - MC兼リポーター• - スタンドリポーター( -• つり塾 - MC兼リポーター• (制作の年末特別番組)• ・の放送分に、琉球朝日放送の代表として出演。 テレビ大阪アナウンサー時代 [ ]• - サブキャスター• (不定期)• - フィールドキャスター 以上の番組は、契約初年度の2017年度にのみ担当。 - ナレーター• - 初代メインキャスター• (不定期)• (からリポーターとして出演)• from7ちゃん(まで放送されていた)• の世界を知れば大阪が変わるニュースショー - MC兼海外取材リポーター• スプリング• 毎年3月の深夜に生放送で編成される長時間の特別番組で、・に()とのコンビでMCを担当。 大阪がリゾートに変わる!? のって何だスペシャル• テレビ大阪のアナウンサーとして最後に出演した事前収録番組で、退社前日()の14:55 - 15:55に放送。 ライムライトへの所属後 [ ]• (、 - ) - キャスター• エピソード1(テレビ朝日、) - アナウンサー 役 脚注 [ ].

次の