リッツ カールトン 大阪 スイーツ。 アフタヌーン

クラブレベルのご紹介

リッツ カールトン 大阪 スイーツ

マリオットとSPGの会員制度が統合された直後に 『ザ・リッツ・カールトン大阪』に家族で宿泊してきました。 僕はマリオットプラチナチャレンジを経て統合前のステータスは 『マリオットプラチナメンバー』(年間75泊でなれる会員)でした。 統合後には 『プラチナ プレミアエリート』(年間75泊でなれる会員)になると言われていましたが、宿泊した際は 『プラチナエリート』(年間50泊でなれる会員)表記となっていました。 (後日、プラチナプレミアエリートに表記が変更されました) 本来、マリオット系列のホテルでは、プラチナプレミアエリートでもプラチナエリートでもクラブラウンジへのアクセスが無料となります。 しかし、リッツカールトンでは他のマリオットとは違い、エリート会員であってもラウンジアクセスがつきません。 リッツカールトンのクラブラウンジを利用するためには、クラブフロア(クラブレベル)を予約する必要があるのです。 今回は、リッツカールトン大阪のクラブラウンジを堪能するため、クラブフロア(クラブレベル)に宿泊しました。 リッツカールトン大阪のクラブラウンジで提供されるすべてのフードプレゼンテーションを楽しんできたので、その様子を詳しく紹介したいと思います。 ザ・リッツ・カールトン大阪『クラブラウンジ』の様子 リッツカールトン大阪のクラブラウンジは大きく分けて3つのスペースがあります。 まずは入り口からすぐのスペース ラウンジの受付もこのスペースにあります。 チェックインはこちらのソファーに座って手続きできます。 優雅ですよね。 リッツカールトン大阪のクラブラウンジでチェックインの際、マリオットとSPGの会員制度の統合に伴うお祝いの会に招待されました。 そのときの記事を別で書いていますので、是非ご覧ください。 リッツカールトン大阪のクラブラウンジは34階にあります。 なかなかの眺めですね! 奥のスペースに進んでみたいと思います。 途中にバーカウンターがあり こちらを通り過ぎると もう1つの空間が現れます。 夜だと夜景も綺麗でしょうね、カップルにオススメの席です(笑) 広さはすごく狭いと言うことはないのですが、クラブフロア(クラブレベル)の宿泊者がすべて入りきることは難しいように思います。 平日でしたが終始満席に近かった印象です。 3つ目のスペースは食事が置かれている場所となります。 これは後ほど実際の利用に合わせて紹介していきます。 ちなみに、我が家はクラブラウンジの1つ上の35階に宿泊していましたが、クラブラウンジには階段でも降りることが出来ます。 1階降りるだけなのに、エレベーターを待つのは手間ですものね。 なお、実際に泊まっていた部屋の紹介は別記事で紹介しています。 部屋も気品があって、とても良かったですよ。 ザ・リッツ・カールトン大阪『クラブラウンジ』のフードプレゼンテーションスケジュールとドレスコード注意点 以下がリッツカールトン大阪『クラブラウンジ』のフードプレゼンテーションスケージュールです。 もう外に食事に行く必要はなさそうですね。 クラブフロアのフードスケジュールのお知らせには「ドレスコード」についても注意点が書かれていました。 引用します。 スリッパ、サンダルでのご利用はご遠慮いただき、スマートカジュアルな服装にご協力くださいませ。 皆さん、やはり、まず一番に驚いたのは 「くださいませ」と言う言葉遣いですよね! (え!そこなの?笑) こんな言葉遣いでお願いされたら聞かないわけにはいきません。 子ども達も一応それなりに気をつけてクラブラウンジを訪問しましたが、この日は、結構ラフな格好の方が多かったように思います(笑) 一応、リッツカールトン大阪からの説明では、短パンやハーフパンツはNG、また過度に肌を露出した女性の服装なども原則NGとのことでしたが、普通にそのような格好の方がみえました。 (外国人の女性などは「それ水着じゃないの?」と言うようなスゴイ格好だったりしたし・・・) ただ状況によってはスタッフの方が声をかけて着替えをお願いされるそうなので、スマートカジュアルを意識していきましょうね! それではリッツカールトン大阪の『クラブラウンジ』を利用した順に紹介していきます。 ザ・リッツ・カールトン大阪『クラブラウンジ』アフタヌーンティー 到着は12時頃でした。 クラブラウンジでチェックインができて、すでに部屋も用意されているとのことでした。 クラブラウンジのサービスは軽食の時間でしたが、到着日はこちらは利用できないとのこと。 海外(特にアジア)のマリオットホテルでは、朝早く着いてもラウンジのフルサービスを付けてくれることが多いと耳にします。 自分の体験で言うと、クアラルンプールや深センは、到着してすぐランチからいただけました。 (ただしクラブラウンジでドリンクなどはいただけます) 一旦部屋に行ってウェルカムギフトのフルーツを食べたりしていたらアフタヌーンティーの時間になったので早速クラブラウンジへ向かいます。 席に案内され用意されたのがこの立派なアフタヌーンティーセットです。 1セットで2人分となり、我が家は4人でしたので2セットですね。 以下がリッツカールトン大阪のアフタヌーンセットのメニュー 右にフードの説明があり、左に注文できる紅茶が書かれています。 ザ・リッツ・カールトン大阪オリジナルブレンドをいただきました。 紅茶以外の飲み物もラウンジスタッフの方にお願いすれば持ってきてくれます。 子ども達はジュースを飲んでいました。 アフタヌーンティーセットも紅茶もとても美味しくいただきました!リッツカールトン大阪のアフタヌーンティー体験は本当に優雅なひとときです。 夕食前とついていることから、本格的なディナーではなく、軽めの食事を出しますよと言うことですね。 閉まっていたドアがオープンし、食事が並べられています。 こちらは最初に説明していた3つ目のスペースとなります。 この右奥(朝はエッグステーションになる場所)では、うどんを作ってくれます。 左奥にはパン、種類は少ないです 冷蔵庫には小皿料理やデザート ドリンク類 ワインはこのような感じで ピンボケすいません&詳しくなくて銘柄も不明(笑) このような感じで盛り付けてみました。 お肉はラムです。 チョコやスナックが提供されます。 こ、これは・・・チョコファウンテン!(ストロベリー?) めっちゃ子どもが喜びそうなんですが、この時間は12歳以下は利用できないのです(残念、笑)。 スイーツは22:00までですが、クラブラウンジの利用は23:30までですから、落ち着いてお酒を飲まれたい方には最高のラウンジですね。 ザ・リッツ・カールトン大阪『クラブラウンジ』朝食 夜はクラブラウンジでゆっくりとお酒を楽しんで、一夜明けました。 深センのリッツカールトンではクラブラウンジの朝食以外にレストランも利用可でしたが、リッツカールトン大阪ではクラブフロア(クラブレベル)宿泊者はクラブラウンジでのみの朝食となります。 最初8時ごろに行ってみると家族4人で座れる席が空いていませんでした。 このため一度部屋に戻って席が空いたら連絡をいただくと言うことになりました。 リッツカールトン大阪は高級ホテルなのにたくさんの人が泊まってるんですね〜。 20分ほどすると部屋に電話がかかってきて席が用意できたとのことでクラブラウンジを再訪です。 それでは、リッツカールトン大阪『クラブラウンジ』の朝食を紹介していきます。 パンやシリアルです。 その奥はこのようになっていて 左の冷蔵庫にはフレッシュジュースや牛乳、右の冷蔵庫にはヨーグルトやカットフルーツ、スモークサーモンの小鉢などがありました。 和食もあります。 サラダ 夜はワインが置かれていたところにコーヒーが エッグステーションで卵料理も作ってもらって、このような感じでいただきます。 家族が取り分けてきた和食バージョン 品数は決して多くありませんが、さすがリッツカールトン大阪の朝食、とても美味しいです。 確かにレストラン朝食の方が品数豊富でとても豪華だと思います。 しかし、リッツカールトン大阪クラブラウンジでの朝食は、限られた席でスタッフの方が絶えず声をかけてくれますので、他のホテルにはない心地よさがあります。 今まで泊まった国内のマリオットでは、琵琶湖、名古屋、東京はレストラン朝食可能でした。 それぞれ記事を書いています。 これらのホテルに今後泊まる予定がある方は参考にしてください。 お次はランチの紹介です。 多くのホテルのクラブラウンジではランチは提供されないことが多いので、これはありがたいサービスですね。 サンドあり お寿司あり 写真にはありませんが、サラダなどは朝食同様に中央テーブルに用意されていました。 奥にある蓋された容器の中の料理も一通り盛り付けてみました。 ちまきやエビフライ、ポークなどがありました。 昨夜のうどんから変わって蕎麦の提供となっていました。 軽食とは言うものの、ランチとして十分すぎる内容だと思います。 ザ・リッツ・カールトン大阪『クラブラウンジ』プラチナ会員のメリットとデメリット 先にも説明したように、リッツカールトンではプラチナ会員であってもラウンジアクセスがつきません。 クラブラウンジを利用するためには、クラブフロア(クラブレベル)を予約します。 では、プラチナ会員であることはあまり意味がないのでしょうか? そんなことはありません。 プラチナ特典の客室アップグレードもうれしいのですが、さらに助かるのが 『レイトチェックアウト』です。 リッツカールトン大阪では、プラチナ以上のメンバーなら16時までのレイトチェックアウトが可能となります(通常は11時チェックアウト)。 駐車場もレイトチェックアウトの時間までは1泊料金の2,100円で車を停めておけます。 リッツカールトン大阪は梅田の中心地にありますから、地下を通って梅田駅や大阪駅まで徒歩で行けます。 ちょっと大阪の観光をしては16時にチェックアウトなんて使い方も出来てしまいますね。 またレイトチェックアウトができることで、2日目のアフタヌーンティーのサービスも受けることができてしまいます。 お昼の軽食は連泊される方用のサービスのようです。 (ただし、リッツカールトン大阪ではチェックアウト後30分のクラブラウンジ利用ができるため、11時チェックアウトで30分は食事できるようです) 1泊だけの滞在でも、ゆっくりお昼の軽食がいただけたり、2日目のアフタヌーンティーまで楽しめるのは、 プラチナ(orプラチナプレミア)エリート特典の大きなメリットだなと感じました。 (これだけ長いと2日目もプールで遊んだりできますしね!) 逆に プラチナ(orプラチナプレミア)エリート特典のデメリットとしては・・・レイトチェックアウトのおかげで朝昼晩とすべての食事がクラブラウンジで提供されるため、外に出かける気が起きないと言う点ですね。 我が家もようやく重い腰を上げて、なんとか大阪駅まで行って 『りくろーおじさんのチーズケーキ』を買うのがやっとでした(笑) SNSでも有名なふわふわのチーズケーキです。 リッツカールトン大阪にはプールやジムもあるから、さらにお籠りが加速してしまいます(笑) プラチナ(orプラチナプレミア)エリートであってもラウンジアクセスがつかないリッツカールトンですが、いざ泊まってみると、やはりエリート特典はとても使えるなぁと感じました。 僕はたまたまプラチナチャレンジをしたので2020年2月までプラチナプレミアエリートでしょうが、ステータス維持できないときは、やっぱりアメックスプラチナのFHR(ファインホテルアンドリゾート)でしょうね。 以前調べた時は、FHRの予約は公式と料金ほぼ変わらず(公式より安いときも多い)、特典はモリモリでした(FHRでレイトチェックアウトも可能です)。 クラブフロア(クラブレベル)に泊まるならFHRの朝食特典とか不要だなぁ、なんて思ってましたが、100ドルクーポンがついて公式と同じか安いなら、プラチナ(orプラチナプレミア)エリートであってもFHR通した方が良さそうですね。 今回は、リッツカールトン大阪『クラブラウンジ』の紹介でした。 このホテルのラウンジは、やはりスタッフの方がものすごく気をつけて声をかけてくれるところが良いですね。 あまりに快適だったので、帰って来てすぐにまた行きたいと思えるホテルでした。 本当に快適なホテルなので、是非『クラブフロア(クラブレベル)』を予約して滞在してみてくださいね。 mile-shacho.

次の

【神の領域】ザ・リッツ・カールトン大阪のスイーツブッフェ

リッツ カールトン 大阪 スイーツ

まずは、 スイーツ! 店内は甘いチョコレートの香りに包まれ、幸せ気分一色。 それもそのはず、スイーツからセイヴォリーまで、すべてのメニューにチョコレートが使われているんです! ベルギーの国旗をイメージした3色のムースは、ほろ苦い味わいのブラック、爽やかなシトラス、甘酸っぱいアップルの3つのフレーバーが楽しめます。 鮮やかな見た目もとっても素敵ですね。 ブッフェ台には、クリスマスを先取りしたスイーツもラインナップ。 ふんわりとしたスポンジにチョコレートクリームをたっぷり包んだ ブッシュドノエルは、贅沢な美味しさを味わえます。 人気のベルギーワッフルも苺やブルーベリーがあしらわれ、素敵にデコレーションされていました。 ベルギーの魅力はチョコレートやワッフルだけではありません。 こちらは、ほのかにビールが香る ベルギービールゼリー。 ビールの泡をイメージしたクリームや気泡がリアルに表現されています。 人気の ショートケーキも、チョコレートフレーバーになって登場! 中にはフルーツも入っており、甘酸っぱい大人の味わいを楽しめます。 こちらもユニークなひと品。 牛蒡(ごぼう)のミルクチョコレートムース 牛蒡とチョコレートって合うの!?と思ってしまいますが、牛蒡特有の臭みもなく、驚くほどマッチ!斬新な美味しさです。 さらにライブステーションでは、バターが香る焼きたてのワッフルを提供。 とろけるチョコレートソースやアイスクリームをトッピングし、オリジナルワッフルの完成です! また今回は、ブッフェ開催以来初となる チョコレートアートもお客さんを惹きつけていました。 思い出深いワンシーンになること間違いなしです。 \今月のお得なプランはこちら/ ザ・リッツ・カールトン大阪のアフタヌーンブッフェ【セイヴォリー】 ザ・リッツ・カールトン大阪のアフタヌーンブッフェは、セイヴォリーのコーナーもとっても豪華! ゴルゴンゾーラチーズを使ったリゾットや、チョコレートの生地で作ったサンドウィッチなど、約10種類のセイヴォリーがあり、楽しさも倍増です。 サラダにかけるドレッシングもチョコレート! 塩気の効いたベーコンや甘酸っぱいオレンジとも相性バツグンの美味しさです。 こちらはワッフルをハンバーガーのバンズに見立てた チョコレートチーズバーガー。 ジューシーなパテやフレッシュな野菜、とろけるチーズが絶妙な美味しさを演出。 そしてとうとうパスタまでチョコレートに!! チョコレートリガトーニは、チョコレートのほろ苦い味わいがパスタに見事に調和するイタリアンメニュー。 どこまでもチョコレートの魅力を追求したメニューの数々に、驚きと感動を隠せません。 ザ・リッツ・カールトン大阪のアフタヌーンブッフェ【ドリンク】 アフタヌーンブッフェにはコーヒー・紅茶が含まれており、ウェルカムドリンクにはチョコレートと相性ピッタリの、アイリッシュウイスキークリームティーをいただくことができます。 また、ブッフェ台には柚子の香りがアクセントになった ゆずチョコレートドリンクもあり、和とチョコレートの相性の良さを再確認。 さらに今回は、ベルギービールをスイーツと一緒に楽しめるお得なプランもあり、これが最高にオススメ! 「ヒューガルテン ロゼ」は、ラズベリーや苺、りんごなどのフルーツ果汁が入っているので、華やかな味わいとジュースのような飲みやすさを楽しめます。 心地良い炭酸はチョコレートスイーツとの相性もピッタリ! ぜひコラボレーションを味わってみてください。 ザ・リッツ・カールトン大阪のアフタヌーンブッフェ【料金】 最後に料金を確認しましょう。 通常料金 アフタヌーンブッフェの通常料金は、 5,946円(税サ込) です。 プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください! \今月のお得なプランはこちら/ グルメシュラン!! ここで、グルメシュランのコーナー! 感想 今回のチョコレートブッフェ、本当にスゴかったです。 チョコレートばかり、そんなに食べられないのでは …と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。 というのも、甘さや濃厚さだけではない趣向を凝らしたメニューがたくさん揃っているので、味や食感の変化、意外な食材のコラボレーションなどを感じながら、ずっと楽しめるんです。 改めてチョコレートの奥深さを感じたブッフェでした。 しかも店内は重厚感溢れる優雅な空間。 素敵なレストランで会話に華を咲かせながらいただくブッフェは美味しさも格別です! さらに、ザ・リッツ・ カールトン大阪のマスコットキャラクターのカリンちゃんがレスト ランに遊びに来ます! 遊び心溢れる演出と、新たなチョコレートの魅力にとろけてしまうはずです! まとめ いかがでしたか? 今回は、ザ・リッツ・カールトン大阪「」のアフタヌーンブッフェをご紹介しました。 自分好みのお店なのかお分かりいただけましたか? 気になる方のために、サイトの比較をもう一度。 赤坂エクセルホテル東急 ・ 浅草ビューホテル ・ ANAインターコンチネンタルホテル東京 ・ ・ ・ ・ ・ ウェスティンホテル東京 ・ ・ ・ グランドニッコー東京 台場 ・ ・ グランドハイアット東京 ・ グランドプリンスホテル新高輪 ・ 京王プラザホテル ・ ・ コンラッド東京 ・ ・ ・ サンシャインシティプリンスホテル ・ ザ ストリングス表参道 ・ 品川プリンスホテル ・ ・ ・ ・ ・ シャングリラホテル ・ ・ 新宿プリンスホテル ・ ・ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル ・ 第一ホテル東京 ・ 第一ホテルアネックス ・ 第一ホテル東京シーフォート ・ 帝国ホテル ・ 東京ドームホテル ・ ・ 東京プリンスホテル ・ ハイアットリージェンシー東京 ・ ヒルトン東京 ・ ・ ・ ヒルトン東京お台場 ・ ・ ・ ・ ・ フォーシーズンズホテル丸の内 東京 ・ ・ プリンスギャラリー東京紀尾井町 ・ ペニンシュラ東京 ・ ホテルイターコンチネンタル東京ベイ ・ ・ ・ ホテル雅叙園東京 ・ ホテルグランドパレス ・ ホテルニューオータニ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ホテルメトロポリタン ・ ホテルメトロポリタンエドモント ・ マンダリンオリエンタル東京 ・ 三井ガーデンホテル銀座プレミア ・ ミレミアム三井ガーデンホテル東京 ・ リーガロイヤルホテル ・ ロイヤルパークホテル ・ ・ ロイヤルパークホテル 東京汐留 ・.

次の

クラブレベルのご紹介

リッツ カールトン 大阪 スイーツ

ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブラウンジ クラブフロア宿泊者のみが利用できるザ・リッツ・カールトン大阪のラウンジは以下のようなタイムスケジュールとなっております。 07:00-10:00 朝食• 11:00-14:00 軽食• 14:30-16:30 アフタヌーンティー• 17:00-19:30 夕食前の前菜• 20:00-22:00 ナイトキャップ(スイーツ) すごい点はすべての時間でアルコールが提供されていることです。 ラウンジ全体図 リッツ・カールトンらしいシックでゴージャスな家具が並んでいます。 奥に見えるのがブッフェコーナー 席の間のスペースも広く、とてもゆったり過ごせました。 14:30-16:30 アフタヌーンティー 飲み物 ジューサーバーではなく瓶に入ったジュース 3種類もビールが用意されていました。 しかも大量の冷えたビール!!! 生ビールはありませんでしたが、かなり嬉しい光景。 白ワインも3種類 ボタンを押して注ぐタイプのものです。 このサーバー、量も選べるスグレモノ。 もちろん右側のボタンでたっぷり注がせてもらいました。 赤ワインは4種類ありました。 食事 サラダやオリーブ 押し寿司 ちょっとしたデザートとお酒のつまみになる小鉢 高級ブレッド アフタヌーンティーとは思えないホットミールの品揃え。 しかもどれも美味しい! サンドイッチもおしゃれです。 アフタヌーンティーの時間は希望でこちらをいただくことができます。 1人前です。 女子憧れのあのスイーツタワー!!!! 上から順にケーキ2種類 2段目はおつまみタルト 3段目はスコーンとカプレーゼ 意外と甘いものよりおつまみ系メインでとっても嬉しかった! 紅茶ではなくシャンパンを飲みながらいただきました。 お皿に盛り付けたら誰でもインスタ映えの写真が撮れる。 ホットミールはアフタヌーンティーからすべてメニューが変わっていました! しかもまたどれも美味しい!!! ケーキの種類も増えていました。 主食は冷やしラーメンがあり、こちらは注文時スタッフさんが作ってくれます。 苦手なものも聞いてくれて自分好みで選ぶことができます。 全部のせてもらいました。 このラム肉がめちゃくちゃ美味しかったです! 食事もお酒も美味しい大満足のラウンジです。 昼から長居しているため、段々と酔いも回ってくる。 20:00-22:00 ナイトキャップ(スイーツ) 20時を過ぎると温かい食事はなくなり、スイーツメインになります。 お酒は片付けられないで常に置いてありました。 高級チョコレートがたくさん並んでいました。 ウイスキーを飲みながらチョコレート、最高!!! チョコレートファウンテンまで! ホットミールのところにはクッキーやスナック菓子が並んでいました。 21時過ぎまでお酒を楽しんで、もうだいぶベロベロだったので部屋に戻ることにしました。 笑 しかも1個上の階にあがったらすぐ自分の部屋だなんて最高。 ベッドにダイビング。 理想のデブ生活!!!! 07:00-10:00 朝食 なんとこのラウンジ、朝の7時からオープン。 朝の7時からビール飲めるよ… 誰も飲んでいる人がいないから冷蔵庫にはパンパンに詰まっていた! 本当にここは楽園。 牛乳やフレッシュジュースがおしゃれな瓶の中に入って並んでいます。 デブにならないなら全部食べたい。 サラダコーナー 実演キッチンの隣にはエッグコーナー 卵大好き人間、全種類持ち出しました。 和食もちゃんとありました。 またメニューが全く異なるホットミール 野菜やフルーツもおしゃれに盛り付け。 ハモンセラーノがビールを誘う。 実演キッチンではオムレツや目玉焼きを焼いてくれます。 チーズ等入れてもらったオムレツを作っていただきました。 朝から至福タイム!!!トマトジュースも濃厚でうんめぇ!!! 20:00-22:00 軽食 軽食と称されているけど全然がっつり食べられます! 朝ごはんもたくさん食べたのにホットミールのメニューが全部違うから全部食べたくなっちゃう。 エビフライ大好きすぎるのと、このエビフライ、ぎっしり身が大きくかなり美味しかった! サンドイッチも前日のアフタヌーンティーとは違うサンドイッチが。 実演キッチンのメニューは冷や麦でした。 とろろが盛り付けられていて優しいだし。 お昼もいただいちゃいました。 そしてこの小鉢もかなり気に入っていて、トリュフが盛り付けられているポテトサラダ! トリュフも食べ放題とかやばし!! お酒がすすむ、すすむ!だめだよこんなのお昼に置いちゃ!!! まとめ デブになりたい、アルコール漬けになりたい方にはぜひおすすめです!! 食事も美味しいし、お酒も終日飲み放題なのに上等で何一つ文句なしでした。

次の