つくば 市 テイクアウト。 つくば市+近隣 テイクアウト店 紹介【2020年4月27日 更新】

茨城県つくば市でおすすめのテイクアウト・持ち帰りができるお店20選!口コミでおすすめのランチメニューも

つくば 市 テイクアウト

ページ番号1012078 更新日 2020年5月29日 終了しました。 テイクアウト推進支援給付事業 飲食店における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者の集団発生が起きやすいとされる三密(「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」)を防ぎながら、市民の食の提供を持続的に行うことを目的とした事業です。 対象事業者 次の各号に掲げる要件を全て満たす者• 市内に本店及び飲食店を有する法人又は市内に飲食店を有する個人であること。 注文に応じその場所で調理した飲食料品を提供しテイクアウトを実施すること。 事業に参加しようとする飲食店において、食品衛生法(昭和22年法律第233号)に基づく飲食店営業許可を受けていること。 中小小売商業振興法(昭和48年法律第101号)第11条第1項に規定する連鎖化事業に加盟していないこと。 ただし、当該特定連鎖化事業を行う者が、市内に本店を有する場合には、この限りではない。 「風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律」(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業を行っていないこと。 特定の宗教・政治団体と関わる場合や業務の内容が公序良俗に反する営業を行っていないこと。 つくば市暴力団排除条例(平成23年つくば市条例第29号)第2条各号に規定する暴力団、暴力団員及び暴力団員等のいずれかにも該当しないこと。 次に掲げる感染拡大防止策を講じたテイクアウトサービスの実施を誓約すること。 別添「テイクアウトを実施する皆さまへ」5頁の「衛生管理方法」、6頁の「新型コロナウイルス感染症を防ぐために」8頁の「食中毒を防ぐ3つの原則」に記載されている事項を実施すること。 電話による事前注文を受け付けるとともに、利用客におおよその商品受渡し時刻を伝え、店内における待ち時間を短くするよう努めること。 市が作成する推進事業の幟旗を掲示すること。 幟旗を設置できない店舗はステッカーを掲示すること。 9.テイクアウト情報調査票に記載した情報を、市ホームページやその他広報媒体へ掲載すること及びテイク アウト推進事業を行う他の団体等(つくば市商工会など)に提供することに同意すること。 テイクアウトを実施する皆さまに気をつけていただきたいことなどをまとめています。 内容を必ずご確認ください。 支援内容• 1事業所につき10万円の協力金の支給• 幟旗又はステッカーの配布 (1店舗当たり2枚まで。 幟旗の設置を原則とする。 つくば市テイクアウト推進支援給付事業協力金交付申請書兼請求書(様式第1号)• 食品衛生法(昭和22年法律第233号)に基づく飲食店営業許可証の写し• テイクアウト情報調査票• 商品の写真(原則Eメールでの提出、1枚2MBまで)• 提出先 下記の宛先へ郵送にてご申請ください。 〒305-0881 つくば市研究学園一丁目1番地1 つくば市経済部産業振興課 宛 写真はなるべくEメールでの送付をお願いします。 tsukuba. ) メールのタイトルは店名としてください。

次の

つくば市テイクアウト推進支援給付事業|つくば市公式ウェブサイト

つくば 市 テイクアウト

ページ番号1012078 更新日 2020年5月29日 終了しました。 テイクアウト推進支援給付事業 飲食店における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者の集団発生が起きやすいとされる三密(「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」)を防ぎながら、市民の食の提供を持続的に行うことを目的とした事業です。 対象事業者 次の各号に掲げる要件を全て満たす者• 市内に本店及び飲食店を有する法人又は市内に飲食店を有する個人であること。 注文に応じその場所で調理した飲食料品を提供しテイクアウトを実施すること。 事業に参加しようとする飲食店において、食品衛生法(昭和22年法律第233号)に基づく飲食店営業許可を受けていること。 中小小売商業振興法(昭和48年法律第101号)第11条第1項に規定する連鎖化事業に加盟していないこと。 ただし、当該特定連鎖化事業を行う者が、市内に本店を有する場合には、この限りではない。 「風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律」(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業を行っていないこと。 特定の宗教・政治団体と関わる場合や業務の内容が公序良俗に反する営業を行っていないこと。 つくば市暴力団排除条例(平成23年つくば市条例第29号)第2条各号に規定する暴力団、暴力団員及び暴力団員等のいずれかにも該当しないこと。 次に掲げる感染拡大防止策を講じたテイクアウトサービスの実施を誓約すること。 別添「テイクアウトを実施する皆さまへ」5頁の「衛生管理方法」、6頁の「新型コロナウイルス感染症を防ぐために」8頁の「食中毒を防ぐ3つの原則」に記載されている事項を実施すること。 電話による事前注文を受け付けるとともに、利用客におおよその商品受渡し時刻を伝え、店内における待ち時間を短くするよう努めること。 市が作成する推進事業の幟旗を掲示すること。 幟旗を設置できない店舗はステッカーを掲示すること。 9.テイクアウト情報調査票に記載した情報を、市ホームページやその他広報媒体へ掲載すること及びテイク アウト推進事業を行う他の団体等(つくば市商工会など)に提供することに同意すること。 テイクアウトを実施する皆さまに気をつけていただきたいことなどをまとめています。 内容を必ずご確認ください。 支援内容• 1事業所につき10万円の協力金の支給• 幟旗又はステッカーの配布 (1店舗当たり2枚まで。 幟旗の設置を原則とする。 つくば市テイクアウト推進支援給付事業協力金交付申請書兼請求書(様式第1号)• 食品衛生法(昭和22年法律第233号)に基づく飲食店営業許可証の写し• テイクアウト情報調査票• 商品の写真(原則Eメールでの提出、1枚2MBまで)• 提出先 下記の宛先へ郵送にてご申請ください。 〒305-0881 つくば市研究学園一丁目1番地1 つくば市経済部産業振興課 宛 写真はなるべくEメールでの送付をお願いします。 tsukuba. ) メールのタイトルは店名としてください。

次の

美味しいものをテイクアウトしよう!つくばのテイクアウトできるお店10選

つくば 市 テイクアウト

【山口和紀】苦しむ飲食店を救おうと、つくば、土浦でテイクアウトを行っている飲食店をインターネットで紹介するサイトが次々に立ち上がっている。 つくば市の有志が行う「旨がっぺTSUKUBA」、同市商工会青年部の「テイクアウト紹介サイト」、土浦市の酒寄隆弘さんが企画する「おうちdeつちうら名店街」の3サイトがある。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、密閉空間、密集場所、密接場面の「3密」を避けながら、おいしい料理を味わってもらい、深刻な影響を受けている飲食業界を応援しようという取り組みだ。 飲食業界の苦境について、つくば市商工会青年部は「商工会への融資の相談も増加し、今後も傾向は続く見込み」だと説明する。 3月、4月は歓送迎会などの書き入れ時なのに宴会などのキャンセルが相次いだり、売り上げが下がったりして大変という声が多数だという。 そんな中、多くの店がテイクアウトや、出前などのデリバリーに活路を見いだそうとしている。 しかし「個々の発信では限界があり、有意義な情報も届きにくい」ことから、テイクアウト情報を集約して発信するサイトに着想した。 それぞれのサイトには市内飲食店のテイクアウト情報が集められており、持ち帰りができるおいしそうなメニューが数多く並んでいる。 お客さんも投稿 「旨がっぺTsukuba」のサイトはフェイスブック上に作られた。 飲食店の経営者だけでなく、お客さんも自発的に投稿し、お店を紹介しているのが特徴だ。 「もうすでに、たくさんの方が注文しているよう」だと話すのはサイトの運営者。 「人間関係が希薄になりつつある中、さまざまな人が協力し、地域のために行動してくださることに感謝している」と語った。 つくば市商工会青年部もテイクアウト情報をホームぺージ上にまとめている。 紹介されているのは同会の部員の店が中心だが、外部の情報も増えてきている。 「サイトをきっかけにお店を利用してくれるお客もいるようだ」と語る。 「自粛で疲れてしまっている中、少しでも外食気分を味わってもらえたらうれしい」と呼び掛けた。 収束後にぎやかに 「旨がっぺTsukuba」を見て立ち上がったのが土浦市の酒寄さんだ。 「おうちdeつちうら名店街」のサイトを5日にフェイスブック上に立ち上げた。 「どうにか応援できないか」とずっと思っていたと話す。 土浦市も「飲食店だけでなく卸売業、酒販売業など周辺業種の影響も甚大だ」と語る。 「つちうら名店街」の命名の由来は同市川口1丁目にある「土浦名店街」というアーケード商店街だ。 酒寄さんは土浦生まれ土浦育ち。 子どものころは「名店街」が地域の中心として盛り上がっていた。 「新型コロナが収束した後も実際の店舗に足を運んでいただき、いつかまたにぎやかになってほしい」という思いから命名したという。 つくば、土浦近隣のテイクアウト店紹介サイトは以下の通り。 3サイトとも10日時点で情報提供を受け付けている。 「旨がっぺTsukuba」: 「旨がっぺTsukuba」のトップ画像(「旨がっぺTsukuba」提供) つくば市商工会青年部: おうちDEつちうら名店街: 【山崎実】県保険医協会(土浦市)が実施した新型コロナウイルスの影響に関する緊急アンケート調査で、外来患者の減少により、前年同期と比べ、約9割の医療機関で減収となっていることが分かった。 調査は5月7~12日に同協会会員の医科・歯科医師の1591医療機関を対象に行われ、554機関から回答があった(回答率35%)。 昨年4月と今年4月を比較したところ、まず外来患者数は「減った」が92. 5%(医科90%、歯科95%)と全体の9割の医療機関で減少した。 減少幅は30%未満が最も多かった。 特に歯科では、予約延期やキャンセルの依頼件数が8割の医療機関で「増えた」と回答した。 6月以降の経営に危機感 外来患者数の減少と平行して、減少傾向にあるのが保険診療の収入だ。 昨年4月と比較すると今年4月は、全体で91. 5%(医科88. 9%、歯科94. 2%)と9割超の医療機関が減収となった。 1日単位の仕事を紹介する「シェアフル」(東京都港区、大友潤社長)が、求職者に県内農家の仕事を紹介するマッチング支援を開始した。 同社は人材派遣などの総合人材サービス、パーソルグループで、短時間、短期間の仕事紹介に特化したマッチングサイトで知られる。 高齢化や人手不足に直面する農業の課題を解決しようと、農家が必要な時に必要な労働力を確保できる仕組みを提供する。 一方これまで農業に携わる機会がなかった人が空き時間に作業することで、農業を身近に感じ就農人口の拡大を目指す。 具体的な作業内容として、草刈り、定植、収獲、仕分け、梱包、出荷などを予定している。 同社による農業のマッチング支援は山梨県、長野県に続いて全国3県目。 農業は、繁忙期には労働力が不足し、閑散期は人材が余るなど、繁閑の差が激しい業種といわれる。 同社の強みである「短時間・短期間の仕事紹介」を生かそうと、農業分野に参入した。 さらに新型コロナウイルスの感染拡大の中、農業は、休業ができないライフラインを担う産業であることから、農業を主力産業の一つとしている茨城県などで取り組みを開始した。 【伊藤悦子】新型コロナウイルス感染拡大の影響から、出荷が大きく低迷した市内の花き農家を応援しようと、土浦市が安藤真理子市長を先頭に「父の日に土浦の花を送ろう」の呼び掛けを行っている。 市役所1階ロビーには、市職員による手作りの展示コーナーが設けられ、市で栽培されたグラジオラス、アルストロメリアなど色とりどりの花が飾られている。 同市は北部の今泉地区などを中心に花き栽培がさかんで、グラジオラスは県の銘柄産地に、アルストロメリアは同銘柄推進産地に指定されているのをはじめ、ガーベラ、コギク、ヤナギ類などが生産されている。 しかし、今季は卒業式や入学式、歓送迎会など多くのイベントが中止になったことから、花の需要が低迷、花き農家は大きな打撃を受けた。 アルストロメリアの出荷量は4月、前年同月の約21万本から約15万本に落ち込んだ。 卸売価格も1本当たり27円が15円まで下落した。 グラジオラスは昨年5月の出荷量が約28万本。 今年はこれから出荷のピークを迎えるが、減少が予想される。 卸売価格も105円から50円まで低下しているという。 このため、安藤市長は「新型コロナウイルスの影響で、市内の花き農家は大きな打撃を受けた。 父の日にはぜひ地元の花を送ってほしい」と市民に呼びかけた。 市長は15日、市のグラジオラスを持って県庁に出向き、大井川知事にも協力を要請する。 父の日とわかる飾り付け 今年の「父の日」は21日。 花の展示は、市役所1階吹き抜けエスカレーター脇のスペースで24日ごろまで。 花は毎週木曜日に入れ替えているが、予算の関係で台座や花瓶、看板などすべて職員の手作り。 展示に使用しているワイシャツやネクタイ、靴などは市職員からの借りものだそうだ。 【岡本穂高】若者の投票率向上を目指し議員インターンシップなどを実施している学生団体、NPO法人ドットジェイピー茨城エリアつくば支部が14日、新型コロナウイルスの影響を受けた社会について討論する「議員交流会」を開催する。 筑波大生ら26人と、つくば市など県南地域の市議会議員6人がビデオ会議アプリ、Zoom(ズーム)上で討論する。 「新型コロナウイルスによる教育の遅れ」「落ち込んだ経済をどう活性化させていくか」など、テーマごとに学生と議員が意見交換をし、国や地域がいかに対策を打つべきかを考える。 さらに考えた政策をグループごとに発表し、実際に学生と議員が投票を行うことで、学生が選挙を身近に感じられるようにする。 ドットジェイピーは夏の議員インターンシップと併せて、現状の社会問題や背景を調べ、学生自身が政策を考える「未来国会」という政策立案コンテストを主催しており、議員交流会はその一環。 例年、1カ所の会場に集まって開催しているが今年はビデオ会議形式で実施する。 今回の交流会は同コンテストの簡易版で、学生にとって身近な新型コロナウイルスの問題について意見を交わすことで、社会問題を考えるきっかけとする。 つくば支部代表の筑波大2年の田邉渓太さんは「新型コロナウイルス感染拡大の影響がいまだ続く現在、若者の間でも政治への関心が高まっていると感じる。 今回のイベントを通して学生が少しでも議員や政治を身近に感じてもらい、社会に問題提起を起こすきっかけになれば」と語る。 同支部は筑波大生を中心とした計13人で構成されており、年2回の議員・NPOインターンシップを運営している。 交流会の様子は参加者のみに公開されるが、希望があればその様子を公開する予定。

次の