弔電電報ntt。 電報文例集

Webレタックス 祝電・弔電サービス

弔電電報ntt

MENU• NTT西日本のお悔やみ向け電報台紙(弔電)ラインアップです。 お通夜・お葬式・告別式への弔慰として、また法要や彼岸などへの進物に、哀悼の想いに添える「プリザーブドフラワー」や「線香」の電報台紙を多数取り揃えております。 すべての電報台紙• 線香(哀星)付き• 線香(月)付き• プリザーブドフラワー• 西日本エリア限定商品とは、西日本エリア(富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県)でのお申込み・お届けに限定した商品です。 ただし、静岡県の一部については、ご利用頂けないエリアがございます。 電報台紙料金以外に、文字数に応じた電報(メッセージ)料が必要です。 電報台紙料金・電報(メッセージ)料には、消費税がかかります。 商品については、品切れまたは予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。 審査 20-247-1•

次の

意外と知らない、弔電の基礎知識 [通夜・葬式の弔問マナー] All About

弔電電報ntt

弔電の金額相場についてご紹介します。 一般的な弔電の相場は、 およそ1000円~3000円程度です。 最近は台紙もいろいろな素材やスタイルのものがあり、さらに高い金額のものもあります。 ただ弔電はご遺族に弔意を伝えるものですから、金額にそれほど重きを置くことはありません。 そうは言っても故人との関係により相場が変わることもあり、弔電の内容による違いも見られます。 各社の料金の比較も含めて、具体的に見ていきましょう。 故人との関係によって相場が変化する 弔電の金額は、 故人との関係などによって違いがあります。 ここでは故人との関係性別に、弔電の金額の相場を具体的にご紹介します。 友人・知人 友人や知人の場合は、 1000円~3000円程度が多いです。 一般的にシンプルな台紙で送ることが多く、特に豪華にする必要はありません。 友人・知人が連名で送るときは、通常よりも立派なものにすることもあります。 会社の人 会社関係の人に弔電を送る際の相場は、 3000円~5000円程度です。 故人の生前の役職、送り手の立場などを考えて金額を決めるとよいでしょう。 個人で出すのであれば、相場はあまり気にかけることはありません。 場合によっては同僚などと何人かで連名で出しても構いません。 会社として弔電を打つのであれば、ある程度格式を持った方がよいでしょう。 ただ、金額を競うものではありませんので、あまりに豪華に飾る必要はありません。 親族 自分の親族の場合には、 3000円~7000円程度が相場です。 親族の場合、故人との関係の近さにより違いが見られます。 故人の兄弟などであれば、お花などがついた弔電で心を込めて弔意を伝えることも多いです。 逆にそれほど親しくない親戚であれば、1000円前後の弔電でも問題はありません。 弔電の内容によって料金が変わる 弔電の料金は、電文の長さや使う台紙など 弔電の内容によって違います。 急ぎの場合や他のオプションをつけると、料金は高くなります。 文字数 弔電の料金設定はいろいろありますが、 文字数により異なることが多いです。 中には台紙料金だけで文字料金が無料のものや、一定文字数までは無料の設定もあります。 ただ一般的には文字数が多くなれば高くなる設定が多いです。 台紙・電報の料金 弔電は電文を台紙に貼って送ります。 この 台紙の種類によって料金が変わります。 弔電用の台紙は、ごく一般的なシンプルなものから、刺繍のある台紙・布張り・うるし塗、さらにお花やお線香付きのものまでさまざまな種類があります。 主な台紙のタイプと料金の相場は、以下のとおりです。 ベーシックタイプ(紙):500円~1000円• 刺繍・押し花:500円~3000円• 線香付き:2000円~4000円• うるし塗:3000円~6000円• 花つき(生花・プリザーブド):5000円~1万円 上記以外のオプション 上記以外のオプションとしては、受取人名連記・毛筆縦書き・配達通知・利用証明などのサービスがあります。 配達時間を短くする特急便・即時配達などのサービスもあります。 料金はサービス内容によって変わりますが、 1件につき100円前後~1000円程度です。 弔電の料金比較 弔電を扱っている事業者は数多く、 業者によって料金が異なります。 台紙料金あるいは文字料金が無料という料金設定も多いです。 以下に主な会社の弔電の最低料金を記載しておきます。 各社が特色のある料金設定をしていますので、 比較して自分の希望に合うものを選択されるとよいでしょう。 ntt nttでは、電話とインターネットのD-MAILがあります。 nttの最低料金は 550円(台紙無料、文字25字まで550円)です。 インターネットで申込の場合、電話より若干安いです。 配達希望日の3日前までに申込む場合も、それ以降の申込より安くなります。 郵便局 郵便局にはWebの電報サービス「レタックス」があります。 レタックスの最低料金は 512円(台紙512円、文字無料)です。 料金は 台紙料金だけで、文字数の制限はありません。 Web料金は郵便局より80円安く、台紙は512円~5062円の6種類があります。 ドコモ、au、ソフトバンク等の携帯会社 携帯電話会社の電報料金も見ておきましょう。 ドコモは、上記のnttグループのD-MAILになります。 ドコモ:D-MAIL nttと同じ料金設定です。 最低料金:550円(台紙無料、文字25字まで550円)• au:でんぽっぽ KDDIグループの電報サービスです。 料金は、台紙料金に400文字までのメッセージ料が含まれています。 配達通知・利用証明のオプションもあります。 最低料金:1200円(台紙1200円、文字400字まで無料)• ソフトバンク:ほっと電報 ソフトバンクグループの電報サービスです。 オプションの即時配達もあります。 最低料金:1240円(台紙540円、文字25字まで700円) その他インターネット電報サイト その他の インターネット電報サイトとしては、次のようなものがあります。 インターネットでの申込で、電話申し込みはありません。 VERYCARD 佐川急便の弔電サービスです。 料金は、350字までは台紙料金のみで、文字料金はかかりません。 最低料金:1382円(台紙1382円、文字350字まで無料)• ハート電報 ぬいぐるみやギフト品とともにメッセージを届ける電報サービスです。 料金は、300字まで台紙料金のみで、文字料金はありません。 会員登録をすると1割引きになります。 最低料金:1320円(台紙1320円、文字300字まで無料)• エクスメール(exMAIL) 楽天の電報サービスです。 料金は台紙料金のみで、ご希望の場合はオプション品の料金が加算されます。 縦書き210字・横書き400字までのメッセージは無料です。 料金定額:1250円(台紙1250円、文字・縦書き210字・横書き400字まで無料) 以下の記事では弔電の金額相場、弔電サービスや書き方もご紹介しています。 ぜひこちらの記事もご覧ください。 レタックス レタックス専用の原稿用紙を適当な封筒に入れ、レタックスまたは電子郵便と朱記して投函します。 用紙は郵便局の窓口で受け取ることができます。 郵便局の窓口 郵便窓口で専用の原稿用紙を受け取り記入の上、差し出します。 支払いは、現金・切手あるいは料金後納も可能です。 FAX あらかじめ料金後納承認請求書を出し、原稿とレタックス差出票をFAX送信します。 電話 上記FAXの場合と同様に料金後納承認請求書を出し、電話で原稿を指定します。 インターネット インターネットは、 画面で文章・台紙を自分で確認しながら選べるので便利です。 いつでも申込みができることもメリットです。 電話での電報サービスも行っている上記各社をはじめ、以下のサイトから申込できます。 生死に関する直接的な表現 死ぬ 生きる• 繰り返しや重ね言葉 たびたび 重ね重ね• 不吉なことを連想させる言葉 4・9などの数字• 仏教独特の表現 冥福 往生 弔電は葬儀前に届くようにする 弔電は、 お通夜や告別式が始まる前に届くように手配しましょう。 お通夜が始まる前に時間的余裕をもって式場に届けるのがベストです。 お通夜に間に合わないときは、葬儀・告別式の始まる数時間前には届くようにします。 弔電は通常葬儀・告別式の席で披露されます。 葬儀の開始時間にも間に合わないときは送るのはあきらましょう。 別途お悔やみの手紙を書くか、時期を見てお悔やみを直接伝えた方がよいです。 故人の呼び方に注意する 弔電では故人の呼び方に注意する必要があります。 弔電は基本的に喪主に送るものですから、 喪主から見た故人との関係を表す呼び方をします。 その際の敬称は、 一般的な敬称より格式の高い敬称を用います。 例えば、喪主が伯父伯母のときはご母堂様と言います。 以下によく使用される敬称を記載しておきますので、参考にしてください。 弔電は訃報を受けたときに喪主に弔意を示すために送る電報である。 本来お通夜や告別式に参列できない場合に送るが、参列するときでも送る方も多い。 一般的な弔電の相場は、1000円~3000円程度である。 ただ、弔電は弔意を伝えるものであるから、金額に重きを置くことはない。 弔電の金額相場は、故人との関係によって異なる。 友人・知人のときは1000円~3000円、会社の人は3000円~5000円、親族は3000円~7000円程度である。 弔電の料金は文字数や台紙など弔電の内容によって違い、オプションをつけると高くなる。 各事業会社で異なる料金設定があるので、自分の希望に合うものを選ぶとよい。 弔電を申し込む方法は、電話、郵便局、インターネットがある。 インターネットは台紙を自分で確認しながら選ぶことができ、いつでも申込みできる。 弔電では、忌み言葉は使わない、葬儀前に届くようにする、故人の呼び方に注意する。 弔電の料金相場や申込み方、送る場合のマナーを詳しくご紹介しました。 今まで弔電を送ったことがない方も、ほとんどの場合いつかは送る機会があるものです。 いざという時、ご紹介した内容を参考にしていただければ幸いです。 「終活ねっと」では他にも弔電や葬儀に関する記事を多数掲載しております。 以下の記事では、弔電と香典をあわせて送る場合について詳しく解説していますので、気になった方はぜひこちらの記事もご覧ください。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

意外と知らない、弔電の基礎知識 [通夜・葬式の弔問マナー] All About

弔電電報ntt

弔電 ちょうでん の基礎知識・送り方 通夜・葬儀に参加できないときに打つ「弔電」。 意外と知らない弔電の基礎知識、送り方について解説します。 【INDEX】• 弔電とは 昔と違って通信手段が整っている現代では、弔電は本来の意味からはずれ「形式的なもの」になっています。 しかし、基本的なマナーはおさえておきたいですね。 弔電とは、本来事情があって通夜や告別式に参列できないときに、喪主や親戚に対して弔意を表す電報を送ることです。 ですから遅くても告別式に間に合うように手配するのがベストです。 電話で弔電を送る場合 電話で弔電を打つ場合は、NTTの115番に電話をすればOKですが、受付時間が午前8時~午後10時に限定されているので注意が必要です。 料金は台紙の種類と文字数によって異なり、だいたい1500円~5000円が一般的な費用となります。 【弔電の手順】• あらかじめ文章を考えておきます。 NTTの文例(下記参照)の一部の言葉を入れ替えて利用することもできます。 弔電の送り先の住所、名前を調べておきます。 最近は自宅で葬儀が行われないケースが多いので、通常は通夜・葬儀が行われる斎場・式場宛に送ります。 局番なしの「115」に電話します。 オペレーターが出たら、自分の電話番号と名前を告げ、送り先の住所と名前を告げます。 台紙を選びます。 電報に記す文章をゆっくり読みます。 NTTの文例を使用する場合は、文例番号を告げます。 送り主の名前を入れる場合は、名前(会社名、役職など)を告げます。 オペレーターが復唱するので確認をします。 最後にオペレーターが文字数と料金の案内をしますので、確認します。 【NTT弔電の文例の中でも特によく使用されるもの】• 7501:ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 (23文字)• 7502:ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 (22文字)• (26文字)• (25文字)• (46文字)• 7522:ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 (48文字) オペレーターの指示に従えば、誰でも簡単に弔電を送ることはできますが、昔と違って今は全部がカタカナというわけではありませんので、先方の住所や名前などをくれぐれも間違えないように注意しましょう。 弔電でよく使われる敬称 故人の呼び方(敬称)は、送り先の相手との続柄によって変わります。 父:ご尊父様• 母:ご母堂様• 夫:ご主人様• 妻:ご令室様• 妻の父:ご岳父様• 妻の母:ご岳母様• 息子:ご子息(様)、ご令息(様)• 娘:ご息女(様)、ご令嬢(様)• 兄:兄上様、ご令兄様• 姉:姉上様、ご令姉様• 弟:ご令弟様• 妹:ご令妹様• 家族:ご家族様 最近では、故人の名前をそのまま「〇〇様のご逝去の報に接し…」と故人名をそのまま文中に入れるケースも増えています。 弔電のNGワード、忌み言葉は? 「重ね重ね」「かえすがえす」など同じ言葉を重ねたものや、「死」「苦」から転じて「四」「九」など、死を連想させるような言葉は避けたほうが良いとされていますが、あまり気にしすぎる必要はありません。 弔電の場合、「天国」「神様」といった言葉には要注意です。 「天国」はキリスト教等で使用される言葉なので、仏教や神道では使いません。 「神様」はキリスト教だけでなく神道でも使用されますが、日本の葬儀の8割は仏教葬儀なので、「浄土」「仏」といった言葉に置き換えるか、宗教色のない形に変えたほうが無難です(「神様」は許容範囲内とするケースもあります)。 弔電は、葬儀・告別式の際にが披露(代読)されることがあります。 言葉が不適切なために省略されてしまうことがないよう注意を払いたいものです。

次の