ドコモ データ移行。 【iPhone→iPhone】機種変更でデータ移行を自分で簡単にできる方法は?

ドコモショップのデータ移行サポートが有料に! やってもらえない時の解決方法

ドコモ データ移行

ドコモ長期ユーザの、『まるり』()です。 2019年12月1日からドコモショップでショップ以外で購入や機種変更をしたスマホの データ移行・初期設定のサポートが無料から有料(3,000円)になりました。 つまり、ドコモオンラインショップやケータイ補償、量販店などで購入した場合、ドコモショップに持ち込んでサポートしてもらう場合はお金がかかります。 ドコモオンラインショップで機種変更などした場合、頭金や事務手数料が無料で、ドコモショップ受取にすることでデータ移行などを手伝ってもらえおトクなので、オンラインショップのショップ受取を選択していた人も多いのではないでしょうか。 今まではやってくれていたのに、やってくれなくなって困ってる、データ移行を失敗したら困るからショップで高い手数料払って機種変更をしようかと悩んでいる方に ドコモショップでデータ移行をしてもらわなくても、簡単にデータ移行をすることができる解決方法があります。 ドコモショップでデータ移行サポート料金3000円 ドコモショップでデータ移行を店員さんにお願いする場合 3,000円かかります。 【12月1日から変更になる移行サポートについて】 引用元: 今までは、ドコモショップ・他店・オンラインショップ・ケータイ補償など関係なくデータ移行のサポートは無料でやってもらえましたが、2019年12月1日からドコモショップ店頭で購入したスマホ以外のデータ移行などは有料サービスとなりました。 有料サポートは、1回税別3,000円で受けることができ、支払はドコモの利用料金と一緒に支払うことになります。 また、サポート内容も決まっています。 ・電話帳(電話番号・メールアドレス) ・送受信メール(ドコモメール) ・写真、動画 ・音楽 ドコピーを使ってデータ移行する場合は、ドコモショップに古い端末と新しい端末の両方が必要なので忘れずに持っていってください。 今後のドコモショップの対応としては、ドコピーと言われるドコモショップに設置されているデータ移行ができる機械の使い方について、ログインの仕方やパスワード情報などについては教えてくれます。 しかし、 教えるだけでデータ移行は自分で行わなければいけません。 ドコピーは無料で利用でき、機械が苦手な人でも簡単にできるようになっています。 ショップまで出かけるのが面倒で無い方はドコモショップで無料でデータ移行ができます。 Androidの場合:ドコモデータコピーアプリを利用する iPhoneの場合:iPhoneからiPhoneへなら直接データ移行が可能 androidの場合 機種変更をするスマホが「androidスマホからandroidスマホ」、「iPhoneからandroidスマホ」「androidスマホからiPhone」のデータを移行する場合には、 「ドコモデータコピー」というアプリをインストールして利用することができます。 Bluetoothがオンになっている場合は、Bluetoothはオフにしてください。 OSによって出てくる場合と出ない場合があります。 出てきた場合にはインストールをタップしてください。 データ移行が開始されます。 iPhoneからiPhoneへの移行はクイックスタートで移行できる iPhoneからiPhoneに機種変更をした場合には、新しいiPhoneを初めて起動したときに、 初期設定手順の画面の途中で『クイックスタート』 上記画像 が表示されます。 この時に、そばに旧端末のiPhoneを電源を入れた状態で置いておくと、「新しいiPhoneを設定」というウィンドウが表示されます。 そのまま画面に従って進むと、データ移行が始まります。 データ移行先のiPhoneでパスコードを設定し、移行元の旧端末に同じパスコードを入力することでデータ移行が行われています。 アプリなどをインストールしなくても、自動で進んでいくのでとても簡単に利用することができます。 データ移行にもしも失敗してしまった場合には、ドコモデータコピーのアプリを利用したり、パソコンに接続してデータの移行を行うことも可能ですよ。 オンラインショップ購入ならデータ移行説明書も一緒に届く ドコモオンラインショップで機種変更した場合は、基本的に自分でデータ移行をする形になります。 ドコモオンラインショップでは、自宅で誰でも一人で簡単にデータ移行ができるように 新しい端末と一緒に『まるわかりBOOK(データ移行説明書)』も同梱して送られてきます。 まるわかりBOOKを見ながらデータ移行すれば問題なく一人でできますよ。 データ移行が不安な人はあんしん遠隔サポート 引用画像元: でも、説明書がついていてもデータ移行なんてやったことがなくてわからないという人や、やってみたけどちゃんとなっているのか不安だという人もいますよね。 そもそもデータ移行する前の初期設定自体ができないという人もいるはずです。 そんな場合は、最終手段として 「 あんしん遠隔サポート」の利用をおすすめします。 あんしん遠隔サポートは月額400円の有料サービスですが、いつでも加入ができて退会も自由です。 あんしん遠隔サポートは、 スマホの初期設定や操作方法、周辺機器との接続方法などについてオペレーターが詳しく教えてくれるサポートセンターです。 あんしん遠隔サポートなら、遠隔で代わりに操作をしてくれるので、データ移行のやり方が分からないという時は代わりにオペレーターに遠隔で操作してもらうこともできますし、画面を共有して利用者の画面を見ながら解説してくれるので、どんな状態なのか確認しながら解説してくれます。 あんしん遠隔サポートは、 年中無休で午前9時~午後8時まで利用することができるので、ドコモオンラインショップから新しいスマホが届いて、 設定方法やデータ移行が分からない時にはいつでも相談することができます。 あんしん遠隔サポートのサポート内容 ・端末の設定全般 ・電話やブラウザなどのアプリケーションの操作、設定方法 ・ドコモが提供するサービス・アプリケーションの操作、設定方法 ・ドコモ以外が提供するアプリケーションの操作、設定方法 ・周辺機器との接続に関わる設定 あんしん遠隔サポートのサポート内容は、 スマホ本体の設定や使い方だけでなく、アプリの使い方なども教えてくれます。 LINEなどのアプリのダウンロードの仕方から設定方法も教えてくれますし、 Wi-Fi接続をするルータ設定やBluetoothイヤホン、プリンタとの設定、パソコンとの接続など、スマホと接続できるものすべてに対して相談することができます。 そのため、スマホの初期設定やデータ移行などとにかく全く分からないし、自分でできるか不安だという人は、あんしん遠隔サポートにまずは申込みをしましょう。 それからあんしん遠隔サポートに連絡して、データ移行の方法を教えてもらったり、遠隔で変わりに操作をしてもらいましょう。 月額400円の有料ですが必要なくなれば退会してもいいですし、 初めての申込みなら31日間無料で利用することができるので、データ移行だけなら無料で利用することが可能になります。 有料だとしてもドコモショップで3,000円支払ってデータ移行をしてもらうよりも断然安くなるので、ドコモオンラインショップで機種変更をしてデータ移行ができないという人は、あんしん遠隔サポートを利用するのがおすすめです。 データ移行が有料のため機種変更するならオンラインショップがお得 データ移行が有料になったため、 ドコモで機種変更をするならオンラインショップがお得です。 最初に解説した通り、2019年12月1日からはドコモオンラインショップで機種変更をした場合にはドコモショップに端末を持ち込んでもデータ移行は無料で行ってくれなくなり、データ移行するだけで3,000円もかかるようになってしまいます。 それだけを聞くと、 【それなら最初からドコモショップで機種変更をした方がデータ移行も無料でやってくれるからドコモショップの方がお得なんじゃないの?】 と思ってしまうかもしれませんが 、データ移行が自分でできないという人でも、ドコモオンラインショップで機種変更をするのが一番お得なのは変わりません。 ドコモオンラインショップで機種変更するのがお得な理由 ・事務手数料無料 ・頭金無料 ・送料無料 ドコモショップで機種変更する場合は、 必ず2,000円または3,000円の事務手数料がかかります。 また、ドコモショップでは機種代金以外に、頭金と呼ばれる店頭で支払いが必要な価格が設定されています。 頭金はショップによってさまざまですが、 5,000円~10,000円ほどで設定されていることが多いです。 これはドコモショップがドコモ直営ではなく、代理店が経営しているから発生している代金で、お店の運営費などに充てられるお店独自の手数料として設定されています。 事務手数料と頭金を合わせると、 7,000円~13,000円程度機種代金以外に支払いが必要ということになっています。 しかし、ドコモオンラインショップはドコモが運営する直営のショップですし、オンラインショップなので運営費もショップほどはかかりません。 そのため、事務手数料も頭金も一切無料になっているので、 ドコモショップで機種変更するよりも、7,000円~13,000円ほど安く機種変更をすることができるんですよ。 なので、たとえデータ移行が有料になってしまったとしても、ドコモオンラインショップがお得なことは何も変わりません。 それに解説してきたように、データ移行はドコモショップじゃなくても、自分でアプリで移行することもできますし、ドコモのあんしん遠隔サポートというサポートセンターに電話してデータ移行の方法を教えて貰うことも、遠隔で代わりに操作してもらうこともできるわけです。 それなら、 機種代金しかかからないドコモオンラインショップで機種変更をしたほうが断然お得です。

次の

AndroidからAndroidへデータ移行する方法|バックアップ・復元方法

ドコモ データ移行

カードリーダーにmicroSDカードをさし、移行先のスマホもUSBケーブルでパソコンとつなげてコピーします。 コピー先は内部共有ストレージの直下でかまいません。 連絡先データは、メインメニューからまとめてバックアップをとった場合、多くは「PRIVATE」フォルダー内に「. vcf」という拡張子で保存されています。 vcf」になります。 なお、microSDカードをパソコンで開いてもバックアップが見つからない場合、隠しファイルや隠しフォルダーが非表示になっていないかを確認しましょう。 さらに「表示」タブを開き、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をクリックして選択してください。 メニューから「データBOX」などのデータフォルダーを開き、写真のフォルダーを選択、「サブメニュー」や「詳細」ボタンを押します。 表示されるメニューから「microSDへ全件コピー」などを選択します。 端末認証番号の入力を求められたら入力してください。 とくに指定していない場合は「0000」です。 コピーの確認画面が表示されたら「OK」を選択します。 これで写真のコピーが開始されます。 ガラケーから取り出したmicroSDカードをカードリーダーにさしてパソコンとつなぎ、スマホも同様にUSB接続でつないでください。 写真はmicroSDカードの「DCIM」フォルダー内に保存されています。 この写真をスマホの内部共有ストレージにコピーします。 コピー先は、「Picture」フォルダーがいいでしょう。 ガラケーの写真とわかるようにしたい場合は、「Picture」フォルダー内に別フォルダーを作成してもいいでしょう。 なお、microSDカードをパソコンで開いてもバックアップが見つからない場合、隠しファイルや隠しフォルダーが非表示になっていないかを確認しましょう。 さらに「表示」タブを開き、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をクリックして選択してください。 キャリアメールは、スマホの登場とともにWeb経由で確認できるようになったため、通信事業者を変えなければ、あらためてキャリアメールのデータを新しいスマホに移す意味はなくなりました。 ただし、ガラケーの場合は、スマホとはシステムが異なるため、Web経由で読むことはできません。 機種変更する場合は、バックアップをとっておきたいですね。 ここでは、ドコモのiモードメールを例に、microSDカードにバックアップしたメールのデータをスマホに移す手順を紹介します。 パソコン経由でスマホの内部共有ストレージに保存したバックアップから移す場合は、してください。 なお、メールの分量が多い場合、すべてを読み込めないことがあります。 デコメなどキャリアメール専用の機能も取り込むことはできません。 コピーが完了したら、バックアップからメールを復元しましょう。 microSDカードを利用しない場合は、「ドコモデータコピー」は利用できません。 キャリアメールのアプリ「ドコモメール」で操作します。 「ドコモメール」を起動し、「その他」アイコンをタップします。 表示されるメニューから「メール取り込み」をタップしてバックアップファイルの保存場所を指定します。 画面右下の「上へ」アイコンを数回タップして、バックアップファイルのフォルダー(ここでは「MAIL」)を開きます。 メールボックス内のメールデータを選択して「OK」をタップすると復元されます。 画面例は受信メール「INBOX」を復元した例です。 同様に送信メールや未送信メールも操作してください。

次の

データ移行・バックアップ

ドコモ データ移行

ドコモデータコピーアプリを使う• microSDカードを使う• DOCOPYを使う• iTunesやiCloudを使う(iPhoneのみ)• GoogleDriveを使う パソコンやクラウドに保存する方法もありますが、メーカーや機種によって異なります。 今回メインで解説するのは、ドコモが公式に案内している「ドコモデータコピーアプリ」を使う方法です。 ドコモデータコピーアプリを使う 画像引用元: ドコモが公式に案内している方法であり、 Android・iPhoneの両方に対応しています。 機種変更前と後の機種にアプリをダウンロードして、Wi-Fi経由で転送します。 データ移行できる項目は以下の5つです。 電話帳• スケジュール/メモ• 画像/動画• 音楽 上記に加えてドコモデータコピーアプリでは、以下の5つの項目に対しても、SDカードにバックアップ・復元機能を備えています。 メール• トルカ• ブックマーク• 通話履歴• ユーザー辞書 しかしこの5つは、機種変更後の新しい機種へのデータ移行はできません。 あくまでバックアップのみです。 またアプリを利用する場合は、 最新バージョンになっているか確認しておきましょう。 microSDカードを使う 画像引用元: Androidではインストールされているアプリを使って、 microSDカードにバックアップして新しい機種で読み込むことができます。 また読み込みができない項目もありますし、microSDカードが機種変更後の機種にも対応しているか、確認は必須です。 データ移行方法が少し専門的になってくるので、慣れていないと難しく感じることがあります。 DOCOPYを使う ドコモショップ店頭に設置されている機器「DOCOPY」を使うこともできます。 その際には機種が対応しているか、ドコモショップまたはドコモのコールセンターに、問い合わせるようにしましょう。 オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うと ポイント2倍• 万が一でも安心のドコモケータイ補償が 最大10万円• ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得• 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ• 国内とハワイの主要空港ラウンジが 無料でつかえる• 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。 ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。 また故障や水没などの予期せぬ事態で、スマホ内のデータが消えてしまっても、 バックアップがあれば安心です。 機種変更前に限らず、データのバックアップはこまめに行うようにしましょう。 iPhoneの場合 画像引用元: iCloudもしくは、パソコンを使ってiTunesにバックアップします。 データ移行に関しては、ドコモデータアプリを使えますが、バックアップは使えないので注意してください。 iCloudへのバックアップは以下の手順で行います。 Wi-fi接続が必須です。 iPhoneの「設定」アプリ内の一番上のユーザー名をタップする• iCloudをタップする• iCloudバックアップをオンにして、今すぐバックアップを作成をタップする Wi-fiがあれば、iPhoneだけでバックアップができてしまうのですが、無料のiCloud容量は5GBとかなり少なめです。 そのため写真など大量にある場合、容量をアップさせるために、有料の月額プランに加入しないといけません。 また、Wi-fi経由のため時間がかかることもあるので、 可能な限りパソコンを使って、iTunesにバックアップがおすすめです。 パソコンでiTunesを立ち上げる• iTunesとiPhoneを接続する• iTunes内の「今すぐバックアップ」をクリック• バックアップした日時が表示されれば完了 バックアップ容量はパソコンの容量に影響します。 パソコンが必要にはなりますが、バックアップデータにパスワードを設定できるなど安全です。 Androidの場合 画像引用元: ドコモデータコピーアプリを使って、microSDカードに保存します。 手順は以下の通りです。 事前にバックアップする機種に、microSDカードが挿入されていることを確認してください。 画像引用元:• ドコモデータコピーアプリをクリックして、バックアップを選択する• (アプリ起動時に、アクセス許可が出てきたら許可をタップする。 バックアップしたいデータを選択後、バックアップ開始をタップする。 バックアップ実行中には、電源を切ったり、アプリを終了しない。 バックアップ実行結果が表示されれば、完了です。 Androidスマホの場合は、microSDカードがあればバックアップ自体は簡単に行えます。 特に写真を多く取る人は、最初にカメラアプリの設定から、データ保存先をmicroSDカードにしておくことをおすすめします。 そうすることで写真のバックアップができるだけでなく、microSDカードを移し替えるだけで新機種でも写真を見ることができます。 機種変更前と後の両方のiPhoneに、最新バージョンのドコモデータコピーアプリがDLされている必要があります。 最新バージョンでない場合は、事前にバージョンアップが必須です。 iPhoneからiPhone(またはAndroid) ドコモデータコピーアプリ(iOS10. 0以上に対応)を使用します。 機種変更前と後のiPhone(Android)の Wi-fiをオン、Bluetoothをオフにする• アプリの「はじめる」をタップ• 画面にコピー元/コピー先の選択が出るので、それぞれ選ぶ• 画面に機種の選択が出るので、それぞれ選ぶ• QRコードが表示されるので、新しいiPhone(Android)で読み込む• 移行データの選択画面が出てくるので、コピーしたいデータを選択して「次へ」をタップする• データ移行中の画面の後、「データ移行が完了しました」と出ると完了• データ移行がちゃんとできているか機種で確認する もしうまくデータ移行ができない場合は、Wi-Fiの速度が遅いもしくは、移行するデータが多すぎることが考えられます。 Wi-Fi環境を変えるか、データの整理をしてから再度試してみましょう。 セクション画像引用元: AndroidからAndroid(またはiPhone) ドコモデータコピーアプリ(Android 4. 4以上に対応)を使用します。 機種変更前後のAndroid(iPhone)のWi-fiをオン、Bluetoothをオフにする• 画面にコピー元/コピー先の選択が出るので、それぞれ選ぶ• QRコードが表示されるので、新しいiPhoneで読み込む• 移行データの選択画面が出てくるので、選択して「次へ」をタップする• データ移行中の画面の後、「データ移行が完了しました」と出ると完了 Androidスマホではデータ移行ができても、機種変更前と後の機種メーカーが違うと、うまく表示されない場合があります。 セクション画像引用元: データ移行の注意点 データ移行における注意点を説明します。 データ移行元と移行先の機種は、 充電を十分にしておく• 全てのデータが移行できるわけではない• アプリのデータ移行方法は、それぞれ違う• 大量の写真(動画)を移行する場合、かなりの時間がかかる 充電が十分にないと、データ移行が行えないことがあります。 電池容量のチェックはしておきましょう。 万が一データ移行の途中で、電池切れが起きると最悪の場合、データが消えてしまう恐れがあります。 全てのデータ移行ができるわけではない データ移行では全てのデータが移行できるわけではありません。 機種変更前の機種では正しく表示されていたとしても、新しい機種では仕様変更などによってうまく表示がされないことがあります。 また、移行できていないデータなどもあったりするので注意が必要です。 面倒でもデータ移行後は、 大切なデータがしっかりと表示できるか確認しましょう。 まして違うOS同士であれば、完璧にデータを移すのは難しいです。 アプリのデータ移行方法は、それぞれ違う アプリ内のデータ移行に関しては、それぞれのアプリによって違います。 事前にアプリデータが引き継げるかどうか、もしくは引き継ぎ方法を機種変更前に、各アプリで確認しておきましょう。 特に課金情報は異なるOS間(iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneなど)では、 引き継げない場合が多いので注意が必要です。 それで仕方なく同じOSのスマホに機種変更した人もいます。 機種変更した後に、課金情報が反映されなかった、ということの無いようにしましょう。 大量の写真(動画・音楽)を移行する場合、かなりの時間がかかる 大量の写真(動画または音楽)を移行する場合は、かなりの時間がかかります。 データ移行の中でも、これらのデータ容量が飛び抜けて多いからです。 あまりに多すぎる場合は、事前に整理もしくは、新機種側でもダウンロードできないか確認しておきましょう。 めったに無いですが、移行先の機種の本体容量が足りない場合は、当然データ移行ができません。 スマホ機種変更後のデータ移行は手順通りにやれば難しくない! スマホのデータ移行は、ドコモデータコピーアプリを使って手順通りにやれば、難しくありません。 データ移行の時間は、データの内容によって大きく時間が変わりますが 電話帳のみであれば、1分以内に終わることもあります。 データ移行をする機会はあまり多くはありませんが、手順は覚えておくに越したことはありません。 また万が一のためにバックアップは、定期的(1カ月に1回など)に行うと、データが全て消えたなどということはなくなります。 適切なバックアップとデータ移行で安心なスマホライフを送りましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモでは、お得に新規購入や乗り換えができるサービスが提供されています。 そのうちのひとつが、「はじめてスマホ購入サポート」です。 はじめてスマホ購入サポートは、スマホデビューをする人や、スマホへの切り替えをする人にとってお得になる内容となります。 そこで今回は、ドコ […]• ドコモでスマホを購入する際、一括購入する場合と分割購入する場合では、どちらがお得なのでしょうか? スマホを購入するときは、できるだけお得に、できるだけ安く購入したいものですよね。 ドコモでスマホを購入するなら、一括購入と分割購入のどちらがお得なのか、それぞれのメリッ […]• iPhoneのバッテリー節約方法や交換方法、その時にかかる費用などをまとめました。 「機種変更直後よりバッテリーの減りが早くなった気がする」という声をよく耳にしますが、これは勘違いではありません。 そんな時におすすめなのが「バッテリーを交換する」ということ。 […]• ソフトバンクで機種変更した際に、新しいスマホのデータ移行する方法を解説します。 機種変更した際、データ移行をしないと連絡帳や写真・アプリのデータまで失くなってしまうので困りますよね。 新しいスマホに買い換えるときはデータ移行を必ず行なっておきましょう。 そのた […]• スマホで一番重要なポイントがカメラという方が増えているようで、ドコモでもカメラが優秀なスマホが続々と発売されています。 ドコモのスマホは、出るたびにカメラ性能がどんどんアップしていて、今ではデジカメにスマホ機能が付いたと言われるほどになりました。 今回はスマホのカメ […].

次の