ニュース ダイジェスト アプリ。 感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始|JX通信社のプレスリリース

【2020年版】アプリ好きが選んだ最強におすすめのニュースアプリランキング、トップ13!!【情報こそ現代の武器です】

ニュース ダイジェスト アプリ

【AppStore ニュース無料「1位」、総合「2位」獲得!】 入れておけば安心。 ニュース速報・地震速報・災害速報を網羅したライフライン型ニュースアプリ「NewsDigest」(ND)。 数あるニュースアプリの中でも、1番速くニュース速報・地震速報・災害速報をお伝えします。 事件、事故、災害、経済、交通など最新のニュース速報や地震速報はもちろんのこと、更に平時にはテレビやソーシャルメディアなどで話題のニュース、天気の情報も届きます。 【ユーザーの声】 ・最速と言いつつ全然最速じゃないアプリばかり。 その点、NDは本当に速報が1番早いので便利。 ・地震が発生したらまずNDを開くようになった。 それくらい速報が早く便利。 ・シンプルに重要ニュースが並んでいるので見やすい。 暇つぶしにもなる。 ・ニュース動画や衝撃の映像もNDで見られるのが楽しい。 NewsDigest(ニュースダイジェスト)では、重要ニュースや地震・災害・天気の情報はもちろん、スポーツや芸能、事件など誰もが気になるニュース記事が必ずあります。 お気に入りの記事を簡単に友達にシェアすることもできます。 サクサク使えて一番便利なニュース・地震速報アプリです。 地震・災害速報や必ず役立つ重要ニュースをいち早くプッシュでお知らせします。 是非アプリをダウンロードしてこの便利さを体感してみてください。 最新情報がエラーというのは本当に致命的で、その点だけでも他のアプリと比べて数段階劣っています。 「エンタメ」タブに「コロナ感染」、「コロナ感染」タブに「エンタメ」など、造りがいい加減なところも利用するにあたっての根本的な信頼性に欠けます。 「地域」にも特に情報収集能力の高さを感じられませんし、このままでは今後は厳しいアプリです。 逆に楽しみなので、このままアンインストールせずに今後の流れを見届けたくなってはいます。

次の

NewsDigest(ニュースダイジェスト)の使い方・レビュー

ニュース ダイジェスト アプリ

FASTALERT(ファストアラート)は、国内外のソーシャルメディア等を監視し、災害・事故・事件などのリスク情報を検知、配信するSaaSです。 企業・団体および公共セクターのお客様のみにご提供しています。 報道機関様は、FASTALERTを導入することで、いわゆる「発生モノ」の一次情報を発生直後や報道前のタイミングで入手・確認できるため、取材活動を効率化するだけでなく 特落ちを防ぐことが可能です。 また、一般企業様にとっても、 防災・危機管理用途や、自社の風評、マーケット動向に影響を与える情報の監視、グローバルな事業展開におけるリスク管理の一環としてご活用いただけます。 本サービスは、 共同通信やNHKのほか、全ての民放キー局様や全国の地方テレビ局、新聞社など多くの大手報道機関ならびに公共セクター、一般企業で導入されています。 サービスの詳細や無償トライアルにご関心をお持ちの企業様は、当社までお問い合わせください。 関連リンク NewsDigest(ニュースダイジェスト)は、国内のニュース速報や事件・災害情報、その他報道価値のある情報をAIが自動で検知し配信するニュース速報特化型サービスです。 豊富なニュース記事を長時間読むのではなく、まずは「今この瞬間に何が起きているのかを知りたい」というニーズに特化した、シンプルな情報ライフラインアプリです。 現在、iPhoneとAndroidに対応しています。 国内外の主要な事件、事故の「国内第一報」をリアルタイムに検知する当社「FASTALERT」と共通の技術で開発しており、重大ニュースの多くをスマホで最も早く知ることができます。 平時は、今話題のニュースや一般的なニュースも紹介しており、入れておけば安心できる、便利なアプリです。 速報性が極めて高いという特性から、TVを中心とする報道記者が多く利用しています。 JX通信社の情勢調査は、2000年代以降一般的になったRDD(乱数番号自動生成)方式による電話世論調査の手法を改良し、独自開発のシステムで完全自動化した「クラウドRDD方式」で実施しています。 主として報道機関や団体・組織、研究機関等の依頼に対して、選挙情勢や世論の動向分析等の用途に限定して提供しています。 加えて、不定期に自社企画の情勢調査を実施し、情勢分析や予測をなどを通じて公表しています。 従来の電話調査の場合、人間が架電する方式では回答率が高いもののコストも高いという課題があり、一方で機械が架電する方式ではコストは低いものの回答率も低く、サンプルに偏りが出がちであるという課題がありました。 当社の「クラウドRDD方式」では、システムで自動架電することでコストを抑えながら、回答率を人間が架電する方式と同等以上に引き上げることに成功しました。 本サービスでは、有権者人口が概ね10万人以上の地域で調査設計が可能です。 詳細や調査実施にご関心をお持ちの企業・団体様は、当社までお問い合わせください。 既存の調査データご購入についても、当社までお問い合わせください。 関連リンク.

次の

【比較】ニュースアプリ6本を30日使って分かったおすすめの1本は?

ニュース ダイジェスト アプリ

SmartNews スマートニュース ニュースキュレーションアプリの最大手、略してスマニューです。 一番メジャーなので既に入れている人も多いのでは。 タブでニュースジャンルを切り替えていくアプリスタイルはこのSmartNewsが定着させたもので、デフォルトで用意されているカテゴリータブの他に、自分の好きなニュース・雑誌・ブランド等のWebメディアをチャンネルタブとして登録しておくことができます。 自分の興味あるメディアをフォローすることで自分に合った情報をサクサク収集できるのがポイントで、自分好みのニュースアプリとしてカスタマイズできます。 「クーポン」も使いこなせば結構オトクなのでぜひチェックしましょう。 ニュースパス こちらもグノシーが運営しているアプリです。 特徴としては 「キーワードフォロー」が他のアプリより良く出来ていて便利。 Yahoo! ニュースでも同様にキーワードフォローの機能はありますが、Yahoo! は運営側が定めた登録ワードになっていないとフォローできないのに対し、 ニュースパスの場合は 関連する記事 そのワードが含まれる記事 が ひとつでもヒットすればその話題をフォローできるという面で優れています。 自分の興味がある話題・ニュースは逃したくないという人にはぜひオススメしたいアプリです。 まとめ:まずは使ってみて! 以上、6つのニュースアプリについてそれぞれの特徴を整理してみました。 ニュース• 今回ご紹介したアプリは全て無料なので、この記事を参考に気になったアプリはぜひ一度試しに利用してみて、自分に合ったアプリを探してみてくださいね。 <関連記事>.

次の