梅宮辰夫 若い頃。 梅宮辰夫の昔の画像がイケメン!若い頃のプレイボーイエピソード!

梅宮辰夫の若い頃の女関係が豪快すぎる!アンナの前に隠し子がいた?

梅宮辰夫 若い頃

デビュー当時の若いころのモテ伝説 大学在学中に銀座でスカウトされ、1958年(昭和33年)、東映ニューフェイス5期生に合格し、芸能界へ。 東映へ入社した翌年には主演で映画に出演するという華々しいスタートをきります。 最初は硬派な役が多かったという梅宮さんですが、私生活が派手になっていく様子を見て、役柄にも私生活と同じような女泣かせのプレイボーイの役柄を当てた 硬派な役柄で活躍していたが、段々私生活が派手になっていく梅宮を見て岡田プロデューサーが、梅宮の私生活に近いプレイボーイ、女を泣かす役柄をあてたそうです。 それがさらにモテる要素になったのか、モテ方は今の芸能人の比ではなかったと言われるほど、相当なものだったようです。 妊娠した女性と婚約解消?隠し子は? 1968年(昭和43年)、27歳~30歳頃の3年間同棲した若井常代さんと女性と婚約を解消したという過去があります。 しかも、この時若井常代さんは妊娠4か月。 梅宮辰夫さんから一方的に別れを突き付けたそうです。 ちょっと、今では考えられませんね。 今、芸能人がそんなことしたら、仕事を干されて芸能界に復帰するのは難しいことになりかねません。 ですが、さすが昭和、そういったことが返って男に箔が付くくらいの時代だったんでしょうね。 女遊びの一つや二つ~とか、当時の演歌でありそうですもんね。 若井常代さんは梅宮辰夫さんとの婚約解消の時のことを 「婦人生活」という雑誌で語っていたそうです。 その時の子は、結局出産されたのでしょうか? 詳細については、情報が見つけられず、詳しいことはわかりませんが、もし、現在ご健在であるなら、梅宮アンナさんにとっては、腹違いの4歳くらい年上の兄か姉ということになりますね。 スポンサーリンク 直後にホステスと一度目の結婚 若井常代さんと婚約解消した年の12月に、金座のクラブ 「姫」のホステス・ 大門節子さんと結婚しています。 ですが、半年後には離婚。 なんと大門節子さんは歌手デビューまで果たしている方なんです。 とても美人な方ですね。 クラウディアさんとの結婚 一度目の結婚に失敗した梅宮辰夫さんは、お母さんに 「次の嫁は私が探す」と言われていたそうです。 昭和初期の厳格なお母さんに育てられた梅宮辰夫さんは、お母さんには頭が上がらないそうです。 そのため、クラウディアさんとは「お前とは結婚できない」と告げたうえで交際を始めたそうです。 クラウディアさんとの交際は順調に進んでいましたが、3年ほどたったある日、梅宮辰夫さんのお母さんがお見合いの話を持ってきました。 お母さんに頭が上がらない梅宮辰夫さんは「お見合いをするから別れてくれ」と告げました。 するとクラウディアさんは 「ニ号さんでいいから、別れないで」と言ったそうです。 その姿を見て今どきそんなことを言う女性がいるのかと彼女のことがとてもいじらしくなって、初めて結婚を決意したそうです。 二人はめでたく1972年の3月に結婚! その時すでにクラウディアさんは梅宮辰夫さんの子どもを妊娠していました。 それが梅宮アンナさんです。 女遊びが落ち着いたきっかけは病気 1974年(昭和49年)、 睾丸腫瘍の診断を受けたことをきっかけに、 女遊びをやめて、料理に没頭し、家族を大切にする日々を過ごすようになったそうです。 結婚してから病気になるまでの2年間、どのような女遊びをしていたのかちょっと気になりますが… それ以来、亡くなるまでの間、 6回ものガンにかかったそうです。 それでも、そのたび克服し、仕事復帰をしてきた梅宮辰夫さんの強さはすごいですね! 梅宮辰夫の豪快すぎる女関係まとめ 梅宮辰夫さんの若いころのモテ伝説をまとめましたがいかがでしたか? クラウディアさんと結婚する前に、二人も妊娠や結婚などという深い関係の女性がいたんですね。 遊びの女性も入れたら、それはそれは数知れず…なのでしょうね。 時代が今と違うとはいえ、豪快すぎる梅宮さんには脱帽ですね。 関連記事です。

次の

梅宮アンナの若い頃|jjの画像が超綺麗!

梅宮辰夫 若い頃

梅宮辰夫の現在。 オフィシャルサイトを拝見しましたが、最新の情報が掲載されておりませんでした。 他サイト掲載の直近の情報としては、娘である「 梅宮アンナ」さんのインスタグラムに 写真が投稿されたとの情報を見つけました。 13日、モデルの梅宮アンナが自身のインスタグラムを更新。 父で俳優の梅宮辰夫とのツーショットを公開。 メディアでの露出が減っていた梅宮が白い歯を見せながら微笑む近影に、多くの反響が寄せられている。 確かに、メディアでの露出は減っておりますね。 最近メディアへの露出があったのは、「梅宮辰夫生誕80年・芸能生活60年を祝う会」が報道された時でしょうか。 このトーク&ディナーショー開催前に、会場で転倒され、 額を30針縫う大ケガを負われましたが、様子はどうなのでしょうか? 「梅宮アンナ」さんが投稿した写真を見る限り、 ケガの跡が見当たらないようです。 お肌もツヤツヤで 元気そうにみえますね。 しかしながら、以前、メディアでお見掛けしていた時と比べると、ホッソリしたような印象を受けます。 ネット上の情報やキーワードを見ても、「激やせ」という言葉が目につきます。 いったい何があったのでしょうか? 梅宮辰夫は病気で激やせ? 梅宮辰夫さんが、2017年7月に十二指腸乳頭がんで 手術を受けていたことが、報道により発覚しました。 その後娘さんであるモデルの梅宮アンナさんが会見を開き、早期発見により手術は成功したものの、 体重が10キロほど落ちてしまったことを明かしました。 調べた所、がんを患われたようです。 幸い早期発見により手術は成功し、その後、仕事にも復帰されているようですが、体重が10kgも落ちたそうです。 激やせぶりに目がいきますが、手術を担当された医師の話によると、 驚異的な回復だとコメントしていたそうです。 ご病気の事について調べていると、「余命」というキーワードが目につきました。 前述の状態とは異なる言葉ですが、どういう事なのでしょうか? 梅宮辰夫の余命とは? 実は 過去にも余命を宣告されるほどの重い病気を患っていた。 それは睾丸腫瘍である。 病気の発覚は1976年で梅宮アンナさんがまだ2歳の時である。 しかも、睾丸腫瘍は肺にまで転移しておりステージ4で余命3ヶ月と宣告されていたと。 余命というのは、以前患っていた別のご病気での宣告のようです。 しかしながら、腫瘍が肺にまで転移しており、 ステージ4という状況から復帰されたというのは、はやり気力でしょうか? 娘の「梅宮アンナ」さんの為にも、絶対に死ねないという気力、信念の賜物なのでしょうか。 人は天に生かされていると、よく聞きます。 御用があって生かされたのは、はやり、娘の「梅宮アンナ」さんを育てろという天命なのでしょうね。 その後、遊び人だった「梅宮辰夫」さんは夜遊びを止め、料理を趣味されたとの事です。 見事な魚の捌き方は、そのとき習得されたのですね。 梅宮辰夫が自宅売却? 調査を続けていると、「自宅売却」というキーワードが目に付きました。 「梅宮辰夫」さんのご自宅というと、かなりの豪邸だったのではないでしょうか。 手放すことになった理由について調べを進めてみましょう。 「東京から完全に撤退してしまったんです。 3億円ともいわれた都内の自宅を5月に売却し、奧さんのクラウディアさんと一緒に、神奈川県内の 海沿いの温泉地にある 別荘に生活拠点を移しています。 3億の豪邸にお住まいだったのですね。 海沿いの温泉地に生活の拠点を移したというのは、海が好きだからでしょうね。 元々海の見える場所で過ごされるのが夢だったようです。 長年住み慣れたお住まいを手放す事に、何か思い入れはあったのでしょうか? たまに娘のアンナさんも来るみたいですね。 ご自宅の売却については、娘の「梅宮アンナ」さんはずっと育った場所との事でとても悲しかったとコメントされておりました。 無駄に大きな荷物の意味は、体調を崩されており、維持も大変だという事なのでしょうか? 腰痛が悪化して長い距離を歩くのは辛く、最近は歩行補助器に頼ることも多いと聞きました」 やはり豪邸なのですね。 生活をするために、 家の中でも長い距離を歩く必要があったようです。 「梅宮辰夫」さんは海の見える場所で過ごしたいという希望を持っていらっしゃったそうです。 今、その夢を叶えたとも言えますね。 自宅を手放したのと芸能活動がなくなったのが同じタイミングだったのも気になります 切磋琢磨していた友人、仕事仲間がどんどん亡くなってしまい、気力が弱くなっているのでしょうか。 無理もありませんよね。 テレビでよく共演されていた、故「松方弘樹」さんをはじめ、故「菅原文太」さん、故「渡瀬恒彦」さんら名優が相次いでお亡くなりになりました。 ご高齢や病気、体調も原因とは思いますが、芸能のお仕事から遠ざかっているのは盟友が亡くなり、寂しくなったしまったからなのかもしれませんね。 激やせの原因は、病気というよりも、盟友の多くが亡くなってしまったのが原因なのかもしれませんね。 と思っていましたが、最新の情報によりますと、 どうも勘違いだったようです。 訂正させていただきます。 梅宮辰夫が引退を否定! 芸能生活60年の俳優・梅宮辰夫(80)が13日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」(木曜・後10時)に出演。 芸能界引退の真相を初告白した。 10月下旬に一部週刊誌で引退報道が出たが、これについて梅宮は「 誰も引退するなんて言っていない」とあきれ、「東京にある家を引き払った。 それが、(報道した側は)全部おしまいだと思ったんだろうね」と語った。 TV番組に出演されて、引退報道を否定したそうです。 長年、お住まいだった都内のお宅を引き払ったという事で、引退したとハヤトチリしたマスコミがいたようです。 齢80歳でバラエティに出演されるだけの、お元気があるようですので、これからもバリバリ活躍していただき、 人生100年時代のスターになっていただきたいですね。 梅宮辰夫は若い頃、イケメン 画像 ! かなり「昭和レトロ」な画像ですが、「梅宮辰夫」さんの若い頃の画像を見つけました。 当時のイケメンとは、肉食系の逞しい男性だったようですね。 現在のイケメンは、中性的で優しそうな男性が多いですよね。 時代が変わると、イケメンも大きく異なりますね。 梅宮も、「今の俳優はいい賞、いい芸を見せたいと思っているようだけど、(俺は) 女、酒、金、車しか考えてなかった。 何が楽しみで生きてるんですかねぇ」と、同調した。 あるイベントでのコメントです。 昭和の俳優の大きさ、というか、破天荒さというか。 時代背景もあるのでしょうが、昭和時代は、古き良き時代だったようですね。 梅宮辰夫のtシャツとは? 「梅宮辰夫」さんの調査を進めていると、ナゾのキーワード「tシャツ」が目につきました。 調べた所、お笑い芸人の「 ロバート秋山」さんの 持ちネタのようでした。 キーワードに現れるという事は、相当人気があるという事でしょうか? ダウンタウンの番組『本音ではしご酒』に昨日、お笑いトリオのロバートさんが出演。 番組の中で披露されたロバート秋山さんの新しいネタ、 Tシャツを使った体モノマネが、「おもしろい」「あのTシャツ欲しい」と話題になっています。 「ダウンタウン」さんの番組で披露されたTシャツを使った芸のようですね。 確かに、突然、Tシャツをまくって現れた顔が予想もしない方の顔だった場合は、面白いかもしれません。 また、人気があり、「Tシャツがほしい」という需要があるということは、どこかで販売されているのではないかと思い、調べた所、 楽天市場で販売されておりました! これから忘年会の季節。 芸を披露する必要に迫られている方は、肉体を鍛えると共に、このTシャツでウケを狙ってはどうでしょうか。 まとめ 今回の調査結果を以下の通り、まとめます。 現在は 病気で療養している模様。 現在は、希望だった 海の見える場所で生活している。 若い頃はイケメン。 破天荒な生活をしていた。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

梅宮辰夫の昔の画像がイケメン!若い頃のプレイボーイエピソード!

梅宮辰夫 若い頃

梅宮最長の主演シリーズであるコメディアクション「不良番長」シリーズ(68~72年、東映)出演時には、同作で共演した山城新伍との珍エピソードを残している。 出演した新人女優の名付け親となった梅宮は、そのお礼として彼女と一夜を共にした。 ところが、それから下半身に異変が。 医者に行くと淋病と診断される。 そこに山城がやって来て「ここの具合、おかしくない?」と尋ねてきたから、梅宮は驚いてしまう。 話を聞くと「俺もあの娘とヤッたんだ」という、まさかの返答だった。 梅宮が名付け親になったことで女優を抱いたと知った山城は、すかさず彼女のもとへ行き、「辰ちゃんと俺、その名前を一緒に考えたんだ」と言って、便乗エッチにあずかったというのだ。 2人そろって病気をもらうという、本編顔負けのオチもさすがである。 そんな生活が一変したのは、72年のこと。 当時の梅宮は、山城や安岡力也、池玲子や杉本美樹が所属する「梅宮企画」を経営していた。 ところが、マネージャーの横領によって倒産。 失意のどん底でクラウディア夫人に出会ったと、梅宮は語っている。 「俺と菅原文太さんで銀座に飲みに行って、他のホステスはキャーキャー言っているけど、うちの女房は知らん顔。 俺と文太さんが役者であることさえ知らなかったんだ」 再婚、そして「仁義なき戦い」(73年、東映)の出演をきっかけとした東映実録やくざ映画への出演が苦境を脱するきっかけとなった。 さらに、75年には「前略おふくろ様」(日本テレビ系)に出演。 今年3月に亡くなった萩原健一の師匠的な役を演じたことで、テレビに新たな活路を見いだす。 以後も映画、ドラマ、バラエティー番組などで多彩な活躍をした梅宮だが、杉作氏は、そんなパブリックイメージも「演技」だったのでは、と推察する。 「『お客さんが喜んでくれることなら、やって恥ずかしいことは何ひとつない』という言葉が強く印象に残っています。 昔の夜遊びも、夢を与える映画スターはかくあれ、という姿勢を貫くためだったということです。 そういう意味でも映画、バラエティー、プライベートとさまざまな『幻』で楽しませてくれた梅宮さんは、本物の技術を持つ俳優だったと言えるでしょうね」 「不良番長」シリーズを手がけた内藤誠監督も、あらためて梅宮の演技を絶賛する。 「(『不良番長』は)山城の派手な演技に目を奪われがちだけど、今見直すと実にうまいんだ。 彼の最後の映画出演作となった『明日泣く』(11年、ブラウニー)にはタダで出演してくれたし、最後まで本当に世話になった」 16年2月28日、安藤昇のお別れの会で、梅宮は献酒とともにこう寄せている。 「昭和の映画スターが皆無のような状態になり残念です。 寂しいです、今は詮無いことです。 どうか、そちらの世界でもお元気で」 その言葉をそのまま、梅宮へのアサ芸からの弔辞としたい。

次の