みみう。 美々卯 本店 (みみう)

美々卯 堺店(堺/鍋料理)

みみう

銀座・有楽町・新橋・築地・月島• 東京・大手町・日本橋・人形町• 品川・目黒・田町・浜松町・五反田• 神田・神保町・秋葉原・御茶ノ水• 上野・御徒町・浅草• 赤坂・六本木・麻布十番・西麻布• 恵比寿・中目黒・代官山・広尾• 原宿・青山・表参道• 水道橋・飯田橋・神楽坂• 四ツ谷・麹町・市ヶ谷・九段下• 錦糸町・浅草橋・両国・亀戸• 北千住・日暮里・葛飾・荒川• 赤羽・王子・十条• 蒲田・大森・大田区• 門前仲町・東陽町・木場・葛西• お台場• 八王子・立川• 吉祥寺・荻窪・三鷹• 中野・高円寺・阿佐ヶ谷・方南町• 高田馬場• 新大久保・大久保• 巣鴨・大塚・駒込• 国立・国分寺• 調布・府中・千歳烏山・仙川• 武蔵小金井• 下北沢・代々木上原• 幡ヶ谷・笹塚・明大前・下高井戸• 多摩センター・南大沢• 聖蹟桜ヶ丘・高幡不動・分倍河原• 青梅・昭島・小作・青梅線沿線• 祖師ヶ谷大蔵・成城学園前• 経堂・千歳船橋• 池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学• 自由が丘・田園調布• 桜新町・用賀・二子玉川• 祐天寺・学芸大学・都立大学• 不動前・武蔵小山• 大井町・中延・旗の台・戸越・馬込• 雪が谷大塚・池上• 練馬・板橋・成増・江古田• 西武池袋線(石神井公園~秋津)• 西武新宿線 中井~田無~東村山• 都営三田線(新板橋~西高島平)• 東京都その他.

次の

美々卯 堺店(堺/鍋料理)

みみう

銀座・有楽町・新橋・築地・月島• 東京・大手町・日本橋・人形町• 品川・目黒・田町・浜松町・五反田• 神田・神保町・秋葉原・御茶ノ水• 上野・御徒町・浅草• 赤坂・六本木・麻布十番・西麻布• 恵比寿・中目黒・代官山・広尾• 原宿・青山・表参道• 水道橋・飯田橋・神楽坂• 四ツ谷・麹町・市ヶ谷・九段下• 錦糸町・浅草橋・両国・亀戸• 北千住・日暮里・葛飾・荒川• 赤羽・王子・十条• 蒲田・大森・大田区• 門前仲町・東陽町・木場・葛西• お台場• 八王子・立川• 吉祥寺・荻窪・三鷹• 中野・高円寺・阿佐ヶ谷・方南町• 高田馬場• 新大久保・大久保• 巣鴨・大塚・駒込• 国立・国分寺• 調布・府中・千歳烏山・仙川• 武蔵小金井• 下北沢・代々木上原• 幡ヶ谷・笹塚・明大前・下高井戸• 多摩センター・南大沢• 聖蹟桜ヶ丘・高幡不動・分倍河原• 青梅・昭島・小作・青梅線沿線• 祖師ヶ谷大蔵・成城学園前• 経堂・千歳船橋• 池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学• 自由が丘・田園調布• 桜新町・用賀・二子玉川• 祐天寺・学芸大学・都立大学• 不動前・武蔵小山• 大井町・中延・旗の台・戸越・馬込• 雪が谷大塚・池上• 練馬・板橋・成増・江古田• 西武池袋線(石神井公園~秋津)• 西武新宿線 中井~田無~東村山• 都営三田線(新板橋~西高島平)• 東京都その他.

次の

美々卯 本店 (みみう)

みみう

ショックです。 「美々卯」さんの東京6店全部が閉店とのこと。 良いお店でした。 関西発祥のお店 江戸時代の料亭とのこと で、魚介など具たっぷりの「うどんすき」などが名物でした。 関西風のお出汁、関東風の醤油と出汁で煮立てるなべ焼きうどんはまた別のあと味スッキリ。 麺料理にして上品、上質でした。 新宿店HPより おつまみも、お刺身とか湯葉、鴨の炙り焼きとか、結構あってちょっとお蕎麦屋さん的な使い方ができるお店でした。 しかもお値段が重厚なお店の割にお手頃。 そのあたりも良いお蕎麦屋さんの風情。 私が何より好きだったのは、京橋と新橋レンガ通りの路面店の建物が、重厚な鉄筋コンクリート造で内装も木の無垢材がふんだんに使われていて超落ち着く雰囲気だったんですよね。 まさに食が文化であることを総合的、しかも手軽に体感できる貴重なお店でした。 遅い昼とかにいくと貸切状態だったりして、贅沢でしたが、そうでしたか新橋レンガ通りのお店は一足早く閉店になっていたのですね。 ちょっと食の嗜好性の変化を感じます。 料亭由来のお出汁を味わう系の料理は、現代の慌ただしいビジネス街には合わなくなってきていたかもしれませんね。 京橋店:Googleストリートビューより 東京で似たお店で言えば「竹葉亭」ですかね。 銀座木挽町の料亭が本店ですが、オフィス街に結構お店を出していました。 鰻が看板ですが、賄い料理由来の「マグロ茶漬け」「鯛茶漬け」がビジネスマンのランチに人気でした。 シンプルな料理がなんでこんな美味しくなるのか、驚愕の料亭パワーを感じたものです。 「竹葉亭」さんも旧丸ビル、京橋店ととっくの昔に閉店し、最近では銀座四丁目のお店ぐらいですかね。 そうそう京橋の「美々卯」と「竹葉亭」はすぐ近くでした。 何せ、中居さんのたたずまいが昭和の上品さで、テキパキとしているのに品が良いところもそっくりだったんですよね。 池波正太郎の世界というか、日本の脈々と伝わる食文化の素晴らしさを味わえるんですよね。 東京の「美々卯」さん閉店は返す返すも残念ですが、やはり食生活の変化が大きいですかね。 主要顧客だったビジネスマンも、ゆっくりランチしたり、夜上品な会食する文化はずいぶん廃れてしまいましたものね。 救いは美々卯さんの場合、関西に行けば食べれることですかね。 京都三条河原のお店なんかいつも観光客で大賑わいですもんね。 コロナで最後の一押しをしてしまったということだと思いますが、本当にアフターコロナの東京がどこまで寂しい世界になるのか想像もつかずにいます。 いずれにしても今の私は、なすすべもなく延焼していく貴重な文化財を眺めているような、実に悲しい気分です。 毎日新着記事をアップしています。 秋月涼佑がSankeiBizやアゴラに寄稿した記事を紹介する日もありますし、もう少しカジュアルにつぶやく日もあります。 おススメWebサイト紹介企画「格付けサイトウオッチング」も大好評いただいています。 その他、秋月のお友達シリーズ、あやママの「ママのSAPIX奮闘記」や、永岡さんの「ほっこりマンガ」も不定期ですが連載しています。 ぜひブックマークしてくださいね。 新着記事をお知らせしています。 ぜひフォローして下さい。 facebookはから。 カテゴリー• アーカイブ•

次の