コーラック 成分。 【便秘薬】ビューラックとコーラックの違い|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

コーラック

コーラック 成分

歴史 [ ] コーラックは元々、の製薬会社社の製品であった(日本での発売元はヴィックス社の日本法人であったである)。 製品一覧 [ ] 現在 [ ] 2017年4月に全製品のパッケージが刷新され、コーラック(瓶入りを除く)、コーラックII、コーラックファースト、コーラックハーブは従来の横型から縦型となった。 コーラック【第2類医薬品】 ビサコジルのみの単味剤。 1988年夏に400錠入りが追加される。 2000年8月に容量アップと希望小売価格の値下げを実施。 後に350錠瓶入りを追加発売している。 コーラックII【第2類医薬品】 2004年11月発売。 ビサコジルに加えてDSS(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)を配合。 始めは1錠を服用し、症状を見ながら服用量を調節する。 発売当初、服用年齢は15歳以上となっていたが、2009年秋から服用年齢が11歳以上に引き下げられた。 コーラックファースト【第2類医薬品】 2013年1月発売。 1錠中のビサコジルの配合量をコーラックIIの半量(2. 5mg)としたもの。 コーラックII同様5層コートを採用するほか、始めは1錠を服用し、症状を見ながら服用量を調節する。 11歳から服用可能。 既存のコーラックシリーズと異なるピンクののパッケージで包装箱のサイズは小ぶりとなっている。 コーラックファイバー【指定第2類医薬品】 2004年3月発売。 の種皮と2種の生薬(・)を配合。 ココア味の顆粒タイプでスティック包装としている。 当初はオレンジのパッケージとなっていたが、後に濃いピンクのパッケージとなり、容量を変更(48包を廃止する代わりに、小容量サイズの12包を追加。 24包は発売当初より設定)。 2017年4月のパッケージリニューアルにより黄緑色のパッケージデザインとなった。 (製造販売元:) コーラックハーブ【指定第2類医薬品】 2000年8月発売。 センナとの2種類の生薬を配合。 (製造販売元:) コーラックMg【第3類医薬品】 2019年4月発売。 非刺激性成分のを配合。 服用年齢は5歳以上。 水色のパッケージデザインを採用する。 (製造販売元:) コーラック坐薬タイプ【第3類医薬品】 2003年6月発売。 と無水リン酸二水素ナトリウムを配合したタイプ。 12歳から使用できる。 発売当初は水色のパッケージだったが、2017年4月のパッケージリニューアルにより「コーラック」と同じピンク色に統一された。 (製造販売元:) 過去 [ ] コーラックソフト【第2類医薬品】 2000年8月発売。 ピコスルファートナトリウム水和物を配合。 発売当初は大容量の120錠も設定されていたが、後に40錠のみとなった。 コーラックファーストへ継承したため、2015年に製造終了。 効能 [ ] コーラックは便秘薬の中でも、峻下剤と言われる部類の下剤である。 効能はかなり強く、通常服用量は1日1回2錠だが、初めて服用する場合は最少量の1錠からがいいといわれている。 主な成分はビサコジルであり、胃で溶けずに腸で直接作用して刺激によって腸に蠕動運動を起こさせ排便させる仕組みになっている。 強力な効能の下剤ゆえに腹痛やなどの副作用を伴う事がある。 また、癖になりやすいと言われており、常用すると量を増やさないと効かなかったり、残便感や腹部の張りを強く感じたりする。 特に毎日の様に服用するとすぐに効かなくなってしまい服用量が増えていく傾向にある。 更に通常の服用量を遥かに越えて、1日に数十錠~100錠以上を服用しなければならなくなったり、作用によって下痢をして排便をする事が快感になって止められなくなってしまう下剤依存症に陥る場合があり、常用には注意が必要である。 上記の症状は、インターネットの2ちゃんねる等に下剤乱用をする人の為のスレッドにおいて、多数見受けられる。 同時に摂食障害を患っている場合も多く、サプリメントと同じ感覚で服用している場合やダイエットのつもりで服用している場合などもある。 CM出演者 [ ] 現在• コーラックハーブ -• コーラック - デナーシカ• デナーシカはのキャラクター。 ちなみに『デナーシカ』の声はが務めている。 大正製薬時代• コーラックファイバー -• コーラック - コーラッコ• コーラッコは商品名に肖ったのキャラクター。 出典 [ ].

次の

【便秘薬】ビューラックとコーラックの違い|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

コーラック 成分

歴史 [ ] コーラックは元々、の製薬会社社の製品であった(日本での発売元はヴィックス社の日本法人であったである)。 製品一覧 [ ] 現在 [ ] 2017年4月に全製品のパッケージが刷新され、コーラック(瓶入りを除く)、コーラックII、コーラックファースト、コーラックハーブは従来の横型から縦型となった。 コーラック【第2類医薬品】 ビサコジルのみの単味剤。 1988年夏に400錠入りが追加される。 2000年8月に容量アップと希望小売価格の値下げを実施。 後に350錠瓶入りを追加発売している。 コーラックII【第2類医薬品】 2004年11月発売。 ビサコジルに加えてDSS(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)を配合。 始めは1錠を服用し、症状を見ながら服用量を調節する。 発売当初、服用年齢は15歳以上となっていたが、2009年秋から服用年齢が11歳以上に引き下げられた。 コーラックファースト【第2類医薬品】 2013年1月発売。 1錠中のビサコジルの配合量をコーラックIIの半量(2. 5mg)としたもの。 コーラックII同様5層コートを採用するほか、始めは1錠を服用し、症状を見ながら服用量を調節する。 11歳から服用可能。 既存のコーラックシリーズと異なるピンクののパッケージで包装箱のサイズは小ぶりとなっている。 コーラックファイバー【指定第2類医薬品】 2004年3月発売。 の種皮と2種の生薬(・)を配合。 ココア味の顆粒タイプでスティック包装としている。 当初はオレンジのパッケージとなっていたが、後に濃いピンクのパッケージとなり、容量を変更(48包を廃止する代わりに、小容量サイズの12包を追加。 24包は発売当初より設定)。 2017年4月のパッケージリニューアルにより黄緑色のパッケージデザインとなった。 (製造販売元:) コーラックハーブ【指定第2類医薬品】 2000年8月発売。 センナとの2種類の生薬を配合。 (製造販売元:) コーラックMg【第3類医薬品】 2019年4月発売。 非刺激性成分のを配合。 服用年齢は5歳以上。 水色のパッケージデザインを採用する。 (製造販売元:) コーラック坐薬タイプ【第3類医薬品】 2003年6月発売。 と無水リン酸二水素ナトリウムを配合したタイプ。 12歳から使用できる。 発売当初は水色のパッケージだったが、2017年4月のパッケージリニューアルにより「コーラック」と同じピンク色に統一された。 (製造販売元:) 過去 [ ] コーラックソフト【第2類医薬品】 2000年8月発売。 ピコスルファートナトリウム水和物を配合。 発売当初は大容量の120錠も設定されていたが、後に40錠のみとなった。 コーラックファーストへ継承したため、2015年に製造終了。 効能 [ ] コーラックは便秘薬の中でも、峻下剤と言われる部類の下剤である。 効能はかなり強く、通常服用量は1日1回2錠だが、初めて服用する場合は最少量の1錠からがいいといわれている。 主な成分はビサコジルであり、胃で溶けずに腸で直接作用して刺激によって腸に蠕動運動を起こさせ排便させる仕組みになっている。 強力な効能の下剤ゆえに腹痛やなどの副作用を伴う事がある。 また、癖になりやすいと言われており、常用すると量を増やさないと効かなかったり、残便感や腹部の張りを強く感じたりする。 特に毎日の様に服用するとすぐに効かなくなってしまい服用量が増えていく傾向にある。 更に通常の服用量を遥かに越えて、1日に数十錠~100錠以上を服用しなければならなくなったり、作用によって下痢をして排便をする事が快感になって止められなくなってしまう下剤依存症に陥る場合があり、常用には注意が必要である。 上記の症状は、インターネットの2ちゃんねる等に下剤乱用をする人の為のスレッドにおいて、多数見受けられる。 同時に摂食障害を患っている場合も多く、サプリメントと同じ感覚で服用している場合やダイエットのつもりで服用している場合などもある。 CM出演者 [ ] 現在• コーラックハーブ -• コーラック - デナーシカ• デナーシカはのキャラクター。 ちなみに『デナーシカ』の声はが務めている。 大正製薬時代• コーラックファイバー -• コーラック - コーラッコ• コーラッコは商品名に肖ったのキャラクター。 出典 [ ].

次の

コーラックⅡ

コーラック 成分

では客観的にビューラックの効果やコーラックとの違いを紹介していきます。 コーラックとビューラックの効果や値段の比較 コーラックとビューラックは同じ成分 コーラック、ビューラック、ビューラックAは同じ主成分でできています。 「同じ主成分」とはどういう事かと言いますと、メインの便秘に効く成分である 「ビサコジル」がどれも配合されている薬なんですね。 違う点と言えば添加物が違うくらいです。 つまり実質的な効果は同じと考えてもらって問題ありません。 ナショナルブランド(NB): コーラック プライベートブランド(PB :ビューラック、ビューラックA、ビュースルー ナショナルブランドはCMでもよく目にするようなメジャーな薬になります。 対してプライベートブランド(PB というのはナショナルブランドを真似して自社のブランドで薬を作り販売することです。 自社ブランド(プライベートブランド)の利点としては自社で作っている薬になりますので広告費などを抑える事もでき、ナショナルブランド(NB)の製品と比べて安く販売する事ができます。 そして「真似して作った」と聞くと劣化品の様なイメージを受けるかもしれませんが、メインとなる成分は同じなので効果はほとんど一緒です。 いわゆるジェネリック医薬品の様なものですね。 <ビューラックの値段> 950円(50錠)1800円(100錠) 4250円(250錠)6400円(400錠) <コーラックの値段> 980円(60錠) 1680円(120錠) 2380円(180錠) 3280円(270錠) ビューラックは値段が安いと言ったイメージがあるかもしれませんが、意外にも定価を比べた場合は実は大きな違いはありません。 むしろコーラックの方が安いです。 ただし実際の販売価格はビューラックはかなり値引きされて発売されている事が多く、基本的にビューラックはコーラックよりも値段は安いです。 ビューラックとビューラックAは同じ ビューラックにはビューラックAという薬もあります。 しかし上でも言いましたがこの2つは同じ成分です。 しかしこのビューラックとビューラックAは違いはありません。 同じです。 そしてややこしいのがパッケージなんですが、表記上すべて「ビューラック」となっています。 つまり ビューラックAという商品でも書かれてあるのは「ビューラック」になります。 (なんだか話がややこしい事になってきましたね・・・) 具体的な例を挙げればネットでビューラックAを購入しようとして 「ビューラックA」と入力しても出てくるのは 「ビューラック」と箱に書かれてある商品ばかりという事になりますのでご注意ください。 いわゆる刺激性下剤と言われるタイプです。 便秘への効果ははっきり言って強めです。 「センノサイド」という成分を配合してある下剤があり、こちらも刺激性下剤で効果が強めの下剤になりますがビューラックもこれに劣りません。 しかし医療用では座薬でしか発売されていませんので(テレミンソフト坐薬)、病院でビサコジルの飲み薬を処方される事はありません。 コーラックは効くけどビューラックは効かない理由 コーラックとビューラックは同じ成分です。 共に「ビサコジル」を配合している下剤になります。 しかしビューラックは同じ成分にも関わらず、 コーラックより効きが弱いと言う感想もあります。 ではどうしてビューラックよりもコーラックの方が効くと思うのでしょうか。 その大きな理由は2つあります。 1つはビューラックはやはり値段が安く販売されている分効果もいまひとつと考えてしまう、いわゆる 「思込み」が強く影響してしまうため効果がコーラックより弱いと感じてしまいます。 そしてもう1つはビューラックを飲んだ時とコーラックを飲んだ時の体調によって、 たまたま効きが悪かった可能性があります。 例えば「便秘の時にコーラックを飲んだ、効いた」そしてまた便秘の時に「ビューラックを飲んだけどコーラックの様に効かなかった」という感想があったとします。 しかし前者と後者の便秘の度合いは必ずしも同じではありませんし、便秘の強さや体調によって明確な比較は難しいと言えます。 ですから公平にコーラックとビューラックの効果の比較をするのは難しいんです。 コーラックが効いてビューラックが効かないと思う人も確かにいると思いますが、効果が全く異なることは同じ成分を使用している以上基本的にありませんので、安心してビューラックを選ぶようにしてください。 ちなみにコーラックは1回に2錠までしか飲むことができません。 かたやビューラックは1回に3錠まで飲むことが可能です。 つまり1回当たりの効果の強さは最高量だとビューラックの方が強いため、もし 便秘がひどい場合にもビューラックの方がおすすめです。 もしそれでも便秘が改善しない場合は他の便秘薬を使用してみてください。 また最近では単なる便秘だと思っていても、実は別な病気が隠されていたりする事もあるため、過度に下剤に頼り過ぎずにあまりにも便秘がひどい時は一度病院を受診してみてください。

次の