コロナ 意味。 「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナとは

コロナ 意味

[日江井榮二郎] 太陽コロナ皆既日食の際、黒い太陽の周りに真珠色に輝いて見える太陽最外層の大気。 輝度は光球の約100万分の1でほぼ満月の明るさである。 コロナの形は日食ごとで異なり、黒点数が極大となる時期にはほぼ円形となり、極小期には太陽の極方向のコロナが縮まり赤道方向に伸びた扁平 へんぺい な形となる。 コロナは一様な明るさではなく、磁力線を思わせるような微細な筋 すじ 構造が見える。 [日江井榮二郎] 実体・種類コロナの実体は主として陽子と電子、および微量の鉄、カルシウムなどの金属イオンからなる希薄なプラズマである。 約1億分の1気圧、数密度にすると1立方センチメートル当り1億個程度である。 コロナの明るさの99%はコロナ中の自由電子による太陽の散乱光である。 したがってコロナの色は太陽光と同じであり、かつ偏光をしている。 自由電子は1秒間に7000キロメートルという激しい熱運動をしているので、太陽の吸収線はドップラー偏移を著しく受けてほぼ完全にかき消され、一見、連続スペクトルのようになる。 この散乱光によるコロナをKコロナ(ドイツ語のKontinuierlichen Koronaにちなむ)という。 残りの1%はコロナ自身の発光であり、十数個の電子を失った高階電離の鉄やカルシウムなどのイオンによる輝線である。 これをEコロナEmission Koronaという。 太陽の縁 ふち から太陽半径の3倍ぐらい離れると、惑星間空間に分布する塵 ちり による太陽光の散乱光が卓越してくる。 このスペクトルは塵の熱運動が遅いので太陽光球のスペクトルが見られ、多数の吸収線が認められる。 これをFコロナFraunhofer Koronaという。 [日江井榮二郎] 温度・加熱・理論コロナ中に高階電離したイオンが存在していること、自由電子の激しい熱運動のあること、コロナの数密度の高さ分布が地上に比べてはるかにゆっくりと減少していること、また太陽電波の熱放射などからコロナは100万~200万Kの高温であることがわかった。 光球が6000Kであるのに、その外側にある大気を200万Kを超える高温に保つためには、太陽本体から非熱的な過程によってエネルギーが運ばれていると考えなければならない。 1960年代からコロナ加熱の理論的な研究が進められ、光球の内部でおこっている対流から圧縮波が発生し、コロナ中で衝撃波となって熱化するという説が広く受け入れられていた。 しかし科学衛星による観測によっても衝撃波をみいだすことができないこと、対流は光球全面で生じているので、全面でコロナが明るいことが予想されたにもかかわらず、X線で観測したコロナは磁場の強い黒点のところでとくに明るく、またコロナホールとよばれるコロナのきわめて暗い領域も存在することがわかった。 コロナホールからは太陽風が吹き出していて、それが地球に当たると地磁気擾乱 じょうらん をおこす。 これらのことから1980年代には、コロナの加熱は音波衝撃波によるのではなく、電磁気的加熱である可能性が強くなった。 コロナ中の磁場に沿って伝播 でんぱ する磁気流体の熱化とか、コロナ中の電流の熱化などが考えられているが、まだ定説はない。 [日江井榮二郎] 観測皆既日食はコロナ観測の絶好の機会である。 天候に左右されるという欠点はあるが、地上に大型の観測機器を設置して微細な構造を調べることができる。 コロナ中の筋構造はコロナの加熱との関連で観測されている。 コロナの写真やCCDを用いた観測では満月で露光を決める。 気温は下がるので、皆既直前に焦点位置を決めるとよい。 日食外のコロナ観測はコロナグラフを使い、Eコロナを観測している。 Eコロナの明るさはコロナ中の磁場の存在と密接な関連があると考えられている。 1991年(平成3)8月30日に文部省(現、文部科学省)宇宙科学研究所が打ち上げた科学衛星「ようこう」は、X線望遠鏡、X線分光器によって、コロナの研究を精力的に行っている(宇宙科学研究所は2003年10月より宇宙開発事業団、航空宇宙技術研究所と統合して独立行政法人、宇宙航空研究開発機構となった)。 また1996年にはESA(ヨーロッパ宇宙機関)が科学衛星「SOHO」を打ち上げ、紫外線、X線での太陽観測を行い、「ようこう」と共同してコロナの研究を進めている。 [日江井榮二郎] 恒星のコロナ太陽コロナの加熱が音波衝撃波によるものであると考えられていた1960~1970年代には、理論的に知られていた恒星の対流運動を基に、そこから発生する圧力波のエネルギーを推定し、恒星のコロナについて予想がされていた。 それによると、恒星のスペクトル型がA型より早期型の高温の星では表面対流層が存在していないのでコロナはなく、また巨星は表面重力が小さくて高温コロナのプラズマを重力で引き止めておくことができないためにコロナがないと推定されていた。 しかしアメリカのX線天文衛星であるアインシュタイン衛星の観測は予想を覆し、ほとんどの恒星が強いX線を放射しており、高温の外層大気すなわち広義のコロナをもつことを示した。 A型より早期型では明るい恒星ほどコロナが強く、またF型より晩期型では自転速度の速い恒星ほどコロナが強いことがわかった。 巨星にもコロナが存在することは、太陽と似た磁場による高温プラズマの閉じ込めによるものかもしれない。 恒星の自転はダイナモ機構によって磁場の発生と関連があると考えられているので、晩期型の恒星のコロナも磁場の存在と密接な関連があると思われる。 早期型の恒星のコロナは、大気を構成しているプラズマが強い放射圧により吹き飛ばされ、そのプラズマ運動の熱化によってコロナがつくられるという説があるが、磁場もかかわりをもっている可能性もある。 [日江井榮二郎] 銀河コロナ高温のプラズマが銀河を大きく取り巻いていて、ハローとよばれる。 [日江井榮二郎] 光冠薄雲のベールで覆われているときに見える太陽や月の周りの光の輪。 [日江井榮二郎] 地球コロナ地表から高さ数千~数万キロメートルの地球大気の外縁には主として水素とヘリウムからなる希薄な中性大気圏が形成されていて、太陽からの紫外線放射を選択的に散乱し、地球全体を淡い紫外グローで包む。 この大気圏を地球コロナという。 [日江井榮二郎].

次の

より多くの人が使ってこそ意味がある 「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」をインストールしよう

コロナ 意味

iOS 13. 5以降かどうか確認しよう(記事執筆時点での最新バージョンは「iOS 13. 1」) Androidスマートフォン/タブレット OSを 「Android 6. 0」以降にする必要があります。 COCOAのWebサイトでは特に言及されていませんが、仕組み上、以下の要件も満たす必要があります。 端末が「Bluetooth 4. 0」以降に対応している• 端末に最新の「」が導入されている COCOAを利用できる状態にある端末は、設定の「Google」に「 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の濃厚接触の可能性の通知」という項目が追加されます。 OSとBluetoothのバージョンの条件を満たしているにも関わらずこの項目がない場合は、Google Play開発者サービスの更新を試みてください。 アプリは各プラットフォームのアプリストアから導入する ステップ2:アプリの設定 アプリをインストールした後の流れは、iPhone版とAndroid版で共通です。 アプリを起動• アプリの概要を読んで「次へ」をタップ• プライバシーに関する説明を読んで「利用規約へ」をタップ• 利用規約をよく読んで「同意して次へ」をタップ• プライバシーポリシーをよく読んで「同意する」をタップ• Bluetoothに関する説明を読んで「有効にする」をタップ• 陽性診断を受けた人との濃厚接触の可能性を通知するかどうかを設定(通知する場合は「ONにする」、しない場合は「キャンセル」をタップ)• アプリのプッシュ通知に関する説明が出たら「有効にする」をタップ(濃厚接触通知を有効にした場合)• 「ホーム画面へ」をタップ COCOAのトップ画面。 非常にシンプルだが縦方向の解像度が低い場合は全て表示しきれない場合もある このアプリを巡っては「常時Bluetoothをオンにしなければならないので、バッテリー持ちが不安」という声もありますが、Bluetooth 4. 0以降の消費電力が低い通信方式(Bluetooth Low Energy)を利用しています。 COCOAを使うことに伴うバッテリー消費の増加は非常に軽微です。 また、普段は外部への通信も発生しないため、 通信量を過剰に気にする必要もありません。 冒頭でも述べた通り、COCOAは より多くの人が使うほど有益さを増します。 自分はもちろん、周囲の健康を守るために、特別な事情のない限りインストールを勧めます。 関連記事• 厚生労働省は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」を6月19日15時に配信開始する。 対象OSはAndroidがAndroid 6. 0以上、iOSがiOS 13. 5以上。 スマートフォンのBluetoothを活用して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と約1m以内で15分以上接触した可能性がある場合に通知を受けられる。 Appleの音声アシスタント「Siri」で新型コロナウイルスに関する情報を取得しやすくなった。 「新型コロナウイルスのニュースを流して」などと話しかけると、ニッポン放送のニュースを再生できる。 厚生労働省のリンクが表示される場合がある。 厚生労働省が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に役立たせるため、新型コロナウイルス接触確認アプリをリリースした。 このアプリはどんなメリットをもたらし、普及させる上でどんな課題があるのか? リリースの約1週間前となる6月13日に有識者が行ったディスカッションから読み解いていく。 安倍晋三首相が、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性がある際に通知をするアプリを、6月中旬をめどに導入することを明かした。 接触通知アプリは、AppleとGoogleが提供するAPIをもとに、日本では厚生労働省が開発し、App StoreとGoogle Playストアで公開する見込み。 「個人情報は全く取得しない」ことも特徴だ。 関連リンク•

次の

アフターコロナ(After Corona)とポストコロナ(Post Corona) 英語で意味を比較。 #アフターコロナ #ポストコロナ

コロナ 意味

マスクは飛沫感染を防ぎます。 ウィルスが付着した手で鼻や口のまわりを直接触ることを防ぎます。 そのため使用したマスクは再利用せずこまめに交換する事です。 ウィルスはウィルス単体で移動できません。 ウィルスは埃、カビの胞子、痰、唾、皮脂と一緒に移動します。 ウィルス単体で付着するわけではないので、ウィルスだけがマスクを通過することはありません。 ただしウィルスが付着したマスクを素手で触り、その手で口や鼻などを触った場合は、粘膜からウィルスが進入してしまいます。 ウィルスが単体で移動できてしまったら、マスクは意味がないどころか、隔離も壁を突き抜けてしまうから意味がない、防ぎようがないという事になってしまいます。 結論から言うと、半々。 まず空気感染予防では無意味。 一般的なマスクの繊維の隙間は、5マイクロメートルですが、ウイルスの大きさは0. 1マイクロメートルとされています。 マスクの小さな穴の50分の1サイズなので余裕で通過します。 ただし、感染経路は空気だけでなく接触もあります。 自分の顔を手で一時間当り平均23回ほど触るというデータがあります。 つまり、ウイルスの付着した手で、直接口や鼻の粘膜を触らなくすることで、予防になります。 あとは自分が感染していた場合、くしゃみ・せきを広範囲にばら撒きにくくする効果は少し期待が出来ます。 マスクすることよりも、手洗い後に(重要)顔洗い・うがいをしっかりする方が感染予防になりますし、むやみに人との接触や人ごみに行かないのが最善だと思います。

次の