シーサー ブログ。 hitodeblog|完全初心者のためのブログの始め方

シーサーブログのWordPress移行がなかなか骨折れる

シーサー ブログ

目次 []• シーサーブログユーザーはスマートフォンでもPCサイトを表示させよう シーサーブログのスマートフォンサイトの広告、消すことも、場所を動かすことも出来ない。 なぜなら、シーサーブログはスマートフォンサイトのHTMLを公開していないから。 そのくせ、なぜか携帯用のサイトでは広告がほとんど無い。 しかもスタイルシートもHTMLも公開されている。 まあ、無料ブログにとっては、広告収入がほしいってところだろうから仕方が無いといえば仕方が無い。 が、あまりにも広告が多すぎる。 シーサーブログはスマートフォンでもPCテンプレートで表示させた方がいいと思う。 スマートフォンでPCサイトを表示させるには? スマートフォンでシーサーブログを見たときにPCサイトを見せるための方法はちゃんとある。 2、『自由欄形式』を『ブログタイトル』の上に設置し、『自由形式』以外のコンテンツを削除。 3、『自由形式』をクリックし、以下を記載。 4、『保存』ボタンをクリック。 5、『保存』ボタンをクリック。 これで、スマートフォンで閲覧してもPCサイトが表示されるようになる。 さあ、シーサーブログユーザーはスマートフォンで自分のブログを見てみよう。 PCサイトで表示されているものと同じサイト表示が見れる。 が、そこには大きな「スマートフォン専用ページを表示」の表示が!!! さあ、この「スマートフォン専用ページを表示」をどうする? シーサーブログの「スマートフォン専用ページを表示」を消そう 「スマートフォン専用ページを表示」は、PC用テンプレートのHTMLの中にも、コンテンツHTMLの中にもそれらしい記載が無い。 どうも、シーサーブログにデフォルトで設定されているらしい。 ここはスタイルシートにdisplay: noneというのを追加して、「スマートフォン専用ページを表示」を表示されないようにしてしまおう。 display: noneの効果 display: noneで指定した部分は、表示されない。 表示されないだけでなく、領域もなくなる。 「スマートフォン専用ページを表示」という表示が出ていた部分が隙間無く表示されなくなる。 display: noneの使用で表示を消すとSEO上問題があるか? ここで、気になるのは、検索エンジンなどでスパムとみなされないかという点だが、「正当な理由で利用する限り問題がない」という話が米GoogleのエンジニアMatt Cutts氏から出ているそうだ。 要は、display: noneで表示させない部分に、やたらに複数のテキストを入れたりしない限り今のところ問題ないということらしい。 3、保存をクリック。 これで、「スマートフォン専用ページを表示」が消える。 後は、PC用のテンプレートやスタイルシートをPCでもスマートフォンでも閲覧できる形に変えるだけ。 この、PCでも、スマートフォンでも適切な表示がされるサイトのデザインをレスポンシブWebデザインというのだそうだ。

次の

Seesaa blog(シーサーブログ)用デザインテンプレート無料配布サイト | 全て無料!ホームページテンプレートの部屋

シーサー ブログ

シーサーブログ広告掲載方法 シーサーブログは記事とサイドバーに広告を貼る事ができます。 まずは記事本文へ広告を貼る方法をお伝えします。 まずは広告コードをいつでも取り出せるように準備しましょう。 今回は「ユーネクスト」の広告を選んでみました。 赤枠の広告コードを使用しますので開いたままにしておきましょう。 記事本文への広告の貼り方 シーサーブログには「通常エディター」と「リッチテキスト」の2種類の記事編集ページがあります。 記事を書いたり文字や画像を編集する場合にはリッチテキストを使いますが広告を掲載する場合は通常エディターを使います。 通常エディターに切り替えよう 画面右側に「リッチテキスト」と表示されている状態が通常エディターです。 もし「通常エディター」と表示されている場合はクリックして切り替えを行います。 広告を貼りたい箇所を選択 記事内の広告を貼りたい場所でクリックをして選択した状態にしておきます。 広告コード(アフィリエイトリンク)を貼り付けしよう 広告コード(アフィリエイトリンク)を貼り付けます。 きちんと貼れているかプレビューしよう 一度この状態でプレビューを見てみましょう。 画面を下にスクロールして「プレビュー(PC)」をクリック。 ちなみに私は ブログアフィリエイトで人生が激変しました。 もし現状が不安な方はぜひ私の稼いでいる秘密をご覧ください。 後藤の稼いでいる生の情報や裏ワザ的なノウハウもお伝えしております。 最後に保存して終了 最後はきちんと「保存」をすることを忘れずに。 以上がシーサーブログの記事に広告を貼る方法でした。 とっても簡単ですね^^ 次はサイドバーに広告を貼る方法をお伝えします。 シーサーブログのサイドバーに広告を貼る方法 続いてはシーサーブログのサイドバーに広告を掲載する方法をお伝えします。 サイドバーとは サイドバーとは画面の右側、もしくは左側のカテゴリーや新着記事などが表示されている場所です。 今回はサイドバーの一番上の目立つ箇所に広告を掲載する方法をお伝えします。 これを応用すればサイドバーの中ほどや一番下に広告を掲載する事もできますので、まずはお手本通りにやってみましょう。 画面左メニューの「デザイン」をクリック。 実は私が稼げるようになった理由は美しいデザインや画像、文章力などの小手先のスキルを諦めて 「最短で稼ぐためのノウハウに集中して取り組んだから」です。 下にスクロールして「保存」をクリック。 はい、きちんとユーネクストの広告が表示されていますね^^ サイドバーの好きな位置に広告を掲載する方法 先ほどはサイドバーの一番上に広告を掲載しましたが、今回はサイドバーの好きな位置に広告を貼る方法をお伝えします。 「自由形式」のパーツをサイドバーのお好きな位置にドラッグアンドドロップして移動させてください。 後は先ほどと同じ手順で広告を貼り付けて完了です。 とっても簡単ですね^^ まとめ せっかくブログへアクセスを集めたのなら、できるだけ収益化したいですね。 そのためには記事への広告掲載だけでなくサイドバーなどもフル活用して読者さんの目に触れさせるのが大切です。 ただし、 不自然にペタペタと広告を羅列させるのは読者さんに不信感を与えてしまうので、一度客観的にご自身のブログを見てみると良いと思います。 独りよがりになっていないか?読者さんのためになっているのか?を自問自答してあくまでも自然な形で広告を掲載していきましょう。 最後までありがとうございました。

次の

seesaaブログでアフィリエイトするのは危険かも。シーサーブログで稼ぐのは厳しいぞ!

シーサー ブログ

FacebookページやTwitterとの連携 まず自分の「Facebookページ」とか「Twitter」のアカウントを持っている場合には自分のブログと連動させておきます。 連携と解除はいつでもできます。 ここから各SNSとの連携ができるのでやっていきましょう。 Twitterの連携 まずはTwitterとの連携ね。 事前に連携したいTwitterアカウントでログインしておきます。 外部連携に「Twitterとの連携」と「Facebookとの連携」という項目があるので、まずは「Twitterの認証を行う」をクリック。 認証画面になるので「連携アプリを認証」をクリック。 するとシーサーブログに管理画面に戻るので、ブログの記事公開した時にTwitterでも公開するかどうかを選択します。 その下に「Twitterまとめ投稿」という項目がありますが、これは前日のTwitterでの投稿を自動で投稿する?という設定です。 「Twitterまとめ投稿」は私は利用した事がないので、「しない」を選択しています。 以上でTwitterの連携は完了。 画面の一番下の「保存」をクリックして保存しておきます。 Facebook(個人ページ)もしくはFacebookページとの連携 今度はFacebookの連携。 Facebook個人アカウントのページもしくはFacebookページと連動させる事ができます。 これもシーサーブログの「外部連携」から「Facebookとの連携」の項目の「Facebookとの認証を行う」をクリック。 認証ができるとブログの投稿をFacebookにも「投稿する」「投稿しない」が選択できます。 それと「投稿先」で「個人のページ」もしくはFacebookページの中からどこに投稿できるか選択する事ができます。 後は投稿する時のコメント(無くてもOK)を入れて完成です。 これでFacebookもしくはFacebookページとの連携は完了。 画面下の「保存」を忘れずに。 ちなみにTwitterやFacebookの連携をしておくと、新しい記事を作成する時に画面の下にこのような項目が追加されています。 つまり各記事でそれぞれコメントを入れたり、TwitterやFacebookに投稿「する」、「しない」が切り替えできますよ。 シーサーブログのOGP設定 さて、ようやく本題。 シーサーブログの場合のOGPタグの設置とちょっと細かい部分を追加していく必要があるのでそれも設定していきます。 「OGPタグの追加」という項目で「追加する」にチェック• 「OGPの画像を設定」という部分の「ファイル選択」で画像を設定する このOGPの画像というのは設定していない場合、FacebookやTwitterではシーサーブログのロゴ?が表示されます。 こんな感じ。 この「OGPの画像を設定」で設定した画像というのは、トップページや画像のないページで表示される画像なのね。 画像を設定してやるとこんな感じになります。 もちろんトップページ以外(個別記事)で画像を使っている場合にはそれが表示されるようになっています。 とりあえず画像まで設定できたら一度画面下の「保存」をしておくと、先ほどの設定項目がこのように変化します。 一度画像をアップしてから「保存」するとこの項目に「常にこの画像を使用する」と「記事内に投稿した画像があればそれを使用する」という選択ができるようになっているので、ここはお好みで変更して再度「保存」。 一応これだけ設定しておくと基本的な部分はOKですが、念のためもうちょっと追加していきます。 htmlタグの書き換え これは無くても機能はするのですが、念のために追加しておいた方が良さそうです。 Seesaaブログの場合は「旧システム」と「新デザインシステム」でやり方がちょっと違うのでそれぞれ説明します。 旧と新で管理画面の画像も違うのでそれを見たらどちらかは判断できます。 旧デザインの方で初めてHTMLを編集する方はHTMLのを追加して名前を付けておいて下さい。 「旧デザイン」の場合はHTMLの最初の方にこのような記述があります。 これを次のように書き換え。 こんな感じになります。 ここまでできたら一度「保存」しておきましょう。 「新デザインシステム」の場合はHTMLの最初の方に「head」という記述があります。 こいつを下記のように書き換えます。 変更して保存したらOK。 こんな感じになります。 TwitterCards(Twitterカード)の認証 上記のTwitterとの連携でTwitterとの連携をした場合にはTwitterCardsの認証をやっておくのがおすすめです。 「TwitterCards」というのはTwitterで自分のブログのURLを投稿した時に「概要を表示」という項目を追加してブログ情報をリッチに表示してくれるやつです。 この「概要を表示」をクリックするとこんな感じに表示されます。 TwitterCardを利用する場合に必要なタグは先ほどのOGPタグの追加で既に追加されているので、後はTwitterでの認証。 こちらに移動。 以前は「Request Approval」という申請ボタンがあったような気がしましたが今は見当たりません。 とりあえず「自分のURL is whitelisted for summary card」と表示が出てくればOKです。 これでTwitterに自分のブログのURLをTwitterで投稿すると「概要を表示」が表示されるはず(ちょっと時間かかる場合もあるかも)。 FacebookアプリIDを追加する 普通はOGPの設定で「FacebookアプリのID」もしくは「個人アカウントのID」を入れておくのですが、シーサーブログの場合はこれが無くてもエラーは出ない(何で?)。 でも一応追加しておいた方がいいような気がします。 These tags are necessary for Facebook to render a News Feed story that generates a high click-through rate. 設定すればニュースフィードで高いクリック率がだせるよ。 」的なことが書いてあり、指定しないと表示できないわけではないようですが、可能な限り指定はしていた方が良さそうですね。 参考: という訳でちょっと面倒ですがFacebookアプリIDを取得してIDを追加します。 FacebookアプリIDの取得方法と確認方法はこの記事です。 OGPの設定をしているとHTMLの「head」部分にこのような記述が追加されているはずです。 これの直前にでもアプリID用のタグを追加します。 こんな感じになります。 OGP設定の確認 最後にFacebookのDebuggerでエラーがでないかをチェックします。 それでもしかするとキャッシュ(以前のデータ)が残っているかもしれないので、「Fetch new scrape information」もクリック。 これはキャッシュ(以前のデータ)が残ってたりするので2、3回クリックするといいかも。 これでエラーや警告(Warnings That Should Be Fixed)が出ていなかったらOK。 以上でシーサーブログのOGP設定は終了です。 しげぞうさま、一つ質問があります。 今、シーサーブログの新デザインのOGP設定をして、FacebookアプリIDを取得してHTMLに入れようとしたのですが HTMLに が見当たりません。 ちなみにこれが今の僕のHTMLです。 新デザインのシンプルB. ホワイト 右カラムを使ってます。

次の